« 手打ち極太麺 ジョニーの味噌<東京> | トップページ | 手仕事らぁめん 八<新潟> »

2011年7月21日 (木)

大至<東京>

【166】大至<東京>⑪
冷やしつけ麺 赤 780円 + 玉子めし 190円

期間限定メニューの「冷やしつけ麺 赤」を。
この「赤」は、トマト&とうがらしによるもので、あまりとうがらしが前面に出ていると、辛すぎて私の口に合わないのだが、そこはこの店のことなので、うまくバランスをとっているのではないかという期待のもとにオーダー。
出てきたのはこちら。201107211942daishi

つけダレは、期待どおり辛さと酸っぱさがほどよく入り混じっている。
麺は、当然のことながら細麺。
そして、凝っているのが具の構成で、バジル風味の揚げ玉、ジュレ付きの鶏肉、錦糸玉子、まいたけ?、水菜等。
揚げ玉は麺の方に載せることが薦められているのは、カリカリの食感を残すためと徐々に味を変えていくためだろう。同様に、鶏肉のジュレも徐々に味を変えることに貢献している。
先日、新潟の某店の「トマトつけ麺」に関しては、「単調」と評したところだが、とうがらしの辛さやバジル風味揚げ玉等による味変化で単調にならないように工夫しているあたりはさすが。
〆はこぶ茶割りなのだが、ここでも、つけダレにこぶ茶を入れるのではなく、こぶ茶の方につけダレを2,3杯入れるようにというきめ細かな「食べ方指南」が。確かにそれによってこぶ茶とつけダレのバランスがよくて、適量のこぶ茶割りを楽しむことができた。
冷やしつけ麺に揚げ玉というのは「与ろゐ屋@浅草」で、スープ割りでなくお茶割りというのは「金字塔@赤羽」等でも見かけたアイデアではあるが、様々な工夫を凝らして、最後まで飽きさせない逸品に仕上げているあたりは、さすがこの店。

一方、こちらは「玉子めし」。201107211943daishi2

刻みのりが載っていて、そこに卓上の醤油をかけるだけなのだが、200円を切る価格設定が心にくい。

銀座線末広町4番6分
日祝休 11:00-15:00 17:00-LO20:45(土は昼のみ)

|

« 手打ち極太麺 ジョニーの味噌<東京> | トップページ | 手仕事らぁめん 八<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/44257422

この記事へのトラックバック一覧です: 大至<東京>:

« 手打ち極太麺 ジョニーの味噌<東京> | トップページ | 手仕事らぁめん 八<新潟> »