« 銀笹<東京> | トップページ | ヒノマル食堂 つけ麺 なおじ<東京> »

2011年7月26日 (火)

わっぜ<東京>

【169】わっぜ<東京>①
わっぜラーメン890円 + 味玉150円→クーポンサービス + 替え玉100円

「金字塔」に向かったのだが、20時過ぎの時点で、店内に明かりはついているものの、早じまい?で閉店。
そこで、駅前に戻って、以前は「達者」があった場所(「伊藤」の隣りの隣り)に入った未訪問のこの店に。
デフォルトのラーメンに対して200円増しの「わっぜラーメン」を。
出てきたのはこちら。201107262032wazze

スープは、白濁よりは醤油強めの豚骨で、デフォルトよりもマー油が2倍、背脂は3倍入っているとのこと。
背脂3倍でも、新潟の大油系のラーメンを知っていると、それほどとは感じなかったが、できればマー油だけ増してある方が私の口には合いそう。
麺は極細ストレート麺。
具は、「わっぜ」にしたことによって何が増えたのかわからないが、大判のチャーシュー、海苔、千切りのキクラゲ、笹切りの白ネギ、サービスの味玉、さらに別容器で生卵。
替え玉を予定していたので、生卵は温存して1杯目を終了。

この時点での感想としては、背脂3倍でも、新潟の燕三条系の大油と比べれば、まだまだという感じで、十分許容範囲だったのだが、好みからすれば、マー油だけ増してくれた方が口に合いそう。
また、麺は、デフォルトのスープなら極細麺でよいのかもしれないが、油を増したこのスープには太麺ではないか。

で、替え玉後は、生卵や卓上の魚粉、すりゴマ(他に紅生姜、蕪の漬物も)を駆使して味をチェンジ。中でも、魚粉は影響力が大きくて、味変化後の方が、私の口には合った。

ちなみに、卓上には席ごとにIHヒーターが設置されていて、以前はそれを利用したリゾットセット等もあったようだが、廃止になっていた。

京浜東北線赤羽駅北改札東口1分
日休 11:30-28:00

|

« 銀笹<東京> | トップページ | ヒノマル食堂 つけ麺 なおじ<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/44526918

この記事へのトラックバック一覧です: わっぜ<東京>:

« 銀笹<東京> | トップページ | ヒノマル食堂 つけ麺 なおじ<東京> »