« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

焙煎汐蕎麦処 金字塔<東京>

【192】焙煎汐蕎麦処 金字塔<東京>⑩
特選熟成つけそば1,000円 + 餃子(クーポンサービス)

従前は「特選つけそば」の方を気に入っていたし、店側の推奨もそちらなのだが、前々回訪問時に、初めて「熟成」の方も食べてみて、甲乙つけがたいことを認識。
今回も、迷った末に「特選熟成つけそば」に。201108301922kinjitou

やはり、こちらもおいしいし、粉チーズを入れると、一段とマイルドさが引き立つ。

あと、こちらはクーポンでサービスの餃子。201108301922kinjitou2

従前の3個から2個になり、タレも2種から1種になったが、これはクーポンサービス用の仕様か?

京浜東北線赤羽駅北改札東口5分
無休 11:30-25:00LO
公式HP  http://www.kinjito.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

侍元(じげん)<新潟>

【191】侍元(じげん)<新潟>(30)
侍元のちゃっちゃ和え麺800円 + 辛味赤玉金剛150円→クーポンサービス

11時5分の到着で、既に大行列。結局、食べ始めるまでに約20分待ち。
食べたのは前回同様「侍元のちゃっちゃ和え麺」をかいわれ抜きで。
50円の追加トッピング マヨネーズや玉ねぎも気になったが、今回は見送り。201108281125jigen

「辛味赤玉金剛」のサービスクーポンがあったので、辛いのは苦手であるにもかかわらず、ひき肉目当てでそれも付けてもらった。できるだけ辛味部分は入れず、割りスープで薄めつつ食べたら、まあ許容範囲だった。
ちなみに、別に「油そば」もあるのだが、違いは、チーズの有無以外にもあるのだろうか?

それから、こちらは長女が食べた「つけ麺」750円。201108281125jigen2

苦手な柚子が入っていたので、次回からは抜いてもらわなければ。
あと、大量のチャーシューを長女が食べ残したので、店にお願いして持ち帰ることに。チャーシューのボリュ-ムはかなりのものなので、周りのお客さんでも持ち帰る人が何人かいて、なかなかリーズナブルなサービスだと思った。

また、こちらは次女が食べた「まかないカレーめしチーズのせ」380円。201108281125jigen3

たっぷりのチーズが効果的でおいしかったようだが、丼に入っていて、少々食べにくそうだった。

新潟市西区坂井東4-15-6
火休 11:00-15:00 17:00-21:00(スープ切れ終了)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

浦咲 新潟駅前店<新潟>

【190】浦咲 新潟駅前店<新潟> ④
焼きあご塩ラーメン880円 + 岩海苔サービス + チャむすび210円

「焼きあご塩ラーメン」を。
22時まで大盛サービスとのことだったので、大盛で。
さらにクーポン券で岩海苔もサービスしてもらった。オーダーを受けた店員が、「岩海苔塩ラーメンに岩海苔トッピング」と言ってオーダーを通しそうになったのにはちょっと焦ったが^^;
で、出てきたのはこちら。201108262032urasaki

岩海苔を有料で追加トッピングすると280円なので、おそらくサービスゆえに量控えめなのかもしれないが、十分な量だった。
あと、期間限定トッピングでニンニク素揚げというのもあったが、この店のメニューの中では、何に合うのだろうか?

新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

麺者 服部<東京>

【189】麺者 服部<東京>⑤
トマトまるごろ入り真っ赤なジュレじゅーしー1,000円 + 香り味玉120円

YAHOOの企画参加メニューの「トマト油の中華そば」にするか、夏季限定と思われる「トマトまるごろ入り真っ赤なジュレじゅーしー」にするかで迷ったが、より涼しげな後者を。
※食べている途中で写真撮り忘れに気づいたので、写真は食べかけのものです。201108241923hattori

たっぷりのジュレの上に麺が載り、具は、丸ごとのトマトと鶏チャーシュー、モツァレラチーズ、バジルペースト等。
トマトは具であると同時に、当然のことながら麺にもからんでくるし、他にもチーズやバジルも味変化要素となり、飽きがこない。
また、トマトやパプリカをこんなにおいしく食べたのは初めてのことだと思われる。

先日(8/21)「喜楽々(きらら)@東川口」で食べた「トマトと塩の冷やし麺」と似た方向性で、レベル的にも甲乙つけがたい逸品だった。

半蔵門線神保町駅A4出口5分
日休 11:30-16:00 17:30-22:00(土11:30-15:00、祝11:30-20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

そら<東京>

【188】そら<東京>⑧
しおらーめん650円 + 揚げオニオン50円 + 岩のり飯小180円

東京駅丸の内口の「六厘舎」の系列のタンメン専門店「トナリ」に向かったのだが、19時半頃の到着で10名規模の行列。
本日は、並ぶ気力は無かったし、京橋駅から8分歩いて、東京駅を横断してたどり着いたので、再度東京駅を横断して「東京ラーメンストリート」に戻る気にもなれず、結局JRで神田まで移動してこの店に。
食べたのは「しおらーめん」。
本来「しお」にお薦めのトッピングは揚げネギなのだが、売り切れだったので、揚げオニオンをトッピング。
麺は、平打ちor細麺なのだが、こちらは店の推奨に従って細麺で。
出てきたのはこちら。201108231945sora_2

トッピングは、揚げオニオンでも、特に違和感はなかった。
また、岩のり飯も安くておいしくて◎。

銀座線神田駅1番出口4分
東京都千代田区鍛冶町1-7-1
日祝休 11:00-15:00 18:00-23:00(土11:00-15:00)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

ほん田 東京駅店<東京>

【187】ほん田 東京駅店<東京> ③
鶏と魚介の特製豊潤塩らーめん 980円

19時半前の到着で、満席に近かったものの、すぐに座れた。
食べたのは「鶏と魚介の特製豊潤塩らーめん」。201108221933honda

前回「塩」を食べた時に、かなり残念だった具に関しては、味玉は絶妙のゼラチン加減だったし、チャーシューもしっとり感がったしということで、かなり良くなっていた。日によるブレではなく、安定してきたということであればよいのだが。

山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 11:00-22:00LO
公式HP 東京ラーメンストリー
ト:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

麺匠 喜楽々(きらら)<埼玉>

【187】麺匠 喜楽々(きらら)<埼玉>⑩
トマトと塩の冷やし麺 800円

冷やし系で面白いメニューを提供することが多いこともあって、夏になると訪れたくなるのがこの店。というわけで、1年ぶりの訪問。
複数ある冷やしメニューの中で、食べたことがない(新登場?)「トマトと塩の冷やし麺」を。
出てきたのはこちら。201108211429kirara

横長の器に盛り付けられていて、中央に細麺と鶏そぼろ、茹でキャベツ、もやし、万能ネギ等の具が載り、両サイドに揚げネギ入りの塩味のジュレとトマトソースが。
ジュレ、トマトソースはそれぞれ単独で麺に絡めてもおいしいし、両者を混ぜてみたり、さらには具の鶏そぼろとトマトソースを混ぜるとミートソース風になるしということで、色々な味わい方ができて面白い。
ラーメン屋のメニューとして分類すれば、あえそばの部類なのだが、ここまできたら、パスタと言った方がイメージに沿う。
この店らしい独創性に富んだ冷やしメニューだった。

武蔵野線東川口駅南口3分
埼玉県川口市戸塚2-24-4
第3火休 11:30-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴門<埼玉>

【186】鳴門<埼玉>①
中華そば600円 + とり脂丼300円

川口の住宅街の一角にあるいわゆる「昔ながら」風(実際は昨年OPEN)の中華そば屋さん。
1番近いのは、埼玉高速鉄道の川口元郷駅だが、川口駅からでも10分弱。
食べたのは醤油味の「中華そば」。201108211325naruto

濁りのないスープは、とんがっているところもなく、まさに「昔ながら」の味わい。
麺は縮れた中細麺。
具は、チャーシューとなると、メンマ、海苔、白ネギ。
中では、チャーシューはしっとりした食感で、脂身も少なく◎。
また、大きめのなるとが入っているのは、店名にちなんでのものか。
斬新さは無いが、味は水準級で、コストパフォーマンスも高いので、近所にあったら、時々食べたくなりそうな一杯。

それから、こちらは「とり脂丼」。201108211325naruto2

とり脂にタレで味を付けたものが載っている丼で、数食限定の珍品。
モツのようにクチャクチャ噛みつつ、添えられているネギや卓上の七味と組み合わせて食べるとなかなかのものではあるが、昨日食べた「桃の木@新宿御苑前」の「豚テール丼」250円(定価)と比べてしまうと、ちょっと高く感じる。
ちなみに、接客は◎だった。

京浜東北線川口駅東口9分
木休 11:30-15:00 17:30-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

塩逸品 五代目けいすけ<東京>

【185】塩逸品 五代目けいすけ<東京>①
塩らーめん 琥珀 780円

「桃の木」から徒歩で新宿駅へ。
「ルミネEST」に今週OPENしたばかりの「けいすけ」グループの新店。
先に「六代目@上野広小路」があったので、欠番を埋めた形になるのがこの五代目。
店ごとにはっきりした特徴を打ち出している「けいすけ」だが、この店の特徴は「スモーク(燻製)」。曜日替わりで、異なる香りのスモークを、蓋つきの容器に閉じ込めて出してくる。
到着したのがお昼時だったこともあって、10名の行列で、食べ始めるまでに二十数分の待ち。
メニューは、塩専門で、あっさりの「琥珀」とこってりの「白湯」、そしてつけ麺の3系統。その中で今回は「琥珀」をチョイス。
で、出てきたのはこちら。201108201321_5keisuke

(タジン鍋のような蓋つきで出てきたので、本来それも撮りたかったのだが、すぐに下げられてしまったので。。。)
本日(土曜日)の香りは「エルプドプロバンス」(ってなんだ?)
蓋を取ると、一気にスモークの香りが押し寄せてくる。
が、残されたラーメンの方に、その香りが染み付くわけではないので、かなり一過性。
ラーメン自体は、しょっぱめ、香味油きつめの塩ラーメン。
麺は平打ち気味の中細ストレート麺。
具は、チャーシューと穂先メンマ、水菜、白ネギ。
780円という価格は、スモークという「趣向代」とテナント料を考えると、やむを得ないところか(「白湯」の880円は行き過ぎのように思うが)。
スモークの効果が、思ったよりも一過性で、他の曜日の香りも楽しんでみたいと思うところまではいかなかったが、並ばずに食べられそうな時間帯であれば、再訪可能性もあり。

新宿駅駅ビル「ルミネEST」7F
無休 11:00-22:30LO
公式HP:http://www.grandcuisine.jp/keisuke/godaime.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小麦と肉 桃の木<東京>

【184】小麦と肉 桃の木<東京>④
つけ麺 醤油味850円 + 豚テール丼150円(サービス価格)

基本的に昼のみの営業というハードルの高い店だが、気に入っているので、4回目の訪問。
何席もあいているのに、麺茹での湯気が立ち込める真ん前の席に案内されたので、変更してもらった。それでも、(涼しい日だったこともあるが)店外の方が涼しいくらい。
期間(or季節)限定の「ブルガリア」もあったが、今回は「つけ麺 醤油味」を。201108201158momonoki

異様に早く出てくるのは、麺は茹で置きだからということに気づいてちょっとびっくり(そしてがっかり)。
まあ、しっかりした麺なので、食べてみたら、伸びている感じではなかったが。

あと、こちらは通常250円のところサービス価格で100円OFFだった「テール丼」。201108201158momonoki2

元の価格でも十分安いだけに、この価格だと、お得感はひとしお。
ちなみに、店員は女性ばかりということで有名?な店なのだが、今日は見習い中の男性定員もいた(修行後、系列の他店に張り付けるのかもしれないが)。

丸の内線新宿御苑前駅2番出口3分
日、第1・3月休 11:00-(120食売り切れまで)
公式HP:http://www.setaga-ya.com/index2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

東京UNDER GROUND RAMEN 頑者(がんじゃ) 池袋東武ホープセンター<東京>

【183】東京UNDER GROUND RAMEN 頑者(がんじゃ) 池袋東武ホープセンター<東京>①
特製つけめん ライト 1000円

「頑者@川越」の系列店。
店名からすると、「頑者」の系列店「UNDER GROUND RAMEN@西川越」の系列店と言うべきなのかもしれないが、「UNDER・・・」といえば「油そば」と思っている私からすると、「油そば」の無いメニュー構成ゆえ、素直に、よりネームバリューのある「頑者」の方を前面に出せばいいのにと思わないでもないが、せっかく地下にあるのだからということで「UNDER GROUND」を付けたかったのかもしれない?
で、改めてメニュー構成だが、つけ麺のみで、ノーマルの「濃厚」と「ライト(淡麗)」があり、それぞれに辛いバージョンもあるというシンプルな構成だったので、濃厚ドロドロつけ麺には辟易していて、辛いのも好きではない私としては、「特製つけめん ライト」を選択。麺の量は、200gと300gが同料金だったので、300gで。
出てきたのはこちら。20110819tugg

待ち時間が長い印象がある川越の2店とは違って、こちらは7分で出てきた。
つけダレは、確かにドロドロでなく、濁りもないのだが、やや甘いのは残念。
平打ちの太麺は、モチモチしていてこれは「さすが頑者」と思わせる。
具は、炙りチャーシュー、味玉、海苔、白ネギ等。
中では、炙りチャーシューが炙りたてでなく、保存状態も悪かったのか、表面が硬くなっていたのは、かなり残念。
従って、「麺はよかったのだが。。。」という感想にならざるをえないのだが、それでも、立地のよさと(今のところ?)待ち時間の短さというのはこの店の大きなプラス材料だと思う。
ちなみに、丸ノ内線であれば池袋に向かって前の方の改札が近く、JRであれば、中央改札を出て、西口に向かう途中に立地している。

池袋駅地下街
無休 11:00-21:30LO
公式HP  http://www1.ocn.ne.jp/~ganja/main/t-ugr-g.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京>

【182】牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京>⑤
魚介牛骨つけめん 850円

「魚介牛骨つけめん」を。
大中小とも同料金とのことだったので、300gの中で。201108182037kamitoku

魚介牛骨のつけダレはトレンドである濃厚過ぎるタイプではなく、ほどよい濃度で○。
麺はツルツルの太麺。
具は、刻みチャーシュー、メンマ、三つ葉?、海苔、白ネギ。
ラーメンの場合には、ライスもオーダーして、卓上の食べるラー油を載せているのだが、今日はつけダレに食べるラー油を入れて味を変化させたところ、これもなかなかよかった。
850円というのは、この店の価格水準からすると、やや高めだが、満足できる一杯だった。

銀座線京橋駅2番出口4分
未定? 11:00-22:30LO
公式HP http://xn--btrs5xo20c.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京>

【181】万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京>⑳
特選ざる排骨麺 880円

※写真撮影省略(H21.9.14等参照)
冬でもこの店では「ざる」を食べることが多いので、クソ暑いこの時期なら、なおのこと。

千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル1F
無休 10:00-23:00(土日祝11:00-20:00)
公式HP
http://www.niku-mansei.com/contents/02shiten/02tokyo_ra_kasumiga.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

蕪村<長野>

【180】蕪村<長野>②
しじみそば 850円

長野駅前の人気店。
20食限定の「しじみそば」を。201108161953buson

※写真は、撮り忘れて食べ始めたため、食べかけです^^;
味噌+しじみエキスとのことなのだが、味噌が強すぎて、しじみの風味はそれほど感じられず。塩か醤油の方が、しじみを生かせそうな。
具は、ワカメたくさんと中央に白髪ネギの山。あとは、メンマと小ぶりなチャーシュー。
この価格なら、具にもしじみを入れてくれたら・・・っていうかダシを取るのに使ったしじみは捨てているのか?

あと、「締めごはん(柚子胡椒、もみじおろし、ニンニク)」というのも、あれば付けたかったのだが、残念ながらライス売り切れだった。

長野市大字南長野北石堂町1361
水休 11:30-14:00 18:00-スープ切れ(土日祝11:30-スープ切れ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

麺処 象山屋(ぞうざんや)<長野>

【179】麺処 象山屋(ぞうざんや)<長野>④
鳥そば 680円

妻の実家から徒歩7分の店。
今回は初めて「鳥そば」を。201108151419zouzanya

地鶏、節、貝柱等でダシをとっているとのことで、麺は細麺。
一口食べてみての印象は、オーソドックスな和風醤油。
具は、チャーシュー、メンマ、なると、揚げネギ、小ネギ。
そして、最大の特徴がたっぷりの大葉。
この大葉をどう感じるかで、この一杯の印象が左右されそうだが、残念ながら私は苦手なので。。。
ただし、レベルはなかなかのものなので、大葉抜きで考えれば、捨てがたい。
ちなみに、期間限定?で「博多とんこつBLACK」というこの店のイメージからはかけ離れたメニューも登場していた。

長野市松代486-3
水休 11:30-15:30 17:30-20:30(スープ切れ終了)
公式HP  http://www.zozanya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

喜多方ラーメン坂内 小法師(こぼし)市川店<千葉>

【178】喜多方ラーメン坂内 小法師(こぼし)市川店<千葉>②
焼豚ラーメン 850円 + 半ライス サービス

※同行者ありのため写真撮影自粛
3年半ぶりの訪問。
チャーシューが10枚前後載っていて、しかも美味◎。

千葉県市川市市川1-1-1(市川シャポー内)
不定休(シャポーの閉店日に同じ) 11:00-23:00(日祝-22:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>

【177】ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>①
特製ベジソバ 1000円

「一風堂」出身者による新店。
食べたのは「特製ベジソバ」。201108101908soranoiro

スープはベジポタ系なのだが、意外とサラッとしていて、飲みやすい。
また、オレンジ色はニンジンに由来するようで、見た目に反して全然辛くなく、むしろ程よい甘みが。
麺はパスタ風の平打ち麺で、やはりオレンジなのだが、こちらはパプリカに由来するものだとのこと。
具は、低温調理と思われるピンクのチャーシュー×2と味玉、千切りのキャベツ、パプリカ、プロッコリー、ジャガイモ等。
また、丼の縁には、柚子胡椒とマッシュポテトが添えられている。
後半、これらをスープに溶かし込むと、後者はそれほどでもなかったが、前者はピリッと感を出しつつも、甘みは殺さず、◎。
スープは当然のごとく飲み干したのだが、それでももっと飲みたいと思うくらい。
一般的な「ラーメン」とはかなりかけ離れた一品ではあるが、そもそもが「soup noodle」の店なので、当然のことながら、「あり」だろう。

「昭和歌謡ショー@庚申塚」しかり、「福の神食堂@末広町」しかりで、「一風堂」出身者の底力(いずれも出身元の白濁豚骨とは全く異なるジャンルで勝負して、ハイレベルを達成しているという意味において)を改めて思い知らされた。
接客もすばらしいし、グランドメニューと思われる「中華そば」の方も、ぜひ食べてみたいと思った。

ちなみに、半蔵門駅と有楽町線麹町駅(1番出口)のほぼ中間に位置している。

半蔵門線半蔵門駅1番出口2分
無休 11:00-15:00 17:00-23:30(土日祝 昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

鶏そば 一瑳<埼玉>

【176】鶏そば 一瑳<埼玉>⑦
まぜそば750円 + ねぎ味噌飯200円

「まぜそば」をかいわれ抜きで。201108092041issa

これで2回目なのだが、やはり卓上の自家製ラー油あってこそのメニューだと改めて思った。
あと、他では「喜楽々(きらら)@東川口」で見かけたことがある「鶏蛋湯(ちーたんたん)」(卵スープ)を残ったタレに投入して食べて(飲んで)いるお客さんも見かけたので、次回試してみたいと思った。

それから、こちらは「ねぎ味噌飯」。201108092041issa2

焼いた味噌が香ばしくて最初はよいのだが、ネギの存在感が薄くて後半やや飽きがきた。

京浜東北線浦和駅西口2分
無休 11:00-15:00 18:00-25:00


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

五ノ神製作所<東京>

【175】五ノ神製作所<東京>①
つけ麺 銀だら搾り 750円※

携帯のラーメンサイトの会員限定メニュー「つけ麺 銀だら搾り」狙いで訪問。
19:20の到着で、本来付属するおにぎりのみ売り切れた状況だったため、それでもよければ提供するとのことだったので、了承。その分、本来900円のところを750円にしてくれた。
出てきたのはこちら。201108081937gonokami

角張った極太麺は、噛みごたえ十分。
つけダレは、もはや食傷している濃厚タイプだったが、他に類を見ない?(少なくとも私は初めて)魚白湯であるためか、あまりくどさを感じない。
具は、つけダレの方に鶏肉、拍子切りチャーシュー、三角メンマが入り、別皿で銀だら西京漬け、青ネギ、岩海苔、ガリ。
中では、ピリ辛の西京漬けが、よいアクセントに。
後半はつけダレがかなり減ったのとしょっぱさがやや鼻についてきたので、つけダレをあまり絡めずに食べたら、むしろその方がおいしく感じられるぐらいだった。
最後は、残り少ないつけダレをスープ割りしたもらったら、それがまたおいしくて完飲。
接客もすばらしいし、レギュラーメニューも海老やトマト等個性的かつ好みのものが並んでいるようなので、ぜひ食べてみたいと思った。
ちなみに、行列店と聞いていたのだが、本日は運よく?並ばずに着席(直後に満席)できた。
また、定休日はラーメンサイト等では無休となっているが、公式サイトで日曜休みと記載されているため、下記のとおりとした。

丸ノ内線新宿三丁目駅E7出口2分
日休? 11:00-15:00 17:00-23:00(土祝11:00-21:00)
公式HP  http://locoplace.jp/t000031679/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

滋魂(じこん)<新潟>

【174】滋魂(じこん)<新潟>④
超絶煮干そば750円 + 半熟煮玉子100円→クーポンサービス

前回(H23.5.8)期間限定だった「超絶煮干そば」が人気につきレギュラーメニューに昇格して引き続き提供されていたので、それを。
出てきたのはこちら。201108061126jikon

まずは、「超絶煮干」スープをストレートに味わってほしいということらしく、白ネギ以外の具は別皿で提供。
スープを啜ってみると、確かに煮干しが強烈で、苦みも感じられる。
スープの苦さや具は白ネギのみというスタイルからは「伊藤@王子神谷他」が思い起こされるが、麺は「伊藤」のような硬さはなく、普通に柔らかい。
別皿の具は、チャーシュー、岩海苔、メンマとサービスの味玉。

そしてこちらは、娘が食べた「中華そば」680円+「玉ねぎ」80円。201108061126jikon2

岩海苔(&玉ねぎも?)を掬いやすいように、通常のレンゲに加えて穴あきレンゲも添えられている配慮がありがたい。
ただし、娘の苦手な柚子も入っていたので、次回からは抜きにしてもらわなければ。

油押しの「中華そば」に加えて、煮干し押しの「超絶」と なかなか個性的なラインナップになってきたので、開店直後から混んでいるのもうなづける。

新潟市東区松崎1-1-28
不定休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

福の神食堂<東京>

【173】福の神食堂<東京>④
○得つけ麺 1000円 + 鶏そぼろご飯 80円

フレンドリーな接客で、常連さんがかなり付いてきているようだった。
私が食べたのは初めてのつけ麺(「○得つけ麺」)。
麺の量は200gでも300gでも同料金だったので、後者で。
あつもりも可だったが、元々ひやもり派なので、当然ひやもりで。
出てきたのはこちら。201108041854fukunokami

麺は全粒粉の角張った太麺。
つけダレは、この店らしい清湯又は半濁り程度のものを期待していたのだが、残念ながら濃厚茶濁のありきたりのタイプ。
具は、豚チャーシュー×2、鶏チャーシューに加えてつけダレの中にも拍子切りチャーシュー多数、さらに、味玉1個半、海苔×2、メンマ、白髪ネギ、小ネギと多様。
具のボリュームを考えれば、1000円に値するとは思うし、麺も悪くないのだが、できればつけダレの方でもう少し個性を発揮してもらえたらと。

ちなみに、昼夜各10食限定の「冷やし鶏塩」は、18:40過ぎでもう売り切れになっていた。

銀座線末広町駅3番出口4分
日休 11:00-21:00(土祝日-20:00)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

松食堂<福島>

【172】松食堂<福島>①
チャーシューメン 800円

山形・福島方面への家族旅行の途中にて。
隣りの「坂内(ばんない)食堂」は、13時過ぎでも大行列だったが、こちらは先客ゼロ。私のネット情報を信じて入店した家族は不安顔だったが、たまたまお客さんが入れ替わるタイミングで入店したようで、その後は、後客が続々。
喜多方ラーメンの店らしく、メニューは「ラーメン」と「チャーシューメン」とそれぞれの大盛のみだったので、「チャーシューメン」に。
出てきたのはこちら。201108021334matsu

濁りのない醤油味のスープに、平打ち麺という王道の喜多方ラーメン。
チャーシューは「ラーメン」より200円増しで、3枚程度から10枚以上に。
他の具は、メンマと白ネギ。
麺は少し柔らかいようにも感じたが、チャーシューは質・量ともに文句なしだし、スープも後を引くおいしさで、私も嫁も飲み干した。

行列のできる有名店の隣りで、しっかりと営業を続けているのも納得できるというか、行列に並ばないでも、こちらでも十分満足できるというのが、家族一同の感想。

喜多方市字細田7230
不定休 10:30-17:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »