« 牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京> | トップページ | 小麦と肉 桃の木<東京> »

2011年8月19日 (金)

東京UNDER GROUND RAMEN 頑者(がんじゃ) 池袋東武ホープセンター<東京>

【183】東京UNDER GROUND RAMEN 頑者(がんじゃ) 池袋東武ホープセンター<東京>①
特製つけめん ライト 1000円

「頑者@川越」の系列店。
店名からすると、「頑者」の系列店「UNDER GROUND RAMEN@西川越」の系列店と言うべきなのかもしれないが、「UNDER・・・」といえば「油そば」と思っている私からすると、「油そば」の無いメニュー構成ゆえ、素直に、よりネームバリューのある「頑者」の方を前面に出せばいいのにと思わないでもないが、せっかく地下にあるのだからということで「UNDER GROUND」を付けたかったのかもしれない?
で、改めてメニュー構成だが、つけ麺のみで、ノーマルの「濃厚」と「ライト(淡麗)」があり、それぞれに辛いバージョンもあるというシンプルな構成だったので、濃厚ドロドロつけ麺には辟易していて、辛いのも好きではない私としては、「特製つけめん ライト」を選択。麺の量は、200gと300gが同料金だったので、300gで。
出てきたのはこちら。20110819tugg

待ち時間が長い印象がある川越の2店とは違って、こちらは7分で出てきた。
つけダレは、確かにドロドロでなく、濁りもないのだが、やや甘いのは残念。
平打ちの太麺は、モチモチしていてこれは「さすが頑者」と思わせる。
具は、炙りチャーシュー、味玉、海苔、白ネギ等。
中では、炙りチャーシューが炙りたてでなく、保存状態も悪かったのか、表面が硬くなっていたのは、かなり残念。
従って、「麺はよかったのだが。。。」という感想にならざるをえないのだが、それでも、立地のよさと(今のところ?)待ち時間の短さというのはこの店の大きなプラス材料だと思う。
ちなみに、丸ノ内線であれば池袋に向かって前の方の改札が近く、JRであれば、中央改札を出て、西口に向かう途中に立地している。

池袋駅地下街
無休 11:00-21:30LO
公式HP  http://www1.ocn.ne.jp/~ganja/main/t-ugr-g.htm

|

« 牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京> | トップページ | 小麦と肉 桃の木<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/45418162

この記事へのトラックバック一覧です: 東京UNDER GROUND RAMEN 頑者(がんじゃ) 池袋東武ホープセンター<東京>:

« 牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京> | トップページ | 小麦と肉 桃の木<東京> »