« 鶏そば 一瑳<埼玉> | トップページ | 麺バカ息子<神奈川> »

2011年12月15日 (木)

麺場 花火<東京>

【285】麺場 花火<東京>①
特製青山ら~麺 900円

同じく青山一丁目駅が最寄りだった「麺屋 武蔵 青山」の店長だった方の店。
メニュー構成は、その「武蔵青山」の「醤油」の流れを汲む「青山ら~麺」と動物系を増して濃厚にした「花火ら~麺」と「つけ麺」の3系統。
私としては、最近はあっさり>濃厚なのと、数年前まで10回近く通った「武蔵青山」へのノスタルジーもあって、「特製青山ら~麺」を選択。
ちなみに、「武蔵青山」は「むさしせいざん」だったが、こちらは素直に「あおやま」でよいようだ。
出てきたのは、こちら。201112151154hanabi

動物+魚介のWスープは、茶濁していて、「花火」よりはあっさりしているのだが、それでも清湯のラーメンほどおとなしくはない味。しかしながら、「武蔵青山」時代ほどの感動というか通いつめるほどの吸引力は感じられなかったのは、やはり「武蔵青山」の域にまでは達していないからなのか?他の店のレベルも上がったからなのか?
それでも、一定の水準には達していたし、卓上の魚粉を使用したら、さらにおいしくなった。

ただし、いただけなかったのが、具。チャーシューと焼き海苔はよいとして、味玉はひび割れているし、ネギは意図的かと思うくらい刻みが不十分でつながっているものだらけ。このような雑な調理はちょっと残念。

ちなみに、同じビル内の2軒隣りには、目黒の「づゅる麺」の系列店が入っていて、私が「花火」を出た12時過ぎには、どちらの店も数名規模の行列に。
※しかしながら、「づゅる麺」の方は、その後閉店して、「すみす」という別な店が入ったようだ。(H25.1記)

銀座線青山一丁目駅5番出口2分
無休 11:00-22:00

|

« 鶏そば 一瑳<埼玉> | トップページ | 麺バカ息子<神奈川> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/48833414

この記事へのトラックバック一覧です: 麺場 花火<東京>:

« 鶏そば 一瑳<埼玉> | トップページ | 麺バカ息子<神奈川> »