« 麺処 象山屋(ぞうざんや)<長野> | トップページ | ほん田 東京駅店<東京> »

2011年12月31日 (土)

★2011年総括

★2011年総括

まず店別の訪問回数。
①一瑳(いっさ)@浦和   12回
②金字塔@赤羽       7回
②銀笹@新橋        7回
④来味(大形)@新潟    6回
⑤福の神食堂@末広町    5回
⑤雅之屋@本郷三丁目    5回
⑤GOIN GOIN@新潟  5回

圧倒的1位に輝いたのが、今年2月OPENの新店「一瑳」。
平日の居住地・浦和にあって、遅くまで営業しているというアドバンテージに加えて、複数のお気に入りメニューがあるということで、このような結果に。

2位の「金字塔」は昨年に続いてのBEST5入り。こちらも通勤経路上にあって、「一瑳」以上に多数のお気に入りメニューがあるので、当然のランクイン。

これ以外に昨年に続いてランクインしたのが、「来味」&「GOIN GOIN」の新潟組。2ヶ月ごとの期間限定メニュー目当てで訪問している前者と「中田ブラック」というキラーコンテンツ目当てで訪問している後者とで好対照で
はあるが、今後も安定して訪問していくものと思われる。逆に、新潟組では、新規にランクインする店は出現せず。

在京組で新規にランクインしたのが、「銀笹」「福の神食堂」「雅之屋」。
このうち「福の神食堂」は、「一瑳」と同様に今年2月OPENの店で、「一風堂」出身者ながら「一風堂」らしくは無いハイレベルなメニューを提供している店のうちの一つで、2012年も訪問を重ねたところ(※この記事を書いているのは2013年2月)。

これに対して、「銀笹」は夜の営業の不安定さ(極端な早仕舞い)により、また、「雅之屋」は通勤経路から外れた立地により、その後の訪問は途絶えているものの、「銀笹」はともかく、「雅之屋」には久々に訪問してみたいと、この記事を書いていて、思ったところ。

この他に系列店を合算してカウントすると、
○けいすけグループ     7回
○斑鳩(いかるが)     6回

このうち「けいすけ」については、「蟹専門@東京駅」「四代目@本駒込」「五代目@新宿」「六代目@上野広小路」「肉そば@住吉」「肉そば総本山@神保町」の5店で回数を稼いだもの。これは、店ごとに、蟹・海老・黒味噌など際立った異なるコンセプトを打ち出して展開しているがゆえ。ただ、後3者がそうであるように肉に偏り始めて、店ごとの個性が薄まりつつあるように見えるのは気になるところ。

一方、「斑鳩」は、昨年末に久々に本店の方を訪問し、この店のレベルの高さを再認識して今年に入ってからも2回訪問していたところに、4月の「東京ラーメンストリート」の二期店の一つとして、東京駅というアクセス至便の地に支店を出したことにより、さらに訪問頻度が上がることに。

ちなみに、前述の「けいすけ」の「蟹専門」も「東京ラーメンストリート」内だし、4月からの9ヶ月で17回も同ストリートを訪問したことに。しかも、同ストリート内の8店中6店(残りの2店のうち「六厘舎」は行列が長過ぎて敬遠しているだけ)と満遍なく訪問したくなるくらい粒揃いであり、私にとっての今年一番の収穫は、この「東京ラーメンストリート」の二期オープンかもしれない。

結局、2011年のトータルの杯数は、303杯。
それ以前の5年間は、365→365→337→298→292と推移してきたので、久々に300杯に達したが、新潟から東京に単身赴任している今の状態が続く限りは、今後も300杯前後のペースで行くものと思われる。

|

« 麺処 象山屋(ぞうざんや)<長野> | トップページ | ほん田 東京駅店<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/49276432

この記事へのトラックバック一覧です: ★2011年総括:

« 麺処 象山屋(ぞうざんや)<長野> | トップページ | ほん田 東京駅店<東京> »