« 風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟> | トップページ | 福の神食堂<東京> »

2011年12月 5日 (月)

饗(もてなし)くろき<東京>

【278】饗(もてなし)くろき<東京>①
味噌750円 + 半白飯100円

今年6月のOPENで、既にかなり人気を集めている店。
店名の「饗」=「もてなし」は読めないし、「き」は、正しくは「七」が3つの漢字となかなかややこしい。
また、立地的には1番近い浅草橋駅からでも徒歩7分ということで、どうせ歩くならということで、行き帰りとも、定期券を使える神田駅・末広町駅を利用したところ、たっぷり15分は歩くことに。
行列も覚悟していたのだが、18時40分頃の到着で、私でちょうど満席に。そして、食べ始めるまでに15分の待ちだった。
食べたのは「味噌」。201112051855mote_kuroki

トロトロのスープは少なめで、パッ見だと油そばやあえそばに近い。
スープの濃度・粘度はかなりのものなのだが、これまでに食べたことがある同系統のメニューと比べると、例えば「克味@曙橋」の「超濃厚NEO豚骨味玉」(H21.6.15)はゲル状の域に達していたのに対して、こちらはゾル状のレベル。
このスープは、豚・鶏ガラ・もみじ+煮干・海老で出汁をとり、タレには味噌に昆布・しいたけ・胡麻・生姜・アーモンドなどを用いているようだが、正直、味噌や動物系に押されて海産物系はあまり感じられず、あとはアーモンド由来と思われるもっさり感が特徴的。
麺は、全粒粉使用のしっかりした太麺。
具は、バラ肉チャーシュー、白髪ネギとキャベツ・玉ねぎ・ニンジン・ニラ等の炒め野菜。中ではチャーシューは分厚くて、程よい柔らかさだった。また、炒め野菜もボリュームたっぷりで、スープの濃厚さを中和するのに貢献してくれた。
それでも、後半はやや飽きてきたので、卓上の香辛オイルを活用。
〆のライスは、スープの濃さを考慮して、投入して雑炊にするのではなく、レンゲにライスを載せて、それをスープに少々浸して食べて口直しに。
この店の場合、今日食べた「味噌」とは好対照な淡麗系の「塩」がもう一つの看板メニューのようなので、ぜひそちらも食べてみたい。

総武線浅草橋駅西口7分
金日祝休 11:30-15:00(水は昼のみ) 18:00-21:00(スープ切れ終了)
※金は別ブランドで営業

|

« 風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟> | トップページ | 福の神食堂<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/48135818

この記事へのトラックバック一覧です: 饗(もてなし)くろき<東京>:

« 風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟> | トップページ | 福の神食堂<東京> »