« 魂麺(こんめん) 市川店<千葉> | トップページ | 麺屋武蔵 虎嘯(こしょう)<東京> »

2012年1月 5日 (木)

秋葉らーめん 松風<東京>

【5】秋葉らーめん 松風<東京>⑫
油そばハード 880円

「くろき」を訪問したものの、なんと10日までの長期正月休み。
さらに、「紬麦(つむぎ)」に行ったところ、こちらは夜の部が9日まで休み。
さらにさらに、「まぜる」に行ったところ、10名規模の大行列だったため、断念。
そんなこんなで、たどり着いたのがこの店。
当初からあるメニューで残っているのは「松風らーめん」「松風つけ麺」のみというくらいメニューが変遷してきている中で、「油そば」が新登場。
トッピングの多寡により何種類かあった中で、1番充実している「油そば ハード」を選択。
大盛も同料金なので、大盛にしてもらって、ニンニク・粉チーズ・脂・マヨネーズとある無料トッピングは前2者で。
出てきたのはこちら。201201051951matsukaze_2

中太の平打ち麺に、ほぐしチャーシュー、キャベツ、もやし、メンマ、卵黄、水菜、脂、チキンラーメン、ツナ、野菜ペーストと多様かつ大量の具が載っている。
中では、ツナと野菜ペースト=ピリ辛のマッシュポテトが珍しくて、存在感もあって◎。
また、キャベツがもやし以上のボリュームで入っていたのも好感が持てた。
さらに、「ジャンクガレッジ@東京駅他」などで「まぜそば」には是非という思いに至ったベビースターラーメンに代わるチキンラーメンもよかったのだが、塊で入っていて、他の具にまみれているため、手で砕くわけにもいかず、少々難儀した。
でも、後半は卓上の魚粉やラー油で味変化もさせつつ、多様な具も満喫して、楽しく完食。

同系統のメニューの「まぜる」の大行列に対して、こちらは路地裏という立地の不利もあって、お客さんは数名程度だが、味やコストパフォーマンスでは負けていないと思う。

銀座線末広町駅3番出口2分
不定休 11:30-15:00 17:00-21:00
※その後、同じ「きび」系列のままで、「トリンピッグ」→「まるもも食堂」と店名・提供メニュー・営業時間など変更(H25.2記)

|

« 魂麺(こんめん) 市川店<千葉> | トップページ | 麺屋武蔵 虎嘯(こしょう)<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/49276666

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉らーめん 松風<東京>:

« 魂麺(こんめん) 市川店<千葉> | トップページ | 麺屋武蔵 虎嘯(こしょう)<東京> »