« もといし<東京> | トップページ | 麺や 来味<新潟> »

2012年2月17日 (金)

土佐の男が作ったとんこつらーめん 俺式<東京>

【41】土佐の男が作ったとんこつらーめん 俺式<東京>①
味噌玉そば780円 + 替え玉120円

同じ「せたが屋」グループの「ゼロ」がコンセプトチェンジをして、店名も新たに白濁とんこつの店に。
食べたのは「味噌玉そば」。
出てきたのはこちら。201202172120oreshiki

スープは、臭みのない王道の白濁とんこつ。
麺は細ストレート麺で、これは私の好みからするともう少し硬めの茹で加減の方がよかったかも。
具は、「味噌玉」とチャーシュー、青ネギ、刻んだキクラゲ等。
中では、「味噌玉」=味噌に漬け込んだ目玉焼きが、珍しいだけでなくおいしかった。
卓上の粒ニンニクを、クラッシャーで崩して投入したり、これも卓上の醤油ダレを投入したりして、とりあえず完食。

で、この店の場合、この後の替え玉の食べ方が特徴的。
普通にラーメンスープに投入してもよいのだが、店側が薦めているのが「辛し油そば」。201202172120oreshiki2

別皿の替え玉に、卓上の俺式自家製ラー醤やラーメンスープを混ぜ込んで、油そばとして食べるのだが、なかなか混ざりにくくて苦戦。途中で、スープをれんげにすくって、そこにラー醤を溶かし込んだらまぜやすいということに気づいた。
「青樹@立川」でも類例を味わったことがある(H22.3.7)ので、独創的とまではいえないが、白濁とんこつと油そばという趣の違う「2杯」を楽しむことができて、満足できた。

山手線目白駅西口8分
火休 11:30-15:30 17:30-22:30
公式HP  http://www.setaga-ya.com/shop/oreshiki.html


|

« もといし<東京> | トップページ | 麺や 来味<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/51120356

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐の男が作ったとんこつらーめん 俺式<東京>:

« もといし<東京> | トップページ | 麺や 来味<新潟> »