« つけめん TETSU(てつ) 六本木ヒルズ店<東京> | トップページ | 家劔(自作) »

2012年2月 2日 (木)

竹岡らーめん 梅乃家<東京>

【32】竹岡らーめん 梅乃家<東京>①
チャーシューメン750円 + チャーシューまぜごはん100円

千葉の竹岡(式)ラーメンの店。スープは、チャーシューの煮汁をお湯で割ったもので、ダシは入っていないのが特徴で、「梅乃家」はその代表店。
7年ほど前に、「つたや@池袋」というてんぷら屋のてんぷら営業終了後に、「梅乃家式らーめん」が提供されていたのを食べたのが、竹岡式に関する唯一の経験値。
確認はしていないが、この店の場合、堂々と「梅乃家」を名乗っているのだから、本家と何らかのかかわりはあるのだろう。
デフォルトの「ラーメン」だと500円と格安なのだが、今回は「チャーシューメン」を。
出てきたのはこちら。201202021907umenoya

スープは、わかりやすく醤油色。
一口啜ってみると・・・甘い。。。同じ醤油色でも、「富山ブラック」等だとしょっぱさ一辺倒なのだが、こちらは甘さが思いのほか強い。確かに、家でチャーシューを自作する時の煮汁を思い起こすと、結構な量の砂糖やみりんを入れるので、かなり甘くなるのだが。
甘いスープは苦手な私にとって、救いとなったのが、大量の刻み玉ねぎ。
これが無ければ、食べ残したかも。
一方、麺は、竹岡式のスタンダートは乾麺であるのに対して、こちらは普通の生麺。これが乾麺ならどうだったのだろうか?
具は、他にチャーシュー×5と海苔、メンマ、かいわれ。

一方、写真右の「チャーシューまぜごはん」は、チャーシューは微量ながら、揉み海苔が載っていて、こちらは甘いスープとの相性が◎。これで100円なのだから、ありがたい。

というわけで、会社から徒歩圏内だし、玉ねぎと「チャーシューまぜごはん」に救われて、ギリギリ再訪ありか。

銀座線新橋駅烏森口6分
日祝休 11:00-22:00(土-17:00)

|

« つけめん TETSU(てつ) 六本木ヒルズ店<東京> | トップページ | 家劔(自作) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/51117422

この記事へのトラックバック一覧です: 竹岡らーめん 梅乃家<東京>:

« つけめん TETSU(てつ) 六本木ヒルズ店<東京> | トップページ | 家劔(自作) »