« 本枯中華そば 魚雷<東京> | トップページ | 饗(もてなし)くろき<東京> »

2012年5月10日 (木)

神保町 可以(かい)<東京>

【103】神保町 可以(かい)<東京>②
二色つけ麺 850円

2年以上ぶりの訪問。
以前訪問した時は、味噌ラーメンが看板の店だったのだが、今では多種類のつけダレの中から選べるつけ麺がメインの店になっているようだ。
なので、食べたのは「二色つけ麺」。
以前は、つけダレを三種類選べる「三色」もあったようなのだが、今では二種類の「二色」までになっていたので、醤油・味噌・海老醤油・海老味噌・辛醤油・辛味噌・カレー・トマト・黒胡麻の9種の中から、海老醤油とトマトを選択。
さらに、麺の量は、大盛まで同料金だったので、360gの大盛で。
出てきたのはこちら(写り悪いです)。201205101849kai

まず、つけダレだが、最初は、それぞれに海老風味とトマト風味が感じられて、「二色」を堪能できたのだが、やや単調だし、どちらも同じ濃厚ドロドロ系なので次第に飽きが。
また、具は、チャーシュー、穂先メンマ、キャベツ、もやし、長ネギなど。チャーシューは小さいし、キャベツ・もやしもあまり量が多くなかったので、後半具が枯渇してきたのも、単調さに拍車を。
麺は丸太麺で、悪くなかったのだが、よくばって大盛にしてもらったので、残すわけにもいかず、最後は、二つのつけダレを混ぜたりして変化をつけて、どうにか完食したが、つけダレ一種だけだったら、完食は厳しかったかもしれない。
最後にスープ割りにしてもらったのだが、元が濃厚なだけに十分に薄まっておらず、あまり進まなかった。
つけダレ二種という方式自体はよいと思うので、多少選択肢を減らしてもよいので、個々のつけダレのブラッシュアップに励んでいただけたらと。

半蔵門線神保町駅A4出口1分
無休 11:00-20:00

|

« 本枯中華そば 魚雷<東京> | トップページ | 饗(もてなし)くろき<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/52434164

この記事へのトラックバック一覧です: 神保町 可以(かい)<東京>:

« 本枯中華そば 魚雷<東京> | トップページ | 饗(もてなし)くろき<東京> »