« てんくう<東京> | トップページ | ほん田 NIJI<埼玉> »

2012年5月24日 (木)

肉汁らーめん 公(KIMI)<東京>

【113】肉汁らーめん 公(KIMI)<東京>①
焼きらーめん 中 豚2枚 800円

私にとって、これまで「新馬場駅=イレブンフーズ」だったのだが、もう一軒、二郎インスパイア系の注目店があると知り、訪問。
食べたのは「焼きらーめん 中 豚2枚」。
無料トッピングは、にんにく・野菜増し・あぶら増し・濃いめの4種あったので、にんにく・野菜増しで。
さらに、「焼きらーめん」の場合には、焼き方も、カロリー控えめのスタンダードor豚油をからませたハイカロリーor背脂たっぷりのハイパーカロリーのうちから指定できるので、ハイカロリーでお願いした。
出てきたのはこちら。201205241951kimi

私にとって二郎系の焼きラーメンといえば思い起こされるのが「もといし@神田(※H25.7現在閉店)」の「やきじろう」なのだが、あちらほどの「焼き感」は無く、あくまでも油そばという印象の方が強い。
でも、野菜はキャベツ率が高いし、油加減もほどほど、極太麺も水準級ということで、前半はおいしく食べ進んだ。
が、後半は、丼の底の方に溜まっていた結構な量の油たっぷりのスープに浸っていた麺や野菜に苦しめられることに。。。
最初にもっと混ぜておけば、後半一気に油っこくなるという事態は避けられたのだろうが、そうすると、前半のほどよい油加減を楽しむことができないわけで。
となると、スタンダードにしておけばよかったのかもしれないが、それで物足りるのかどうか?
具では「豚」が圧巻で、2塊と呼ぶべきボリュームで、ほぐれやすく、脂身も多すぎなくて○だった。
あと、にんにくも焼いてあって香ばしいのはよかったのだが、デフォルトでは入っていないので、単なる「にんにく」コールだと量的に物足りなかったため、「にんにく増し(or増し増し)」にした方がよかったのかもしれない。
終盤は、卓上の醤油ダレや一味で味に変化をつけつつ、どうにか完食。

京浜急行新馬場駅北口6分
無休 11:00-23:00

|

« てんくう<東京> | トップページ | ほん田 NIJI<埼玉> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/52435007

この記事へのトラックバック一覧です: 肉汁らーめん 公(KIMI)<東京>:

« てんくう<東京> | トップページ | ほん田 NIJI<埼玉> »