« HAJIME<東京> | トップページ | 麺や 庄の<東京> »

2012年7月22日 (日)

しゃがら 青山店<新潟>

【160】しゃがら 青山店<新潟>①
醤油らーめん630円→310円(クーポン値引き) + 味玉50円 + チャーシュー丼230円

「岡村家」→「昇(のぼり)」の後に入った店。
高価格だった「昇(のぼり)」とは対照的な低価格路線の人気店「しゃがら」の支店で、東区の本店、北区の「肉バカ」に続く3店目。
11時5分頃の到着で、前2名待ちだったのだが、回転が異常に遅くて、食べ始めるまでに、30分近い待ち。
私が食べたのは、「醤油らーめん」味玉トッピング。
出てきたのはこちら。201207221132shagara

新潟では今でも根強い人気を誇る背脂醤油のスープに、自家製の太麺。
具は、チャーシュー、メンマ、もやし、小ネギ、なると、海苔、糸唐辛子と追加トッピングの味玉。
たっぷりの背脂や具の構成などから、新潟のさらなる人気店「吉相(きっそう」に近いものを感じる。
麺はモチモチしていておいしいし、具も充実しているしという点は評価できるのだが、化学調味料たっぷりで、背脂ギトギトというスタイルが、寄る年並みのせいか、今の私の口には合わない。
ただし、味玉は50円と安価であるにもかかわらず、絶妙の半熟度で◎だった。

あと、こちらは「チャーシュー丼」。201207221132shagara3

たっぷりの角切りチャーシューと刻みのり、白ネギ、紅生姜がのっていて、マヨネーズとタレの味加減も程よく、これで230円なら◎。

それから、こちらは長女が食べた「つけ麺」730円。201207221132shagara2

海苔の筏に魚粉がのっている「六厘舎」スタイルなのだが、つけダレの濃度・粘度はさほどでもなく、甘みが目立つつけダレのようだった。

というわけで、元々の価格設定が安いうえに、大盛10円増し、特盛20円増しという気前のよさで、コストパフォーマンスは文句無し。
ただ、ラーメンは背脂、つけ麺はつけダレの甘さが私の口に合わないので、再訪するとしたら、また特段のクーポン(今回は約半額、前回本店を訪問した際はラーメン1杯無料だった)を出してくれた時か。

新潟市西区平島字道下1309
無休 11:00-LO21:30

|

« HAJIME<東京> | トップページ | 麺や 庄の<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/52909473

この記事へのトラックバック一覧です: しゃがら 青山店<新潟>:

« HAJIME<東京> | トップページ | 麺や 庄の<東京> »