« 越後秘蔵麺 無尽蔵 イオン新潟南店<新潟> | トップページ | 牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京> »

2012年9月 2日 (日)

東横 愛宕店<新潟>

【194】東横 愛宕店<新潟>⑫
アニバターラーメシ860円 + ぎょうざ(クーポンサービス)

雑誌のラーメン特集とのコラボによる期間限定メニュー目当てで訪問。
この支店に来たのは実に5年以上ぶり。
その間に「東横」の他の支店には行っていたのだが。

開店時刻である11時の3分ほど前の到着で、前8名待ち。
その後、定刻に開店したものの、20分くらいの間は、どのお客さんにも料理が運ばれてくることは無く、私が食べ始めたのも、二十数分後。。。

で、私が食べた期間限定メニュー「アニバターラーメシ」はこちら。201209021123touyoko

「ラーメン」ではなく「ラーメシ」であることからもわかるように、ラーメンとライス(メシ)が融合したもので、丼の下半分にはライスが盛られていて、その上に味噌ベースのタレをからめたあえ麺。麺は食べやすいように短めにカットされている。そして、具は大判のチャーシューと飾り文字が記されたバター、味玉、刻み海苔、紅生姜など。
最初は、あえ麺をライスの上にのせている意味がイマイチわからなかったのだが、バターが溶け出して麺とからんでくると、これが実によいライスのおかずに。
麺とライスの間にバターを介在させることによって、相乗効果がもたらされているように思われた。
そして、付属しているのが、この店お得意の割りスープではなく、わかめスープ。
「ラーメシ」をレンゲに入れて浸したり、口直しのスープとして飲んだり、最後には残った「ラーメシ」に投入してお茶漬けにしたりと色々試してみたが、「ラーメシ」とスープの相性があまりよくないように感じたので、私としては、口直しで飲むのがベターではないかと思った。
感想。これまでに食べたことがないタイプの一品で、麺&ライスという炭水化物軍団にバターの油も加わって、かなりヘビーではあったものの、おいしく食べられた。

あと、こちらは次女が食べた「お子さまラーメン(塩・細麺)」(おもちゃ付き)350円。201209021227touyoko2

パッと見では、小6の次女にはややボリューム不足かと思われたが、麺の量のわりにはやたらと大きいチャーシューがのっていて、それなりに満足していたようだ。

それから、こちらの餃子は、4個×2人前をサービスしてもらったもの。201209021227touyoko3

新潟市中央区愛宕2-2-3
無 11:30-23:45(日-22:00)

|

« 越後秘蔵麺 無尽蔵 イオン新潟南店<新潟> | トップページ | 牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/53086475

この記事へのトラックバック一覧です: 東横 愛宕店<新潟>:

« 越後秘蔵麺 無尽蔵 イオン新潟南店<新潟> | トップページ | 牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京> »