« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

牛骨らぁ麺 マタドール<東京>

【248】牛骨らぁ麺 マタドール<東京>⑦
贅沢チャー牛らぁ麺 塩 1000円

夜の部の開店時刻の十数分前の到着で1番乗り。
その後、続々と並んで、開店時刻の18時には私も含めて10人の行列に。
食べたのは「贅沢チャー牛らぁ麺 塩」。201210311810matador

麺・スープ・具すべて完ぺきで、スープまで飲み干した。

食べ終えて店を出た18時20分頃には、行列はさらに長くなって13名の待ちに。
願わくば、これ以上の大行列店にならないことを。


常磐線北千住駅東口4分
月休(祝の場合翌日) 11:30-14:30 18:00- (土日祝11:30-)(100食売り切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

与ろゐ屋 <東京>

【247】与ろゐ屋 <東京> ⑤
ざるらーめん玉子付 800円

近くで一日通しの会議があったため、昼食時に訪問。
昼は初めての訪問だったのだが、夜とは違って前金制だった。
食べたのは「ざるらーめん玉子付」。201210311221yoroiya

淡麗系の醤油味のつけダレに中細麺。
具は、少量の刻みチャーシューと三つ葉、メンマ、白ネギ、刻み海苔と二黄卵の味玉。そして、別皿で海老あられ。
好みのタイプのあっさり系のつけ麺だし、海老あられのカリカリ食感もよかったのだが、麺・具ともにややボリューム不足なように感じられた。


銀座線浅草駅1番出口5分
無休 11:00-20:30
公式HP http://www.yoroiya.jp/history/entry-376.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>

【246】ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>⑥
黄金のコーンとろみ ソラちゃんぽん(生姜ごはん付き)1000円

季節限定の「黄金のコーンとろみ ソラちゃんぽん」を。
出てきたのはこちら。201210301853soranoiro

まず、スープだが、コーンと鶏がメインで、上層部にはとろみ餡。
これが柔らかめの中細麺によくからむし、コーン由来の厭味のない甘さが◎。
具は、ずわいガニ、低温調理チャーシュー、味玉、コーン、白菜、水菜など。
レギュラーメニューの「ベジソバ」に負けず劣らずの独創性が高くてしかもおいしい一杯だった。

〆は付属の生姜味のライスボールによるミニ雑炊。201210301853soranoiro2

元々スープの量が少ないうえに、麺によくからんだので、残り少なくなっていたスープにライスボールを浸すというよりは、ライスボールに残りスープをからめて完食。生姜の風味により、キリッとした後味で食べ終えることができた。


半蔵門線半蔵門駅1番出口2分
無休 11:00-15:00 17:00-23:30(土日祝 昼のみ)
公式ブログ http://ramendb.supleks.jp/s/34127.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

本枯中華そば 魚雷<東京>

【245】本枯中華そば 魚雷<東京>⑧
本枯中華そば 700円

21時半過ぎの到着。
近くの東京ドームで行われていた日本シリーズの終了後だったため混んでいて前2人待ちで、食べ始めるまでに30分近くの待ち。
食べたのは「本枯中華そば」。201210282156gyorai

選べるトッピングは、鶏オーブン焼き・タマリ漬け叉焼・ウズラ玉子。
今回もスープまで飲み干した。


南北線後楽園駅8番出口2分
水休 11:00-15:00 18:00-23:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

奥村家<新潟>

【244】奥村家<新潟> ⑥
塩とんこつラーメン750円 + のり増し100円→クーポンサービス + キャベチャー100円

前回長女が食べているのを味見して気に入った「塩とんこつラーメン」を太麺・脂普通で。201210271115okumuraya

醤油よりもあっさりしていて、具にメンマが入るなど家系らしさは薄れるが、おいしい。

あと、こちらは次女が食べた「ミニラーメン」580円+のり増し100円→クーポンサービス。201210271115okumuraya2

本来は紅生姜入りなのだが、抜いてもらったもの。
ワカメがたっぷり入っていた。


新潟市東区南紫竹2-6-28
水休 11:00-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

自家製麺 伊藤<東京>

【243】自家製麺 伊藤<東京>⑦
比内鶏肉そば750円

今回は鶏+煮干の「比内鶏肉そば」の方を。201210261901ito

麺方面に一味唐辛子、チャーシュー方面に黒胡椒を使用。

「玉子かけごはん」も気になったのだが、「(チャーシュー、ネギ入り)」とはいえ、300円という価格ゆえに見送り。


京浜東北線赤羽駅北改札東口1分
不定休 11:00-15:00 18:00-21:00(土日11:00-20:00,スープ切れまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

HAJIME<東京>

【242】HAJIME<東京>⑥
牛煮干塩らーめん700円 + ステーキごはん400円

全開に続いて「牛煮干塩らーめん」を。201210252000hajime

スープに煮干の砕片が浮かんでいて、前回よりも煮干を強く感じたのは、たまたまなのかorバランスを変えたのか?
これはこれでおいしいのだが、煮干に押されて、牛の味わいが感じにくかった面も。
でも、具は、いつものことながら、レアチャーシュー×2、穂先メンマなどぬかりなし。
また、後半は卓上の柚子一味とレモン汁を使用。

あと、こちらは「ステーキごはん」。201210252000hajime2

肉の焼き加減がほどよかったし、弓削多醤油がビンのまま出てくるニンニク醤油タレも◎。なお、こちらにもレモン汁を使用。


京浜東北線東十条駅南口7分
無休 11:30-15:00 18:00-22:30(土日祝-20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

俺式 日本橋店 <東京>

【241】俺式 日本橋店 <東京> ①
味玉とんこつラーメン780円 + 替え玉130円

せたが屋系の白濁豚骨の店「俺式@目黒」(H24.2.17 ※H25.10時点で閉店)の日本橋店。
本店では「味噌玉(=味噌漬けの目玉焼き)」だったのが、こちらでは味噌漬味玉であるなど細かい点では相異もあるものの、基本的なコンセプトは同様のようだ。
食べたのは「味玉とんこつラーメン」で、麺は硬めでお願いした。
※保存ミスにより写真無し
白濁豚骨のスープに、細麺。
具は、チャーシューと千切りキクラゲ、青ネギなどと味噌漬味玉。
中では、味噌漬味玉が、しっかり味噌味がして◎だった。
後半は、卓上の醤油ダレやニンニク(粒ニンニクを自分でクラッシュ)で味変化も。

そして、本店同様のさらなるお楽しみが「俺式ラー醤唐し油そば」。
替え玉を今度は茹で加減普通でお願い。
すると、別皿で提供されるので、そこにラー醤2さじとスープレンゲ4杯を加えて「油そば?」に。201210241921oreshiki


接客も良かったし、通勤経路上にあるので、「俺式」に行くなら、今後はこの店。


銀座線三越前駅三越側改札2分
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.setaga-ya.com/shop/t_nihonbashi.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

まひる<東京>

【240】まひる<東京>①
特製まぜめん800円 + 海苔100円→クーポンサービス

神田近辺には、「野郎ラーメン」や「ラーメン 神田店(=元・二郎)」などの二郎インスパイア系があるが、そこの加わった二郎インスパイア系の一軒。
食べたのは「特製まぜめん」。
無料トッピングは、野菜・脂・パルメザンチーズ・生姜・ニンニクとあって、食券を渡す時に何も聞かれなかったので、「後コール方式」だと思って待っていたら、無料トッピング無しで登場。
あわてて、今からでも追加できないか確認のうえで、パルメザンチーズ・生姜・ニンニクを追加してもらったものがこちら。201210231923mahiru

麺は、ワシワシ感の強い極太麺で、260gとボリュームも十分。
具は、豚と野菜、生玉子、海苔(サービス)など。
中では、野菜が定番のもやし・キャベツだけでなく、玉ねぎ・ニンジンも入っていて○。
また、、無料トッピングでは、チーズが圧倒的な存在感で、これが有ると無いとでは大きく印象が異なるのではないか。
脂は追加しなくても結構入っていて、底の方にはタレも入っているので、後半は味が濃く&くどくなってきたのだが、そこで、生玉子、生姜、キャベツ・玉ねぎ、海苔が中和効果を発揮。
野菜の追加無しでも十分に満足できる一杯だった。


銀座線神田駅3番出口1分
日祝休 11:00-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

ビーハイブ ゲンキノモト<東京>

【239】ビーハイブ ゲンキノモト<東京>⑤
牛和え担々麺 1000円

携帯のラーメンサイトの会員限定メニュー「牛和え担々麺」を。201210221814genkinomoto

辛いものが得意ではない私としてはおそるおそるオーダーしたのだが、ラー油の辛さに加えて、山椒による痺れもかなりのもの。
それを牛の甘みと刻みローストビーフ、小海老、ほうれんそうなどの具で中和させつつ食べ進むことになった。
自分で麺にタレをからめるタイプだったら、辛・痺の度合いを加減できるのだが、最初からよく和えてあるのが裏目に出た感じ。

あと、こちらは付属の〆の牛すじごはん。
201210221814genkinomoto2

辛・痺はもうたくさんという感じだったので、あまりタレをからめずに食べたのだが、牛すじの味で十分おいしかった。


総武線新日本橋駅4番出口2分
日休 11:00-15:00(土は昼のみ) 18:00-22:00(スープ切れ終了)
※H24年11月末現在で長期休業中とのこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

膳 丸山店<新潟>

【238】膳 丸山店<新潟>⑱
なんこつラーメン650円 + 岩海苔100円→クーポンサービス

いつもの「なんこつラーメン」にクーポンで岩海苔を。201210211118zen

あと、こちらは次女が食べた「ミニラーメン」450円+岩海苔(クーポンサービス)。201210211118zen2

次女も岩海苔を気に入っていた。


新潟市江南区丸山之内善之丞組字浦郷727-1
火休 11:00-14:30 17:30-21:00LO (土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

お~や<新潟>

【237】お~や<新潟> ②
バジル香るあさりの白ワイン蒸しらーめん800円 + 味玉100円→クーポンサービス

10月末までの限定の「バジル香るあさりの白ワイン蒸しらーめん」を。201210201346ooya

スープは、まさにあさりの酒(白ワイン)蒸し風味で、バジルの影響はそれほど強くはなく、むしろ、ガーリックの方が結構効いている。
麺は、うどんのようなもっちりした太麺。
具は、あさり×10とバジル、白髪ネギ、小ネギ。
スープでも具でも、あさりを堪能できる一杯で、スープも飲み干した。

なお、11月からの限定は「カレーらーめん」だとのこと。

また、この店に1番近いコインパーキングが60分で100円になったので、多少待たされても、ほぼ確実に駐車料金100円で済みそうなのもありがたい。


新潟市中央区東堀前通10番町1789
月(祝の場合翌日)休 11:00-14:002 18:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【236】ほん田 NIJI<埼玉>⑧
淡麗白だしらーめん800円 + 大人の味玉100円→クーポンサービス + 焼きおにぎり160円

10月の限定の「淡麗白だしらーめん」を。201210191950honda_niji

「白だしとは?」と思いつつ、透明度の高いスープを啜ってみると、この店のレギュラーメニューや従来の限定のような旨みの強いスープではなく、やさしい味わいで、旨みは後からじんわりという感じ。
麺は柔らかめの細麺。
具は、鶏団子、チャーシュー×2、小ネギ、揚げネギ、白髪ネギなどと味玉。
味玉は、このメニュー専用の薄味のものがデフォルトで入っていて、それにクーポンでブランデー味の大人の味玉がプラス。

従来の限定のようなインパクトは無かったものの、このような繊細な一杯もできるのかということで、新たな一面を見た思い。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

与ろゐ屋 <東京>

【235】与ろゐ屋 <東京> ①
和風醤油らーめん700円 + 味付玉子100円→クーポンサービス

老舗ながら、昼・夜別の季節限定メニューも提供している店で、現在の限定は、昼:牡蠣らーめん、夜:秋なすとジャコの塩らーめん。
なすが苦手なのでパスして、考えてみるとまだ食べたことがなかった「和風醤油らーめん」を。
出てきたのはこちら。201210181905yorowiya

スープは鰹節や煮干の効いた純和風の味わいで、アクセントに柚子。
麺はしなやかな細麺。
具は、チャーシュー、メンマ、海苔、白ネギとサービスの味玉。
中では、ほどよい硬さのチャーシューと見事な二黄卵の味玉が◎だった。

正統派のスープなのだが、後をひくおいしさで、スープまで飲み干した。


銀座線浅草駅1番出口5分
無休 11:00-20:30
公式HP http://www.yoroiya.jp/history/entry-376.html

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

雷鳥(サンダーバード)<東京>

【234】雷鳥(サンダーバード)<東京>①
1号(あっさり系)750円 + 味玉100円→クーポンサービス + 牛すじ丼300円

ラーメン本のクーポンにつられて初訪問。
店名は雷鳥だが、フィーチャーしている食材は奥久慈しゃもで、「1号」がそのしゃもで出汁をとったあっさり系。
以下、「2号」が濃厚な動物系、「3号」が油そば、「4号」がつけ麺で、いずれもしゃもの割りスープ付き。また、夜の部10食限定で、2号にマー油を加えた「2号ブラック」も。
今回食べたのは「1号」。201210161905thunderbird

スープを啜ってみると、よくいえば、個性的な尖った旨み、悪くいえば、クセのある味わい。私が食べたことがあるしゃも出汁の中で1番印象に残っているのは、「ビーハイブ」の「NAMINORI」なのだが、あちらはトリュフオイルが前面に出ていたので、比較しづらい。
麺は自家製の極太麺で、おいしい麺だとは思うが、このスープには細麺の方が合いそうな。
具は、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれんそう、白ネギとサービスの味玉。
チャーシューは、炙ってある大判のものだったのだが、かなりの薄さだったのはちょっと残念。
でも、しゃもという高価な食材を使っているので、750円という価格もやむをえないところか。

あと、こちらは「牛すじ丼」。201210161905thunderbird2

トロトロの牛すじがのっていて、おいしいのだが、1番安い「1号」との組み合わせでも1000円を超えてしまうのが、微妙なところ。


東西線茅場町駅4A出口4分
日休 11:00-14:00 17:00-22:00(土11:00-15:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

神名備(かむなび)<東京>

【233】神名備(かむなび)<東京>①
塩ラーメン945円

12時40分頃の到着で、約10名の行列。西日暮里駅からこの店に向かう途中の「いっとく」という店が10人以上の行列だったし、すぐ近くの「TETSU」も行列店ということで、西日暮里は何気に激戦区なのかもしれない。
食べたのは「塩ラーメン」で、店到着から食べ始めるまでに40分強の待ち。201210141320kamunabi

まずスープだが、これが絶品。無化調なのだが、多様な香辛料によって、実に深みのある旨みが形成されている。麺は中細麺。
具は、特大のチャーシューともやし、長ネギ(輪切り・みじん切り)。
チャーシューは大きいだけでなく、崩れる一歩手前の絶妙の柔らかさで食感が抜群によい。また、味付けは薄味だが、スープに浸して食べるとよくしみ込んで、おいしく食べられる。
というわけで、スープとチャーシューがハイレベルで、これなら945円という高価格でも、また、長時間並んででも再食したいと思わせる一杯だった。

ちなみに、幼児連れ禁止、冷房不使用などのネット上の情報から、「偏屈な店」を想像していたのだが、実際には、接客担当の奥様はきわめて愛想がよく、接客面でも○だった。

山手線西日暮里駅8分
月火休 11:45-15:00 18:00-20:00(土11:30-16:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

わか家<新潟>

【232】わか家<新潟>①
ゆず塩らぁ~めん 730円

「大黒亭」に続いて訪問。
店の席数のわりに駐車場が小さくて、あいていなかったので、店の周辺を走って、少し時間をつぶしてから戻ったところ、ちょうど出ていく車があったので、駐車し、無事入店。

「ガンジス(背脂塩+ニンニク生姜)」「桜島(デカ盛りニンニク醤油)」「鬼ヶ島(デカ盛り辛味噌)」などデカ盛り・パワフル系が幅をきかすメニュー構成となっていたが、2食目だったので、「ゆず塩らぁ~めん」を。
出てきたのはこちら。201210131901wakaya

動物・煮干・貝柱などがうまくバランスしているあっさり系のスープに細麺。
そして、柚子がほどよいアクセントに。
具は、厚手のチャーシュー×2、白髪ネギ・輪切りのネギ・小ネギ、味玉、海苔、メンマなど。これだけ充実していれば、700円超えでも、コストパフォーマンスは悪くない。

なかなかレベルの高い一杯だったので、今度は空腹時にデカ盛り目当てで再訪したい。
※ネット上の情報によると、デカ盛り系は廃止になったもよう(H25.10記)


燕市吉田文京町3-16
無休 11:30-14:30LO 17:30-21:00LO(日祝-20:30LO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大黒亭 松屋小路店<新潟>

【231】大黒亭 松屋小路店<新潟>①
カレーそば600円 + 半ライス100円

いつの間にか、「新潟四大ラーメン」に追加されて、「新潟五大ラーメン」の一角をなすようになった感のある「三条カレーラーメン」。
今回の燕三条地区プチ遠征の一杯目は、その「カレーそば」を。
出てきたのはこちら。201210131802daikokut

麺は中細麺で、具はチャーシューと玉ねぎのみ。
なのだが、スープが、出汁が効いていて◎。
麺を食べ終えた段階で、もう少しスープを飲みたいと思ったので、思わず半ライスを追加注文。


三条市本町3-7-14
水休 11:30-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

斑鳩(いかるが) 東京駅店 <東京>

【230】斑鳩(いかるが) 東京駅店 <東京> ⑥
3種のチーズのまぜそば 850円

新幹線の待ち時間に訪問。
30分強しかなかったので、すいている店にと思っていたのだが、待ち客がいなかったのは、食べるのに時間がかかる「ジャンクガレッジ」のみ。
他では、「斑鳩」が1人待ちで、それ以外の店は5人以上の行列だったので、この店に。
食べたのは、「3種のチーズのまぜそば」。
※写真はブレブレです。201210122104ikaruga

すぐに座れたのだが、出てくるのに時間がかかって、結局、食べ始めるまでに15分の待ち。
本来は、付属の生卵ですき焼き風にしたり、「まぜそば」専用の胡椒、ガーリックチップ、酢で味変化させたりと楽しむことができるのだが、時間に追われて、速攻で食べて退散。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 11:00-22:00LO
公式HP 東京ラーメンストリート:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

大つけ麺博<東京>

【228,229】大つけ麺博<東京> ⑩

大つけ麺博第3陣の初日に。結局、今年は3回とも店舗が入れ替わる初日に訪問することとなった。
今回の8店は、「とみ田@松戸」「六厘舎@大崎」「一燈@新小岩」「無鉄砲・無心@奈良」等の著名店が名を連ねる豪華ラインアップ。しかし、そんな中で、私が到着した18:10前の時点で行列が最長だったのは、意外にも(失礼)「竹本商店★つけ麺開拓舎@秋田」だった(19時半前には売り切れ終了)。
そして、今回のラインアップのもう一つの特徴が、スープの濃さが10段階中で「10」の店が3つもある等濃厚系の店が多いこと。けれども、私は濃厚系のつけ麺には食傷気味なのと、有名店はいずれも基本的に、いつでも食べられるレギュラーメニューで勝負しているようだったのでパスして、「五福星(うーふーしん)@仙台」「気むずかし家@長野」の地方2店を選択。

2店の行列の長さはほぼ同じくらいだったので、ボリュームがありそうな後者を後にまわして、まずは「五福星」に並ぶことに。並び時間は、約20分。
この店は昨年も出店していて、私も食べた(H23.10.11)のだが、味はともかく、回転の遅さに辟易した印象が強い。が、今年は改善されていて、両隣りの店よりも回転が速かった。
201210111829d_5fuushin


提供メニューは「桜エビの低温焙煎全粒粉つけ麺」で、名称は昨年と同一であり、シルクをつなぎに使った麺や桜エビをフィーチャーしたつけダレ等基本要素は昨年と同様だったものと思われるのだが、一新されていたのが具。
昨年は角切りチャーシューとたっぷりの刻み海苔が目立っていたのだが、今年の主役は筍、ニンジン、玉ねぎ等の野菜のピクルス。これを、店側の推奨に従って、つけダレには浸さずに食べてみると、程よく酸味が補給される。つけダレ自体に酸味をつけ過ぎて、それ以外の風味を損なっているような例も見受けられる中で、つけダレの海老等の風味を十分に活かしつつ、酸味を付加するグッドアイディア。さらに、麺の上に練り物のように盛られた岩海苔?もつけダレに変化をもたらしてくれた。もちろん、しっとりしたローストポークやたっぷりの桜エビも○で、これを書くのが後回しになったこと自体、この一杯のレベルの高さを物語っている。さらに、麺を食べ終えた後には、店舗ブースに備えられたポットに入った割りスープで、スープ割りも楽しむことができる。鰹&スルメ出汁の割りスープとつけダレがよくマッチして、大つけ麺博では初めてつけダレも含めて完食。
以上のとおり、昨年と比べてかなりブラッシュアップされていて、この段階で、今年の大つけ麺博では、「あごすけ」に次ぐ評価。

続いては、「気むずかし家」の「信州鶏づくしつけそば」。201210111902d_kimuzukashi


こちらは並び時間は20分強だった。
まず目を惹くのが、山賊揚げwithタルタルソース。長野(松本地区)の郷土料理である鶏の唐揚げなのだが、この存在により、「気むずかし家」というよりは同系列の「悪代官@小岩」(H23.3.13)が思い起こされる。カリッと揚げられていて、前半は、つけダレに浸さずに、おかずとして食べたのだが、なかなかおいしかった。
一方、つけ麺自体は、濃厚鶏白湯・太平打ち麺のオーソドックスなもの。しかし、そこに生卵、黒胡椒、青ネギ等ツボをおさえたトッピングが載っていることにより、山賊揚げを抜きにしても十分においしい。
そして、後半は山賊揚げもつけダレに浸して食べてみた。タルタルソースがつけダレにマイナスの影響を及ぼすのではないかと危惧していたのだが、マヨネーズ成分の少ないタルタルソースだったので、そんなことはなく、むしろ、ピクルスや茹で玉子等のタルタルソースの具が、つけダレの中でアクセントになった。
というわけで、こちらも、ボリューム面も含めておおいに満足できる一杯だった。

以上、今年の大つけ麺博で食べた8杯に順位をつけると、
「あごすけ」>「五福星」>「気むずかし家」>「マタドール」>>>「ムタヒロ」>>>>>>>「ともや」
このうち、上位の3店に「おいしい投票」をしたのだが、今思えば、「マタドール」にも入れておけばよかったかと。
また、結果的に、地方の3店、特にうち2店は地縁がある新潟・長野の店が上位を占めることとなったが、ひいき目抜きでも十分がんばっていたと思うので、最終的にどれくらいの順位に入るのか注目したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

焙煎汐蕎麦処 金字塔<東京>

【227】焙煎汐蕎麦処 金字塔<東京>⑱
特選熟成塩そば900円 + 餃子(クーポンサービス)
※餃子は写真省略

3度目の「特選熟成塩そば 」を。201210101858kinjitou

スープは、そのままでもおいしいのだが、付属の粉チーズを入れるとコクがUP。
つけそばと比べると、つけそばの場合、麺にからめてコーヒー油の風味を楽しむことができるのに対して、塩そばのスープにコーヒー油を入れても存在感が無い、つけそばのように〆で玄米茶割りを楽しむことはできないなど若干のマイナス面はあるものの、寒い時期には、つけそばよりもこちらかもしれない。

ただし、今日は他の客のつけそばが間違えて運ばれてきたり、餃子を忘れられたりと接客ミスが連発。お客さんが帰るときには見送りに来てドアの開け閉めまでしてくれた開店当初の頃のハイレベルな接客を思うと、レベルの低下は否めない。


京浜東北線赤羽駅北改札東口5分
無休 11:30-25:00LO
公式HP http://www.kinjito.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

紬麦(つむぎ)<東京>

【226】紬麦(つむぎ)<東京>⑥
つむぎラーメン850円 + 炊き込みご飯150円

「饗(もてなし)くろき」に行ったものの、しばらくは昼営業のみ、メニューも塩のみということでふられる。これで、「くろき」は5回訪問して、うち2回臨休。

やむなく、この店に移動。
食べたのは、初めての「つむぎラーメン」(+「炊き込みご飯」)。201210091847tsumugi

通常の醤油ラーメンに、甘辛く炒めた笹切りの長ネギがたっぷりのっている。
辛さは、辛いのが得意ではない私にとっても、ほどほどといえるレベルだし、甘さもいやみではない程度だったので、なかなかよいトッピングだと思った。
これでプラス100円なら、コストパフォーマンス的にも○。


日比谷線秋葉原駅1番1分
日、第2,4土休 11:30-14:15 18:00-20:00(土11:30-16:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

まっくうしゃ<新潟>

【225】まっくうしゃ<新潟>④
塩 600円 + 味玉 クーポンサービス + 炊き込みちゃーしゅー丼 100円

「塩」にクーポンで味玉をトッピング。201210081120makkuusha

デフォルトでも味玉が半分入っているので、つごう1個半に。
他にも大判のチャーシュー、桜海老など具が充実しているし、スープも多い。

また、「いっとうや」でも提供されている数量限定の「炊き込みちゃーしゅー丼」は、おおぶりな角切りチャーシューがのっていて、これで100円というのは、明らかなサービス価格。


新潟市中央区上近江2-2-27-1
無休 11:00-21:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

市玄<新潟>

【224】市玄<新潟>⑦
かまたまらーめん 600円 + 岩海苔 クーポンサービス

「かまたまらーめん」にクーポンで岩海苔をトッピング。201210061118ichigen

この組み合わせは初めてだったのだが、かなり合うことが判明。

あと、こちらは次女が食べた「チャーハン」600円。201210061118ichigen2

油加減が絶妙で、おいしかったようだ。


新潟市江南区茗荷谷711
日・祝・第2,4水休 7:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

TOKYO味噌ラーメン 江戸甘 東京駅店<東京>

【223】TOKYO味噌ラーメン 江戸甘 東京駅店<東京> ⑧
TOKYO味噌ラーメン ハイカラ 900円 + 小ライス 100円

本日は「江戸甘」メニューの「ハイカラ」を。201210052027edoama

喜多方系の「七彩」メニューと味噌味の「江戸甘」メニューは好対照ながら、どちらもハイレベル。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 7:30-10:00LO 10:30-16:30LO / 17:00-22:30LOは「江戸甘」として営業
公式HP 東京ラーメンストリート:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

大つけ麺博<東京>

【221,222】大つけ麺博<東京> ⑨

大つけ麺博第2陣の初日に。
今回の8店の中には、私の知る限りでは、全国区の知名度の店は無く、店の方にも行ったことが無い店ばかり(「豆天狗@高山」のみ昨年の大つけ麺博で食べたことあり)だったのだが、だからこそ「新たな出会い」を求めて訪問。
ただ、初めての店ばかりであるだけに、店の選択にはかなり迷いつつ会場に到着。この段階で、候補は動物系不使用の「MENKOU ともや@三重」、煮干し押しの「ムタヒロ@国分寺」、具の牛しぐれ煮が魅力の「サンジ@栃木」の3店だったのだが、18時10分過ぎの到着時点で、「サンジ」の行列が最長だったのでパスすることとし、残りの2店のうち、行列が短い「ともや」は後回しにして、「ムタヒロ」に並ぶことに。

「ムタヒロ」で提供していたのは「アハハ煮干つけ麺」。201210041836d_mutahiro


待ち時間は、20分強。
つけダレのベースは、鶏+煮干しの清湯なのだが、結構な量の背脂が入っているため、意外とこってり。これはこれでよいのだが、私の苦手な甘みが鼻についたのは残念。麺はもっちりした極太麺で、具はチャーシューともやし、メンマ、三つ葉等。
甘みがあった時点でアウトで、「おいしい投票」(H24.9.27参照)には至らず。

続いては、「ともや」の「つけ麺革命(つけ麺イノベーション)」。
※写真不掲載
突出して行列が短くて、待ち時間は十数分。
注目は、動物系不使用で、濃さは10段階で1番あっさりの「1」と出店の24店中で唯一・随一のあっさりつけダレ。
動物系不使用ということでいえば、一昨年(H22.10.5)・昨年(H23.9.27)と「69'NROLL ONE@町田」(一昨年は「Due Italian」とのコラボ)が極めてハイレベルなものを提供していたし、あさり2個だけ(+薬味としておろし生姜)というのは、私の知る限りでは大つけ麺博史上で最も質素な具ということで、究極の旨さを期待して極めてハードルが上がった状態で、一口めを口に運んだのだが、その瞬間の感想が「金返せ!」
昆布由来?の旨みやあさりの出汁を凌駕していたのが、厭味な甘酸っぱさ。これを「革命」と称して800円で提供する厚顔さには恐れ入る。素直に値段を付けたら、半額以下が妥当ではないだろうか。
薬味のおろし生姜を投入したら、単なる生姜味になって、甘さが抑えられ、かなり食べやすくはなったのだが、それでよいというものではないだろう。
というわけで、これまでに大つけ麺博で食べた20杯弱の中で、ぶっちぎりで最下位の評価。

ちなみに、隣りの「豆天狗」は、18時半過ぎには売り切れ終了。昨年も出店しているのだから、どれくらいの数量を仕込む必要があるのかの計算はできそうなものなので、売上数量とは無関係の「OMD」という仕組みを逆手にとった少数精鋭作戦では?と勘繰ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

蔦<東京>

【220】蔦<東京>③
味玉塩そば 850円

19時前の訪問。
ご飯ものも付けようと思っていたのだが、食べたことがある「ロース飯」と「ご飯」以外は売り切れというよくわからない売り切れ方をしていたので、パスして、「味玉塩そば」のみに。
出てきたのはこちら。201210031903tsuta

スープは鶏&魚介の清湯で、スープにもタレにもあさりを使用しているとのこと。そのあさりの効果のほどはわからなかったが、とにかくおいしい。
麺は、全粒粉使用の細麺で、しなやかさが○。
具は、低温調理ロースと焼き上げたバラの2種のチャーシューと味玉、メンマ、細ネギ(シブレットというらしい)、笹切りネギ。
スープ・麺・具すべて文句無しで、当然のごとくスープまで飲み干した。

これまでに食べた「煮干そば」や「蔦そば」も完ぺきだったし、こうなると、未食の「醤油」やレギュラー化した「味噌」も食べてみたくなる。


山手線巣鴨駅南口2分
月休 11:30-14:30 18:00-20:00(木土日は昼のみ、スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

ビーハイブ ゲンキノモト<東京>

【219】ビーハイブ ゲンキノモト<東京>⑤
塩ラーメン~NAMINORI 850円

月が変わって、夏季限定が終了して、「NAMINORI」が復活しているのではないかと期待して訪問。
そのとおりだったので、「塩ラーメン~NAMINORI」を。201210021830genkinomoto

やはり、トリュフ香油による香りのよさは特筆もの。
具も、特大チャーシュー&鶏チャーシューで充実。

ちなみに、「地鶏チャーシュー丼(塩)」や「黒豚丼(醤油)」などのサイドメニューにも惹かれたが、ともに350円ということで、足すと1200円になってしまうので、断念。


総武線新日本橋駅4番出口2分
日休 11:00-15:00(土は昼のみ) 18:00-22:00(スープ切れ終了)
※H24年11月末現在で長期休業中とのこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

いし川<東京>

【218】いし川<東京>②
あえ麺700円 + 大盛50円 + チャーシューご飯150円

2回目の訪問。
今回は、夜限定の「あえ麺」を。
並だと麺の量200gということだったので、がっつり食べるべく、プラス50円で300gの大盛りに。
出てきたのはこちら。201210011854ishikawa

太麺の上に、刻みチャーシュー、岩海苔、花鰹、チーズ、卵黄などの具がのっている。
デフォルトでは、タレの味よりも胡椒の風味が中心。
そこで、早めに付属の醤油ダレを投入。
しばらく食べ進むと、チーズが固まってくるので、今度はこれも付属の白湯スープを投入。
すると、少し味が薄まるので、醤油ダレを再投入。
というような手順で食べ進んだのだが、できれば、ラー油やニンニクなどのさらなる味変化アイテムがあれば、もっと飽きずに食べられるのではないかと。

でも、シンプルながらおいしい一杯で、前回食べた「青葉」風の「ら~麺」とは違う一面を見ることができた。


銀座線新橋駅(烏森口)8分
日祝休 11:00-15:00 17:00-21:00(土 11:00-17:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »