« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

三咲屋<新潟>

【300】三咲屋<新潟> (45)
塩+半チャーハンセット780円 + 餃子(クーポン)

2012年の〆は娘たちを連れて、この店を訪問。
私は「塩+半チャーハンセット」を。Rps20121231_1118

娘たちは「こってり塩+半チャーハンセット」880円をオーダーして、長女がラーメン、次女が半チャーハンを。※写真省略
この店のチャーハンは、新潟市内のラーメン屋のチャーハンの中で、次女の1番のお気に入り。


新潟市東区大形本町3-1-75
火休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

まっくうしゃ<新潟>

【299】まっくうしゃ<新潟>⑤
塩 600円→300円(クーポンで半額)

これで5回目の訪問で4回目の「塩」。Rps20121230_1615makuus

これはこれでおいしいのだが、海老&鯛の出汁をすりわかりやすく味わえる清湯のメニュー(「いっとうや」の「かさね醤油」に対する「醤油」のように)も提供してくれたらよいのにと思ったりもする。


新潟市中央区上近江2-2-27-1
無休 11:00-21:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

栄PA(下り)<新潟>

【298】栄PA(下り)<新潟>①
ラーメン&ミニソースかつ丼 730円

長野→新潟の移動途中で訪問。
高速道路で移動する場合、たいていは途中で降りて気になるラーメン屋を訪問するのだが、今回は時間の都合により、こちらで昼食をとることに。
私が食べたのは「ラーメン&ミニソースかつ丼」。Rps20121229_1233sakae

ラーメンは、単品価格500円なのだが、チャーシュー、海苔、メンマ、白ネギなど意外としっかりした具が入っており、スープも思ったよりもおいしくて、進んだ。ラーメン単品を食べた嫁はスープまで飲み干すくらい。

一方、「ミニソースかつ丼」の方は、ソースのかかったとんかつと刻みキャベツがのったもの。「ソースかつ丼」というネーミングのとおりなので、文句はいえないし、プラス230円と安いのも○なのだが、新潟らしく、醤油だれに浸した「たれかつ丼」にすればよいのにと思った。


北陸自動車道(新潟県)
無休 7:30-20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

麒麟児<長野>

【297】麒麟児<長野> ①
中華そば650円 + とり飯セット250円 

長野市内のラーメン屋で、ネット上での評判の高い店を検索した結果、この店を訪問。

19時過ぎの入店で、ちょうどお客さんが入れ替わって、一時的には我々家族4人の他に1人だけという状態になったのだが、その後続々とお客さんが訪れて、退出時には、雪の中で10名弱の行列になっていた。

まず、私が食べたのは、「中華そば」+「とり飯セット」。Rps20121228_1914kirinji

スープは、煮干×鶏出汁をベースに、鰹+鰯で追い出汁を効かせたクリアなもので、追い出汁の効果か?シャープな旨み。
麺はしなやかな中細麺。
具は、チャーシューとワンタン、穂先メンマ、ほうれん草、斜め切りの白ネギ。
チャーシューは低温調理のしっとりしたもので◎だし、穂先メンマが3つも入っているのも◎。
これで650円なのだから、味もコストパフォーマンスも文句無し。
ちなみに、嫁も「中華そば」を食べて、スープを飲み干していた。

一方、とり飯の方は、鶏チャーシューがたっぷりなのはよいのだが、味付け不足で、平凡に感じた。

また、こちらは次女が食べた「つけそば 鰹醤油 小盛」700円。Rps20121228_1915kirinji2

濃厚な「鶏搾り」に対して、「鰹醤油」の方はあっさり系で、ラーメンとは異なる太麺を使用していた。チャーシューは豚と鶏の2種が入っており、こちらもコストパフォーマンスが高い。

それから、こちらは長女が食べた「鶏炊きそば」750円。Rps20121228_1917kirinji3

「中華そば」とは対照的な濃厚な鶏白湯スープで、そこにマー油が浮かんでいるのが効果的なように思われた。
こちらも、鶏&豚チャーシュー、穂先メンマなど具も充実。

というわけで、3つのメニューがそれぞれ魅力的だったし、他にも「塩そば」「海老そば(期間限定)」など気になるメニューがあったので、長野への帰省時には、再訪可能性大。


長野市栗田190-3
水休 11:30-14:30 17:30-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あごすけ<新潟>

【296】あごすけ<新潟> ⑦
旨鹽(うましお)麺 780円 

新潟→長野の移動中に、「よし田亭@巻潟東IC」に続いて、さらに上越ICで途中下車して「あごすけ」に。
この店には、立ち寄ったものの、大行列にめげて退散したことが何度かあるので、店で食べるのは2年ぶり(この間にイベントでは食べたことあり)となった。
今回は、13時45分頃の到着で、10名程度の行列で、食べ始めるまでに30分弱の待ち。
4種ある昼限定メニュー(特に「甘えびとんこつ麺」)を食べられたらと思っていたのだが、残念ながらすべて売り切れ。
そこで、7年前の初訪問の時 以来の「旨鹽(うましお)麺」を。
この間に、価格は130円UP。Rps20121228_1412agosuke

一口啜っただけで、並んだ甲斐があったと思うくらいのレベルのスープで、「浦咲」「幸」などの新潟市内の店も含めて、「あご出汁最強説」を提唱したくなる。
麺は平打ち麺。
具は、分厚いぶつ切りの鶏チャーシュー×5と鶏団子、白髪ネギ、小ネギ、揚げネギ。
鶏チャーシューは、スープに浸しながら食べるとおいしいし、鶏団子も柔らかくて◎。
さらに、デフォルトでもスパイス(黒七味?)がかかっていてスパイシーなのだが、卓上の柚子胡椒でアクセントをつけても○。

というわけで、大行列を乗り越えてでも食べるに値する店だとは思うし、新潟-長野の往復の途中で立ち寄るチャンスも定期的にあるので、あとは、並ぶ気力次第。


上越市大字下門前1650
水休 11:30-14:30(土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よし田亭<新潟>

【295】よし田亭<新潟>①
海老つけ麺850円→425円(クーポンで半額)

新潟→長野の移動中に、半額クーポンに釣られて訪問。
12時過ぎの到着で、カウンターは私で満席に。
食べたのは「海老つけ麺」。
多様なメニューを、調理はご主人一人でこなしているせいか、時間がかかるようで、出てくるまでに30分近い待ち。
出てきたのはこちら。
※写真はブレてます。Rps20121228_1233yoshidat

つけダレはよくある濃厚系なのだが、干し海老の砕片が入っていて、かなり海老が効いているので○。
さらに、具としても小海老×5とかなり「海老押し」なのが、海老好きの私としてはたまらない。
麺は中太麺。
具は他に刻みチャーシュー、メンマ、もやし、小ネギなど。
スープ割りにすると、改めて海老が引き立って○だった。


新潟市中央区紫竹山3-5-23
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

ほん田 NIJI<埼玉>

【294】ほん田 NIJI<埼玉>⑪
純彩鶏そば~アルバトロス 900円

12/7に食べた12月の限定「純彩鶏そば~アルバトロス」がおおいに気に入ったので再訪。Rps20121227_1950niji

前回と大きな違いはなかったが、鶏チャーシューが5枚→6枚に(小ぶりだったから?)、また、半味玉が1個→2個に(ひびが入っていたため?)なっていて、得した気分に。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>

【293】ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>⑦
赤旨SOYトマトそば 800円

「福の神食堂」「凪 煮干王」に続く「日本のラーメンを変える若手っぽい会」(わかぽ会)の企画による「年越そば」の3軒目。
食べたのは、この企画によるメニューの「赤旨SOYトマトそば」。Rps20121226_1820soranoiro

スープはピンクに近い色合いで、そこにそばっぽい茶色の麺ということで、見た目の印象はあまりよろしくない。
また、ネーミング的にも、SOY(=醤油)にトマトというのもおいしそうな感じはしないのだが・・・
スープを啜ってみると、マイルドでおいしい。
このピンク?色は、トマト×豆乳によるもののようで、ベースとなっている醤油清湯は表に出てきておらず、実にバランスよく仕上がっている。
また、具も、溶けないカリカリチーズ・カリカリベーコン・鶏団子・トマト・パプリカ・ズッキーニ・小ネギなど独特の構成で、前二者のカリカリシリーズが特によかった。
また、赤がトマト由来なので、スープは辛くないのだが、好みに応じて辛さもプラスということで、中辛(赤)or大辛(緑)のハラペーニョソースも出してくれる。
辛いのが得意ではない私としては、中辛の方をお願いして、数滴垂らしてみたところ、それだけで結構辛くなったので、そこで打ち止めにした。

これまでに食べた豆乳入りスープのラーメンといえば、「楽観@六本木(→移転)」の「珀」が思い出されるが、トマトを加えたことや具のカリカリシリーズなどの工夫により、こちらの方が上をいっているように思われた。

で、このメニュー、元々は「わかぽ会」の「年越そば」企画メニューなのだが、麺の印象も、「年越そば」という印象も残らなかったのは事実。
まあ、おいしかったので、全く文句は無いのだが。


半蔵門線半蔵門駅1番出口2分
無休 11:00-15:00 17:00-23:30(土日祝 昼のみ)
公式ブログ http://ramendb.supleks.jp/s/34127.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

俺たちのらー麺屋 ちょび吉<東京>

【292】俺たちのらー麺屋 ちょび吉<東京>④
ド煮干醤油らー麺714円 + ライス ランチタイムサービス

9ヶ月ぶりの訪問。
この間に、メニュー構成が一新されたようで、以前は基本メニューの「ちょび吉醤油らー麺」が580円で、しかも具沢山ということで、コストパフォーマンスが特長と感じられる店だったのだが、基本メニューが「ド煮干醤油らー麺」と「ド生姜醤油らー麺」の2系統となりいずれも714円ということで、2割ほどUP。
で、私が今回食べたのは「ド煮干」の方。
出てきたのはこちら。Rps20121224_1123chobikichi

※写真はブレてます。スマホに乗り換えたものの、まだ使いこなせていない。。。
スープは、確かに煮干が効いているものの、私が知る限りの煮干系~新潟では「八」「滋魂」、関東では「伊藤@赤羽他」「蕾 煮干分家@大宮」~ほどではなく、「ド」煮干とまではいかないように思われた。
でも、柚子がよい清涼剤となって、おいしい一杯だった。
具は、チャーシュー×3、味玉、海苔、メンマ、なると、ほうれん草など。
これだけ具が充実していれば、700円超えでも高くはないとは思うのだが、以前と比べてしまうと、コストパフォーマンスが下がったのは否めない。

一方、こちらは次女が食べた「えびつけ麺」819円→409円(クーポンで半額)。Rps20121224_1123chobikichi2

麺は、あつもりにしたところ、スープに浸った状態で提供された。
つけダレは、よくある濃厚系なのだが、小海老・あられ・ひき肉などがたっぷり入っていて、食感面で飽きがこないように工夫されていた。
具は、他に鶏チャーシューと別皿(写真無し)でグリーンアスパラ・糸唐辛子。


新潟市西区坂井東3-28-6
木休 11:00-15:00(土日祝-16:00)17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

越後秘蔵麺 無尽蔵 イオン新潟南店<新潟>

【291】越後秘蔵麺 無尽蔵 イオン新潟南店<新潟>⑦
とろーり牛すじとチーズの伽麗らーめん 840円

冬季限定の「とろーり牛すじとチーズの伽麗らーめん」を。
どうやら、冬季限定=カレーラーメンというのは定番化しているらしく、数年前にも女池の支店で食べたことがあるが、その時のメニュー名は「スパイシー伽麗らーめん」だったので、年々ブラッシュアップされている(or趣向を変えている)ようだ。
出てきたのはこちら。Rps20121223_193038mujinzou

まず、スープだが、それほど辛くはなく、しかも、チーズが溶けきれないくらいたっぷり入っているので、実にマイルドな味わい。
これに対して、タイトル的にもう一方の主役のはずの牛すじは、先日の「凪 煮干王@新宿」の「伊吹煮干の牛天そば」と比べると、ボリューム・煮込み加減ともにやや物足りない。それでも、以前の「スパイシー伽麗らーめん」だった頃の唐揚げと比べると、スープとの相性という点では上回る感じ。
具は他にピーマン・パプリカ(このあたりは「スパイシー」を踏襲)、半味玉、長ネギなど。

カレーラーメンといえば、ライスも付けたくなるところだったのだが、150円だったので、残念ながら見送り。


新潟市江南区下早通柳田1-1-1イオン新潟南3F
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

いっとうや<新潟>

【290】いっとうや<新潟>(29)
醤油600円 + 穂先メンマ100円→クーポンサービス

長い行列と系列店「まっくうしゃ」のオープンにより、1年以上の訪問となった。
今日は15時半頃の訪問だったのだが、それでも8分の入り。
食べたのは「醤油」で、クーポンで穂先メンマをトッピング。Rps20121222_153626ittouya

穂先メンマは量も多いし、その味付けの辛みがスープのアクセントにもなる。


新潟市中央区紫竹山3-5-23
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

ラーメン凪 煮干王 西新宿店<東京>

【289】ラーメン凪 煮干王 西新宿店<東京> ③
伊吹煮干の牛天そば 800円

一昨日の「福の神食堂」同様、「日本のラーメンを変える若手っぽい会」の企画による「年越そば」をテーマとしたメニュー目当てで訪問。
食べたのは、その「伊吹煮干の牛天そば」。
具のかき揚げを、注文が入ってから揚げることもあって、提供に時間がかかるようで、出てくるまでに約20分の待ち。
出てきたのはこちら。Rps20121220_190941nagi_niboshi


麺は、「福の神食堂」と同じ「ほぼそば」といってよいものだが、スープは、和風度は高いが、意外とラーメンを感じさせるのは、煮干が効いているからか。
具は、ごぼう&玉ねぎのかき揚げと牛の軟骨&すじ煮、白髪ネギ・大口切りの白ネギ・小ネギ、柚子など。
かき揚げが適度に油をプラスしてくれるし、軟骨&すじ煮はたっぷり入っているので、無料のライスのおかずにもなる。
また、特製ブレンドの七味とうがらしは、店のお薦めだけのことはあって、よいアクセントになった。


新宿駅西口8分(A18出口5分)
無休 11:00-LO23:00(日祝LO21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

福の神食堂<東京>

【288】福の神食堂<東京>⑧
柚子香る醤油ラーメン800円 + 鶏そぼろごはん80円

前回は「日本のラーメンを変える若手っぽい会」(わかぽ会)の企画による、五色の麺を使った「五輪麺」を食べたのだが、今回も同会の企画メニューを。
今回のテーマは、各店共通の限りなくそばっぽい麺を使った「年越そば」ということで、この店の参加メニューは、「柚子香る醤油ラーメン」(昼夜15食限定)。
出てきたのはこちら。Rps20121218_1915fukunokami

第一印象としては、見た目も食感もほぼそばの麺のみならず、スープも、短冊切りの焼きネギなどの具も、思った以上にそばっぽい。
ただ、スープに浮かんでいる油とメンマや柚子などの具で、ラーメンにふみとどまっている感じ。
具に関しては、他のメニューと同様に、鶏&豚チャーシューが入っている。
そして、調味料は、やはり、胡椒ではなく、付属の一味唐辛子が好相性。

そばとかラーメンとかいう垣根を度外視して考えれば、おいしい麺料理なのは間違いなく、スープも飲み干した。

あと、鶏そぼろごはんは、専用のミル入り黒胡椒が味を引き締めてくれた。


銀座線末広町駅3番出口4分
日休 11:00-15:00 17:00-20:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

まひる<東京>

【287】まひる<東京>②
ラーメン豚増し 900円

2回目の訪問。
前回は「特製まぜめん」だったので、今回はラーメンをと思っていたのだが、昼夜15食限定の「カレー麺」があって、やや心が揺らいだが、初志貫徹で、「ラーメン豚増し」を。
無料トッピングに関しては、今回は食券渡し時に、「脂以外全部(=野菜チーズ生姜ニンニク増し)」を忘れずにコール。201212171900mahiru

野菜の盛りは、増しでも圧倒されるほどではなく、チーズ・生姜・ニンニクなどのアクセントにも助けられて、野菜や麺がどんどん進む。
また、「肉」に関しては、二郎系の一般的なものよりもチャーシューらしいチャーシューで、これが4枚。

前回の「まぜそば」の時よりも、豚増し・野菜増しということで、ボリュームは多かったはずなのだが、体調の違いによるのか、今回は腹九分目くらいで完食。


銀座線神田駅3番出口1分
日祝休 11:00-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

らーめん幸(こう)<新潟>

【286】らーめん幸(こう)<新潟>③
塩鶏ワンタンメン880円→780円(クーポン) + チャーシュー丼200

今回は「塩鶏ワンタンメン」を。201212161130kou

しっかり餡の入ったワンタンが5個入っている。
塩ラーメンに入っているチャーシューは無しになるものの、プラス100円ならやむをえないところか。
スープも相変わらずおいしいし、おおいに満足。

あと、チャーシュー丼は、刻みチャーシューだけでなく、水菜・茎ワカメ・ネギもたっぷり。その分薄味に感じるので、店の推奨どおりラー油(又は酢)は必須。


新潟市東区柳ヶ丘5-19
不定休 11:00-14:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

蕾 煮干分家<埼玉>

【285】蕾 煮干分家<埼玉>⑤
中華そば 並 680円 + チャーシューごはん280円

19時40分頃の到着で、空席1のみという盛況。
いつも「本日のバリ煮干そば」を食べていたのだが、前回訪問時に、非煮干系の「中華そば」に興味を持ったので、今回はそちらを。201212141952tsubomi

スープは、バランスのとれた和風清湯醤油で、「煮干そば」よりも万人受けしそうなタイプ。
麺は「煮干そば」と同様の細麺。
具は、チャーシュー2枚にメンマ、海苔、玉ねぎ、白ネギでこちらも「煮干そば」と(ほぼ?)同様。なお、玉ねぎは無料サービスで増量してもらっている。

というわけで、これまでは店名に釣られて「煮干そば」ばかり食べていたが、「中華そば」も並び立つレベルであることを認識した。


京浜東北線大宮駅西口4分
日休 11:00-15:30 17:30-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

あらとん 新宿御苑店<東京>

【284】あらとん 新宿御苑店<東京>①
特製醤油らーめん 900円

本店は「武蔵@新宿他」出身者が札幌で出した人気店で、魚のアラととんこつでスープをとっているのが店名の由来。
数年前に札幌を訪れた際に、本店を訪問したことがあるのだが、スープ切れ終了により、あえなくフラれた経験あり。
その「あらとん」が東京に凱旋出店(ただし、フランチャイズ店)のがこの店。
食べたのは基本メニューの「特製醤油らーめん」。201212131843araton

濃厚で粘度の高い豚骨スープに、負けじと魚のアラの魚臭さが主張しており、さらに背脂も。そして、麺もゴワゴワの太麺で、とにかく力押しの一杯。
具は、プラス100円の「特製」でどれだけ追加されているのか不明だが、チャーシュー×3、半味玉、海苔、メンマ、白ネギ、小ネギと充実。ただ、欲をいえば、こういう強烈系には、中和剤として、玉ねぎもほしいところ。
濃さ&しょっぱさに圧倒されて、ライスも欲しいと思ったのだが、残念ながら売り切れ。
あと、かなり単調なので、胡椒などで味変化をさせたいと思ったのだが、卓上調味料無しというのも残念。

でも、非常に個性的な一杯なので、ひょっとしたら、クセになるかもしれない。


丸ノ内線2番出口1分
土日祝休? 11:00-22:30
(公式HPによると土日祝は夏季のみ営業 営業時間11:00-19:30)
公式HP http://www.araton.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

トナリ 丸の内店<東京>

【283】トナリ 丸の内店<東京>②
タンメン 720円

18時10分の訪問で、半分以下の入り。
ただし、店を出る頃には満席になっていたので、出足が遅めの店なのかもしれない。
前回の初訪問時に、変化球の「タンつけ」を食べたので、今回は王道の「タンメン」を。
本来は、カラアゲ付きの「タンカラ」にしようと思っていたのだが、カラアゲは提供休止中だったので、やむなく単品で。
生姜の有無を確認されたので、「入り」でおねがいした。
出てきたのはこちら。201212121818tonari

スープは、タンメンといえば、あっさり塩味のイメージなのだが、この店では、とろんとした豚骨ベースの醤油味。そのままではやや重く感じるのだが、生姜をまぜこんで清涼感を加えると、実においしい。
麺は、もっちりした平打ち麺。
具は、野菜が450gも入っているとのことで、麺の倍以上あるのではないかと思われる。
ただ、「野菜たっぷりで健康」と謳っている点については、野菜炒めの塩胡椒がかなりきついので、「これだけ塩分過多で、健康?」とツッコミたくなる。
でも、店がつけ麺よりも推しているだけのことはあって、さすがにおいしく、完食時にもう少し食べたかったと思うくらいだった。これだけの量の野菜を食べて、そう思うことは、私の場合、ほぼ無いので、やはり、私にとっては「健康食品」?


東京駅丸の内南口4分
無休 11:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

背脂醤油 のあ<東京>

【282】背脂醤油 のあ<東京>③
和牛1050円 + キャベツ100円

本日は19時からの営業。
19時5分頃の到着で、すでに居酒屋として賑わっていた。
食べたのは、「和牛」+キャベツ。
居酒屋利用のお客さんが多いと、つまみ調理に時間をとられるため、どうしても待ち時間が長くなるので、本日も20分以上の待ち。
出てきたのはこちら。201212111926noa

20切れ以上ある一口和牛をおかずに、背脂あえ麺を食べ進む感じで、アクセント要素として卓上のニンニク醤油漬け、中和剤として別皿のキャベツが大活躍。


銀座線神田駅1番出口5分
日(→月?)休 18:00or19:00-20:00or21:00(麺類提供時間)
公式ブログ http://noakichi29.jugem.jp/

※頻繁に営業時間(定休日も?)の変更が繰り返されており、臨時休業(特に、大人数の居酒屋予約が入った場合の麺類提供休止)も多いようなので、訪問する場合、公式ブログの確認が必須

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

たかぎ<東京>

【281】たかぎ<東京> ①
極めらーめん 1000円

ネットで見かけた評判のよい新店を訪問。
食べたのは「極めらーめん」。
1000円という高価格は、具だくさんのラーメンに茶漬けセットが付いているため。201212101908takagi

まず、ラーメンの方だが、スープは、焼きあご、うるめ鰯、かつお、さばなどの魚介と丸鶏の清湯にさらにとんこつを加えた塩味のもの。
これはこれでおいしくて、飲み干すくらいだったのだが、とんこつ無しの清湯スープも飲んでみたい気も。
麺はツルツルの平打ち麺で、つけ麺にも適していそう。
具は、チャーシュー、塩味玉、メンマ、桜海老、白髪ネギ。
中では、厚手でほどよい硬さを保ったチャーシューが、薄めの味付けでスープとの相性もよく、これが3枚も入っていて◎。
また、塩味玉もスープとマッチしていた。ちなみに、失敗作の味玉は、「崩れちゃった塩味玉」として10円で販売しているようだ(本日は売り切れ)。

そして、〆は茶漬け。
まず、ライスに岩海苔をのせて、そこにスープを注いで食べたところ、なかなかおいしかった。
ただ、中盤でわさびを投入したのだが、全量投入したところ、わさびがききすぎに。。。

でも、スープ・麺・具・茶漬けといずれも高水準でまとまっていて、評判が高いのもうなづける新店だと思った。


丸ノ内線茗荷谷駅1番出口4分
日祝休 11:00-14:30LO 17:30-21:00LO
公式HP http://www.takagisk.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

麺や 来味<新潟>

【280】麺や 来味<新潟> (66)
蟹と豚骨の西京味噌らぁ麺780円 + 味玉100円→クーポンサービス

12,1月の限定の「蟹と豚骨の西京味噌らぁ麺」を。201212091117raimi

白いスープにマー油ということで、ぱっと見は白濁豚骨なのだが、白味噌である西京味噌による白濁。
押しの強い味噌を使っていると、味噌が前面に出てしまうのだろうか、かなり控えめなので、蟹と豚骨と味噌が三位一体となった味わいを楽しむことができる。
そして、マー油の苦みはよいアクセントに。
麺は中細麺。
具は、チャーシュー、味玉(クーポンサービス)、毬麩、メンマ、白ネギといったこの店の定番のものに加えて蟹のほぐし身も。

私がこれまでに食べた味噌ラーメンの中では、あっさり度は最上位クラスで、それゆえに、実に飲みやすいスープだった。


新潟市東区大形本町5-6-6
無休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

膳 丸山店<新潟>

【279】膳 丸山店<新潟>⑲
なんこつラーメン650円 + 岩海苔100円→クーポンサービス

私はいつもの「なんこつラーメン」にクーポンで岩海苔を。201212081122zen

また、写真左は次女が食べた「ミニラーメン」450円+岩海苔(クーポンサービス)。

あと、こちらは長女が食べた「つけ麺」680円+味玉(クーポンサービス)。201212081122zen2

つけダレはあまり濃厚ではなくて辛みがあるタイプで、背脂ミンチや白ゴマがよいアクセントになっているようだった。


新潟市江南区丸山之内善之丞組字浦郷727-1
火休 11:00-14:30 17:30-21:00LO (土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【278】ほん田 NIJI<埼玉>⑩
純彩鶏そば~アルバトロス 900円

12月の限定で20食限定の「純彩鶏そば~アルバトロス」を。201212072009honda_niji

鶏白湯のスープは、あまり濃厚なスープは苦手な私にとってもほどよい濃度で○。
麺は中細麺。
そして、何といってもスゴイのが具。
鶏チャーシュー×5と細切りメンマ、ナッツ&焦がした何か、海苔、白髪ネギ、水菜など。
これだけでも十分だと思うのだが、さらに別皿で、味玉、ささがきゴボウの素揚げ、岩のり、柚子胡椒ONザ海苔、千切り生姜。
これらを順次加えていくことによって、苦み・辛味・清涼感など実に多様な味わいを楽しむことができる。
これまでのこの店の限定の中でも出色といえる出来栄えではないかと思った。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

こうや<東京>

【277】こうや<東京>①
わんたんめん 900円

珍しく四ツ谷で飲み会。
その前にラーメンを1杯ということで、まず訪れたのが「こもり」。
が、18時前の時点で営業しておらず。
ネット上の情報では、平日は中休み無しで、土日祝のみ14:00~18:00が中休みとなっていたのだが、その後18時10分頃再度前を通った際には営業していたので、平日も中休みをとるようになったのかもしれない。

そこで、足を向けたのが「こうや」。
この店に関しては、記録に残して食べ歩きを始める前に訪問したことがあるのだが、はるか以前のことだし、その後、同じ四ツ谷の中で移転もしたようなので、事実上の初訪問。
食べたのは「わんたんめん」。201212061808kouya

わんたんが有名な店なだけに、肉餡がたっぷり入った丸々としたワンタンが5個も入っている。これでプラス200円なのだから、コストパフォーマンスも◎。
具は、他にチャーシュー、メンマ、海苔、小ネギ。
スープはあっさり系、麺は柔らかめの中細麺で、特に印象に残るものではなく、あくまでもわんたんが主役という印象だった。


丸ノ内線1番出口5分
日祝休 11:30-22:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

えんや<東京>

【276】えんや<東京> ⑩
塩らーめん700円 + 味玉100円→クーポンサービス + チャーシュー丼250円

久々に基本メニューの「塩らーめん」を。201212041917enya

スープの旨みが抜群で、ほぼ飲み干した。
具では、穂先メンマ、玉ねぎ、揚げネギはよかったが、チャーシューは薄くて柔らか過ぎで、しかも半分以上脂身で×、また、クーポンでサービスしてもらった味玉は黄身がほぼ生で、好みに合わないタイプだった。
それから、鶏団子が廃止されてしまったのは、やはり寂しい。

あと、こちらは「チャーシュー丼」。201212041917enya2

味もコストパフォーマンスもまずまずなのだが、できれば辛みも欲しいので、卓上に一味等を備えるor北浦和時代のようにわさびマヨネーズにしてもらえたらと。

ちなみに、19時10分頃の到着で、先客ゼロだったが、私の後には、7名のお客さんが続々と来店。


京浜東北線王子駅北口1分
不定休 11:30-21:30LO(日-16:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

燦(さん)<新潟>

【275】燦(さん)<新潟>①
三条カレーらーめん893円 + 半ライス105円 + 味玉105円→クーポンサービス

長岡の「三昇」という店の系列店。
ショッピングセンター内にあって、幅広いメニュー構成をこころがけたようで、「新潟五大ラーメン」即ち、「燦」(=長岡生姜醤油)・「古町」(=あっさり醤油)・「燕三条」・「濃厚味噌」・「三条カレー」がラインナップされている。
その中で、私が食べたのは「三条カレーらーめん」。
出てきたのはこちら。201212021120san

粘度の高くないサラッとしたスープに太麺。
味の方も、あまり辛くはなく、ライトなカレーラーメンの印象。
具は、コーン、ひき肉、刻み玉ねぎ、紅生姜、もやし、キャベツ、ニンジン、櫛切り玉ねぎなど多様。
どちらかというと、味噌ラーメンの具のような野菜中心の構成で、900円近いこの価格なら、もう少し肉系があってもいいようには思うが、そつなくまとまった一杯ではある。
また、穴あきレンゲで、コーンなどをすくって食べやすいのは好印象。
最後は、残ったスープにライスを浸して食べて〆に。

あと、こちらは長女が食べた「燕三条」(価格は記録忘れ)。201212021120san2

その名のとおり、オーソドックスな燕三条系で、やや珍しいのは、水菜がのっている点か。

また、こちらは次女が食べた「濃厚魚介つけめん」830円。201212021120san3

「六厘舎」をはじめとする東京で特に流行っている店と比べると、濃厚度は低いが、私が食べるとしたらこれぐらいの方が食べやすいし、「お約束」の魚粉 on the 海苔による味変化もわかりやすい。

というわけで、極端な個性を排して、多様なメニューをそつなく取り揃えた店という印象で、ショッピングセンター内という立地にマッチしているものと思われる。


新潟市西区イオン新潟西店3F
無休 11:00-20:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »