« 俺たちのらー麺屋 ちょび吉<東京> | トップページ | ほん田 NIJI<埼玉> »

2012年12月26日 (水)

ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>

【293】ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>⑦
赤旨SOYトマトそば 800円

「福の神食堂」「凪 煮干王」に続く「日本のラーメンを変える若手っぽい会」(わかぽ会)の企画による「年越そば」の3軒目。
食べたのは、この企画によるメニューの「赤旨SOYトマトそば」。Rps20121226_1820soranoiro

スープはピンクに近い色合いで、そこにそばっぽい茶色の麺ということで、見た目の印象はあまりよろしくない。
また、ネーミング的にも、SOY(=醤油)にトマトというのもおいしそうな感じはしないのだが・・・
スープを啜ってみると、マイルドでおいしい。
このピンク?色は、トマト×豆乳によるもののようで、ベースとなっている醤油清湯は表に出てきておらず、実にバランスよく仕上がっている。
また、具も、溶けないカリカリチーズ・カリカリベーコン・鶏団子・トマト・パプリカ・ズッキーニ・小ネギなど独特の構成で、前二者のカリカリシリーズが特によかった。
また、赤がトマト由来なので、スープは辛くないのだが、好みに応じて辛さもプラスということで、中辛(赤)or大辛(緑)のハラペーニョソースも出してくれる。
辛いのが得意ではない私としては、中辛の方をお願いして、数滴垂らしてみたところ、それだけで結構辛くなったので、そこで打ち止めにした。

これまでに食べた豆乳入りスープのラーメンといえば、「楽観@六本木(→移転)」の「珀」が思い出されるが、トマトを加えたことや具のカリカリシリーズなどの工夫により、こちらの方が上をいっているように思われた。

で、このメニュー、元々は「わかぽ会」の「年越そば」企画メニューなのだが、麺の印象も、「年越そば」という印象も残らなかったのは事実。
まあ、おいしかったので、全く文句は無いのだが。


半蔵門線半蔵門駅1番出口2分
無休 11:00-15:00 17:00-23:30(土日祝 昼のみ)
公式ブログ http://ramendb.supleks.jp/s/34127.html

|

« 俺たちのらー麺屋 ちょび吉<東京> | トップページ | ほん田 NIJI<埼玉> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/54028303

この記事へのトラックバック一覧です: ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>:

« 俺たちのらー麺屋 ちょび吉<東京> | トップページ | ほん田 NIJI<埼玉> »