« あごすけ<新潟> | トップページ | 栄PA(下り)<新潟> »

2012年12月28日 (金)

麒麟児<長野>

【297】麒麟児<長野> ①
中華そば650円 + とり飯セット250円 

長野市内のラーメン屋で、ネット上での評判の高い店を検索した結果、この店を訪問。

19時過ぎの入店で、ちょうどお客さんが入れ替わって、一時的には我々家族4人の他に1人だけという状態になったのだが、その後続々とお客さんが訪れて、退出時には、雪の中で10名弱の行列になっていた。

まず、私が食べたのは、「中華そば」+「とり飯セット」。Rps20121228_1914kirinji

スープは、煮干×鶏出汁をベースに、鰹+鰯で追い出汁を効かせたクリアなもので、追い出汁の効果か?シャープな旨み。
麺はしなやかな中細麺。
具は、チャーシューとワンタン、穂先メンマ、ほうれん草、斜め切りの白ネギ。
チャーシューは低温調理のしっとりしたもので◎だし、穂先メンマが3つも入っているのも◎。
これで650円なのだから、味もコストパフォーマンスも文句無し。
ちなみに、嫁も「中華そば」を食べて、スープを飲み干していた。

一方、とり飯の方は、鶏チャーシューがたっぷりなのはよいのだが、味付け不足で、平凡に感じた。

また、こちらは次女が食べた「つけそば 鰹醤油 小盛」700円。Rps20121228_1915kirinji2

濃厚な「鶏搾り」に対して、「鰹醤油」の方はあっさり系で、ラーメンとは異なる太麺を使用していた。チャーシューは豚と鶏の2種が入っており、こちらもコストパフォーマンスが高い。

それから、こちらは長女が食べた「鶏炊きそば」750円。Rps20121228_1917kirinji3

「中華そば」とは対照的な濃厚な鶏白湯スープで、そこにマー油が浮かんでいるのが効果的なように思われた。
こちらも、鶏&豚チャーシュー、穂先メンマなど具も充実。

というわけで、3つのメニューがそれぞれ魅力的だったし、他にも「塩そば」「海老そば(期間限定)」など気になるメニューがあったので、長野への帰省時には、再訪可能性大。


長野市栗田190-3
水休 11:30-14:30 17:30-20:00

|

« あごすけ<新潟> | トップページ | 栄PA(下り)<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/54028431

この記事へのトラックバック一覧です: 麒麟児<長野>:

« あごすけ<新潟> | トップページ | 栄PA(下り)<新潟> »