« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

きび 桃太郎外伝<東京>

【23】きび 桃太郎外伝<東京>①
限定ラーメン(ラー油のピリ辛ラーメン)800円 + チャーシューごはん(木曜限定サービス)

またもや「限定ラーメン」を。Rps20130131_1918

本日のサービス品は、チャーシューごはんだったので、それも付けてもらったのだが、売り切れ寸前だったようで、店を出る頃には、餃子に替わっていた。
チャーシューごはんは、サービス品だからなのかor売り切れ寸前だったからなのかわからないが、チャ-シューはごく少量。なので、残ったライスは、スープに投入してリゾットに。


山手線品川駅高輪口2分「品達ラーメン」内
無休 11:00-23:00
公式HP http://www.kibikibi.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

HAJIME<東京>

【22】HAJIME<東京>⑦
ステーキ定食 1000円

新メニュー「ステーキ定食」が登場していたので、それを。Rps20130129_1925

このようなネーミングながら、立派な麺メニューで、一言でいえば、油そば+ステーキ+ライス+スープ。
また、ステーキソースは、ニンニク醤油orネギ生姜からの選択式で、今回はニンニク醤油に。
まず、油そばだが、シンプルな塩味で、結構オイリーな平打ち麺が、熱々のミニフライパンで提供される。後半まで冷めないし、底の方の麺はカリッと焦げたりするので、これはよい。一般的な油そばとは違って、タレはほとんどない。
具は、ミディアムレアくらいの焼き加減のステーキに加えて、ベーコン風の角切りチャーシュー、玉ねぎ、小ネギ。
ステーキソースのニンニク醤油は、おろしニンニクとビン入りの弓削多醤油が出てきて、自分で調合するもの。
ステーキは、そのまま食べてもおいしいし、ライスや麺のおかずとしても大活躍。
チャーシューも同様。
さらに、麺もニンニク醤油に浸してライスのかずにしたりと、様々な味わい方ができる。
また、ベーコンや小ネギが入っているスープは、比較的薄味なので、時々飲んで、口の中を薄める用に。

というわけで、至れり尽くせりの「定食」に大満足だったので、再食必至。


京浜東北線東十条駅南口7分
無休 11:30-15:00 18:00-22:30(土日祝-20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

TOKYO味噌ラーメン 江戸甘 東京駅店<東京>

【21】TOKYO味噌ラーメン 江戸甘 東京駅店<東京> ⑭
喜多方肉そば 塩 990円 + 小ライス(肉味噌付き)100円

「七彩」メニューの「喜多方肉そば 塩」を。
いつもはおおいに満足するのだが、今日は、

麺:ダマになっていた。ほぐし不足?or手揉みして揉み過ぎ?
チャーシュー:いつもよりも薄かったり、小さかったりでボリューム不足。
接客:小ライスを出し忘れられて、催促してやっと出してくれたものの、謝罪も無し。

と各方面で不満が。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 7:30-10:00LO 10:30-16:30LO / 17:00-22:30LOは「江戸甘」として営業
公式HP 東京ラーメンストリート:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

お~や<新潟>

【20】お~や<新潟> ⑤
海鮮チャンポン 800円

前回訪問時(1/19)に見送った2月までの限定「海鮮チャンポン」が、ネット上で好評なので、これ目当てで訪問。
11時15分頃の到着で、前4名待ちで、食べ始めるまでに約20分の待ち。
でも、昼夜各5食限定とハードルが高い「海鮮チャンポン」に無事ありつくことができた。
出てきたのはこちら。Rps20130126_1135

濁りのあるスープは思ったよりも濃厚。
具は、キャベツ、ニンジン、イカ、タコ、海老(むき海老・桜海老)など。
麺を食べ終えた後も、底に沈んだ桜海老などを掬うためもあって、スープを飲み進んだ結果、8割方飲み干すことに。
このチャンポンが、世間一般のチャンポンの中で、どれくらいのランクに位置するものなのかわからないが、予想以上においしかったので、私にとって、チャンポンを見直すきっかけになる一杯となったかも。

食べ終えて近くのコインパーキングに戻るのに、30分以上要したのだが、60分で100円という価格設定が、実にありがたい。

なお、出身元の「本丸亭@本厚木」の紹介の貼り紙があった。


新潟市中央区東堀前通10番町1789
月(祝の場合翌日)休 11:00-14:002 18:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

凪 豚王 大宮店<埼玉>

【19】凪 豚王 大宮店<埼玉>①
黒王850円 + お代わり自由ご飯50円

新宿を中心に5店舗以上展開している「凪」。
フィーチャーしている食材の違いによって、いくつかの類型があって、ここは豚骨ラーメン押しの「豚王」。
メニューにも「豚王」「黒王」「赤王」などいくつかの種類があった中で、今回は「黒王」を選択。
様々な好みを指定できる注文シート(元祖は「一蘭」?)が用意されていたので、「ニンニク多め」「角煮」「キャベツ」「麺硬め」「辛み無し」などを指定。
出てきたのはこちら。Rps20130125_1958

「なんつッ亭」をはじめとして、マー油の浮かんだ豚骨ラーメンは数々食べたことがあるのだが、それらと比べても、丼の底まで、また、具のひき肉なども真っ黒。ここまで黒いとなると、思い起こされるのは、「初代 けいすけ@本郷三丁目」(H21.3.12)等や「麺屋武蔵 武骨@上野御徒町」(H20.8.18)等だが、前者の黒さは竹炭由来で、後者はイカスミ由来。
でも、味わいの方は苦さ一辺倒ではなく、「甘苦い」感じ。
具は、角煮が大2つ+かけら、刻みキクラゲ、もやし、キャベツ、ガーリックチップなど。
もやしとキャベツ(特に後者)はよい箸休めになったし、角煮はボリューム十分で、一見高いこの価格でもコストパフォーマンスは、悪くない。
ライスは、角煮や底に沈んでいたひき肉をおかずに、お代わりも1杯。

週末に単身赴任元の新潟に帰る際に、夕食をとることが多い大宮に、「ほん田」に続いて、「凪」という有力店が進出してきてくれたのは、喜ばしい限り。


京浜東北線大宮駅東口3分
無休 24時間営業(H25.12現在)
公式HP http://www.n-nagi.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

やまぐち<東京>

【18】やまぐち<東京>①
鶏そば 豚丼セット 980円

ラーメン自作界で有名だった店主が、「立川ラーメンスクエア」内の「にゃみ」(H19.11.16)、「かなで(・紅)@府中」(H21.8.13等)をへて、満を持して?苗字を店名にしてオープンされた店。

行きは副都心線西早稲田駅、帰りは都電荒川線面影橋駅を利用したが、ほぼ同距離のようだった。

食べたのは、「鶏そば 豚丼セット」。Rps20130124_1907

まず、「鶏そば」だが、鶏100%のスープに鶏油でダメ押しをした醤油味の清湯スープが、無化調ながら抜群の旨み。この系統だと、これまでは「69'N' ROLL ONE@町田」がベストだと思っていたのだが、それと双璧をなすと言ってもよいのではないか。
平たい中細麺も滑らかな食感で、スープともベストフィット。
具は、鶏チャーシューとメンマ、白ネギ、かいわれとシンプルな構成ながら、鶏チャーシューは葛でとろみがつけてある技ありの一品。
完璧な一杯で、当然スープまで飲み干した。

あと、プラス230円で付けられる豚丼がこちら。Rps20130124_1909

薄切りのチャーシューとかいわれ、粗挽きの黒胡椒がのっていて、タレも◎。

これで、セット価格1000円を切るのだから、ありがたい。
通勤経路上からすると、かなり立ち寄りにくい場所にあるのだが、ぜひ再訪したい。


都電荒川線面影橋駅5分
月休 11:30-15:00 17:30-21:00(日祝11:30-17:00)(スープ切れ終了)
公式HP http://nyami.cocolog-nifty.com/nyami/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

きび 桃太郎外伝<東京>

【17】きび 桃太郎外伝<東京>①
限定ラーメン800円 + 餃子(月曜限定サービス)

2年前にイベントで提供されていた「限定ラーメン」を。Rps20130121_1840

正式メニューにはなっていないのだが、昨年夏にもこれを食べたので、引き続き提供されているようだ。
「自家製ラー油のピリ辛ラーメン チャーシュースペシャル」というのがキャッチコピー?で、確かに、ラー油のほどよい辛さとトマトの酸味がベストマッチ。また、カリカリの炙りチャーシュー×3も◎。
スープまで飲み干したのだが、前回同様、ライスをつけてリゾットにしてもよかったかも。


山手線品川駅高輪口2分「品達ラーメン」内
無休 11:00-23:00
公式HP http://www.kibikibi.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

滋魂(じこん)<新潟>

【16】滋魂(じこん)<新潟>⑥
禁断の特濃みそらーめん880円 + 半熟煮玉子100円→クーポンサービス

前回同様、11時過ぎに到着したのだが、駐車場が満車だったので、離れたところに車を停めて、11時10分頃到着。前ゼロの空席待ちで、食べ始めるまでに、20分弱の待ち。
食べたのは「禁断の特濃みそらーめん」(写真右)。Rps20130120_1124

味噌豚骨で、「禁断の特濃」とあるので、どれだけ濃いのかと思っていたが、いちおう液体のレベルに留まっており、たとえば、「克味@曙橋(東京)」の「超濃厚NEO豚骨」(H21.6.15参照)ほどではない。でも、新潟では、私がこれまでに食べた中で、1番濃厚かもしれない。
そんな中で、中和剤として食べやすくしてくれたのが、玉ねぎとほうれん草だった。
具は、他に豚こま切れ肉、メンマ、辛味噌と味玉。
後半は、辛味噌による味変化もありがたかった。
また、豚こま切れ肉は、ライスのよいおかずにもなりそうだったのだが、150円と高かったので断念。

あと、写真左は次女が食べた「中華そば」680円+半熟煮玉子100円(クーポンサービス)。
デフォルトで岩海苔が入っているのが◎。

この店のメニューは、「中華そば」の場合は油、「煮干そば」の場合は苦み、「味噌」の場合は超濃厚といずれも際立った特徴を持っており、それが功を奏しているように思われる。


新潟市東区松崎1-1-28
不定休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

お~や<新潟>

【15】お~や<新潟> ④
チャーシューめん850円 + 味玉100円→クーポンサービス

2月までの限定は「海鮮チャンポン」だったが、チャンポンはあまり食べないので、パスして、「チャーシューめん」に。
クーポンで味玉1個サービス。
さらに、春菊を抜きにしてもらったところ、春菊が苦手な人も結構いるらしく、春菊抜きの場合、味玉半分サービスというのが始まっていたので、味玉がつごう1個半に。Rps20130119_1122


感想。ネギさえ入っていないシンプルな構成なのだが、
自家製のモチモチ麺
無化調だが旨み抜群のスープ
しっかりした肉の食感のチャーシュー
絶妙の半熟度の味玉
と一つ一つのパーツが完璧で、文句無し。


新潟市中央区東堀前通10番町1789
月(祝の場合翌日)休 11:00-14:002 18:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【14】ほん田 NIJI<埼玉>⑫
ビトン 専用ごはん(ドラゴン飯)付き 900円

1月の限定「ビトン」を専用ごはん「ドラゴン飯」付きで。Rps20130118_1940

スープは、海老&豚骨で、そこに細麺。
最初は海老風味を楽しむことができたのだが、次第に辛みのついたひき肉による辛さが支配的に。私としては、もう少し、辛さに邪魔されることなく「平和に」海老風味を堪能したかったところ。
具は、海老ワンタン2、辛味噌、焼きネギ、キャベツ、紫キャベツ、ニラなど相変わらず盛りだくさん。中では、海老ワンタンと焼き目をつけたネギが○だった。
一方、ぷらす100円で付く「ビトン」専用の「ドラゴン飯」は、こちらも辛いひき肉がのっていたものの、卵黄でマイルドになって、おいしく食べることができた。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

肉玉そば おとど 篠崎店<東京>

【13】肉玉そば おとど 篠崎店<東京>①
野獣 1000円

携帯のラーメンサイトの会員限定メニュー「野獣」目当てで訪問。
北松戸にある本店は訪問したことがあったが、こちらの支店は初めて。
職場からも、家からも結構行きづらい場所にあって、しかも「野獣」は10食限定ということで、無駄足が怖かったのだが、幸いなことに、電話予約可とのことだったので、予約のうえで訪問。
で、出てきた「野獣」はこちら。Rps20130117_1920

まず目を惹くのが、巨大な骨付き肉×2。
一つはハンバーグで、もう一つが鶏もも肉。
わざわざ骨に巻きつけてある(ハンバーグはもちろん、おそらく、鶏もも肉の方も)のは、野性味を出すためか。
食べにくいのは否めないが、インパクト大なのは確か。
で、まずかぶりついたのが、ハンバーグの方。
デミグラスソースたっぷりで、たいへんおいしくて、この段階で、無料でお代わり自由のライスを2杯食べてしまった。
そして、ラーメンの方は、太麺に山盛りのもやし・キャベツ等、さらにニンニクも入っていて、「二郎」のような趣き。
ただし、スープにも、デミグラスソースが溶け出して、独特の味わいとなっている。
そして、後半は鶏もも肉と格闘。
皮つきのものを焼き上げてあって、おいしいのだが、ハンバーグや野菜の山を処理してきた後なだけに、お腹にも顎にも、かなりこたえた。

というわけで、ラーメンサイトの会員限定メニューならではの一杯で、おおいに楽しませてもらった。


都営新宿線篠崎駅北口3分
無休 11:30-15:00 17:30-25:00(日祝11:30-24:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

田中そば店 秋葉原店<東京>

【12】田中そば店 秋葉原店<東京>②
肉そば  980円

先日、日曜日の昼に訪れた際には、14時過ぎでも行列だったのだが、平日の夜6時台に訪れた今日は、お客さんの数2,3名で推移していた。
食べたのは「肉そば」。Rps20130116_1830

デフォルトはあっさりなのだが、こってりの指定もできるようになっていて、卓上にはこってり向けの調味料として唐辛子も置いてあるなど、店はどちらかというとこってりを推しているのかもしれないが、喜多方(風)ラーメンなので、やはりあっさりの方で。
出てきたのはこちら。
塩味のスープに、平打ち麺とたっぷりの肉(チャーシュー)というあたりが喜多方らしい。
やや高いようにも思うが、味の方は満足。


銀座線末広町駅3番2分
無休 11:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

俺式 日本橋店 <東京>

【11】俺式 日本橋店 <東京> ②
とんこつラーメン680円 + 替え玉130円

20食限定の「鰹醤油豚骨」というのもあったが、800円という価格により、敬遠。
前回同様に「とんこつラーメン」を。Rps20130115_1840

麺の硬さは「普通」にしてもらったが、やや柔らかく感じたので、「硬め」の方がよかったかもしれない。
卓上のニンニク(粒のものをセルフでクラッシュ)、すり胡麻、醤油ダレを有効に活用して、まずはラーメンを完食。

この後、替え玉をして、「唐し油そば」に。
加えたのは、スープ=レンゲ2、らー醤=小さじ1、醤油ダレ=レンゲ1。
麺の硬さは今回も「普通」にしてもらったが、こちらはこれでちょうどよかった。

らー醤はライスにも合いそうなので、半ライスを付けるというのも、アリかも。


銀座線三越前駅三越側改札2分
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.setaga-ya.com/shop/t_nihonbashi.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

風の味 らーめん GOIN GOIN

【10】風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>(63)
中田ブラック 770円

約4ヶ月ぶりの訪問。
この間に、食券制になり、また、メニューの方も、通常のラーメンは濃厚系に一本化されるなどメニュー構成も変更されていた。
でも、私が食べたのはいつもどおり「中田ブラック」。Rps20130114_1116goin

割りスープは、以前は丼に入れてお客さんごとに運ばれてきていたが、卓上のポットに入れて常置されるようになっていた。これは合理的な変更だと思う。

あと、こちらは裏メニューの「ブラック丼」100円(携帯会員価格)と次女が食べた「濃厚つけ麺」790円。Rps20130114_1119goin

「つけ麺」の方は、玉ねぎが無しになったようだ。
また、「ブラック丼」は、角切りチャーシューどっさりと刻み海苔、ネギ二種、粗びき黒胡椒がのっていて、単品としてはおいしいのだが、こちらもしょっぱいので、「中田ブラック」と併せて食べるのには適さなかった。

全体的に、濃厚&しょっぱい系に偏ったメニュー構成となった印象。
まあ、こちらの系統の方が売れるから、そちらに絞ったということなのだろうが。


新潟市南区大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

膳 丸山店<新潟>

【9】膳 丸山店<新潟>⑳
ホワイトラーメン750円 + 味玉100円→クーポンサービス

期間限定の「ホワイトラーメン」を。Rps20130112_1222

スープは、魚介塩をベースに牛乳を加えたもの。
牛乳入りのラーメンというと、「喜楽々(きらら)@東川口」の「味噌カレー牛乳ラーメン」(H21.3.31他)が思い起こされるが、あちらほど牛乳は強く出ておらず、チャウダーのような味わい。
具は、アンチョビポテト、チャーシュー×3、コーン、キャベツ、もやし、揚げネギ、糸唐辛子、水菜、小海老など多様。
アンチョビポテトは、あまりスープと調和せず、別物感があったが。

後半は、やや単調に感じられたので、卓上の七味を使用。粗びき黒胡椒かレッドチリペッパーを用意してくれたら、もっと合いそうなのだが。

でも、これまであまり食べたことなかったこの店の限定もなかなかレベルが高いと思った。

あと、こちらは長女が食べた「つけ麺」680円+味玉(クーポンサービス)と次女が食べた「ミニラーメン」450円+岩海苔(クーポンサービス)。Rps20130112_1223

新潟市江南区丸山之内善之丞組字浦郷727-1
火休 11:00-14:30 17:30-21:00LO (土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

晴(HARU)<東京>

【8】晴(HARU)<東京>①
中華そば700円 + 豚めし小250円

昨年夏オープンの店。
ネット上の評判が高いことから訪問。
最寄駅は入谷なのだが、定期券の都合により、往路は鶯谷駅、復路は上野駅を利用した。

食券販売機では、つけ麺の方が上にあったが、好みではない濃厚こってりタイプだという事前情報があったので、「中華そば」の方を。
出てきたのはこちら。
※写真はややブレてます。Rps20130109_1926

こちらは清湯のあっさりタイプ。
煮干の効いた醤油味、スープ少なめ、硬めの細麺といった属性は、「伊藤@赤羽他」「遊@鶯谷」あたりに通じるものがあるが、こちらの方が煮干の効き方が上品。
具は、低温調理レアチャーシュー、大きな穂先メンマ、たっぷりのネギ2種と種類は少ないが、簡にして要を得たという印象の洗練された構成。
スープが自然と進んで、後味も良く飲み干した。

また、「豚めし小」は刻みチャーシューと2種のネギがのっていて、価格的にもボリューム的にも手ごろだった。


日比谷線入谷駅(山手線鶯谷駅南口7分、上野駅入谷改札11分)
土休 11:30-14:30(日祝-15:00) 18:00-22:00(日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

塩つけ麺 灯花<東京>

【7】塩つけ麺 灯花<東京>①
淡麗鶏塩そば700円 + こだわり卵かけごはん200円

「なおじ@新潟」の系列の「もぐら」の後に入った店。
店名のとおり、「塩つけ麺」が売りの店のようだが、寒かったので、「淡麗鶏塩そば」の方を。Rps20130108_1910

鶏魚介清湯のスープに中細麺。
説明書きによると、10種の塩ダレ使用で、出汁は丸鶏・むね肉、節、煮干、しいたけなどでとっており、香味野菜は無しとのこと。最後のくだりは、香味野菜無しでも臭みの無い旨いスープをとっているということをアピールしたいのだろうか。
具は、チャーシューとメンマ、水菜、白髪ネギ、糸唐辛子。中ではチャーシューが大判で炙ってあって○だった。
全体として、際立った特長が無い分、リピートしたくなるような吸引力は感じなかったが、オーソドックスにおいしい一杯ではあった。

あと、こちらは「こだわり卵かけごはん」。Rps20130108_1912

細切りの塩昆布と白胡麻で一工夫されており、特に昆布の塩気がよかった。


丸の内線四谷三丁目駅4番3分
日祝休 11:30-24:00(10月~5月) 18:00-26:00(6月~9月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京>

【6】万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京>(31)
特選ざる排骨麺 880円
※写真省略

冬でもいつもどおり「特選ざる排骨麺」を。
考えてみると、ざる排骨の場合、排骨が麺の上にのって出てくるので、スープに浸っているうちにふにゃふにゃになることなく、パリパリの衣で食べることができるというメリットもあることに、今さらながら気づいた。


霞が関ビル1F
無休 10:00-23:00(土日祝11:00-20:00)
公式HP http://www.niku-mansei.com/contents/02shiten/02tokyo_ra_kasumiga.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

活力屋<東京>

【5】活力屋<東京>④
えび塩らーめん650円

「大至」「福の神食堂」など私の気に入っている秋葉原のラーメン屋は、日曜定休が多い。さらに、「田中そば店」「じゃんがらラーメン」などの有名店は、14時過ぎでも行列。
というわけで、3年ぶりにこの店を訪問。こちらは、先客・後客ともゼロ。

食べたのは「えび塩らーめん」。Rps20130106_1441

スープは、海老の風味はそこそこで、第一印象としては、チャルメラ的な印象を持ったのだが、油の層があって最後まで熱々なのと、表面に浮かんでいる魚粉(ていうか削り節の砕片?)がよい働きをしておいしい。
麺は、中細麺(中太麺への変更も可)。
具はチャーシュー、メンマ、青菜、刻みネギなど。

あと、かなりチャラい口調の接客はいただけなかった。


銀座線末広町駅3番出口5分
無休 11:00-19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ<東京>

【4】NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ<東京>④
肉そば 700円

東京スカイツリー(ソラマチ)に行った帰りに娘たちと。
私が食べたのは、「肉そば」。
※写真はブレてます。Rps20130105_1640

玉ねぎと生姜が効果的で、飽きのこないスープだった。
なお、次女は麺の量半分で味玉(他にメンマ、海苔、半ライスも可)をサービスしてもらった。

また、長女が食べた「肉そば 味噌」800円はこちら。Rps20130105_16402

スープで炒めた野菜をのせたりして、醤油などよりも手間をかけている場合には、味噌の方が高くてもやむをえないと思うが、この店の場合の100円差はなぜ?という気がした。


半蔵門線住吉駅B1出口1分
無休 11:00-15:00 18:00-26:00
公式HP http://www.grandcuisine.jp/keisuke/nikusoba.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

燈郎<東京>

【3】燈郎<東京>①
ミニ汁無しそば680円 + ステーキ300円

まず「一燈」に向かったのだが、約20人規模の大行列だったため、断念。
そこで、徒歩2分くらいのところにある系列店「燈郎」へ。
こちらは、18時40分頃の到着で7名の待ち。一旦並んだ後に店員の誘導に従って食券を購入する仕組みは本店と同様。
ガッツリ系とトッピングの牛ステーキが特徴の店で、麺の量は並でも250g(つけ麺の場合300g)もあるので、私としては珍しく「汁無しそば」のミニを選択して、これにステーキをトッピングした。そして、野菜とニンニクの量は普通で。

並び始めてから二十数分で出てきたのがこちら。Rps20130104_1905

麺は手打ちの平打ち太麺で、量はミニだと150g。
タレは丼の底の方に1cmの深さで入っている。
具は、チャーシュー、揚げネギ、小ネギ、キャベツ、もやし、刻みニンニク、温泉玉子と追加トッピングのステーキ。
チャーシューは大きくて分厚いので、麺の量を並にするかor野菜増しにすれば、ステーキをトッピングしなくても十分にお腹いっぱいになりそう。
また、温泉玉子は別皿で提供されて、後のせを推奨されるので、中盤で投入すると、マイルドな味に。
また、卓上には、ラー油、カエシ、一味、魚粉、酢、黒胡椒と豊富なカスタマイズアイテムも用意されている。
デフォルトのタレの味でも十分に満足できたのだが、魚介要素を出すために魚粉を使用。また、ステーキと野菜の味付け用にカエシも使用した。

非常に満足度が高い一杯だったので、本日のように「一燈」を訪問して大行列だった時の「代打」としてだけではなく、この店を目的に再訪することも十分に考えられる。


総武線新小岩駅北口2分
木休 11:00-15:00 18:00-23:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

RAMEN DINING JinGu(じんぐう)<東京>

【2】RAMEN DINING JinGu(じんぐう)<東京>①
黒毛和牛と国産豚のらーめん(あっさり) 780円

娘たちの原宿・竹下通り詣でのお供で原宿へ。
娘たちが買い物をしている間の時間を利用してこの店に。
最寄駅は千代田線の明治神宮前駅で、原宿駅からでも徒歩5分(食べログ)となっているが、最短コースである竹下通りを通ると、雑踏のために10分以上かかるものと思われる。
店は、原宿という立地にふさわしい小じゃれた内外装で、店頭に掲げられた幟だけがラーメン屋であることを主張している。
14時45分という中途半端な時間帯の到着だったのだが、3が日のせいもあってか、まだ混んでいて、前2名の待ちで、食べ始めるまでに約15分。

食べたのは「黒毛和牛と国産豚のらーめん」。
牛骨&豚骨のこってりor牛骨&豚骨&魚介のあっさりの2種があったので、あっさりで。
出てきたのはこちら。Rps20130103_1459jingu

スープは、濁りはあるが、やはりあっさりしたタイプ。小さめの器に浅く入っていて、量が少ない。
麺は、全粒粉使用の細麺。
具は、牛&豚チャーシュー、ほうれん草、メンマ、糸唐辛子、柚子など。
スープだけでなく、具の方でも牛&豚を通しているところは立派なのだが、牛の方=ローストビーフはちょっとレア過ぎ。
後半は、スープのしょっぱさが鼻について、スープが進まなくなった。
でも、高級和牛を使って、この価格なら、コストパフォーマンスは悪くはない。
ちなみに、「スーパープレミアつけ麺」3480円というのも目についたが、どれくらいオーダーされているのだろうか。


山手線原宿駅竹下口10分?
無休 11:30-23:00(日-21:30LO) ※H25.4からの営業時間
公式HP http://jingu.asia/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

味噌屋 八郎商店<東京>

【1】味噌屋 八郎商店<東京>③
カレー味噌ラーメン880円 + 一口めし100円

三が日ということで、「満来」「ほりうち」「春道」は休み。
さらに、営業している店が少ない分もあってか、「武蔵」はいつも以上の大行列。
ということで、たどり着いたのが「味噌屋 八郎商店」。
この店も私と娘2人が着席した時点でほぼ満席となり、退出時には7,8人の行列になっていた。

私が食べたのは「カレー味噌ラーメン」。Rps20130102_1335

スープは、当初は味噌が支配していて、カレー味のひき肉によって、徐々に「カレー度」が増していく。
また、マー油も入っていたが、味噌やカレー味に対抗して主張するのには、量が少なすぎた。
具は、ひき肉の他には、チャーシュー、もやし、小ネギなど。
最後は、ライスをスープに浸して食べて〆。

あと、こちらは長女が食べた「味噌ラーメン」780円。
これにプラス100円でカレーひき肉をトッピングしたものが「カレー味噌ラーメン」になるようだ。

それから、こちらは次女が食べた「味噌つけ麺」780円+「トマトひき肉」100円。
つけダレに浸さなくても、スパゲティーミートソースみたいに食べられそうな感じだった。


都営大江戸線新宿西口駅D5出口3分
無休 11:00-LO23:00
公式HP http://www.nantsu.com/hachiro/menu_shinjuku.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

★2012年総括

★2012年総括

トータルの杯数は、ジャスト300杯。
2011年の総括で「今後も300杯前後のペースで行くものと思われる」としていたので、予想どおり。

また、醤油・塩・味噌・豚骨・つけ麺・その他の種類別のシェアで、一時は一桁まで落ち込んでいた塩が5年ぶりに2割を超えたのも目立つところ。

続いて、店別の訪問回数。

①一瑳(いっさ)@浦和   11回
①ほん田 niji@大宮  11回
③七彩(江戸甘)東京駅店  10回
④万世 霞が関ビル店     9回
⑤来味(大形)@新潟     7回

1位タイのうち、「一瑳」は、昨年に続いてのトップ。接客に難がある(ことがある)ものの、単身赴任先の最寄駅・浦和にあって、遅くまで営業しているというアドバンテージから、今後もコンスタントに訪問するものと思われる。

そして、もう1軒の1位が、3月にオープンした「ほん田 niji」。言わずと知れた「ほん田@東十条」の支店で、毎月限定メニューをリリースするなど意欲的。しかも、私が単身赴任元の新潟に帰る途中で夕食をとることが多い大宮に立地しているので、2013年の1位の最有力候補。

続く3位の「七彩(江戸甘)東京駅店」は、昼は「七彩」、夜は「江戸甘」の二毛作営業で、ほとんどは夜の部の「江戸甘」営業時に訪問しているのだが、夜も「七彩」メニューも提供しているのがありがたい。また、東京ラーメンストリートの中では、比較的行列が短い方なのもハードルを低くしている。

4位の「万世 霞が関ビル店」は、2年ぶりのベスト5返り咲き。勤務先に近いので、昼食時に利用している。

5位の「来味」は、新潟の店で唯一ランクイン。また、このような総括を始めた2008年以降、5年連続でベスト5入りしたのも、この店だけ。2ヶ月ごとにリリースされる期間限定メニューには引き続き期待したい。

以上に続く6位タイは3軒あるのだが、このうちで明暗を分けているのが、「ビーハイブ ゲンキノモト@三越前」と「HAJIME@東十条」。
「ゲンキノモト」は、2011年末のオープン以来、コンスタントに訪問していたのだが、2012年11月くらいから長期休業に入ってしまった。
一方の「HAJIME」は、今年(2月)オープンで、「元(はじめ)@蓮沼」という有名店の支店という「ほん田 niji」と似た属性を持った店で、月替わりメニューなどは今のところ無いものの、「醤油」と「塩」のどちらもおいしいので(他にもメニューはあるが、私のお気に入りはこのツートップ)、訪問を重ねたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »