« RAMEN DINING JinGu(じんぐう)<東京> | トップページ | NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ<東京> »

2013年1月 4日 (金)

燈郎<東京>

【3】燈郎<東京>①
ミニ汁無しそば680円 + ステーキ300円

まず「一燈」に向かったのだが、約20人規模の大行列だったため、断念。
そこで、徒歩2分くらいのところにある系列店「燈郎」へ。
こちらは、18時40分頃の到着で7名の待ち。一旦並んだ後に店員の誘導に従って食券を購入する仕組みは本店と同様。
ガッツリ系とトッピングの牛ステーキが特徴の店で、麺の量は並でも250g(つけ麺の場合300g)もあるので、私としては珍しく「汁無しそば」のミニを選択して、これにステーキをトッピングした。そして、野菜とニンニクの量は普通で。

並び始めてから二十数分で出てきたのがこちら。Rps20130104_1905

麺は手打ちの平打ち太麺で、量はミニだと150g。
タレは丼の底の方に1cmの深さで入っている。
具は、チャーシュー、揚げネギ、小ネギ、キャベツ、もやし、刻みニンニク、温泉玉子と追加トッピングのステーキ。
チャーシューは大きくて分厚いので、麺の量を並にするかor野菜増しにすれば、ステーキをトッピングしなくても十分にお腹いっぱいになりそう。
また、温泉玉子は別皿で提供されて、後のせを推奨されるので、中盤で投入すると、マイルドな味に。
また、卓上には、ラー油、カエシ、一味、魚粉、酢、黒胡椒と豊富なカスタマイズアイテムも用意されている。
デフォルトのタレの味でも十分に満足できたのだが、魚介要素を出すために魚粉を使用。また、ステーキと野菜の味付け用にカエシも使用した。

非常に満足度が高い一杯だったので、本日のように「一燈」を訪問して大行列だった時の「代打」としてだけではなく、この店を目的に再訪することも十分に考えられる。


総武線新小岩駅北口2分
木休 11:00-15:00 18:00-23:00(スープ切れ終了)

|

« RAMEN DINING JinGu(じんぐう)<東京> | トップページ | NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/54028601

この記事へのトラックバック一覧です: 燈郎<東京>:

« RAMEN DINING JinGu(じんぐう)<東京> | トップページ | NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ<東京> »