« 三咲屋<新潟> | トップページ | 味噌屋 八郎商店<東京> »

2013年1月 1日 (火)

★2012年総括

★2012年総括

トータルの杯数は、ジャスト300杯。
2011年の総括で「今後も300杯前後のペースで行くものと思われる」としていたので、予想どおり。

また、醤油・塩・味噌・豚骨・つけ麺・その他の種類別のシェアで、一時は一桁まで落ち込んでいた塩が5年ぶりに2割を超えたのも目立つところ。

続いて、店別の訪問回数。

①一瑳(いっさ)@浦和   11回
①ほん田 niji@大宮  11回
③七彩(江戸甘)東京駅店  10回
④万世 霞が関ビル店     9回
⑤来味(大形)@新潟     7回

1位タイのうち、「一瑳」は、昨年に続いてのトップ。接客に難がある(ことがある)ものの、単身赴任先の最寄駅・浦和にあって、遅くまで営業しているというアドバンテージから、今後もコンスタントに訪問するものと思われる。

そして、もう1軒の1位が、3月にオープンした「ほん田 niji」。言わずと知れた「ほん田@東十条」の支店で、毎月限定メニューをリリースするなど意欲的。しかも、私が単身赴任元の新潟に帰る途中で夕食をとることが多い大宮に立地しているので、2013年の1位の最有力候補。

続く3位の「七彩(江戸甘)東京駅店」は、昼は「七彩」、夜は「江戸甘」の二毛作営業で、ほとんどは夜の部の「江戸甘」営業時に訪問しているのだが、夜も「七彩」メニューも提供しているのがありがたい。また、東京ラーメンストリートの中では、比較的行列が短い方なのもハードルを低くしている。

4位の「万世 霞が関ビル店」は、2年ぶりのベスト5返り咲き。勤務先に近いので、昼食時に利用している。

5位の「来味」は、新潟の店で唯一ランクイン。また、このような総括を始めた2008年以降、5年連続でベスト5入りしたのも、この店だけ。2ヶ月ごとにリリースされる期間限定メニューには引き続き期待したい。

以上に続く6位タイは3軒あるのだが、このうちで明暗を分けているのが、「ビーハイブ ゲンキノモト@三越前」と「HAJIME@東十条」。
「ゲンキノモト」は、2011年末のオープン以来、コンスタントに訪問していたのだが、2012年11月くらいから長期休業に入ってしまった。
一方の「HAJIME」は、今年(2月)オープンで、「元(はじめ)@蓮沼」という有名店の支店という「ほん田 niji」と似た属性を持った店で、月替わりメニューなどは今のところ無いものの、「醤油」と「塩」のどちらもおいしいので(他にもメニューはあるが、私のお気に入りはこのツートップ)、訪問を重ねたくなる。

|

« 三咲屋<新潟> | トップページ | 味噌屋 八郎商店<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/54028492

この記事へのトラックバック一覧です: ★2012年総括:

« 三咲屋<新潟> | トップページ | 味噌屋 八郎商店<東京> »