« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

たかぎ<東京>

【46】たかぎ<東京>②
味玉つけ麺 850円

2回目の訪問。
前回はラーメンだったので、今回は「味玉つけ麺」を。
出てきたのはこちら。Rps20130228_1901

つけダレは、基本的にラーメンのスープと同じベースのようで、丸鶏&魚介(焼きあご、うるめ鰯、鰹、鯖)の清湯に豚骨を加えたもの。濁りはあるが、あっさり系。
麺は佐野式青竹手打ち平打ち麺ということで、これもラーメンと同じものか。
具は、麺の方にチャーシュー、白髪ネギ、刻み海苔とつけダレの方に煎り桜海老と白ネギ。
中では、分厚くてタレの染みたチャーシューが秀逸。
ラーメン同様、麺・つけダレ・具のいずれも文句無しで、今年食べたつけ麺の中では、今のところ№1。また、麺の印象ゆえか、「塩」よりもつけ麺の方がより口に合った。
最後にスープ割りをしてもらって、これも飲み干した。

なお、今日は付けなかったが、ご主人の出身地である新潟市北区産のコシヒカリを使用したライスにも自信があるようだ。


丸ノ内線茗荷谷駅1番出口4分
日祝休 11:00-14:30LO 17:30-21:00LO
公式HP http://ameblo.jp/takagisk/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泪橋<東京>

【45】泪橋<東京>④
塩 650円

昼食時に訪問。
約3年ぶりに「塩」を。Rps20130228_1329_2

この間、価格は据え置かれていたが、チャーシューが3分の1以下に縮小されていた。。。
また、スープも油が少なくなって、よりあっさり系にシフトしたようだった。
その分、卓上の魚粉が、より効果的に。
さらに、具の構成も、三つ葉が無くなって、揚げネギなどが加わるといった変化が。


銀座線新橋駅(烏森口)3分
無休 11:30-14:30 17:30-22:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

五ノ神製作所<東京>

【44】五ノ神製作所<東京>③
海老トマトつけ麺850円 + チーズ飯200円

夜は早めの時間帯の方が混まないようなので、18時半頃訪問したところ、直後に満席になり、その後は行列ができたり、解消したりといった程度の混み具合だった。
食べたのは、前回同様「海老トマトつけ麺」と「チーズ飯」。Rps20130226_1847

やはり、海老&トマトが拮抗したつけダレは抜群に旨い。
また、極太麺も○。
さらに、麺終了後も、パンをつけダレに浸して食べるとこれもまた旨い。
そして、「チーズ飯」の方も、卓上のミル入り黒胡椒をかけてそのまま食べても旨いし、つけダレに浸してというのもあり。
多様な味わいを楽しんだ後に、スープ割りで〆て大満足。


丸ノ内線新宿三丁目駅E7出口2分
日休? 11:00-15:00 17:00-23:00(土祝11:00-21:00)
公式HP http://locoplace.jp/t000031679/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

油そば 椿<東京>

【43】油そば 椿<東京> ⑧
油そば 750円 + ライス小 100円

「油そば」を。Rps20130225_1922

後半は、これまでだと「めし割り」「スープ割り」をしていたのだが、あまりにも見た目が悪くなりすぎるので、今回はそれをせずに、麺をおかずにライスを食べ、時々口直しにスープを飲むというスタイルで食べ進んでみたところ、それでも十分においしかった。


銀座線上野駅5a出口(orJR上野駅広小路口)1分
水休 11:30-15:00 17:00-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

楽久<新潟>

【42】楽久<新潟>②
ラーメンチャーハンセット 800円

店の前の3台程度の駐車場はふさがっていたので、少し離れた表通り沿いの駐車上に。
同系統の「味みつ」とは違って、チャーハン単品もあることから、チャーハン好きの次女を連れて訪問したのだが、残念ながら、ネニューが改悪されて、チャーハン単品は無くなってしまっていた。
なので、「ラーメンチャーハンセット」を一つだけオーダーして、チャーハンを次女に分け与えようかとも思ったのだが、次女がラーメンを食べてみたいとのことだったので、セットとラーメンを一つずつオーダー。
まず出てきたラーメンがこちら。Rps20130224_1117

スープは、透明度の高い超あっさり系ながら旨み十分で、チャーシューも味付けが◎。

一方、食べるスピードが速くはない私がラーメンを食べ終わる頃に、ようかく出てきたチャーハンがこちら。Rps20130224_1123

味の方は、パラッとしていて、最高の仕上がりだったのだが。

また、ラーメンは、次女の口にも合ったようで、麺・具を食べ終わった後も、スープを啜っていた。


新潟市西区大学南2-22-18
木休 11:00-14:30(土日祝-15:00) 17:30-19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

あきんど<新潟>

【41】あきんど<新潟>(26)
みそちゃーしゅーめん 950円

3年強ぶりに、初めて娘を連れて訪問。
新潟在住時には、平日の昼食時に訪問していて、あまりにぎわっているのは見かけなかったのだが、土曜日の本日訪問したところ、常時ほぼ満席を保つ盛況。しかも、地元の常連客が多そうな様子だったので、この間に人気が上昇したのかもしれない。
メニュー構成は、正油のあっさり・こってりと味噌の3系統で、従前と同様だった。
私が食べたのは「みそちゃーしゅーめん」。Rps20130223_1239

しょっぱめのスープに太麺というのも従前と変わり無く、また、具がもやし一辺倒ではなく、キャベツやひき肉も結構入っているのも好印象。
後半、卓上の一味を使用。

あと、こちらは長女が食べた「らーめん(正油) こってり」600円。Rps20130223_1240

「こってり」と言っても、今のトレンドからはそれほど濃厚ではないスープのように思われたが、冷めるとゼラチン質の膜が張っていたので、パットと見よりも濃厚なようだ。
チャーシュー、メンマに加えて、白髪ネギがたっぷりのっていて、この価格というのは安い。また、安いだけでなく、スープの味の方もかなり娘の口に合ったらしく、麺・具を食べ終わった後も、スープを啜っていた。


新潟市西区寺尾西2-2-3
火休 11:00-14:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

凪 豚王 大宮店<埼玉>

【40】凪 豚王 大宮店<埼玉>②
黒王850円 + お代わり自由ご飯50円 + 味玉(スタンプカードサービス)

2回目の訪問で、前回同様「黒王」。
「一蘭」と同様のオーダーシートによる好みの指定は、「ニンニク超多め、角煮、キャベツ、麺超硬め、辛み無し」で、前回との相異は、ニンニクが多め→超多めと
麺が硬め→超硬めの2点。
Rps20130222_1938

おおむね前回よりもおいしく食べられたが、さらにカスタマイズを加えるとしたら、
辛み:一辛ぐらいの辛みはあってもよいかも
油:後半もたれてくることと最後にスープの底のひき肉を掬ってライスにのせて食べることを考えると少なめでもよいかも
の2点。

ちなみに、限定は「味噌煮込み麻婆麺」という、どんなものなのか?という興味は湧くが、ちょっと手を出しづらい一品だった。


京浜東北線大宮駅東口3分
無休 24時間営業(H25.12現在)
公式HP http://www.n-nagi.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

ラーメン道 Due Italian <東京>

【39】ラーメン道 Due Italian <東京> ⑧
白いらぁ麺(パルマ生ハム添え)980円 + 味玉(クーポンサービス)

冷製の方を食べて(H24.7.24)おおいに気に入った「白いらぁ麺」。
今回は、その温かい方のバージョンを。
出てきたのはこちら。Rps20130221_1847

ラーメン離れした洋風の白いスープは、おいしいことはおいしいのだが、冷製の時ほどの感動はなく、パルマ生ハムとの相性も、冷製の方がよいように思われた。
次第に単調に感じられて、スープを飲み干すまでには至らず、従ってお腹にもたまらず、そうなってみると、980円という価格(=リゾット付きの「フロマージュ」)がかなり高く感じられた。


南北線市ヶ谷駅 (都営線)A3出口5分
日休 11:00-15:00 17:00-22:00(土祝11:00-19:00、スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

「  」(無銘)<東京>

【38】「  」(無銘)<東京>①
熟成練り醤油らーめん700円 + 具だくさん200円 + 味めし100円

「名乗るほどのものではない」ということで、店名は無く、呼び名が「  」(無銘)の今年オープンの店。
メニューは基本的にのみで、あとはトッピングとご飯もの。
今回食べたのは、その「熟成練り醤油らーめん」に「具だくさん(全部のせ」と「味めし」。
並160gと大盛240gが同料金だったので、大盛で。
出てきたのはこちら。Rps20130219_1918

ベースとなるスープは鶏系の塩味で、意図的に薄味になっている。
具は、チャーシュー×2、味玉、海苔、キャベツ、辛ネギと練り醤油。
「具だくさん」でどれだけ増量されているのかわからないが、キャベツなどもたっぷりで、満足できるボリューム。
そして、練り醤油。魚粉などを醤油で練ったもののようで、類例としては、「きら星@武蔵境」の鰹餡が思い浮かぶが、これをスープに溶かしこむと、魚介鶏醤油味に味が一変。味変化を楽しめるラーメンも結構あるが、ここまで劇的に変化するのは、なかなか無いのではないか。
そして、「味めし」。
ライスに練り醤油がのっているもので、スープを投入して雑炊にしてもよいのだろうが、練り醤油が、ご飯のおかずとしても抜群の相性で、結局スープは投入せずに食べ切ってしまった。

とにかく、練り醤油が強く印象に残ったので、これに惹かれて再訪する可能性が高い。


銀座線神田駅5番出口3分
日休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

大勝軒 新潟店<新潟>

【37】大勝軒 新潟店<新潟>(23) 
つけ麺 普通盛り 680円 + 半チャーハン250円

「つけ麺 普通盛り」と「半チャーハン」を。
つけ麺の方は、引き続き無料サービス中の背脂入りにしてもらった。Rps20130217_1110

あと、期間限定で「味噌」も提供されていたが、+170円という価格(おそらく野菜たっぷりだからなのだろうが)がネック。

一緒に行った次女は、もう「半チャーハン」では満足できなくなった(小6)ので、「チャーハン」400円を(※写真省略)。


新潟市中央区幸西2-3-7
水休 11:00-15:00 17:00-LO21:45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

お~や<新潟>

【36】お~や<新潟> ⑥
鶏らぁめん 700円

レギュラメニューは、まだ「らぁめん」と同じ系統の「チャーシューメン」しか食べたことが無かったので、今回は初めての「鶏らぁめん」を。
これにも、苦手な春菊が入るとのことだったので、抜いてもらって、代わりに半味玉付きに。
で、出てきたのはこちら。Rps20130216_1347

基本的には、「らぁめん」の豚チャーシューが鶏チャーシューに置き換えられたもののようだが、鶏チャーシューは、大ぶりで皮付きのもの×3とボリューム十分。
全体的な印象としては、鶏と豚の違いから、「らぁめん」よりも、よりあっさりした一杯になっていると思った。


新潟市中央区東堀前通10番町1789
月(祝の場合翌日)休 11:00-14:002 18:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

一蘭 上野店<東京>

【35】一蘭 上野店<東京>①
ラーメン 790円

九州を本拠に、関東以西で数十店舗を展開している白濁豚骨ラーメンの店。
一席ごとに間仕切りがある「味集中カウンター」やオーダーシートによるきめ細かなカスタマイズなど独自の仕組みの先駆者として著名な店。

記録に残してラーメン食べ歩きを始める以前に六本木店を訪問した記憶があるが、今回は10年以上ぶりに、初めての上野店を訪問。
オーダーは、「ラーメン」を「濃いめ、ニンニク少々、チャーシュー、青ネギ、秘伝のタレ1/2、麺硬め」で。
王道の白濁豚骨スープに極細ストレート麺で、この系統のラーメンとしては、レベルの高い方なのだろう。
が、具は薄手のチャーシュー2枚と小ネギのみ。
また、卓上調味料皆無(白ゴマやおろしニンニクが欲しかったのだが)、おしぼり・ティッシュ無しなどで徹底的にコストカットしているにしては、この価格というのは納得できない。少なくとも150円くらい割高な印象を受けた。

白濁豚骨はそれほど好きではないし、特にこの支店に関しては、並びに、もっと安くてボリュームがあって好みに合う「トナリ」(「舎厘」も)があるので、再訪することは無いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

HAJIME<東京>

【35】HAJIME<東京>⑧
ステーキ定食 1000円

前回(1/29)食べておおいに気に入った「ステーキ定食」目当てで再訪。
2種類あるソースのうち、前回はニンニク醤油にしたので、今回は玉ねぎ生姜の方で。Rps20130214_1919

こちらのソースもおいしかったのだが、ステーキを浸しただけでは玉ねぎがからまず、残ってしまうので、終盤ソースを直接フライパンに投入して、ムダなく消費。


京浜東北線東十条駅南口7分
無休 11:30-15:00 18:00-22:30(土日祝-20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>

【34】ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>⑧
ベジソバ800円 + ベジソバリゾット150円

今週限定・昼夜各15食限定で、「ベジもつ味噌そば」というのも提供されていたのだが、18時半の時点で早くも売り切れ。
そこで、レギュラーの「ベジソバ」を。Rps20130213_1836

いつもどおり、ブロッコリー抜きにしてもらったのだが、以前はあった代わりにパプリカ・じゃがいもを増量してくれるサービスはやめてしまったようだ。
でも、おいしいので、ノープロブレム。
むしろ、自然体でスープを飲み進むと、リゾットにするのには足りないくらいになってしまうので、意図的にスープを飲み残すことに。Rps20130213_1844


ちなみに、柚子胡椒を増量してもらっているお客さんもいたが、私にとっては、デフォルトで適量(むしろリゾットにした時に辛すぎるくらい)。


半蔵門線半蔵門駅1番出口2分
無休 11:00-15:00 17:00-23:30(土日祝 昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京>

【33】万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京>(32)
特選排骨麺 890円
※写真省略

いつもどおり昼食時に。
今日は「ざる」ではない方に。


霞が関ビル1F
無休 10:00-23:00(土日祝11:00-20:00)
公式HP http://www.niku-mansei.com/contents/02shiten/02tokyo_ra_kasumiga.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

トナリ 上野店<東京>

【32】トナリ 上野店<東京>①
タンカラライス 950円

2度ほど東京駅の方の支店を訪問したことがある「トナリ」。
その「トナリ」が、通勤経路上の上野駅にも支店を出していることを知り、訪問。
上野の駅ビル「アトレ」の1Fにあって、入り口は外側の方に。
隣が六厘舎系の「舎厘」、さらに並びには九州とんこつの「一蘭」と著名なラーメン屋が軒を連ねている。
食べたのは、「タンカラライス」。Rps20130212_1839

「タンメン」+唐揚げ定食(唐揚げ×3+キャベツ+ライス)で、どちらか一方でも成り立つくらいのボリュームがあるので、2食分たべたくらいの満足感を得られる。
もちろん、量だけでなく、味の方も○で、一見関連性が無さそうな2品なのだが、唐揚げを食べているうちに、不思議とタンメンのスープが恋しくなるという相乗効果も。。
ただし、具の品ぞろえが表示されている中で、イカゲソが見当たらなかったのは、ちょっと損した気分に。

でも、通勤経路上にあって、東京駅の支店とは違って並ばなくてすむ(いつもそうなのかはわからないが)のであれば、再訪は必至。

なお、「生姜ダブル」でオーダーするお客さんも結構いたが、私には、デフォルトで適量だった。


上野駅アトレ上野内
無休 11:00-23:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

心一家<新潟>

【31】心一家<新潟>⑨
醤油らーめん650円 + キャベチャー120円 + トッピング3点(海苔増し、味玉、メンマ=クーポンサービス)

昨年4月に一旦閉店した「心一家」。
その後、亀田から西区に場所を移して再オープン。
11時10分頃の到着で、4名待ち。帰る頃には20人近い大行列に。
席数が少なくなったせいもあるのかもしれないが、亀田時代は、ここまで盛況なのは見たことがなかったので、移転が吉と出たようだ。
食べたのは、「醤油らーめん」+「キャベチャー」+トッピング3点(クーポンサービス)。
麺、油などの指定は、麺硬めのみお願いした。Rps20130211_1131

「キャベチャー」は、亀田時代は冷たいもののみだったのだが、温or冷からの選択式になっていたので、温かい方で。ただし、価格は亀田時代よりも20円UPしていて、量も少なくなったように感じた。
麺やスープは、従前と変わらぬおいしさ。
また、具は、追加分も含めると、チャーシュー、海苔5枚、味玉、メンマ、ほうれん草。中では、海苔が、家系にしては珍しく、へたれ気味だったのが、ちょっと残念。
また、「キャベチャー」は半分くらいサラダとして食べた後にラーメンの具に、この際、温かい方がスープの温度が下がらなくて○だった。

あと、こちらは長女が食べた「味噌らーめん」800円+トッピング3点(クーポンサービス)と次女が食べた「ミニラーメン」550円。Rps20130211_1133

「味噌」の方は、味噌味が強くて、家系色が薄まり、具もニラ、糸唐辛子など独自のものが入っていた。

なお、メニュー構成に関しては、「つけ麺」=夜のみ、「塩」=5月まで休止など結構変動があり、また、150円でキャベチャー(or味玉、杏仁豆腐、大盛)&ライスが付くセットも登場していた。


新潟市西区山田662-3
火休 11:00-14:45LO 17:30-20:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

すばる屋<新潟>

【30】すばる屋<新潟> ⑥
中華そばと小親子丼 900円

約1年ぶりの訪問。
前回同様「中華そばと小親子丼」のセットを。Rps20130209_1146

卓上の調味料のうち、「中華そば」にはブラックペッパーが推奨されていたので、それを使用。また、親子丼の方には七味山椒を。

あと、こちらは次女が食べた「小あぶり親子丼」680円。Rps20130209_1147

スープ、ポテトサラダ、漬物付きだが、セットと比べると割高感あり。

メニューが増強されたようで、「牛すじ玉丼」「タンメン」などが登場していた。


新潟市東区東中島2-6-1
不定休 11:30-14:30 17:00-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【29】ほん田 NIJI<埼玉>⑬
鶏そば 牛と香味野菜の薫り添え 900円

2月の限定「味噌」目当てで訪問したのだが、 昼夜各5食限定というハードルの高さもあって、売り切れ。が、その代わりに、本日限りで限定10食の「鶏そば 牛と香味野菜の薫り添え」があったので、それを。
出てきたのはこちら。Rps20130208_1940

スープは、やや濁りがあるものの、いわゆる鶏白湯のような濃厚なものではなく、飲みやすい。
そして、揚げた香味野菜二種(ネギと何か)がよいアクセントに。
麺は中細麺。
具は、鶏チャーシュー6枚、味玉、大量の白髪ネギ、細切りメンマ、小松菜。
中では、鶏チャーシューがスープに合っているし、たっぷり入っているのもうれしい。
中盤で、鶏チャーシューの上にのっている味噌を溶かすと、一気に味が変化して、濃厚&絶妙な辛みに。

1日限りの限定とするのはもったいないような一杯だと思った。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

虎丸<埼玉>

【28】虎丸<埼玉>①
まぜそば730円 + 豚増し150円

昨年オープンの「二郎」インスパイアの店。
「まぜそば」を豚増しで。
また、無料トッピングは、野菜・ニンニク・カラメ・アブラがあった中で、野菜ちょい増しとニンニクを。
出てきたのはこちら。Rps20130207_1939

モチモチの太麺に醤油ダレ。
具は、豚4、野菜(もやしたっぷり、キャベツ少々)、生卵、花鰹、揚げネギ、ガーリックチップ、ピザチーズ、刻みニンニクなど。
前半は、デフォルトで黒胡椒がかかっているのも○で、野菜もおいしく食べられるし、花鰹、揚げネギ、ガーリックチップ、ピザチーズがいずれもたっぷり入っているので、具の枯渇を心配することなく、マイペースで食べ進むことができる。
が、後半になると、味の濃さに圧倒されるようになり、特に大量の刻みニンニクで唇が痺れ、涙目になって、麺を完食できずにノック・アウト。
どうも、ニンニクの無料トッピングが裏目に出たようで、フライドガーリックが大量に入っていることからも、ニンニクは無し(or少し)でよかったのかもしれない。

卓上には、醤油・一味・白胡椒が用意されていたが、出番は無く、また、有料トッピングとしては、魚粉・生玉子・海苔などがあるようだったが、後半の口直し用に海苔あたりを入れればよかったかもしれない。


京浜東北線南浦和駅西口4分
火休 11:30-15:00 17:00-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

牛骨らぁ麺 マタドール<東京>

【27】牛骨らぁ麺 マタドール<東京>⑧
贅沢チャー牛らぁ麺 塩 1000円 + 煮込のせご飯 350円

18時50分の到着で、私でちょうど満席に。
限定で「もつ煮込味噌」というのがあったので、心を惹かれたが、味噌で牛骨が消されてしまう(そもそも味噌は牛骨スープではないかもしれないのだが)のではないかと思い、「贅沢チャー牛らぁ麺 塩」をオーダーしたうえで、「煮込のせご飯」も付けて、こちらで煮込を味わうことに。Rps20130206_1902

まず、「贅沢チャー牛らぁ麺 塩」は、牛骨スープとチャー牛が特にすばらしくて、いつもどおり大満足。
そして、「煮込のせご飯」の方は、柔らかく煮込まれたもつとコンニャク、そして小ネギがたっぷりのっていて、甘辛い味付けも◎で、味の方は文句無し。
ただし、「贅沢チャー牛」と合わせると1350円というのは、今夜限りの贅沢ということで。

ちなみに、新たな店員さんとして、「金字塔@赤羽」出身の方が加わったようだ。


常磐線北千住駅東口4分
月休(祝の場合翌日) 11:30-14:30 18:00- (土日祝11:30-)(100食売り切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

ちゃんこらーめん 時津洋(ときつなだ)<東京>

【26】ちゃんこらーめん 時津洋(ときつなだ)<東京>①
塩ちゃんこらーめん800円 + 鶏しょうがごはん100円→50円(タイムサービス)

新川、小伝馬町などでちゃんこ鍋店を展開している「時津洋(ときつなだ)」。
こちらは、その系列のちゃんこらーめん・つけ麺の店。
なお、本日おられた店長さん?のお話によると、元々この方がこの場所で別なラーメン屋(岩見沢ラーメン「冬馬」)をやっていたのが、「時津洋(ときつなだ)」に替わったもののようだ。
メニューは、塩と味噌のそれぞれのらーめん・つけ麺という構成だったが、今回食べたのは、看板メニューと思われる「塩ちゃんこらーめん」。
出てきたのはこちら。Rps20130205_1849

土鍋に入って提供されるのだが、それほどグツグツではない。
スープは、あっさり系の塩味で、麺は真っ黄色な中細麺。
具は、豚肉、鶏肉、つくね、油揚げに加えて、もやし・白菜・ニンジン・ニラ・かいわれ・ネギ・ごぼうとたっぷりの野菜。ちゃんこらしくにぎやかな構成で、満足できる。
卓上には、柚子胡椒(青の壺)とニンニク入り柚子胡椒(赤の壺)が用意されていたので、後半は後者を使用して、味変化を。

〆は「鶏しょうがごはん」。
ごく少量の鶏肉が入っていて、かなり生姜が効いている。そのまま食べるよりも、店のお薦めに従って、スープに投入して食べた方が、格段においしかった。


京浜東北線赤羽駅北改札東口1分
?休 11:00-22:00(中休みあり)
※H25.10末で閉店との情報あり(「ラーメンバンク」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

麺や 来味<新潟>

【25】麺や 来味<新潟> (67)
海老とベジタブルの塩らぁ麺 780円

2~3月の限定の「海老とベジタブルの塩らぁ麺」を。Rps20130202_1116

スープは、甘海老と野菜(じゃがいも、トマト、玉ねぎ)と豚骨のトリプルスープで、風味的には海老が優勢。また、ベジポタとしては、サラッと寄りで、実に飲みやすかった。
麺は中太麺。
具は、海老とコーンとドライパセリが珍しいところで、他に定番のチャーシュー、メンマ、白髪ネギ。海老は大ぶりで見栄えはよいのだが、殻付きで食べにくかった。

毎度ハイレベルなこの店の期間限定メニューの中では、中の上くらいの印象。

新潟市東区大形本町5-6-6
無休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

葱次郎<埼玉>

【24】葱次郎<埼玉>①
豚骨魚介つけ麺野菜増し 730円

いつもより遅く21時前後に大宮でラーメンを食べることに。
この時間帯だと、「蕾煮干」も「ほん田NIJI」も行列。
あまり時間が無かったこともあって、行列を回避して、初めてこの店に。
食べたのは「豚骨魚介つけ麺」。
温野菜or大盛がサービスなので、前者の方で。
麺は太麺で、具は、麺の方に半味玉とメンマ、海苔、つけダレの方に角切りチャーシュー。そして別皿で、キャベツ、もやし、ニンジンなどの温野菜。サービスの温野菜が無いとちょっと寂しい気もするが、温野菜はそれなりの量があって満足できる。
で、問題はつけダレ。看板にも記載されているとおり煮魚風味なのはよいのだが、致命的なまでに甘い。甘いつけダレが苦手な私としては、麺をすべて消化するのにも苦労することに。
従って、つけ麺の再食はありえないし、前述の2店をはじめとして、お気に入りの店が多い大宮で、この店を再訪する可能性も高くはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »