« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

煌(きら)<新潟>

【70】煌(きら)<新潟>④
煌カレーラーメン(ミニライス付き)900円

初めて子ども連れで訪問。

私は「煌カレーラーメン」を。
ランチタイムは大盛同料金なのだが、ミニライス付きで、結構お腹が膨れることがわかっていたので並で。
また、「こってり」を指定すると背脂増しにしてくれるサービスもあるようだが、デフォルトで満足しているので、そちらの指定も無しで。
出てきたのはこちら。Rps20130331_1128

まず、もっちりした自家製の極太麺が最高。
ただし、石焼きの器でグツグツの状態で出てくるため、前半は麺が熱すぎて、麺よりもシャキシャキのもやしが進んだ。
そして、後半は、この店のカレーラーメンの特長の一つである揚げ玉が活躍。スープを吸っていい感じでフニャフニャになった揚げ玉はかなりの存在感があった。
〆のカレー雑炊も含めて大満足。

一方、こちらは長女が食べた「辛口みそらーめん」890円。Rps20130331_1129

麺は「カレーラーメン」と同じ自家製極太麺なのですばらしく、また、辛さも適度というのが、長女の感想。
ただ、具はもやし、キャベツ、ひき肉程度なので、価格はかなり高いように思えた。
そういえば、この店のメニュー構成は、他のメニューより200円以上安い「中華そば」と「鶏しお」580円がある以外は、軒並み高価格。

それから、こちらは次女が食べた「つけ麺」850円。Rps20130331_1131

これも上述した2品と同じ自家製極太麺を使用しており、こちらの方が麺のおいしさを堪能できそう。
また、つけダレは「カレーラーメン」と同様に石焼きの器でグツグツの状態で出てくる。
そして、具(味玉、メンマ、あおさ)と魚粉はそれぞれ別皿での提供。
これは、店側の推奨として、まずはデフォルトのつけダレで食べ、冷めてきたら魚粉を投入、さらにその後にあおさを入れてという3段階の味変化を意図してのことのようで、私も1度は食べてみたいと思った。


新発田市新栄町1-6-13
月休 11:00-14:00 17:00-24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

浦咲<新潟>

【69】浦咲<新潟> (69)
特別潮らーめん850円 + チャむすび210円

現時点で、最多訪問回数を誇るこの店。
単身赴任で新潟を離れてから訪問できるのは週末のみとなり、さらに新潟駅前に支店ができてからはそちらに行くようになったため、本店を訪れるのは約3年ぶりとなった。
食べたのは、支店の方では提供されていない「特別潮らーめん」。Rps20130330_1141

久々に食べて、改めて、おいしいうえに具も充実していて、コストパフォーマンスも抜群だと感じた。
あと、写真右の「チャむすび」も○。

ちなみに、帰りに、12時10分頃、「なおじ 本店」の前を通ったところ、駐車場に車が1台も無かった。たくさん支店を出したので、お客さんが分散したということもあるのだろうが、以前の盛況ぶりからすると信じられない。


新潟市西区浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

凪 豚王 大宮店<埼玉>

【68】凪 豚王 大宮店<埼玉>③
コンソメ塩ラーメン 900円

3回目の訪問にして、レギュラーメニューから離れて、期間限定の「コンソメ塩ラーメン」を。
このメニューに関しては、レギュラーのようなオーダーシートによる具や麺等に関する好みの指定は無しだった。
出てきたのはこちら。Rps20130329_1956

まずスープは、あっさり系のコンソメスープで、濃厚豚骨のレギュラーとは好対照。
麺もレギュラーとは違って、平打ち麺。
具は、チャーシュー×2と大量の茹でキャベツ、プチトマト、フライドガーリック。
キャベツ&トマトは、コンソメスープによく合うし、フライドガーリックは、あっさり一辺倒に歯止めをかけている。
で、結局スープを飲み干すことに。これは、濃厚でしょっぱいスープのレギュラーではまずありえないこと。
あえて難を言うとすれば、値段か。もう100円くらい安くてもよいような。


京浜東北線大宮駅東口3分
無休 24時間営業(H25.12現在)
公式HP http://www.n-nagi.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

月と鼈(すっぽん)<東京>

【67】月と鼈(すっぽん)<東京>③
煮干中華蕎麦一段搾り680円 + 玉ねぎ50円

「もぐや 新橋店」(亀有の本店は訪問したことあり)を訪問したものの、臨時休業。
そこで、数分歩いて「月と鼈(すっぽん)」へ。
食べたのは「煮干中華蕎麦一段搾り」。Rps20130328_1854

動物系無しの煮干メインのスープは熱々で、もちろん煮干がきいているのだが、「伊藤@赤羽他」等のように苦みのあるタイプではなく、「蕾 煮干分家@大宮」のように苦みや臭みのない万人受けしそうなタイプ。
具で目立っているのが玉ねぎ。デフォルトで入っているところに、追加トッピングしたので、これだけの量になったのだが、煮干スープと玉ねぎは合うというのは「蕾 煮干分家」でも体験済み(あちらは玉ねぎ無料だが)だし、これくらい入っていてちょうどよいように感じた。
具は他にチャーシュー、なると、青ネギ。チャーシューは3枚入っていたものの、半分くらい脂身だったのは残念。
後半、卓上の一味を使用したのも「伊藤」「蕾 煮干分家」等の他の煮干系の店に同じ。

というわけで、本日食べた「煮干中華蕎麦一段搾り」にも十分満足できたのだが、大半のお客さんがつけ麺を食べていたし、「一段搾りつけ麺」は未食なので、次回訪問するとしたらこちらか。


(銀座線)新橋駅烏森口5分
日休 11:00-22:00(土 -20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

大至<東京>

【66】大至<東京>⑭
オニオングラタンつけ麺 800円

毎年、春先になると期間限定で様々なつけ麺を提供する「大至」。
今年は「春の限定細つけ麺乱打」と題して、全10種のつけ麺を提供するとのこと。
私としては、本日食べた「オニオングラタンつけ麺」以外では、以下のものが気になった。
「明太クリーム」4/1-14
「ビーフカレー」4/8-21
「パンプキンポタージュ」4/15-4/29
「味噌」4/22-5/12
「ハヤシ」4/30-

で、今回食べた「オニオングラタンつけ麺」はこちら。Rps20130325_1845

つけダレはまさにオニオンスープそのもので、大量のソテーオニオンが入り、ドライパセリが浮かんでいる。
基本的に、甘いつけダレは好きではないのだが、玉ねぎの自然な甘みなのでOK。
麺は、お題に「細」が入っているとおり、つるっとした細麺。
具は、ミニフライパンに、鶏の竜田焼き、パプリカ、チーズバゲット。
中では、チーズバゲットは、あまりグラタン感は無かったものの、つけダレに浸すと、とりあえずおいしかった。
〆には、リゾット用ライス130円も用意されていたが、このつけダレにはどうかと思われたし、元々がオニオンスープなので、スープ割りもせずに飲み干して終了。

おいしいというよりは、珍しいという印象の方が強い一品だった。

今後、「春の限定細つけ麺乱打」期間中に何度か訪問するのは必至。


銀座線末広町4番6分
日祝休 11:00-15:00 17:00-LO20:45(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

市玄<新潟>

【65】市玄<新潟>⑧
半チャーセット(背脂ラーメン+半チャーハン)850円 + 味玉100円→クーポンサービス

11時半前の到着で、10人くらいお客さんが入って、カウンターは満席といつになく盛況。
私が食べたのは、「半チャーセット」。Rps20130323_1136

背脂ラーメンと半チャーハンをセットにしたもので、背脂ラーメンの方は、醤油味のスープに背脂たっぷりの、新潟受けしそうなタイプ。
ただ、麺が中細麺で、このスープには合わないように思われた。
具は、チャーシュー、もやし、メンマ等とサービスの味玉。
味もコストパフォーマンスも「まあまあ」の印象だった。

あと、次女は「チャーハン」600円を(※写真省略)。
以前は「半チャーハン」にまでスープが付いていたのだが、やめてしまったもよう。


新潟市江南区茗荷谷711
日・祝・第2,4水休 7:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【64】ほん田 NIJI<埼玉>⑮
○牛ラーメン800円 + 半ライス100円

前回(3/1)食べた今月の限定「○牛ラーメン」が非常においしかったので、再食すべく訪問。
19時40分過ぎの到着で、私で最後の一杯だった。
出てきたのはこちら。Rps20130322_1950

大きな変更点は、味変化用の味噌が無くなった点で、これは残念。
また、これはたまたまなのかもしれないが、ローストビーフがサイズダウンするとともに、レア度が低くなっていた。
ここまではマイナスの変化。
一方、良くなっていたのがスープで、牛脂を加えたとのこと。
また、このスープとレモンクリームとの相性が抜群に良くて、牛筋煮込み等をおかずに食べるつもりだったライスもスープに投入して雑炊にして最後まで味わうことに。

マイナス面もあったものの、提供期間中にも改良が加えられるのがこの店の限定の特徴のようで、となると、提供期間中に2度食べないとビフォーとアフターを味わうことができないわけで、そういう意味でもこの店の限定からは目が離せない。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

ぼり・うむ<東京>

【63】ぼり・うむ<東京>②
ラーメン(ニンニクしおとんこつ)630円 + 肉野菜増し170円 + 豚めし(半)50円

約2年ぶり2回目の訪問。
前回は醤油だったので、今回は「ラーメン(ニンニクしおとんこつ)」の方を選択し、これを肉野菜増しで。
出てきたのはこちら。Rps20130321_1909

前回との明らかな違いが野菜。
前回は、肉増しのみで、野菜はデフォルトのままだったのにもかかわらず、もやし、にんじん、ニラ、玉ねぎ、揚げネギ等が大量にのっていた。
それに対して、今回は肉野菜増しにしたにもかかわらず、野菜の量こそ前回並みなものの、9割以上がもやしで、あとはキャベツが少々入っているのみ。
これでラーメン+トッピングの価格が前回より100円高いのだから、コストパフォーマンスは大幅ダウン。
しかも、具は他に豚バラ肉のみなので、かなり単調。
まあ、豚バラ肉自体はおいしいし、ニンニクのきいたスープも○。
そして、単調さには、卓上のドクロ(=化学調味料)、魚粉、おろしニンニクのうち前2者を活用して対処。
というわけで、前回と比較しなければ、それなりに満足できる一杯だった。

一方、こちらは「豚めし(半)」。Rps20130321_1912

端っこチャーシュー、白ゴマが入った炊き込みごはんで、これで50円というのは明らかにサービス価格。


都営大江戸線東新宿駅エレベーター口6分
無休 11:30-16:00 18:00-20:30LO(日11:30-16:00LO)
公式HP http://boriumu.web.fc2.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

賀乃屋(かのや)<埼玉>

【62】賀乃屋(かのや)<埼玉>①
焼豚メン 850円

「Indie」の後、高崎線で5駅南下し、北上尾へ。
訪れたのは、白河ラーメンの店「賀乃屋(かのや)」。
12時半過ぎの到着で、前6人待ちで、食べ始めるまでに二十数分の待ち。
外で行列した後に入店してみると、お客さんの半分は食べていない状態だったので、席数に厨房の能力追いついていないようだった。
食べたのは「焼豚メン」。
醤油清湯のスープに平打ち麺。
チャーシューは、細長いものが1つと脂身の無いものとあるものが各3。
具は他にほうれん草、海苔、メンマ、なると等。
以上の見た目は、「とら食堂」系の白河ラーメンそのもの。
が、食べてみると、麺がピロピロではなく、フニャフニャ。
これまで、数々の白河系の店で食べて、そのいずれでも満足して、「白河ラーメンに外れ無し」と力説してきたのだが、初めてその例外にぶち当たってしまったようだ。

ちなみに、接客は総じて悪くはなかったのだが、1人の中年女性店員だけが、高圧的で無愛想な対応で、雰囲気を悪くしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Indie(インディー)<埼玉>

【61】Indie(インディー)<埼玉>①
インディーらーめん 730円

埼玉北部遠征の1軒目。
11時オープンというネット上の情報に従って(店頭の表示も同様だった)11時20分頃に訪問したのだが、水曜に限り11時30分オープンとのことで、10分待って入店(その後、全日11時30分オープンになったようだ)。
食べたのは、基本メニューの「インディーらーめん」。
出てきたのはこちら。Rps20130320_1137indie

スープは豚骨魚介で、とろみもあって濃厚なのだが、意外とくどくないのは、油は少ないためか。
また、たっぷり入っている干し海老が香ばしくて(煎ってある?)、よいアクセントになっている。
麺は中細麺だが、このスープなら、もう少し太い方が合っていそうな。
具は、海老の他に大判のチャーシュー、半味玉、海苔、メンマ、白ネギ。
私にとっての相場である700円を超える価格(これでも開店当初よりも50円値下げしたらしい)でも、満足できる内容だった。

本日は連食予定なので自粛したが、「リゾットセット」150円は半熟卵、焼きチーズ付きで、スープにも合いそうなので、かなり心が動いた。


高崎線吹上駅北口3分
月休 11:30-14:30 17:30-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

圓(えん) 町田店<東京>

【60】圓(えん) 町田店<東京> ①
つけ麺 正油味 小 700円

「69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE」の後、10分ほど歩いて訪問。
八王子の本店の方には3年前に1回訪問したことがあるのだが、こちらの支店は初めて。
本店を訪問した際には、日曜のお昼時だったこともあって、行列ができていたが、本日は、平日の夜だったこともあってか、先客ゼロ。
メニュー構成は、「煮干らーめん」と「昔ながらのらーめん」の2本柱は本店と同様で、これに加えて「煮干らーめん塩味」と「つけ麺」があったが、前者は売り切れになっていた。
前の店で醤油ラーメンを食べてきたこともあって、「つけ麺 つけ麺 正油味」を選択。
麺の量は、小=150g、+50円の中=250g、+150円の大=350gの3段階あったのだが、2食目なので小で。
出てきた「つけ麺 正油味 小」はこちら。Rps20130319_1947

まずつけダレだが、トレンドの逆をいく淡麗系で、好みのタイプ。
煮干が香り立ってはいるが、味の面では、「伊藤@赤羽他」等のように苦みがあるわけではなく、あくまでも上品な味わいなのは「らーめん」と同様。
麺は、しなやかな細麺。
具は、つけダレの方にチャーシュー4切れと白ネギ、麺の上に半味玉とメンマ。
これで700円なのだから、コストパフォーマンスも○。

ラーメンのように直接スープを飲むわけではない分、食後の印象は薄かったが、スープ割りをおねがいしていれば(2食目なので自粛)、また違っていたのかもしれない。


小田急線町田駅北口5分
水休 11:00-15:00 17:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラァメン屋 69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE<神奈川>

【59】ラァメン屋 69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE<神奈川>③
2号ラァメン 800円

3年ぶりの訪問。
従前の相模原市(最寄駅は町田)から移転後初めての訪問(実際には1度訪問したものの、臨時休業でふられたことあり)。
従前は、夕方までの通し営業、しかも売り切れ次第終了ということで、ハードルが高かったし、行列も激しかったのだが、移転後は中休みありで、夜も安定して営業しているということで、訪問しやすくなった。
しかも、本日の場合、入店時から退出時までお客さんは数名程度で推移していたので、非常にハードルが下がった。
食べたのは、過去2回と同様、鶏醤油の「2号ラァメン」。
これまでは、写真撮影を自粛してきたのだが、了承を得れば撮影可とのことだったので、了承を得て撮影したのがこちら。Rps20130319_1906

まずスープだが、鶏(特に鶏油)の旨みが抜群。
麺は柔らかめの細ストレート麺。
具は、豚&鶏チャーシュー、穂先メンマ、青&白ネギとシンプルな構成。
チャーシューに関しては、大きさといい、ほどよい柔らかさといい、鶏の方の存在感が大だった。
というわけで、当然のように、スープまで飲み干した。

これだけおいしいと、「塩」、「煮干」、本日の限定(今日は「昔ながららーめん」)等の他のメニューにまでは、なかなか手が回らない。


小田急町田駅西口8分
無休 11:00-16:00 18:00-20:00(水木は昼のみ、休日11:00-19:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

膳 丸山店<新潟>

【58】膳 丸山店<新潟>(21)
なんこつラーメン650円 + 岩海苔100円

私はこの店での私の定番メニューである「なんこつラーメン」岩海苔トッピングを。Rps20130317_1113

食べていて思ったのだが、ミンチ状の背脂は、溶け出してくどくなることはなく、化調たっぷりのスープにもマッチしている(「毒食わば皿まで」?)ので、背脂増し(無料)にしてもよいかも。

あと、同行した長女は、食が細くなってきたので「ミニラーメン」(写真省略)450円を。
逆に、たくさん食べるようになった次女は、「自然塩ラーメン」(写真右)650円を。私も以前はよく食べていたのだが、久々にスープを啜ってみたら、従前の印象以上に魚介が効いていて、この店のラーメンの中でも、スープに関しては一番なのではないかと思った。


新潟市江南区丸山之内善之丞組字浦郷727-1
火休 11:00-14:30 17:30-21:00LO (土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

お~や<新潟>

【57】お~や<新潟> ⑦
スタミナラーメン 800円

「来味」と並んで、注目作を続々と繰り出してくるこの店の期間限定。
3月~4月中旬の期間限定は「スタミナラーメン」。
本来、あまり好きなカテゴリーのラーメンではないのだが、前作の「海鮮チャンポン」も、同じく好きではないカテゴリーなのにおいしかったので、今回も食わず嫌いはせずに試してみることに。
出てきたのはこちら。Rps20130316_1114

スープは、見た目は濃厚そうなのだが、さらっとしていてくどくない。そして、ほんのりピリ辛。
麺は、もっちりした中太麺。
具は、もつ、豚バラ、ニラ、ニンニクの芽、もやし、半味玉。
もつやニラ、ニンニクの芽などはそれほど好きではないのだが、絶妙の濃度と辛さの中にあって、実においしく食べられた。

今後は「海老」→「冷やし煮干」というローテーションが予定されている期間限定への期待度がさらに高まった。


新潟市中央区東堀前通10番町1789
月(祝の場合翌日)休 11:00-14:002 18:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

青龍<東京>

【56】青龍<東京>③
トマトラーメン 750円

2年半ぶりの訪問。
過去2回は正統派の醤油ラーメンだったので、今回は変化球系の「トマトラーメン」に。
出てきたのはこちら。Rps20130313_2129

ベースになっているのは、細麺の塩ラーメンで、チープな味わいが「チャルメラ」を思わせる。
が、そこにトマトと溶き卵と餡が加わると、組み合わせの妙というべきか、見た目以上においしい。
後半使用した卓上の黒胡椒も、なかなか効果的だった。


銀座線上野駅1番出口1分
日休 11:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

HAJIME<東京>

【55】HAJIME<東京>⑨
ステーキ定食 1000円

前々回、前回に続いて「ステーキ定食」を。
ニンニク醤油orネギ生姜から選択式のソースは、前々回と同じニンニク醤油で。
出てきたのはこちら。Rps20130312_1916hajime

麺やステーキがおいしいのはこれまでにも書いてきたが、ライスや薄味のスープも、味の濃さや油っこさのリセット用や最後の口直し用で、存在意義がある。
食券販売機に専用のボタンは作らずに、他のメニューの食券で代用している状況が続いているので、レギュラー化するつもりはないのかもしれないが、提供中はこればかりオーダーしそう。


京浜東北線東十条駅南口7分
無休 11:30-15:00 18:00-22:30(土日祝-20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

JAC(ジャック)<東京>

【54】JAC(ジャック)<東京>①
中華そば700円 + 生卵サービス + ライス100円

徳島系の豚骨醤油ラーメンの店を初訪問。
13時前の到着で、前5人待ちで、食べ始めるまでに約20分。
ライスを付けたり、豚バラ増し・味玉入りの「JACラーメン」にしようかとも思ったのだが、2食目だったので、自粛して「中華そば」に。
出てきたのがこちら。Rps20130310_1317jac

スープは、とろんとしたキャラメル色。
かなり濃厚なのだが、くどく感じないのは、油はあまり多くないためか。
麺は、細ストレート麺で、やや柔らかく感じたので、硬めにしてもらえばよかったかと。
具は、豚バラスライスともやし、小ねぎ、めんま。
豚バラは、ラーメンの具としてもおいしいのだが、ライスのおかずとしても間違いないということで、結局、ライスを追加オーダー。
そして、ライスとともに大活躍したのが、無料サービスの生卵。
麺や豚バラを生卵に浸して食べたり、さらにそれをおかずにライスを食べたりで、豚バラはもっともっと欲しかった。
最後は、残りスープにライスを浸して食べたが、これがまた旨かった。

不定休が多いというのが難だが、次回訪問するとしたら、「JACラーメン」+ライスで確定。


中央線北口7分
月休(祝翌日休)(不定休多し)
11:30-15:30 18:00-23:00 (日 11:30-16:00)(売り切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAMEN CIQUE(ちきゅう)<東京>

【53】RAMEN CIQUE(ちきゅう)<東京>②
塩らーめん700円 + 焼きトマト150円 + 白玉(塩味)100円

4年強ぶりの訪問(ただし、この間に1度訪問したものの、臨時休業でふられたことあり)。
12時5分過ぎの到着で、前1名待ちだったのだが、すぐに席があいたので、食べ始めるまでに10分弱。
食べたのは、前回と同じく「塩らーめん」+「焼きトマト」+「白玉(塩味)」。
出てきたのはこちら。Rps20130310_1214cique

まずスープだが、濁りのないあっさり塩味で、相変わらず旨みが強い。
麺は全粒粉の細麺に変わっていて、ほどよい小麦感。
具は、チャーシュー、メンマ、焼きのり、麩、ほうれんそう、白ネギと構成に変化無し。
また、追加トッピングの味玉は、「白」=塩味・「黒」=醤油味と作り分けている手のかけようなのだが、前回同様、黄身がトロトロの私の好みではないタイプ。
終盤は、スープを飲み干す妨げにならない程度に、卓上の柚子胡椒を少々使用。

帰りは、阿佐ヶ谷駅(南口)まで歩いたところ、10分ほどだった。


丸の内線南阿佐ヶ谷駅1番出口徒歩7分
月・第4火休(祝日の場合翌日休)
11:30-14:00 18:30-22:00 (土日祝 11:00-15:00 18:00-22:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

紫 くろき<東京>

【52】紫 くろき<東京>④
鴨そば細麺880円 + ねぎ飯200円

「饗(もてなし) くろき」が金曜日のみ「紫 くろき」として、鴨ダシの醤油ラーメンを提供しているもの。
他の曜日でも行列している中で、金曜のみの別ブランドということで、行列覚悟で、時間の余裕がある日に訪問。
20時10分の到着で、前10人待ち。食べ始めるまでに三十分強の待ちというのは、まあ、想定の範囲内。
食べたのは「鴨そば」と「ねぎ飯」。
まず「鴨そば」。麺は手揉み麺と細麺があるのだが、残念ながら前者は売り切れ。
出てきた「鴨そば 細麺」はこちら。Rps20130308_2042

注目のスープは、鴨という先入観があるせいもあってか、通常の豚骨や鶏ガラで出汁をとったスープと違うというのはわかる。
が、どう違うのか、鴨だからこそのおいしさを感じられたかとなると・・・
これまでに食べた鴨出汁のメニュー(「ぶらり@日暮里」の「鴨つけめん」(=H20.8.11)や「三咲屋@新潟」の「鴨だしつけめん」(=H21.8.9等))との共通点でいえば、甘みがあることや油が多いことなどがあげられるが、これらの点が、鴨ゆえなのかも不明。
ただ、それ以上に印象に残ったのが、醤油。
店名(ブランド名)に「紫」(=すし屋では醤油)と冠しているだけのことはあって、こだわりの醤油をブレンドした醤油ダレがすばらしく、それゆえにハイレベルな醤油ラーメンに仕上がっていると感じた。
麺は、前述したとおり今回は細麺だったが、手揉み麺だとどう違うのか興味がわいた。
具は、鴨チャーシューと玉ねぎ、拍子切りの白ネギ、春菊、メンマ、かぼす。
鴨チャーシューは、低温調理したレア感のあるもの、また、玉ねぎはコンフュ(低温の油で煮込んだ)したものと手間をかけているし、ネギは、「鴨がネギをしょって」の言葉どおり、スープとの相性がよい。
というわけで、おいしかったのは事実なのだが、また30分以上並んでまで食べたいかとなると微妙。

あと、こちらは「ねぎ飯」。Rps20130308_2043

ねっとりした和えネギと青ネギ、白ゴマがのっている。
結局、ほとんどネギオンリーなのだが、200円ならこんなものか。

ちなみに、営業時間は、「紫」の時は20:30までとなっているのだが、本日はまだ残りがあったせいか、20:50過ぎまで入店可だった。


総武線浅草橋駅西口7分
月~木・土は「饗(もてなし) くろき」、金のみ「紫 くろき」として営業
11:30-15:00(水は昼のみ) 18:00-21:00(金の夜は-20:30)(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴(HARU)<東京>

【51】晴(HARU)<東京>③
中華そば700円

※同行者ありのため写真無し

たまたま、近くで昼前まで仕事があったため、月曜日に続いて訪問。
昼飯時だったので、数名待ちだったが、回転が速くて、すぐに着席できた。
食べたのは「中華そば」。
前回2本入っていた穂先メンマが、今日は1本だったのは、大きさによるのか?


日比谷線入谷駅(山手線鶯谷駅南口7分、上野駅入谷改札11分)
土休 11:30-14:30(日祝-15:00) 18:00-22:00(日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

福の神食堂<東京>

【50】福の神食堂<東京>⑨
○得塩そば 900円 + 鶏そぼろご飯 80円

「潮(うしお)@淡路町」(未訪)という人気店とのコラボによる「香味塩」という限定メニューの提供期間中だったのだが、残念ながら売り切れ。
そこで、久々にレギュラーメニューの「○得塩そば」を。Rps20130305_1905

具も充実していて、スープもおいしかったものの、飲み干すまでには至らなかった。
が、最後に「鶏そぼろご飯」を食べたら、これとスープの相性がよく、結局飲み干すことに。


銀座線末広町駅3番出口4分
不定休 11:00-15:00 17:00-20:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

晴(HARU)<東京>

【49】晴(HARU)<東京>②
中華そば700円 + 豚めし小250円

2ヶ月2度目の訪問。
前回同様「中華そば」と「豚めし小」を。
他につけ麺もあるのだが、苦手な濃厚タイプのようなので、必然的にこうなる。
出てきたのはこちら。Rps20130304_1858

スープは煮干系の醤油味で、適度な煮干具合なので、飲み干しても後味が○。
具も、レアチャーシュー、穂先メンマと好みに合っている。
「豚めし」も小でも十分なボリュームで、満足。


日比谷線入谷駅(山手線鶯谷駅南口7分、上野駅入谷改札11分)
土休 11:30-14:30(日祝-15:00) 18:00-22:00(日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

ヒグマ 女池店<新潟>

【48】ヒグマ 女池店<新潟> ③
チャーシューメン(醤油) 800円

約1年ぶりの訪問。
私は、前回同様、醤油の「チャーシューメン」。Rps20130303_1112

醤油&生姜で、しょっぱめ&きつめのスープだが、大量のチャーシューがよい「おかず」に。

そしてこちらは、長女が食べた「味噌」650円(左)と次女が食べた「塩」600円(右)。Rps20130303_1113

「味噌」は「醤油」同様ややしょっぱめのスープなのに対して、「塩」はかなり穏やかな味わいだった。


新潟市中央区鳥屋野1-9-16
無休 11:00-20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【47】ほん田 NIJI<埼玉>⑬
○牛ラーメン 800円

先に「蕾 煮干」に向かったものの、数名の行列。
並ぶのはいやだったので、まだ今月の限定は始まっていないかもと思いつつ、こちらへ。
でも、3月の限定「○牛ラーメン」の提供が始まっていたので、それを。
出てきたのはこちら。Rps20130301_2004

牛ベースのスープに細麺。
そして、具の主役が特大ローストビーフ×2と牛すじ煮込み。
このあたりまでは、「マタドール@北千住」っぽい。
具は他に揚げネギ、いんげん、メンマ等。

でも、この「○牛ラーメン 」のスゴイところは、
さらに、ローストビーフの上にのった味噌で、味噌味への味変化を楽しめるというのが、その1。

さらにさらに、別皿のレモンバター?で、コクと酸味がプラスされて、2度目の味変化も。

3度おいしい見事なスープで、具も豪華で、それでこの価格というのは、おそれいる。

この店のこれまでの限定の中でも1番気に入ったので、ぜひ再食したい。

京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »