« 浦咲<新潟> | トップページ | 篝(かがり)<東京> »

2013年3月31日 (日)

煌(きら)<新潟>

【70】煌(きら)<新潟>④
煌カレーラーメン(ミニライス付き)900円

初めて子ども連れで訪問。

私は「煌カレーラーメン」を。
ランチタイムは大盛同料金なのだが、ミニライス付きで、結構お腹が膨れることがわかっていたので並で。
また、「こってり」を指定すると背脂増しにしてくれるサービスもあるようだが、デフォルトで満足しているので、そちらの指定も無しで。
出てきたのはこちら。Rps20130331_1128

まず、もっちりした自家製の極太麺が最高。
ただし、石焼きの器でグツグツの状態で出てくるため、前半は麺が熱すぎて、麺よりもシャキシャキのもやしが進んだ。
そして、後半は、この店のカレーラーメンの特長の一つである揚げ玉が活躍。スープを吸っていい感じでフニャフニャになった揚げ玉はかなりの存在感があった。
〆のカレー雑炊も含めて大満足。

一方、こちらは長女が食べた「辛口みそらーめん」890円。Rps20130331_1129

麺は「カレーラーメン」と同じ自家製極太麺なのですばらしく、また、辛さも適度というのが、長女の感想。
ただ、具はもやし、キャベツ、ひき肉程度なので、価格はかなり高いように思えた。
そういえば、この店のメニュー構成は、他のメニューより200円以上安い「中華そば」と「鶏しお」580円がある以外は、軒並み高価格。

それから、こちらは次女が食べた「つけ麺」850円。Rps20130331_1131

これも上述した2品と同じ自家製極太麺を使用しており、こちらの方が麺のおいしさを堪能できそう。
また、つけダレは「カレーラーメン」と同様に石焼きの器でグツグツの状態で出てくる。
そして、具(味玉、メンマ、あおさ)と魚粉はそれぞれ別皿での提供。
これは、店側の推奨として、まずはデフォルトのつけダレで食べ、冷めてきたら魚粉を投入、さらにその後にあおさを入れてという3段階の味変化を意図してのことのようで、私も1度は食べてみたいと思った。


新発田市新栄町1-6-13
月休 11:00-14:00 17:00-24:00

|

« 浦咲<新潟> | トップページ | 篝(かがり)<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/54904043

この記事へのトラックバック一覧です: 煌(きら)<新潟>:

« 浦咲<新潟> | トップページ | 篝(かがり)<東京> »