« 風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟> | トップページ | 牛骨らぁ麺 マタドール<東京> »

2013年5月 6日 (月)

のろし 粟山店<新潟>

【101】のろし 粟山店<新潟>①
ラーメン(肉3枚)600円 + 野菜増し100円

「竜胆(りんどう)」(H22.6.20他)がコンセプトチェンジして、二郎インスパイア系のドカ盛りの店として再オープンした店。
元々、安田の方に、「竜胆」のセカンドブランドとして、「のろし」(H22.5.4)をオープンさせていたのだが、どうやら「のろし」の方が営業成績が良いらしく、本店の方も「のろし」に切り替えることになったもよう。
11時5分過ぎの到着で、前1人待ちだったのだが、開店直後で誰も食べていない状態であったうえに、調理&食べるのに時間がかかることもあって、食べ始めるまでに二十数分の待ち。
食べたのは「ラーメン(肉3枚)」。
野菜増しは、在京の同系統の多くの店とは違って有料だったが、お願いした。
また、特に貼り紙は見当たらなかったが、脂増し(=「大油」)は無料でできるようだし、ニンニクは卓上に置いてあった。

出てきた「ラーメン(肉3枚)」野菜増しは、こちら。Rps20130506_1130

まず、野菜の山は、「増し」にしなかった安田の「のろし」と同じくらいのボリュームで、構成ももやし9割強とキャベツということで、キャベツ率がもっと高かった安田に劣る。
「肉」は、巻きチャーシューを半円状に半分にのものなので、これを「3枚」と呼ぶのか?「一枚半」ではないのか?という疑問が湧くものの、分厚いし、柔らかさ・味付けともに○なので、まあよいかと。
そして、麺は自家製の角ばった極太麺なのだが、もう少しゴワゴワ感がほしいところ。
スープは、油は多めなものの、もっとジャンクさほしいと感じたので、卓上のニンニクをたっぷり使用。

でも、なんだかんだ言っても、おいしく完食して、満腹に。
新潟の同系統の中では、味・コストパフォーマンスともに上位の方に入るのではないだろうか。

ただし、食べ終えて店を出る頃には大行列になっていたので、数えてみると17人待ち。回転が遅いこともあるのだろうが、人気のほどがうかがわれた。私としては、こんなに並んでまで食べたいとは思わないのだが。


新潟市東区粟山4-33-1
火休 11:00-14:30 17:30-21:30

|

« 風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟> | トップページ | 牛骨らぁ麺 マタドール<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/55279067

この記事へのトラックバック一覧です: のろし 粟山店<新潟>:

« 風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟> | トップページ | 牛骨らぁ麺 マタドール<東京> »