« 膳 丸山店<新潟> | トップページ | 麺や 庄の<東京> »

2013年6月10日 (月)

志奈そば 田なか<東京>

【126】志奈そば 田なか<東京>①
エビ油そばサラダ仕立て半熟ドライトマト添え(エビつけ汁付き)950円 + 本日の賄い飯(山くら肉ネギ飯)月曜無料

ネットで高評価の新店。
食べたのは「エビ油そばサラダ仕立て半熟ドライトマト添え(エビつけ汁付き)」。
麺増し無料と書かれていた(増しにするか聞かれないので要自主申告)ので、麺増しで。
出てきたのはこちら。Rps20130610_1850

まず油そばとして食べてみると、油タレはオリーブオイルがベースとなっていることもあって、ほぼ冷製パスタ。
エビ風味がほんのりと効いていて、粗挽きブラックペッパーも。
麺は細麺で、器の中央が窪んでいるため、パッと見よりは量があるが、それでも、麺増しでもやや物足りないくらいのボリュームだった。
具は、チャーシュー、ドライトマトと大量の葉物(ベビーリーフ等)。
ライムも添えられているが、元々さっぱり系なので、それほど必要性を感じなかった。
むしろ、フライドガーリックでも入っていれば、食感的にも、アクセントとしてもよさそう。
でも、かなりおいしかったので、まずは3分の1程度までは、つけ汁不使用で食べ進むことに。

で、つけ汁。
とろんとしているのだが、くどさは無く、もちろんエビ風味。
つけダレに浸すと、オリーブオイルが薄れることもあって、油そばとして食べている時よりも、エビの味わいがストレートに楽しめる。
また、冷製パスタから、ラーメン屋らしいつけ麺に様変わりするのも見事。

というわけで、油そばとしてもつけ麺としてもおいしかったので、その後は交互に食べることに。

これまでに食べたまぜつけは、まぜそばの味が濃厚で、それでつけダレも濃厚だとケンカするし、つけダレが薄いと口直し程度の存在感しか無いということでイマイチに感じることが多かったが、この一品に関しては、油そばがほどよく薄味なのが功を奏して、相乗効果が生み出されているように思われた。

〆のスープ割りもおいしくて、飲み干した◎


あと、こちらは曜日限定無料サービスの賄い飯で、本日は、「山くら肉ネギ飯」。Rps20130610_1847

こちらも、チャーシューと山くらげとネギが三位一体となって、かなりおいしかった。


というわけで、この一品でもおおいに満足できたのだが、他に曜日限定もあって、水曜の「蛤潮そば」、金曜の「濃厚煮干」等は気になるところ。


山手線大塚駅南口6分
日祝休 11:30-14:30 17:00-20:00(土は昼のみ)

|

« 膳 丸山店<新潟> | トップページ | 麺や 庄の<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/55747612

この記事へのトラックバック一覧です: 志奈そば 田なか<東京>:

« 膳 丸山店<新潟> | トップページ | 麺や 庄の<東京> »