« 富白(とみしろ)<東京> | トップページ | しながわ<東京> »

2013年7月 3日 (水)

志奈そば 田なか<東京>

【145】志奈そば 田なか<東京>②
蛤潮そば 900円

水曜日限定の「蛤潮そば」目当てで訪問。
食べたのは、その「蛤潮そば」。これを麺増し(無料)でおねがいした。
出てきたのはこちら。Rps20130703_1915

まずスープだが、蛤や昆布などで出汁をとった透明度の高いもので、淡麗な味わい・・・のはずなのだが、浮かんでいるバジルバターが早々に溶け出して、スープの味を支配してしまう。これはこれでおいしいのだが、まずは、バター無しのデフォルトの状態を味わいたいのであれば、バターを一旦別皿(本来、蛤の殻入れ)に取り出した方がよいかもしれない。
麺はしなやかな細麺。量的には、麺増しでちょうどいいくらいだった。
具は、蛤のワイン蒸しに加えて、チャーシュー、山クラゲ、白ネギ、青ネギ、三つ葉など。
蛤は大ぶりな立派なものではあったが、それでも900円という価格は、100円くらい高いように感じた。
でも、おいしかったので、スープも含めて完食。

前回食べた「エビ油そば」といい、「蛤潮そば」といい、オリジナリティーがあって、しかもハイレベル。
グランドメニューの「鯵ニボそば」も、卓上の七味唐辛子を使用するとそば寄り、
ブラックペッパーを使用するとラーメン寄りになるという変化技もあるようなので、試してみたいところ。

ちなみに、本日の賄い飯は「めかぶごはん」。私が苦手なものだったので、月曜日に賄い飯サービスを利用する際には注意したい。
また、本日は、19時15分頃には麺切れにより早じまい。「昼のお客さんが多かったので」ということだったのだが、今後その傾向が強まるようだと、私にとってハードルの高い店になってしまう。


山手線大塚駅南口6分
日祝休 11:30-14:30 17:00-20:00(土は昼のみ)

|

« 富白(とみしろ)<東京> | トップページ | しながわ<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/56238048

この記事へのトラックバック一覧です: 志奈そば 田なか<東京>:

« 富白(とみしろ)<東京> | トップページ | しながわ<東京> »