« AFURI 原宿店 <東京> | トップページ | パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン<東京> »

2013年8月 2日 (金)

下町中華そば すずめ食堂<東京>

【170】下町中華そば すずめ食堂<東京>①
中華そば 700円

娘たちを連れて「ソラマチ」へ。
娘たちがショッピングをしている間の時間つぶしに、一駅隣にある「すずめ食堂」を訪問。
この店は、長野で数店舗を展開する「ゆいが」(本店:H21.8.28等)の東京初出店とのこと。

食べたのは、基本メニューの「中華そば」。
出てきたのはこちら。Rps20130802_1403

イトーヨーカ堂の中に入っているわけではないが、同じ建物の外向き店舗という立地から、オーソドックスなラーメンを想像していたのだが、思いのほか煮干の香りが強い。が、スープを啜ってみると、苦みやえぐみは無く、幅広い層に受け入れられそうな味わい。
麺は中細麺で、硬めの茹で加減が○。
具は、鶏&豚チャーシューと細切りメンマ、焼き海苔、白ネギ。
チャーシューが2種というのはうれしいし、メンマも大量に入っている。
後半は卓上の七味を使用してちょっと味変化。「煮干スープには一味」というのは何度か書いてきたこと(「蕾 煮干分家」=H24.6.22等)だが、ここの場合は長野出身だけあって、善光寺の「八幡屋礒五郎」の七味を置いているこだわりも◎。
自然とスープが進んで、飲み干すことに。

平日昼=「節そば(和風濃厚醤油)」、平日夜=「海老そば(特濃味噌)」、土日祝=「焦がしそば」(濃厚焦がし醤油)」と3種の数量限定メニューも提供しているようなので、ぜひ再訪して、これらのメニューも試してみたい。

長野発で東京でも展開となると、先駆者は「烈士洵名」「魚雷@春日」などの「BOND OF HEARTS」グループがまず思い浮かぶが、ぜひ、こちらの「ゆいが」グループもがんばってほしい。

京成押上線京成曳舟駅押上方改札3分
月(祝翌日)休 11:30-15:00 18:00-23:00(土日祝-21:00)
公式HP http://www.yuiga-style.com/category/%e3%81%99%e3%81%9a%e3%82%81%e9%a3%9f%e5%a0%82/

|

« AFURI 原宿店 <東京> | トップページ | パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/56495357

この記事へのトラックバック一覧です: 下町中華そば すずめ食堂<東京>:

« AFURI 原宿店 <東京> | トップページ | パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン<東京> »