« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン<東京>

【*252】パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン<東京> ③
パパパパパンプキン800円 + 味玉100円→クーポンサービス

過去2回はレギュラーメニューを食べたのだが、限定メニューにも取り組んでいるようで、本日は鰺味の「アアアアアジ」とハロウィン限定の「パパパパパンプキン」が提供されていた。
私が選んだのは、より限定度合が高い「パパパパパンプキン」。Rps20131031_1910

スープは、パンプキンスープなのだが、意外なほどもっさり感が無く、スープが進む。ただし、後半はややしょっぱさが鼻につくように。
麺は硬めの細麺。
具で目を惹くのが、クラッシュキャンディー入りわたあめとマシュマロで、他にチャーシューと白髪ネギ、サービスの味玉など。
わたあめやマシュマロも思ったより違和感が無かったのだが、わたあめがのっていたせいでチャーシューが甘くなってしまったのはマイナス。
でも、ゲテモノになりかねない構成なのに、意外なほど、普通においしい一杯に仕上がっていた。

ちなみに、少し前までの限定は、柿を使った「パパパパパーシモン」だったそうな。


中央線西荻窪駅南口30秒
水休 11:00-20:00
公式HP http://www.papapapapine.com/

*№の重複が判明したため、飛び番に(249はH25.2.15「一蘭」、250はH25.8.23「ほん田NIJI」、251はH25.9.1「えびす」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

ほりうち 新橋店<東京>

【248】ほりうち 新橋店<東京>②
チャーシューメン 並 1150円→1050円(クーポンサービス) + 生玉子50円

前回は「チャーシューざる」を食べたのだが、「ざる」<「ラーメン」という価格にも現れているように、より巨大な肉塊がはいっているのが「チャーシューメン」ということで、今回はそちらを。
大盛りも同料金とのことだが、肉で満腹になりそうな予感だったので、並で。
出てきたのはこちら。Rps20131030_1815

やはり主役は、厚さ1cm超でサイズも巨大なチャーシュー×3で、具は他にメンマ、刻みのり、白ネギと追加トッピングの生卵。
チャーシューに関しては、ボリュームに圧倒されたのも事実なのだが、薄味なので、飽きもきて、2個半まででギブアップ。
今の私には「ハーフチャーシューメン」で十分なのかもしれない。


銀座線新橋駅(JR烏森口)2分
日祝休 11:00-27:00(土-21:00)
公式HP http://ramen-horiuchi.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

轟<埼玉>

【247】轟<埼玉>①
轟そば700円→5円(クーポンサービス)

通常価格700円の「轟そば」が5円になるという太っ腹なクーポンに釣られて訪問。
食べたのはその「轟そば」。Rps20131028_1944

通常だと中盛りや野菜増し無料なのだが、さすがに5円ということで、それらの無料サービスは無しだったので、デフォルトの状態の並。
二郎系の中でもワイルドな「角ふじ」系なので、麺はゴワゴワで角張った極太麺。
スープはこの系統にしては粘度が結構あって、私としては、ややくどく感じたので、「まぜそば」の方が口に合いそう。
具のうち、野菜は、キャベツも結構あるサンプル写真とは大違いで、キャベツは2,3切れだけで、あとはひたすらもやし。これは、葉物野菜高騰の影響か。
他にチャーシュー、刻み玉ねぎなど。
中では、刻み玉ねぎが、中和剤として効果的。
後半は、卓上の醤油漬けニンニクも使用して、さらにジャンキーに。

これなら、通常価格でも食べたいと思える一杯だった。

※既に閉店。ただし、後に入ったのも同系統の「鳳神角ふじ」(H26.12記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥村家<新潟>

【246】奥村家<新潟> ⑧
ラーメン680円 + のり増し100円→クーポンサービス + キャベチャー100円

Rps20131028_1123


私は写真手前の「ラーメン」のり増しを太麺・かためで。

そして、写真奥は次女が食べた「ミニラーメン:580円+のり増し。こちらは細麺で、細麺だと本来紅しょうがが入るのだが、抜きにしてもらったものの。
ミニでもボリューム十分だし、わかめも入っている。


新潟市東区南紫竹2-6-28
水休 11:00-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【245】ほん田 NIJI<埼玉>(24)
特製白だしらーめん 白醤油仕立て 950円

10月の限定「特製白だしらーめん 白醤油仕立て」を。Rps20131025_1941

スープは、鶏魚介の出汁に白醤油使用により、塩ラーメンのような色合い。
麺は、レギュラーとは異なる中細麺使用とのこと。
具は、最初に入っているのは、花麩、味付きひき肉、揚げネギ、スプラウト、白髪ネギ。
別皿の具を入れるまでもなく、おいしく食べ進むことができる。
その別皿の具は、4種のチャーシューと味玉、細切りメンマ、海苔、かいわれ。
チャーシューに関しては、定番レアとバラがリニューアルされていて、バラの方は、分厚い角煮風になっていて◎だったのだが、レアの方はちょっと味付けが濃すぎるような。

というわけで、豊富な具を堪能しつつ、食べ進んだのだが、終盤、スープのしょっぱさが鼻についてきて、飲み干すまでには至らず。

感想。レギュラーメニューにしてもよいのではないかと思われるぐらいまとまりのある一杯ではあったのだが、私としては、この店の限定には「変化球」を期待しているだけに、その面では物足りず。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

大つけ麺博<東京>

【243,244】大つけ麺博<東京> ⑫

先週(10/17)の第2陣に続き、本日からの第3陣を訪問。
雨が降ったりやんだりしている天候の影響で、お客さんが少なく、多いところでも10人台前半くらい。

私が最初に食べたのは、「気むずかし家@長野」の「信州鶏づくしつけそば2013」800円(前売り価格)。Rps20131024_1843

昨年(H24.10.11)もこのイベントで同様のものを食べたのだが、濃厚鶏白湯のつけダレに太平打ち麺、そして主役が大きな鶏の山賊揚げ(唐揚げ)で、これにピクルス・卵黄入りタルタルソースなどが添えられているという基本構成は昨年同様。
細かい点でブラッシュアップされていたのかもしれないが、私にはわからなかった。
濃厚鶏白湯はあまり好きではないのだが、タルタルソースとピクスルの酸味のおかげでおいしく食べられた。
でも、山賊揚げwithタルタルソースをおかずにご飯を食べたら、もっとおいしいのではないかとも思われた。

続いては、「おとど@北松戸他」の「肉玉つけ麺」800円(前売り価格)。
こちらは、前2名のみということで、すぐに出てきたのがこちら。Rps20131024_1901

こちらも2年前の大つけ麺博で食べたことがあり、その時のものと大きな差は無いように思われた。
濃厚とんこつ魚介のつけダレに中太平打ち麺。
具は、焼き肉with玉ねぎと卵黄、青ネギ、なると、メンマ、刻みニンニク。
濃厚なつけダレと濃い味付けの焼き肉という組み合わせゆえ、「気むずかし家」以上にライスがほしくなった。

本日の2店の中では、「気むずかし家」の方に1票。

来週の第4陣では行きたい店が無いので、今年の大つけ麺博訪問はこれにて終了。
今年食べた4杯を好みの順に並べると、
ジャクソンズ>きむずかしや>白神=おとど

ただ、今年の布陣は、濃厚系に偏りすぎていて、私としては、これまでで最も魅力的でなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

らーめん天神下 大喜<東京>

【242】らーめん天神下 大喜<東京> ⑦
純とりそば900円 + 味玉(クーポンサービス) + 小ライス100円

いつもよりも早く18時半過ぎに訪問。
「昼10食限定」の貼り紙がある「純とりそば」の食券が、まだ売り切れになっていなかったので、それを購入。
出てきた「純とりそば」はこちら。Rps20131023_1841

塩味の鶏白湯スープに中太麺。
スープは余分な油を取り除いたとのことで、一昨日の「鶏王けいすけ」よりもあっさり系かと思いきや、スープ自体の濃度はこちらの方が上のようで、後半、重たく感じられたので、小ライスで口直しをしながら食べ進むことに。
具も、皮付き鶏チャーシュー、鶏細切れ肉、鶏そぼろ、味玉(デフォルトで半分+サービスで1個)と鶏尽くしの様相で、他にひじき、かいわれ、白髪ネギ、青ネギなど。

鶏好き、特に鶏白湯好きにとっては、たまらないメニューなのかもしれないが、そうではない私としては・・・

あと、こちらは小ライス。100円でチャーシュー佃煮付きとお得。Rps20131023_1846

銀座線上野広小路駅A3出口5分
無休 11:00-15:00 17:30-22:00(土は-21:00、日11:00-16:00、祝11:00-20:00)
公式HP http://www.daiki1999.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

鶏王 けいすけ<東京>

【241】鶏王 けいすけ<東京>①
鶏王ラーメン780円 + ライス(クーポンサービス)

「激辛BLACKつけ麺 七代目 けいすけ」が「鶏王 けいすけ」にリニューアル。
店舗ごとに様々な食材などをフィーチャーして展開してきた「けいすけ」だが、今回の主役は「鶏」で、しかも、シンガポールで成功したコンセプトを逆輸入したもののようだ。
ラーメンは、鶏白湯の「鶏王」と鶏清湯の「鶏そば」の2系統があって、私の最近の好みだと後者を選ぶところなのだが、「けいすけ」であっさり系というのはピンとこなかったので、前者の「鶏王ラーメン」に。
出てきたのはこちら。Rps20131021_1845

まずスープだが、鶏白湯としてはサラッとしたタイプで、表面に黄金色の鶏油が浮かんでいてよい香り。
そして、何といっても目を惹くのが、ドカンとのっている骨付き・皮付きの鶏モモ肉。具は、他に青ネギ、揚げネギ、キクラゲ。
鶏モモ肉は、ふれこみどおり、箸で崩せるくらい柔らかいのだが、やはり手も使ってほぐしたくなるので、おしぼりが欲しいところ。
また、肉自体はほとんど味付けがされていないし、スープもそれほど濃い味ではないので、そこで出番となるのが卓上の辛味噌、カレー粉、一味など(他にもやしナムルも)。特に、店も推奨しているとおり、辛味噌がよく合う。
でも、ボリュームがあるので、あまり鶏肉ばかり食べていると麺がのびてしまうということで、鶏肉半分残しでラーメンは終了。

その後、辛味噌付き鶏モモ肉をおかずにライスを食べたら、こちらの方がおいしかったりした。


銀座線神田駅6番出口7分
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.grandcuisine.jp/keisuke/akihabara.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

瑞山(ずいざん)<埼玉>

【240】瑞山(ずいざん)<埼玉>②
肉吸いラーメン(小じゃこ飯付き) 850円

「ぜんや」の後に、バスで「うえだ」に向かったのだが、14時50分頃の到着で20人以上の大行列。
「ぜんや」で並び疲れていたので、きっぱりと断念して、東上線で2駅移動して「瑞山(ずいざん)」へ。
食べたのは、期間限定の「肉吸いラーメン(小じゃこ飯付き) 」。
「肉吸い」というのは、大阪の料理で、肉うどんのうどん抜き・・・って、要するに肉だけ?とツッコミたくなるところなのだが、そのラーメンなので、結局のところは「牛肉のせラーメン」。
で、実物はこちら。Rps20131020_1532

まず麺は全粒粉のゴワゴワ太麺で、スープは鰹などが効いたかなり和風度の高い醤油味で、なんだかんだいっても、うどん寄り。
具は、牛の細切れ肉と青み中心のネギだけなのだが、それぞれたっぷり入っているので、それだけで十分。

そして、付属のじゃこ飯は、何故にじゃこ?というのが第一印象だったのだが、牛肉をのせて食べると、じゃこの臭みとスープを吸った牛肉が妙にマッチして美味だった。

これで、この店では2回連続期間限定メニューを食べたことになるが、いずれもおいしかったので、レギュラーメニューにも期待ができそう。


東武東上線朝霞駅南口7分
月休 11:30-LO22:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぜんや<埼玉>

【239】ぜんや<埼玉> ③
チャーシューメン900円

4年強ぶりの訪問。
おいしいことはわかっているのだが、長時間行列に並ぶ覚悟がなかなかできずに、足が遠のいていた。
本日は雨なので、行列が短いことを期待して訪問したところ、13時40分の到着で前6名。期待どおり行列が短いと思いきや、車で待っていた前の客の連れの割り込みが多発して、結局入店・着席までに30分。晴れていれば座って並べるところを、雨の中、傘をさして立って並んでいるのは、逆にキツかったかも。
で、食べたのは「チャーシューメン」。Rps20131020_1413

黄金色の塩味スープは熱々で、抜群の旨み。
意外と太めの麺もモチモチしていて○。
2種×3枚のチャーシューもおいしいのだが、一口サイズなので、チャーシューメンとしてはややボリューム不足。
でも、とにかくスープがおいしいので、飲み干した。

武蔵野線新座駅南口6分
埼玉県新座市野火止4-9-8
火水休 11:30-(スープ切れまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

神名備(かむなび)<東京>

【238】神名備(かむなび)<東京>④
醤油ラーメン 1050円

「ひだまり」の後、同じ西日暮里の「神名備(かむなび)」に移動。
土日の開店時刻である12時の10分前到着で先客ゼロ。
開店時には後ろに4名並んでいた。

食べたのは今回も「醤油ラーメン」。Rps20131019_1209

多めの揚げネギが効果的で、連食の2杯目なのに、スープが進むし、巨大チャーシューもおいしく食べられるのは、「さすが」の一言。


山手線西日暮里駅8分
月火休 水木金11:45-15:00 土日12:00-15:00 18:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひだまり<東京>

【237】ひだまり<東京>① 
今治ラーメン 780円

「宗(そう)@高田馬場」出身者の店。
昨日に続いての「今治ラーメンスタンプラリー」参加店への訪問。
食べたのはもちろん「今治ラーメン」。Rps20131019_1137

塩味の清湯スープに細麺、具は鶏チャーシューとワカメ、海苔、三つ葉、白髪ねぎ、なると、柚子とレモン。
麺やスープ、そしてレモン&鶏チャーシューという主要なファクターは「えんや」「服部」と同様で、あとは三つ葉、ワカメ、柚子などに個性が。
海苔に関しては、板海苔状のものが入っていたのだが、スープに浸っているうちに崩れてきてあおさの塊に。
また、柚子はレモンに加えての清涼感要員なのだが、やや屋上屋かも。

で、3軒で「今治ラーメン」を食べたうえでの感想としては、おいしい塩を使ったスープを堪能できるので、たまに食べるのはよいが、週に3杯も食べると飽きが・・・

ちなみに、最寄駅としては、西日暮里駅よりも千代田線千駄木駅の方が若干近いかもしれない。


山手線西日暮里駅7分
月休(祝翌日) 11:30-22:30(中休みあり?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

麺者 服部<東京>

【236】麺者 服部<東京>⑥ 
今治ラーメン 800円

「えんや」(H25.10.15参照)で、ラーメンサイトの企画による「今治ラーメンスタンプラリー」が行われていることを知り、その2軒目として訪問。
食べたのはその「今治ラーメン」。Rps20131018_1834

出てきたラーメンを見ると、「えんや」のものとかなり似ている。
スープはあっさり系の塩味で、使っている塩の銘柄まではわからなかったが(「えんや」は伯方の塩)、間違いなく瀬戸内産のものだろう。
麺は中細麺で、具は鶏チャーシュー、あおさ、メンマ、なると、小ネギとレモン。
麺は「えんや」のものよりもやや太く、具は岩海苔→あおさ、かまぼこ→なるとなど細かい差異はあるものの、レモンと鶏チャーシューという特徴的なファクターが共通なうえに、スープが同系統であることもあって、「えんや」とかなり似通った印象。
従って、価格面での割高感もいっしょなのだが。


半蔵門線神保町駅A4出口5分
日休 11:30-16:00 17:30-22:00(土11:30-15:00、祝11:30-20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

大つけ麺博<東京>

【234,235】大つけ麺博<東京> ⑪

今年で5回目の「大つけ麺博」。
会場は、昨年までの浜松町から、新宿・歌舞伎町の大久保公園に変更。
先週(10/10)から始まっていて、6店/週×4週間で、全国から投票により勝ち上がった24店が出店予定。
昨日までの第1陣には私が食べたいと思う店が無かったので、本日からの第2陣にて初参戦。

最初に食べたのが「白神@岐阜」の「肉盛り生姜味噌」800円(前売り価格)。
18時半過ぎと早めの時間帯だったこともあって、待ち人数は一桁。
で、写真はこちら。Rps20131017_1844

その名のとおり、つけダレは生姜味噌味なのだが、最初から生姜一辺倒なのではなく、そぼろ状の豚生姜焼きや別添えのおろし生姜により、徐々に生姜風味を上積みしていくことができる点がポイント。
麺は平打ち太麺で、具は他に小ネギ、メンマなど。

続いて食べたのは「JACKSON’S@大阪」の「きゃにーかにゅかにゅ☆濃厚カニつけ麺」800円(前売り価格)。
こちらは、行列が折り返しているくらい並んでいて、おそらく「とみ田」に次ぐ人気。
でも、回転は速くて、並び始めて十数分でGETしたのがこちら。Rps20131017_1904jacksons

つけダレは「蟹豚骨」とのことだが、蟹の方が前面に。
麺は全粒粉太麺で、具は、チャーシュー、紫玉ねぎ、メンマとイタリアンパセリ(撮影前に風に飛ばされた・・・)。
やや単調ではあるが、ここまで蟹に徹すると、わかりやすい。

というわけで、本日は、インパクトで勝った「JACKSON’S」の方に投票。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

えんや<東京>

【233】えんや<東京> ⑪
今治らーめん800円 + 小豚丼250円

台風接近中で風雨が強まりつつある中、駅から至近のこの店を訪問。
ラーメンサイトの企画で、期間限定で「今治らーめん」を提供していたので、それを。
出てきたのはこちら。Rps20131015_1902

瀬戸内海産の塩を使用した塩ラーメンというのが、「今治らーめん」の基本コンセプトだとのことで、こちらのメニューでも松山の「伯方(はかた)の塩」を使用している。
透明度が高いスープは尖ったところはないものの、塩の旨みを堪能できるし、付属のレモンを搾り入れるとさらにすっきり感が増す。
麺は細麺で、具は鶏チャーシュー、岩海苔、かまぼこ等。
中では、岩海苔がスープとの相性が良く◎。

ただし、価格的には、700円台前半くらいなら納得というのが個人的な感想。

あと、こちらは「小豚丼」。Rps20131015_1903

サイズは小さめだが、チャーシューの量は十分。


京浜東北線王子駅北口1分
不定休 11:30-21:30LO(日-16:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

東横 愛宕店<新潟>

【232】東横 愛宕店<新潟>⑫
豚じろう(豚骨東じろう) 1,000円

開店時刻の11時に到着。
が、まだ準備が整っていなかったらしく、席に案内されるまでに5分強の待ちで、食べ始めるまでに20分~20数分。

私が食べたのは「豚じろう(豚骨東じろう)」。Rps20131013_1120

その名のとおり、「二郎」インスパイア系のメニューなのだが、「東横」らしいアレンジがなされている。
まずは、スープだが、醤油味の「二郎」に対して、こちらは味噌豚骨。
麺は、元々極太麺なので、そのままで「二郎」系の麺としても通用。
圧巻なのが、具で、大ぶりな角煮が2個。のみならず、大判のチャーシューも2枚入っているので、肉類だけでもボリューム十分。加えて、デフォルトで味玉も入っているし、野菜もこの系統に付き物のもやし&キャベツ(キャベツ率高め)のみならず、白ネギも。
また、デフォルトで入っている辛味噌や頼めば無料で出てくるおろしニンニクによる味変化も楽しめるし、後半、濃い味に飽きてきたら、割りスープによる口直しも可。
というわけで、味的にもボリューム的にも文句なし。

あと、こちらは次女が食べた「塩バターラーメン」680円。Rps20131013_1123

「豚じろう」からさらに遅れること数分で運ばれてきた。
もやし、コーン、わかめなどの具がたっぷりで、次女はまずそちらを食べ進んだため、麺に到達した段階で既にかなりお腹が満たされていたようだった。

それから、こちらはクーポンサービスの餃子。Rps20131013_1119

サービスなのに6個入りと気前はよいが、会計時に代金を請求されそうになったので、クーポンだと指摘したところ、無料にはなったものの、謝罪の言葉も無し。

接客面では、上述した待ち時間、クーポン無視だけでなく、客席に響きわたるような大声でバイト店員を叱責するなど不備な点が目立っていたのが残念。


新潟市中央区愛宕2-2-3
無 11:30-23:45(日-22:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

お~や<新潟>

【-】お~や<新潟> ⑫
芳醇なサバ節香る鶏ダシうどん800円 + 味玉(クーポンサービス)

今回の期間限定は、ラーメンではなく、うどん。
その期間限定メニュー「芳醇なサバ節香る鶏ダシうどん」を。Rps20131012_1117

麺は、うどんとしては細めの部類。ラーメンの麺とは違って、かんすいを使っていない分、真っ白。
スープは鶏&サバ節がメインで、とろみがあって、思いのほか濃厚。
具は、大量のぶつ切りの鶏肉と味玉、切り干し大根、大葉、水菜、白髪ネギ、小ネギ。

おいしいことはおいしかったのだが、やはり、ラーメンのように油が入っていない分物足りなさも・・・と思ったところ、「鶏油仕立ての煮込み醤油バージョン」もあることが判明。

ちなみに、今後の期間限定は、11~12月が「担々麺」で、年末年始は修行先の「本丸亭風」とのことで、特に後者に期待。


新潟市中央区東堀前通10番町1789
月(祝の場合翌日)休 11:00-14:002 18:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

一本気<新潟>

【231】一本気<新潟>⑪
こってりらー麺 岩のり780円 + 味玉(クーポンサービス)

「ちょび吉」に向かったものの、「体調不良により臨時休業」の貼り紙が。
かなり使い古した貼り紙だったので、ちょくちょくあることなのかもしれない。

そこで、「一本気」を6年近くぶりに訪問。
11時半の到着で、ちょうど満席だったのだが、すぐに席があいて着席。

私が食べたのは「こってりらー麺 岩のり」(写真手前)。Rps20131011_1140

背脂の浮いたスープはかなり魚介が効いていて、以前よりも洗練されたような印象。
具は、チャーシューと味玉1個半、岩のり、メンマ、ネギの青み。
チャーシューは分厚くてかなり立派。
欲をいえば、背脂の脂っこさを中和する玉ねぎが欲しいところ。

あと、写真奥は次女が食べた「らー麺」600円。
背脂が無いので、より和風の味わいとなっている。
また、チャーシューのボリュームやデフォルトで半味玉入りであることを考えると、この価格は格安と思われる。


新潟市(西区)東青山1-6-1
火休 11:00-15:00 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

忍八(にんぱち)<東京>

【230】忍八(にんぱち)<東京>②
つけ麺 並 750円 + チーズぞうすい 300円

前回同様「つけ麺 並」を。Rps20131010_1839

やはり麺はそのまま食べても、つけダレに浸しても◎だし、つけダレに関してはトマトの酸味が効果的。

あと、こちらは〆の「チーズぞうすい」。Rps20131010_1849

麺を食べ終えた段階で、つけダレがかなり減っていたので、追加してくれたもの。
前回の「バターぞうすい」同様、卵が前面に出ていたが、やはりおいしくて、追加されたつけダレも含めて完食。
ただし、「バター」との差はあまり感じなかったので、それなら、50円安い「バター」でよいかも。


山手線浜松町駅北口4分
日休 11:30-15:30 17:30-22:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

G麺's<埼玉>

【229】G麺's<埼玉>②
まぜそば小780円 + 肉肉増し(バラ肉)200円

前回の感想(「麺が多くて飽きた」)をふまえて、今回は、麺の量を定番→小(300g→200g)に減らして、バラ肉の追加トッピング「肉肉増し」で「まぜそば」をオーダー。
無料トッピングは、ニンニクと野菜で、野菜の量は、前回のチョイ増し→増しで。
出てきたのはこちら。Rps20131009_1933

バラ肉は5,6枚あって、かなり濃い味付けがほどこされている。
野菜は、増しでもキャベツは2切れ程度で、もやしが増量された感じ。
バラ肉のタレの影響で、やや味が濃くなりすぎて、後半飽きがきたが、全体ボリュームとしては適量だったし、ベビースター・揚げ玉・チーズと「欲しい具」がそろっている点が、やはり◎。

ただし、階段を2.5階分登らなければならない立地が災いしてか、先客ゼロ、後客1という寂しい状況だった。


京浜東北線浦和駅西口3分
月休 11:00-14:00 18:00-23:00
※既に閉店(H26.11記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

斑鳩(いかるが) 東京駅店 <東京>

【228】斑鳩(いかるが) 東京駅店 <東京> ⑦
海の白醤油そば 780円

「ほん田」の期間限定メニュー目当てで「東京ラーメンストリート」を訪問したのだが、18時半の到着で、既に売り切れ。
そこで、店を変えて、「斑鳩」で「海の白醤油そば」を食べることに。
出てきたのはこちら。Rps20131008_1839

昆布、鰹節などの海産物出汁の清湯で、かなりあっさりしているが、旨みに不足は感じない。
麺は平べったい細麺。
具は、チャーシューと穂先メンマ、海苔、あられ、刻んだ大葉?、豆など。
この内容で780円というのは、50円くらい高いように感じた。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 11:00-22:00LO
公式HP 東京ラーメンストリート:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

らーめん幸(こう)<新潟>

【227】らーめん幸(こう)<新潟>⑥
あご塩麺670円→570円(クーポン)

店頭に花輪が。
開業○周年というわけでは無さそうだし、店内の見た目も、少なくとも大きくは変わっておらず。
で、私が認識した変更点は価格設定。
基本メニューの「あご塩麺」が、780円から670円(今回はクーポンでさらに100円引き)に値下げされていた。
食べたのは、その「あご塩麺」。Rps20131005_1114

具の構成もかわったようだが、リニューアル後のチャーシュー×3プラスαとメンマ、白ネギ、小ネギという構成で、しかも高価なあご出汁を使いながら、700円未満というのはかなりコストパフォーマンスが高い。
味の面でも品質の低下は無いようで、次女も、麺を食べ終えた後もスープを啜っていた。

ただし、客足の方は、後客1のみと寂しい状況だった。


新潟市東区柳ヶ丘5-19
木休 11:00-14:30 17:00-19:30
※記載の営業時間はH26.11現在

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

仙台牛タンねぎ塩ラーメン き蔵<東京>

【226】仙台牛タンねぎ塩ラーメン き蔵<東京>①
     ※店名の「き」は本来「七」の下に「七七」の漢字
牛タンねぎ塩ラーメン 980円

葛西の人気店「ちばき屋」のセカンドブランドで、先月から「東京ラーメンストリート」に入店したうちの1軒。
18時5分過ぎという早い時間帯の到着ながら、新規入店ということで人気があるのか、ほぼ満席の盛況で、食べ始めるまでに20分弱の待ち。
食べたのは基本メニュー(最低価格メニュー)の「牛タンねぎ塩ラーメン」。
出てきたのはこちら。Rps20131003_1824

豚骨や牛すじを使ったという塩味スープはあっさり系で、そこにゴマ油がたっぷり。
麺は平打ち麺。
具は、牛タン×2がメインで、あとは大量の刻みネギと小ネギ、白ゴマのみというシンプルな構成ながら、ゴマ油とネギが牛タンの引き立て役として◎。
もちろん、牛タン自体も柔らかくて◎。
途中で、スープに浮かんでいるニンニクペーストを溶し込むと、ややきつめの味わいに変化。私としては、無しの方が好みの味かも。

というわけで、おいしかったのだが、やはりネックとなるのは価格。
上質そうな牛タン2枚入りなので、割高だとは思わないが、やはり最低価格980円というのは、このストリートの中でも突出しているし、サイドメニューの牛タンドライカレー・餃子も400円超えということでは、なかなか手が出ない。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 10:30-22:00LO
公式HP 東京ラーメンストリート:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »