« はなび屋<新潟> | トップページ | らー麺とご飯のたかぎ<東京> »

2013年11月11日 (月)

すた麺 神田本店<東京>

【260】すた麺 神田本店<東京>①
野菜チャーシューすた麺980円 + 味玉100円→クーポンサービス

「漢のスタミナ系ラーメン」を謳う店。
最寄駅は、小川町・淡路町あたりなのだが、定期券の利用できる神田駅から訪問。
食べたのは「野菜チャーシューすた麺」。これにクーポンで味玉をトッピングしたので、実質的に「すた麺全部のせ」になっている。
出てきたのはこちら。Rps20131111_1923

ちなみに写真左のライスは無料で、写真奥の柚子胡椒は今だけ無料。
まずスープだが、鶏ベースで、醤油がかなり強く、油は控えめ。さらに、黒胡椒もかなりきいているので、富山ブラック的なしょっぱさを感じる。
具は、もやし、玉ねぎ、ニラ、白髪ネギとキャベツで構成された野菜炒めとチャーシュー×5枚、追加の味玉。
キャベツ以外はデフォルトの「すた麺」にも入っているようなので、「野菜すた麺」になると、これらが増量されるとともに、キャベツが加わるということか?
中では、あまり茹でていないもやしのシャキシャキ感が○。
また、チャーシューは半分以上脂身なのが残念。
そして、このようなスープと具の構成で、麺が極太ワシワシ麺なら、「二郎系と富山ブラックの融合」と言いたくなるところなのだが、残念ながら、麺は中太程度。
なので、スープのしょっぱさに太刀打ちできなくなってくるのだが、そこで活躍するのが無料サービスのライス。
スープに浸った野菜炒めやチャーシューが実によいライスのおかずになる。
「おとど@北松戸他」(新潟だと「なおじ」)の「ご飯が進むラーメン」というキャッチフレーズの上を行く「自称日本一ご飯が進むラーメン」を標榜している点に関しては、「自称」が付いているので、とやかく言うまいが、ご飯が欲しくなる一杯であるのは確か。

追加の調味料・薬味では、卓上のおろしニンニクを使用。無料サービスの柚子胡椒に関しては、元のスープがしょっぱいので、「胡椒」の辛みの部分が、私としては不要で、柚子のみ追加して、清涼感を加えることができたらと思った。


銀座線神田駅4番出口8分
日祝休 11:00-15:30 17:00-22:00LO
公式HP http://www.sutamen.jp/index.html

|

« はなび屋<新潟> | トップページ | らー麺とご飯のたかぎ<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/58530537

この記事へのトラックバック一覧です: すた麺 神田本店<東京>:

« はなび屋<新潟> | トップページ | らー麺とご飯のたかぎ<東京> »