« ソラノイロ salt & mushroom<東京> | トップページ | 一本槍<新潟> »

2013年12月20日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【291】ほん田 NIJI<埼玉>(25)
メンブレン(魚介醤油) 800円

すっかり、月替わりの限定目当てで訪問するようになった(レギュラーメニューも十分においしいのだが)この店。
先月は限定がお休みだったこともあって、2ヶ月ぶりの訪問となった。

今月の限定は「メンブレン」。
ベースのスープは、濃厚鶏+野菜+牛脂で、塩or魚介醤油の2バージョンあったので、魚介も加わる後者を選択。
出てきた「メンブレン(魚介醤油)」はこちら。Rps20131220_1943

まずスープだが、鶏白湯スープに野菜や魚介が加わることによって、ド直球の濃厚鶏白湯は苦手な私にとっても、飲みやすい仕上がりになっている。
麺は中細麺で、具は鶏チャーシュー×6、牛筋&大根煮込み、ピリ辛たけのこ、味うずら玉子、揚げゴボウ、ほうれん草、白髪ネギなど多彩。
中では、牛筋&大根煮込み、味うずら玉子、揚げゴボウが特によかった。
また、この店の限定らしく、味変化要素も複数用意されていて、まずは、別皿のラー油で辛みを。
鶏白湯で辛さが減殺されるのか、辛いのが得意ではない私にとっても、よいアクセントになって、プラスの変化に。
さらに、鶏チャーシューに載っているマスタードソースを溶かし込むと、今度は酸っぱさを伴う辛さも加わる。
このような味変化後のスープと薄味の鶏チャーシューの相性もバッチリ。

さらにさらに、これでおしまいではなく、麺・具を食べ終わると、スープ割りのサービスも。Rps20131220_1955

こちらが、スープ割後の写真で、単にスープで割るだけでなく、鶏そぼろと小ネギを入れて、わさびも添えてくれる。
このわさびによって、3度目の味変化を楽しむことができて、当初の味と合わせて4種類の味わいを堪能しつつ、鶏白湯スープでは珍しく、飲み干すことに。

多彩な具と味変化という私がこの店の限定に期待している要素満載の◎な一杯だった。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

|

« ソラノイロ salt & mushroom<東京> | トップページ | 一本槍<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/58584029

この記事へのトラックバック一覧です: ほん田 NIJI<埼玉>:

« ソラノイロ salt & mushroom<東京> | トップページ | 一本槍<新潟> »