« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

まっくうしゃ<新潟>

【302】まっくうしゃ<新潟>⑥
塩600円 + チャーシュー(クーポンサービス)

ほぼ1年ぶり(前回はH24.12.30)の訪問で、今年のラーメン食べ納めを。
14時20分過ぎという中途半端な時間帯ながら、満席に近い盛況。

食べたのは、「塩」+クーポンサービスのチャーシュー。
季節限定の「鮭のバターライス」100円も気になったが、既に売り切れ。

出てきたのはこちら。Rps20131231_1431

追加のチャーシューは別皿で出てきたので、スープには浸さずに食べたら、その方が炙った香ばしさを十分に味わえてよかった。


新潟市中央区上近江2-2-27-1
無休 11:00-21:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

信濃神麺 烈士洵名 長野店<長野>

【301】信濃神麺 烈士洵名 長野店<長野>④
幻の王様中華そば 並700円 + のり玉めし200円

ネットでピックアップしたラーメンも提供する「ごはん屋 いちぶん」という店を家族4人で訪問。
18時45分頃の到着で、4人分の席は空いていなかったものの、1つのテーブルが間もなく終わりそうだったので、待つことにしたところ、2,3分後に出てきた無愛想なおばちゃんが「今無理なんですけど」。
「空くまで待ちます」と申し上げたところ、「今日はもうあんまり材料がなくて」。
意地でも追い出したいようなので、退散することにしたが、材料切れなら最初からそう言えばいいし、店頭にも「本日閉店」と出しておいてくれたら、ムダに待たずにすんだのに。

そこで、3年ほど前に立て続けに3回訪問して、それっきりになっていた「烈士洵名」に。

私が食べたのは「幻の王様中華そば 並」。「東京ラーメンショー2012」出品メニューだそうで、何が幻なのかなども色々書いてあったけれど、略。
出てきたのはこちら。Rps20131230_1840

クリアーな醤油清湯のスープに極細ストレート麺。
具は、チャーシュー、メンマと青みも含んだ大量の笹切りネギ。
もも肉のチャーシューは、サンプル写真では赤い縁取りでレトロ感があったのだが、手間を惜しんだのか、その演出は無し。でも、しっとりした食感は◎だった。
くせものだったのが、デフォルトで大量に入っている黒胡椒。
最初は、こちらも大量のネギの味付けとしても、これぐらいかかていた方がと思っていたのだが、後半は胡椒一辺倒の味わいに。

あと、こちらは次女が食べた「つけめん無双(女子盛)」800円。Rps20131230_1841

「六厘舎」風の魚粉たっぷりの濃厚動物魚介系つけダレ×極太麺で、麺の皿がハート型なのは女子盛りゆえ?

Rps20131230_1842


それから、こちらの写真左は嫁が食べた「ジンジャー二郎」800円と長女が食べた「岡村二郎」750円。
どちらも二郎インスパイア系で、前者は生姜、後者はニンニクがたっぷり。

そして、写真手前は私が食べた「のり玉めし」。
岩海苔&卵黄がのっていて200円というのは安いと思うが、岩海苔がパサパサでご飯となじまないので、中華そばのスープをかけて湿らせたらいい感じに。「そら@神田(東京)」のように、ゴマ油か何かであえてくれると、もっとおいしくなるのではないかと。


長野市中越2-36-24
月休 11:00-23:00
公式HP http://bond-of-hearts.jp/shop_resshi.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

麒麟児<長野>

【300】麒麟児<長野>②
鶏まぜそば 中盛(1.5玉)830円 + 餃子セット(餃子3個&ミニライス)250円

ちょうど1年前、帰省時に家族で訪問して、かなり好評だったので、家族4人で再訪。
繁盛しているようで、この間に、移転して、席数や駐車場を増強して再オープンしていた。
19時40分過ぎの到着で、4名席が空いていなかったので、空席待ちも含めて、入店から食べ始めるまでに、20分強の待ち。

まず、私が食べた「鶏まぜそば 中盛(1.5玉)」はこちら。Rps20131228_2002

麺は太麺で、汁無しとしては多めの醤油ダレに浸っている。このタレに加えて、胡椒もかなり効いているので、スパイシーな味わい。具は、蒸したものと皮付きの2種の鶏チャーシューと玉ねぎ、青ネギ、穂先メンマがいずれもたっぷり。中では、大きめに刻まれた玉ねぎが濃いめの味わいに清涼感を加えてくれて○。

また、こちらはセットのミニライス(小鉢付き)。Rps20131228_2003

まぜそばの残ったタレに投入して雑炊に。

そして、こちらはセットの餃子。Rps20131228_2007

肉餡たっぷりでパンパンに膨らんでいて、ボリュームあり。
ちなみに、長女はラーメンではなく、餃子単品(5個)400円を食べた(写真省略)。

それから、こちらは嫁が食べた「中華そば」680円。Rps20131228_2001

淡麗系の鶏清湯で、一口味見したところ、旨み十分で、在京地区でも勝負できるレベルではないかと感じた。麺は細麺で、具は豚のレアチャーシューと鶏チャーシューなど。

最後にこちらは次女が食べた「鰹醤油つけそは 小盛」730円(写真はかなりぼけてます)。Rps20131228_2004


熱々のつけダレに魚粉がたっぷり。

「中華そば」や「つけそば」は昨年と比べて30円値上がりしていたが、まだ安いし、いずれのメニューもハイレベルで、家族一同気に入ったので、長野帰省時に行きつけの店になりそう。


長野市川中島町原657-4
月休 11:00-14:20LO 18:00-20:50LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

櫻食堂<新潟>

【299】櫻食堂<新潟>①
AGラーメン700円 + 大盛(クーポンサービス)

今年西区にオープンした新店。
看板メニューと思われる「AGラーメン」を。
AG=アゴとわかったのでオーダーしたのだが、素直に「アゴ出汁ラーメン」と表記した方がわかりやすいし、受けもよいと思うのだが。
出てきたのはこちら。Rps20131228_1150

スープはしっかりアゴ出汁の効いた醤油味で、麺は細麺。
具は、2種のチャーシュー(バラの巻きチャーシュー&脂身の無いモモ)、メンマ、花麩、さやえんどう、白ネギ、海苔、半味玉と豊富。
スープはやや単調に感じられたものの、具の豊富さに補われて、飽きずに食べられるし、コストパフォーマンスも高い。

というわけで気に入ったのだが、昼のみの営業なのに、11時40分過ぎの訪問で、先客2で後客はゼロ。。。


※既に閉店(H27.1記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

滋魂(じこん)<新潟>

【298】滋魂(じこん)<新潟>⑧
煮干そば750円 + 煮玉子100円→クーポンサービス+ 半のりめし200円

昼は行列&駐車場不足で、行きづらい店になってしまったので、本日は夜訪問。
19時35分の到着で、前に5人一組のお客さんが待っていたのだが、私は一人だったので、先に着席させてくれた。
食べたのは「煮干そば」煮玉子トッピングと「半のりめし」。Rps20131227_1945

まず「煮干そば」だが、運ばれてきた時点では、写真右上の具の載った皿で丼に蓋がしてあって、皿を取り除くと、煮干の香りが押し寄せるという趣向がすばらしい。
味の方も、別皿の具無しで、白ネギだけがトッピングされた状態で食べても十分おいしいし、別皿のチャーシュー、岩海苔、メンマ、白ネギを入れても、また良し。
特に、岩海苔は、この店の基本メニューである燕三条系の「中華そば」にも合うが、こちらとの相性もバッチリ。
ただし、煮玉子は、黄身が生で好みに合わなかった。

あと、「半のりめし」は、岩海苔だけでなく、刻みチャーシューも入っていて、味もコストパフォーマンスも◎。


新潟市東区松崎1-1-28
不定休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラァメン屋 69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE 赤坂本店<東京>

【297】ラァメン屋 69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE 赤坂本店<東京>⑦
本日のセット(味噌ラーメン+ライス)800円

12時30分過ぎの到着で、20食限定の「本日のセット」(=味噌ラーメン+ライス)があったので、それを。
出てくるまでに約20分以上の待ち。
行列こそなかったものの、キャパの大きい店なので、待ち客が多数いたのは事実なのだが、ランチタイムにランチセットをオーダーして、この待ち時間というのはいかがなものか。
で、ラーメンだが、スープは、ピリ辛の白味噌スープで、デフォルトで七味もかかっているが、辛すぎることはない。
麺は細麺で、これはやはり味噌には合わない。
具は、チャーシュー、もやし、笹切り&、輪切りの長ネギ、穂先メンマ、背脂ミンチなど。

まあ、おいしい味噌ラーメンではあったのだが、この店らしさは感じられず、逆に唯一この店らしかったのが、スープとは合っていない細麺ということで、やや期待外れの一杯だった。「2号ラァメン」をはじめとする基本メニューの完成度が高すぎるだけに、新メニューに関しても、ハードルが上がってしまうという気の毒な面もあるのかもしれないが。


丸ノ内線赤坂見附駅3分
無休 11:00-26:00(金-28:00)(日祝-21:00)
※H26.4末で閉店したもよう(H26.5記)
※新天地を尼崎に求めて、店名変更のうえ移転オープンしたもよう(H26.5記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

トイ・ボックス<東京>

【296】トイ・ボックス<東京>①
チャーシュー醤油ラーメン900円 + 味玉100円

閉店した「あんど」の後に入った店。
今月オープンながら、「ロックンロールワン@赤坂」などで修行した経験のある方の店ということもあり、既にネット上で評判になっている。

メニューは今のところ、基本の醤油ラーメンとチャーシュー・味玉のトッピングのみ。
私が食べたのは、フルスペックの「チャーシュー醤油ラーメン」+味玉。Rps20131225_1853

まず、スープだが、鶏清湯+鶏油の醤油味で、この系統で特に気に入っている「ロックンロールワン」や「やまぐち@面影橋」と比べても遜色の無いレベル。
麺は、細ストレート麺で、このスープなら細麺の方がよさそうなのは確かなのだが、私としてはもう少し硬めの茹で加減の方が好み。
具は、豚チャーシュー×2、鶏チャーシュー×3と穂先メンマ×2、青ネギ、白ネギ、そして追加トッピングの味玉。
中では、鶏チャーシューの方はよかったのだが、豚チャーシューは硬めなのに脂身が多くて、脂身部分が鼻についた。また、味玉は、黄身が生に近くて、繊細なスープに悪影響を及ぼすように思われた。

というわけで、具と麺に関しては、若干好みに合わない部分もあったが、とにかくスープが絶品で、飲み干した。


日比谷線三ノ輪駅3番出口2分
月休(祝の場合翌日) 11:00-15:00 18:00-21:00(日祝は昼のみ)(売り切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

二郎 赤羽店<東京>

【295】二郎 赤羽店<東京>①
小豚 750円

「二郎」の中でも評判上位のようなので気になっていたのだが、前を通るといつも行列しているイメージがあったので、クリスマスイブならすいているのではないかとの読みのもとに訪問。
18時15分過ぎの到着で、やはり行列は無し。
でも、18時半過ぎからは常時行列状態に。
私が食べたのは、「小豚」。
これを無料トッピング「ニンニク」・「麺硬め」でおねがいした。
出てきたのはこちら。Rps20131224_1831

スープは、乳化の度合が高いとろんとしたスープで、しかもしょっぱめ。これが、スープを啜るまでもなく、麺によくからむ。
麺は平べったい極太麺で、硬め指定で私にとってはちょうどよい茹で加減。
具は、豚増しの「小豚」なので、豚肉の大きな塊が5つ(デフォルトでも2つ)入り、野菜はキャベツ2:もやし8くらいの割合。野菜はそれほどのボリュームではなく、最後は豚の方を持て余し気味になったので、デフォルトで野菜増しにした方が、肉と野菜のボリュームのバランスがとれそう。


京浜東北線赤羽駅北改札東口2分
日休 11:00-14:00 17:00-20:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

製麺工房 ドリーム本店<新潟>

【294】製麺工房 ドリーム本店<新潟>①
ワンタンメン630円 + ライス(ランチタイムサービス)

自宅からは少し遠い北区に行ったので、「大清」に続いてもう1軒。
こちらも初訪問で、「製麺工房」となっているのは元々が製麺工場で、そこでラーメンなども提供するようになったからのようだ。
提供メニューは、ラーメン(醤油)に加えて味噌やさらにうどんも。
その中で私が食べたのは「ワンタンメン」。Rps20131223_1213

麺は、細麺で、不規則な縮れや平たい部分のあるところが○。
具は、薄皮肉餡ワンタン×5とチャーシュー、芯多めの青菜、なると、メンマ、白ネギ。
「ラーメン」の525円も安いが、ツルツルのワンタンが5個も入って、プラス105円というのも格安。

やはり、「製麺工房」というだけのことはあって、麺が良かったので、こちらとは異なる太麺を使用の「味噌」も食べてみたいと思った。


新潟市北区木崎1816-5
日休 11:00-15:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大清(たいせい)<新潟>

【293】大清(たいせい)<新潟>①
浜海苔あっさり塩ラーメン650円 + ウーロン茶(クーポンサービス)

雑誌のクーポンに釣られて初訪問。
県道に面してはおらず、そこから民家の間を抜けた奥まったところにあるので、通りすがりのお客さんが飛び込みで入ってきそうな立地ではない。
メニュー構成は、ラーメンだけでなく、定食類も豊富で、座敷中心のつくりからも、夜は居酒屋としての営業がメインになっていそうな雰囲気。

私が食べたのは「浜海苔あっさり塩ラーメン」(小鉢付き)。Rps20131223_1139

透明度の高い塩味の清湯スープに細麺で、具はたっぷりの浜海苔(岩海苔)とチャーシュー、水菜、メンマというシンプルな構成。
かなり岩海苔に依存した一品のようにも思われるが、岩海苔とスープの相性が抜群に良くて、思いのほかスープが進んだ。


新潟市北区太田2250
水・第3日休 11:00-14:00 17:00-21:30LO
公式HP http://www.nk-kankou.com/gourmet/ramen/taisei/taisei.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

一本槍<新潟>

【292】一本槍<新潟>①
こってりネギラーメン800円 + チャーハンセット200円→100円(クーポンサービス)

「ふくすけ」(H25.11.23参照)を訪問したところ、特に貼り紙などは無かったものの閉店した様相(※紆余曲折を経て、現在は西区で移転営業中=H27.1記)。
そこで、近辺でクーポンを利用できる店を検索した結果、「一本槍」を訪問。
10年以上前に、記録に残してラーメン食べ歩きを始める前に訪問した記憶はあるのだが、記録が無いので、初訪問としてカウント。

クーポン掲載誌に載っていた「あっさり黒ラーメン」目当てだったのだが、残念ながら、廃止されたようで、あっさりの「一本槍ラーメン」と「こってりラーメン」の2系統に。
そこで、後者の系統の「こってりネギラーメン」を選択。
これにチャーハンを付けたセットがこちら。Rps20131222_1133

背脂醤油のスープにもやしとピリ辛白髪ネギがどっさり。
具は、これに加えて、チャーシュー×2と小ネギ、紅ショウガ。
残念だったのが麺。柔らかめの極細麺だったのだが、背脂多めのスープなだけに、太麺or細麺でも硬めの茹で加減にしてもらいたかったところ。

チャーハンの方は、油気が少なくて、パラパラ感が不足していたが、シャケ入りだったのは○。

そして、こちらの写真右が長女が食べた「こってりラーメン」650円で、左が次女が食べた「一本槍ラーメン」650円。Rps20131222_1134

ベースとなるスープは共通で、「一本槍」に背脂を加えたものが「こってり」なのではないかと思われた。
また、具の構成も大きく相異していて、「こってり」に入っているもやしは無く、代わりにかまぼこと大量の白ゴマが。

味はそこそこだが、グランドメニューのラーメンは、具がしっかり入って650円ということで、コストパフォーマンスは高いというのが、総じての印象。


新潟市東区山木戸6-19-5
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【291】ほん田 NIJI<埼玉>(25)
メンブレン(魚介醤油) 800円

すっかり、月替わりの限定目当てで訪問するようになった(レギュラーメニューも十分においしいのだが)この店。
先月は限定がお休みだったこともあって、2ヶ月ぶりの訪問となった。

今月の限定は「メンブレン」。
ベースのスープは、濃厚鶏+野菜+牛脂で、塩or魚介醤油の2バージョンあったので、魚介も加わる後者を選択。
出てきた「メンブレン(魚介醤油)」はこちら。Rps20131220_1943

まずスープだが、鶏白湯スープに野菜や魚介が加わることによって、ド直球の濃厚鶏白湯は苦手な私にとっても、飲みやすい仕上がりになっている。
麺は中細麺で、具は鶏チャーシュー×6、牛筋&大根煮込み、ピリ辛たけのこ、味うずら玉子、揚げゴボウ、ほうれん草、白髪ネギなど多彩。
中では、牛筋&大根煮込み、味うずら玉子、揚げゴボウが特によかった。
また、この店の限定らしく、味変化要素も複数用意されていて、まずは、別皿のラー油で辛みを。
鶏白湯で辛さが減殺されるのか、辛いのが得意ではない私にとっても、よいアクセントになって、プラスの変化に。
さらに、鶏チャーシューに載っているマスタードソースを溶かし込むと、今度は酸っぱさを伴う辛さも加わる。
このような味変化後のスープと薄味の鶏チャーシューの相性もバッチリ。

さらにさらに、これでおしまいではなく、麺・具を食べ終わると、スープ割りのサービスも。Rps20131220_1955

こちらが、スープ割後の写真で、単にスープで割るだけでなく、鶏そぼろと小ネギを入れて、わさびも添えてくれる。
このわさびによって、3度目の味変化を楽しむことができて、当初の味と合わせて4種類の味わいを堪能しつつ、鶏白湯スープでは珍しく、飲み干すことに。

多彩な具と味変化という私がこの店の限定に期待している要素満載の◎な一杯だった。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

ソラノイロ salt & mushroom<東京>

【290】ソラノイロ salt & mushroom<東京>①
特製塩煮干そば 1000円

今月も訪問(12/4)した「ソラノイロ」の2号店。
今月オープンしたばかりの新店で、店名にもあるとおり、塩とキノコの2系統が主軸で、他に「新福菜館@京都」風の「肉そば」なども。
私が食べたのは塩の方の系統の「特製塩煮干そば」。Rps20131219_1824

まずスープだが、透明度の高い清湯で、出汁は煮干と昆布のみ、タレも貝類・椎茸・干しえびなどということで非動物系オンリー。
さらに、出汁やタレには動物系不使用でも、香味油には動物系を使って、物足りなさを補っている例も見受けられる中で、こちらは、油も米油ということで植物性。
それでいて、旨み十分で物足りなさを全く感じさせないのは見事。
また、あまり食べたことがない「塩煮干」系の中で気に入っている「HAJIME@十条」の「塩煮干」と比べると、あちらは煮干しが前面に出ているのに対して、こちらはそれほどでもなく、バランス型と言えそう。
とにかく、これまでに出会った動物系不使用のスープの中では、一二を争うおいしいスープで、当然のごとく飲み干した。
麺は、スープとよく合っているツルツルの平打ち麺。
具も、ソーキ×2、チャーシュー×2、あおさ、かまぼこ、九条ネギ、麩、味玉と充実。
中では、軟骨多めでコリコリしたソーキとスープとの相性抜群のあおさが特に印象に残った。

というわけで、スープ・麺・具のいずれに関してもおおいに満足できる一杯で、本店の方も非常にレベルが高いと思うのだが、こちらの2号店も勝るとも劣らぬ名店になるのではないかと感じた。

なお、帰りは半蔵門線半蔵門駅を利用したところ、徒歩4分程度だった(3番出口)。


有楽町線麹町駅3番出口30秒
日休 11:30-15:00LO 18:00-22:15LO(土祝11:30-15:30LO)
公式HP http://www.soranoiro01.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

洞良倶(どうらく)<東京>

【289】洞良倶(どうらく)<東京>①
かまたまらーめん390円 + 半チャーハン240円

まずは「篝(かがり)」に行ってみたのだが、13時過ぎでも10名以上の行列だったので断念。

そこで、7分ほど歩いて「洞良倶(どうらく)」を初訪問。
13時までは食券制で、17時からは居酒屋として営業と時間帯によって様相が変わる店のようだ。

私が食べたのは「かまたまらーめん」と半チャーハン。Rps20131217_1318

「かまたまらーめん」は、太麺に醤油ダレで、具は、拍子切りのチャーシューと生に近い温玉、花鰹、白ネギというシンプルな構成ながら、味に不満はなく、これにスープも付いて390円なのだから恐れ入る。
半チャーハンは240円、他のラーメンは700円前後と普通の価格なので、「かまたまらーめん」の安さが際立つ。


日比谷線日比谷駅A3出口直結
無休 11:00-17:00(以降は居酒屋として営業)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

らーめん天神下 大喜<東京>

【288】らーめん天神下 大喜<東京> ⑧
味噌らーめん 800円

20食限定の「味噌らーめん」がまだあったので、それを。
出てきたのはこちら。Rps20131216_2145

スープは、この店としてはかなりしょっぱめの攻撃的なスープで、麺は中太麺。
具は、たっぷりの刻みチャーシューと半味玉、メンマ、小松菜、白ネギ、醤油漬けのみじん切りニンニク。
中では、ニンニクがさらにワイルドな味わいに導いていた。


銀座線上野広小路駅A3出口5分
無休 11:00-15:00 17:30-22:00(土は-21:00、日11:00-16:00、祝11:00-20:00)
公式HP http://www.daiki1999.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

忍<新潟>

【287】忍<新潟>⑥
岩のりらーめん 830円→730円(クーポンサービス)

西区から中央区に移転してから初めての訪問。
私が食べたのは「岩のりらーめん」(写真手前)。Rps20131214_1133_2


煮干しの効いた醤油味のスープにたっぷりの背脂が浮かんだ「燕三条系」で、新潟市内のこの系統で私が一番気に入っている「滋魂」に匹敵とまではいかないが、なかなかの水準。
麺は、この系統としてはそれほど太くはない平打ち気味の太麺。
具は、大量の岩海苔とチャーシュー×2、玉ねぎ、なると、ほうれん草、メンマなど。
背脂たっぷりのラーメンには玉ねぎもたっぷり欲しいと思うので、追加トッピング(50円)した方がよかったかも。

あと、写真奥は、次女が食べた「らーめん」630円。

メニュー構成としては、「まぜそば」や期間限定の「辛シビレ」なども。


新潟市中央区米山4-1-1
日休 11:00-14:45LO 18:00-20:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

みそ味専門 マタドール<東京>

【286】みそ味専門 マタドール<東京>①
贅沢濃厚味噌らーめん 1100円

「二代目 にゃがにゃが亭@三河島」を訪問したものの、店主入院のため臨時休業。
この店の臨時休業にあたったのはこれで2度目なのだが、結構臨時協業が多いのだろうか?

そこで、常磐線で北千住まで移動。
「マタドール」に行こうかとも思ったのだが、10月にオープンした同系列の「みそ味専門 マタドール」の方に。

店名どおり味噌専門のようで、「醤油糀」という名前のメニューにも「味噌ラーメンです」との注釈が。
私が食べたのは「贅沢濃厚味噌らーめん」。Rps20131212_1915

まずスープだが、濃厚な白湯スープはかなりしょっぱくて、「東横@新潟」のように割りスープが欲しきなるレベル。
麺は、中太麺で、この強力なスープなら、もっと太い方がよいのではないかと。
具では、圧巻なのが巨大で分厚い牛バラチャーシュー。
他に味玉、油かす、もやし、青ネギ、トマト、蓮根など。
中では、トマトの清涼感は濃厚なスープの中にあって貴重。
また、カリカリの油かすも食感的にはおもしろかったのだが、スープとの相性は微妙。
卓上には、「マタドール」と同様にフライドガーリックとヒバーチがあったので、ガーリックのみ使用した。

感想。「マタドール」と比べて、インパクト重視の作りのように思えたが、味の方は十分満足できるレベル。
ただし、価格については、チャーシューの巨大さを考慮しても、「贅沢チャー牛らぁ麺」の1000円をも上回っているのは、強気すぎるような。


常磐線北千住駅東口2分
無休 11:30-22:30(日祝-16:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

ラァメン屋 69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE 赤坂本店<東京>

【285】ラァメン屋 69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE 赤坂本店<東京>⑦
塩ラァメン 800円

本日の限定は「味噌」。この店が提供する味噌ラーメンにはおおいに興味がわくのだが、20食限定ということで、残念ながら売り切れ。
そこで、赤坂移転後の初訪問時(H25.6.18)以来の「塩ラァメン」を。
出てきたのはこちら。Rps20131211_180669

動物系は「ほとんど」不使用で魚介中心のスープはやはり美味。
また、前回は魚粉や七味が浮かんでいたのが無くなり、代わりに油(ラード?)が増量されているようだった。
具では、チャーシューが鶏なのは変わっていなかったが、一つは皮付きになっていた。


丸ノ内線赤坂見附駅3分
無休 11:00-26:00(金-28:00)(日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

らー麺とご飯のたかぎ<東京>

【284】らー麺とご飯のたかぎ<東京>④
醤油らー麺セット(鶏タレカツ丼) 980円

前回訪問時(H25.11.12)には、開発中だった焼きあご塩の開発後に再訪しようと思っていたのだが、それを待ちきれずに訪問。
なので、今回も「醤油らー麺セット」を。
セットのご飯ものに関しては、1番食べたかった「まかないめし(トンテキ&目玉焼き丼)」は売り切れだったので、鶏タレカツ丼に。
出てきたのはこちら。Rps20131209_1849

醤油らー麺の方は、具の構成が少し変わっていて、岩海苔が焼き海苔になり、ギザギザのレタス?が加わったりしていた。
岩海苔でなくなったのはちょっと残念だが、スープは相変わらずおいしい。

また、鶏タレカツ丼はタレが絶妙のあまじょっぱさで◎。


丸ノ内線茗荷谷駅1番出口4分
日祝休 11:00-14:30LO 17:30-21:00LO
公式HP http://ameblo.jp/takagisk/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

IENA(いえな)<新潟>

【283】IENA(いえな)<新潟>③
まぜそば β-class junk style680円→580円 + ベビースター50円 + チーズ50円

前回(H25.8.25)に続いて「まぜそば β-class junk style]
を。ベビースターとチーズを追加トッピング(増量)したのも前回と同様。
出てきたのはこちら。Rps20131208_1119

前回との大きな違いが大判のみりん焼きの存在。
これを砕いて入れると、ほどよい硬さの「パリパリ要素」となって◎。
新潟では数少ないベビースター入りのまぜそばというだけでもお気に入りだったのだが、みりん焼きも加わって、さらに評価UP↑。

あと、こちらは娘たちが食べた「つけ麺」で、左から順に「辛つけ麺」730円のつけダレ、「つけ麺」680円のつけダレ、麺(あつもり=一人分)。Rps20131208_1120_2

大きなチャーシュー×2枚や半味玉入りということで、コストパフォーマンスも高いし、割りスープもかなり魚介がきいた強力なものだった。


※既に閉店(H26.5記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

麺や 来味<新潟>

【282】麺や 来味<新潟> (72)
海老の西京白味噌らぁ麺 帆立載せ780円→680円(クーポンサービス)

「滋魂」を訪問したものの、臨時休業。
そこで、「来味」に移動して、11,12月限定の「海老の西京白味噌らぁ麺 帆立載せ」を。Rps20131207_1444

すでに1回食べている(H25.11.4)のだが、細麺でライトなスープという異色の味噌ラーメンがおおいに気に入ったので、再食したもの。


新潟市東区大形本町5-6-6
無休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

バルム食堂<新潟>

【281】バルム食堂<新潟> ⑤
カリーら~麺 682円→582円(クーポンサービス) + 半ライス ランチタイムサービス

今回も「カリーら~麺」を。
麺は細麺or太麺のうち細麺を選択し、辛さは一番辛くない「ふつう」でおねがいした。
出てきたのはこちら。Rps20131206_1415_2

スープは、ベジポタのような感じでかなり野菜が溶け込んでいて、それで辛さが中和されているようだが、それでも結構辛め。
「ふつう」より上の辛さだったら、私は箸が進まないものと思われる。


新潟市東区粟山1-22-1
水休(祝翌日) 11:30-14:30LO 18:00-21:00LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

青龍<東京>

【280】青龍<東京>④
レタスラーメン 650円 + 煮玉子(ランチタイムサービス)

初めて、昼食時に訪問。
これまでに「トマトラーメン」の方は食べたことがあったが、今回は「レタスラーメン」の方を。
14時までランチタイムサービスで、半チャーハンor半ライスor煮玉子が無料とのことだったが、半チャーハンは人気があるようで、12時20分の段階で売り切れ。そこで、煮玉子を選択。
出てきた「レタスラーメン」+煮玉子はこちら。Rps20131205_1226

溶き卵&餡は「トマトラーメン」と共通で、トマトがレタスに、小ネギがワカメに置き換わっている。
こちらも「トマトラーメン」と同様に、「チャルメラ」を彷彿とさせるテースト(悪い意味ではなく)で、卓上の黒胡椒が合うのも同様。


※既に閉店(H27.1記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>

【279】ソラノイロ japanese soup noodle free style <東京>⑩
ベジソバ800円 + ベジソバリゾット100円

久々に「ベジソバ」を。Rps20131204_1830

具が変更になったようで、ブロッコリーとマッシュポテトが無くなって、代わりにズッキーニ入りに。
(事前情報があったので、苦手なズッキーニは抜きにしてもらった。)
ブロッコリーもズッキーニも苦手なので、私にとっては、マッシュポテトが無くなった分がマイナスの変更。


半蔵門線半蔵門駅1番出口2分
無休 11:00-15:00 17:00-23:30(土日祝 昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

トナリ 上野店<東京>

【278】トナリ 上野店<東京>④
タンギョウ880円 + ライス並100円

「タンメン」+ギョウザの「タンギョウ」とライス並を。Rps20131203_1840

タンメンの価格プラス160円でギョウザが6個付くのだから安い。
タンメンを食べ終えた後、タンメンのスープを飲みつつ、ギョウザ&ライスを食べて、2食分の満足感。

ただし、食後にカウンターの上に丼を上げてもお礼の一言も無いなど接客は低レベル。


上野駅アトレ上野内
無休 11:00-23:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

TOKYO味噌ラーメン 江戸甘 東京駅店<東京>

【277】TOKYO味噌ラーメン 江戸甘 東京駅店<東京> ⑮
ハイカラ900円 + 小ライス(肉味噌付き)100円

1年強ぶりに「ハイカラ」を。Rps20131202_1905

かかっている粉チーズの量が減ったような?
「やりすぎ」と思うぐらい大量にかかっているのが良かったのに。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 7:30-10:00LO 10:30-16:30LO / 17:00-22:30LOは「江戸甘」として営業
公式HP 東京ラーメンストリート:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

真玄<新潟>

【276】真玄<新潟>③
玄二郎 680円→580円(クーポンサービス)

二郎インスパイア系メニューの「玄二郎」が新登場。
汁ありと汁無しのバージョンがあったので、汁無しの方をオーダー(同行した長女も)。
在京地区では飽和気味になってきているように思われるこの系統だが、新潟ではまだ希少価値があるようで、お客さんの過半数が「玄二郎」をオーダーしていた。
出てきたのはこちら。Rps20131201_1124

麺はつけ麺と同じ太麺で、汁無しといいながらも、丼の1/3くらいは汁=醤油ダレが入っていた。
具は、脂身多めのチャーシューや大量のもやしとキャベツ、刻みネギ、糸唐辛子、おろしニンニク(抜きも可)など。
ボリュームは十分なものの、この系統にしてはあとなしめの味付けに感じたのは、脂が少ないせいか。
そして、汁無しバージョンのみに付く生卵を割り入れると、さらにマイルドな味わいに。
少々マイルドになりすぎたぐらいだったので、卓上の一味(「玄二郎」専用)で味を強化。

それから、こちらは次女が食べた「つけ麺」730円。Rps20131201_1125

思いの他、つけダレがしょっぱかったので、割りスープで薄めて食べていた。


新潟市江南区西町3-5-32
火休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »