« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【49】ほん田 NIJI<埼玉>(27)
塩700円 + ローストチャーシュー丼250円

19時半過ぎの到着だったのだが、前に6名の団体客が待っていたので、食べ始めるまでに二十数分といつもよりも時間がかかった。

この店では、ほとんど月替わりの限定を食べているのだが、2月の限定は、トマトと投入を使った「肉みそ麺」ということで、口に合わないおそれありと判断して、リニューアルしたという基本メニューの「塩」を。
選択式のチャーシュー・メンマは、「定番」&「脂」チャーシューと穂先メンマを選択。
で、出てきたのはこちら。Rps20140228_1953

まずは、具は基本的に別皿で、ネギと鶏そぼろのみが入った状態で提供されるので、スープを堪能。
リニューアルによって、どう変わったのかはわからなかったが、とにかくスープが旨くて、具を投入せずに、しばらく食べ進むことに。
で、そろそろ別皿の具を投入しようかと思っていたところに店員が現れて、「最初に持ってきたチャーシュー&メンマがオーダーとは異なるものだったので、改めてオーダーどおりのものをお持ちしました。」(後から持ってきた方は写真無し)最初に持ってきた方も「そのままお召し上がりください」とのことだったので、結果的に具が倍に(LUCKY!)。
中では、チャーシューに関しては、レアな「定番」と炙った「脂」の対照の妙がよかった。また、メンマに関しては、私がオーダーした「穂先」よりも、誤って提供された「極細」の方が、「塩」のスープには合っているようだった。

あと、「ローストチャーシュー丼」(写真奥)に関しては、おそらく「定番」と同じレアチャーシューがたっぷり。タレが薄味なので、ラーメンのスープもお供にした方がおいしいのではないかと思ったのだが、スープをほとんど飲み切った後に、それに気づいたので、残念。
ただし、これで250円なら安いと思った。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

伊吹<東京>

【48】伊吹<東京>②
淡麗α 700円 + 和え玉150円

2年前、大泉学園にあった頃、1度訪問したことがあるのだが、その後、志村坂上に移転してからは、初めての訪問。
夜の部開店直後の18時30分過ぎの到着で前6名待ちで、食べ始めるまでに30分強の待ちと回転は遅め。
私が食べたのは、本日限定の「淡麗α」。Rps20140227_1905

小鯵、ウルメ、アゴ等の煮干を使用したスペシャルバージョンの煮干ラーメンのようで、当然のことながら、香り・味わいともに煮干が支配。
硬めの細麺、スープ少なめなどの特徴は同じ煮干系の「伊藤@赤羽他」的。
具は、チャーシュー×2、刻み玉ねぎ、海苔と最小限。
卓上には、 烏賊酢・烏賊入りナンプラー・一味が用意されていたので、烏賊入りナンプラーを使用してみたところ、やや煮干が打ち消されたような。
なので、煮干風味を満喫したいのであれば、一味の方がよさそう。

あと、こちらは「和え玉」。Rps20140227_1911

ほぐしチャーシューと刻み玉ねぎ入りで、麺に味が付いているので、そのまま「和えそば」として食べてもよし、スープに浸して「つけ麺」として食べてもよし。
150円で2度おいしいすぐれものだと思った。

なお、帰りは徒歩2分程度の所にある「前野四丁目」バス停から赤羽駅までバス(国際興業バス赤53系統赤羽-ときわ台)を利用した。


都営三田線志村坂上駅A2出口5分
月・第1,3火休 11:45-14:30 18:30-20:30(スープ切れ終了)
公式HP http://ameblo.jp/surtrece/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

むぎとオリーブ<東京>

【47】むぎとオリーブ<東京>②
特製濃厚まぜSOBA 1000円

昨日のリベンジで再び「むぎとオリーブ」へ。
今日は営業していたので、昨日の営業について聞いてみたところ、工事のための臨時休業だったとのこと。だったら、貼り紙くらいすればいいのに。

今回食べたのは、具が増量されて麺も大盛になる「特製濃厚まぜSOBA」。
まぜそばといえば、残ったタレをライスにからめて食べて〆たいところなのだが、残念ながら売り切れ。

で、出てきた「まぜSOBA」はこちら。Rps20140225_1840

麺は太麺で、タレは醤油味なのだが、それ以上に存在感があったのが、卵黄。濃厚な「日本一たまご」というのを使っていて、しかも2個入りなので、卵の味わいが前面に出て◎。
具は、低温調理の豚&鶏チャーシュー、鶏そぼろ、山芋&なると素揚げ、三つ葉、刻み海苔と豊富だし、洗練されている。

さらに、後半は黒七味・タバスコ・醤油・酢・マヨネーズで構成された専用調味料セットでカスタマイズ。
私は、黒七味・醤油・マヨネーズと卓上のエシャロットオリーブオイルを使用。
中では、マヨネーズは、通常のまぜそばで使用すると、味がマヨーネーズ一辺倒になってしまうおそれがあるのだが、ここのまぜそばの場合には、卵が前面に出ているので、絶妙に調和して◎だった。

具だくさん、そして、麺が大盛りなこともあって、食べ終わってみると、タレはほとんど残らず。
なので、〆のタレごはんは、ライスが売り切れていなくても困難だったもよう。
従って、次回も、まぜそばなら、具増量・麺大盛の「特製濃厚まぜSOBA」にした方がよさそう。

前回の「蛤SOBA」も非常においしかったのだが、まぜそばも負けず劣らずだったので、本当にハイレベルな新店だと痛感。


銀座線銀座駅A4出口3分
日休 11:30-22:00(15:30-17:30中休みのことも)(土祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

トナリ 上野店<東京>

【46】トナリ 上野店<東京>⑥
タンカラ880円 + ライス並100円

「むぎとオリーブ@銀座」に向かったものの、18時20分の時点で閉店。

そこで、上野まで移動して「トナリ」に。
食べたのは「タンカラ」+ライス。Rps20140224_1857

やはり、「一日分」の野菜はボリュームがある。
また、唐揚げは、タンメンのスープに浸してもおいしいことが判明。

ちなみに、隣の「舎鈴」も、こちらに対抗して?「タンメン」(ついでに?「ワンタンメン」も)を提供していた。


上野駅アトレ上野内
無休 11:00-23:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

麺屋 空<新潟>

【45】麺屋 空<新潟>⑭
プレミアムみそ980円→880円(クーポンサービス) + おむすび(タイムサービス)

私が食べたのは、今月末までの限定の「プレミアムみそ」(写真手前)。Rps20140222_1129

まず、スープだが、東横級のしょっぱさの味噌味。
バターや黒ゴマなども入ってはいるのだが、このしょっぱさの前には、存在感が薄い。
麺は、つけ麺と同じ太麺。
そして、具は、チャーシュー、角切りチャーシュー×4、大量のもやし&コーン、キクラゲ、キャベツ、ニンジン、白ネギ、小ネギ、半味玉ととにかく豊富で、これなら定価の980円でも納得。
欲をいえば、角切りチャーシューは、柔らかく煮込んで
角煮風に仕上げてほしかったところ。

東横のように割りスープがあるわけではないので、後半は、一か八かで卓上の辛味噌を入れてみたところ、しょっぱさ一辺倒ではなくなって、むしろ飲みやすくなった。

あと、写真奥は、次女が食べた「つけ麺」730円。
こちらはオーソドックスな濃厚つけ麺だった。


新潟市江南区茜ヶ丘7-3
無休 11:00-14:30LO 17:00-21:30LO(土日祝は通し)
公式HP http://menya-sora.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

ゴリラーメン<埼玉>

【44】ゴリラーメン<埼玉>③
ラー黒 700円

過去2回は「まぜ」を食べたので、今回は「かほりねぎ油」入りの「ラー黒」を。
無料トッピングは、脂以外全部=野菜・ニンニク・玉ねぎで(「まぜ」にはあるチーズは無し)。
出てきたのはこちら。Rps20140221_1936

黒い油は、焦がしねぎ油で、その名のとおり、実によい香り。同じ黒い油でも、マー油だったら、これだけ入っているとドギツい味になりそうなところなのだが、ねぎ油だとクドくならずに香ばしさを増すことに成功していて、とにかくスープが進む。
ただし、これ以上油分が増えるのは考えものなので、脂増しは避けて正解だったのではないかと。
後半は、卓上の黒胡椒を使用して、ちょっと気分転換。

具に関しては、分厚いチャーシュー×2はよかったのだが、野菜は、以前よりもキャベツが減って、ほとんどもやしに。雪の影響による葉物野菜の高騰のせいなのかもしれないが。


大宮駅東口6分
日休 11:30-15:00 17:00-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

七麺鳥<東京>

【43】七麺鳥<東京>①
特製醤油 860円

火木土は「あっさり鶏出汁」、水金は「濃厚鶏白湯」、日月は「御神本」ブランドで「濃厚豚骨」と曜日によって異なるスープを提供している店。
「あっさり鶏出汁」ねらいで、木曜日に訪問。
食べたのは「特製醤油」。Rps20140220_1907

まずスープだが、鶏油だのみではない鶏の旨みが十分に。
麺は中細麺。
具は、チャーシュー×3、味玉、海苔、メンマ、小ネギ、刻みネギ。
チャーシューと味玉は醤油強めの味付け。
また、味玉は黄身が生に近くて、好みからは外れていた。

最初はおいしかったスープなのだが、後半少し飽きてきて、飲み干すまでには至らず。

メニューは他に「塩」「味噌(背脂)」「まぜそば」「つけ麺(背脂味噌)」と多彩(これらは曜日替わりではない?)など多様だったので、次回来訪するとしたら、他のものを食べてみたい。


山手線鶯谷駅南口5分
無休(日月は「御神本」として営業)11:30-15:00 17:30-22:00
※その後、鶯谷駅北口方面に移転し、営業時間も変更になったもよう(H27.2記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

むぎとオリーブ<東京>

【42】むぎとオリーブ<東京>①
蛤SOBA 950円

今月オープンで、既にネット上で評判を呼んでいる店。
食べたのは「蛤SOBA」。
具沢山の特製をとも思ったのだが、1150円という価格にひるんで、デフォルトの方で。
出てきたのはこちら。Rps20140219_1852

まず、スープだが、クリアな醤油清湯は、蛤100%のスープに鶏油を加えたもので、抜群の旨み。
麺は、私の知る範囲では「やまぐち@面影橋」などが使っている、京都の「棣鄂(ていがく)」という製麺所の細ストレート麺で、実にしなやか。
具は、蛤×8、鶏チャーシュー×3、長芋素揚げ、なると素揚げ、三つ葉、海苔、刻みネギ(入れ忘れたとのことで後から別皿で提供されたので、写真には無し)と豊富で、これなら950円という価格もごもっとも。
中では、スープだけでなく、具としても、これでもかというくらい投入してきた蛤と低温調理の鶏チャーシューが◎。
また、後半、卓上のエシャロットオリーブオイルを投入すると、洋風度が増して、さらに好みの味に。
具と麺を食べ進んでいくうちに、自然とスープも飲み干した。

スープ・麺・具のすべてにおいて大満足だったので、次回も「蛤SOBA」と言いたいところなのだが、「鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA」や「濃厚卵のまぜSOBA」も気になるところ。

それにしても、昨年12月オープンの「ソラノイロ salt & mushroom@麹町」に続いて、強力な新店がオープンしたものだ。


銀座線銀座駅A4出口3分
日休 11:30-22:00(15:30-17:30中休みのことも)(土祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

豚神様<東京>

【41】豚神様<東京>①
豚様ラーメン 850円

店名にもあらわれているとおり、豚肉がメインのラーメンを提供する「豚神様」を初訪問。
食べたのは、基本メニューと思われる「豚様ラーメン」。
出てきたのはこちら。Rps20140217_1902

まず、目を惹くのが、スペアリブ。
柔らかく煮込まれていて、ホロホロと骨から外れるので、食べやすいし、味も含めて◎。
加えて、脂身の少ない大判の肩ロースチャーシューも。
一方、スープは、背脂のういた豚骨醤油で、二郎系ほど醤油がきつくなくて、豚骨が幅をきかしている。
また、麺はストレート太麺なのだが、ここはもっと太くてワシワシ感のあるものの方がよいように思われた。
具は、豚肉の他には、もやし(9割)&キャベツの炒め野菜で、かなり胡椒が効いていて、スープへの影響大。ただし、ボリュームは二郎系ほどではない。

卓上に七味、胡椒、ニンニク、魚粉等があったので、ニンニク、魚粉を使用して味変化を試みたのだが、スープ&胡椒に力負けして、あまり大きくは変わらず。

一見、二郎インスパイアのようだが、スープにおいても具においても主役は豚で、これはこれでアリだと思った。


京浜東北線鶴見駅西口2分
日休 17:00-27:00
※土祝の営業時間不明、閉店or移転したもよう(H27.2記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

東横 紫竹山店<新潟>

【40】東横 紫竹山店<新潟>⑭
特製野菜味噌ラーメン970円 + コーン100円→クーポンサービス + ニンニク無料

「東横」紫竹山店を1年強ぶりに訪問。
この間に、愛宕店の方は2回ほど訪問していたのだが。
食べたのは「特製野菜味噌ラーメン」で、これを食べるのも前回の紫竹山店訪問時以来。
出てきたのはこちら。Rps20140216_1138

久々に食べると、スープのしょっぱさはかなりのものだったが、そこは、前半:あまりスープを飲まずにつけ麺感覚で麺を中心に食べ進む→後半:割りスープを投入して、スープ割のイメージでスープと野菜を、という以前石神氏が推奨していた食べ方で。
今回いつもと違っていたのが、クーポンで追加トッピングしてもらったコーンで、思った以上に大量に入っていたのは、うれしい反面、冷たいのでスープが冷めてしまうというマイナス面も。

ちなみに、2月限定で、「味噌」と同価格で「こく味噌」
というのも提供されていた。見た目の違いとしては、キャベツ・もやしの代わりにメンマ・コーンが入っているようだったが、スープがどう違うのかは不明。

また、こちらは次女が食べた「油そば」790円。Rps20140216_11382

本人にとって初めての油そばだったのだが、かなり麺のボリュームが多かったので、チャーシュー(「特製味噌」に入っているものとは違う脂身が多めのもの)の方を食べきれず。


新潟市中央区紫竹山4-20-12
無休 11:00-23:45(日祝-22:00)
公式HP http://www.week.co.jp/imode/itp/00012214/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

いっとうや<新潟>

【39】いっとうや<新潟>(30)
醤油600円 + 穂先メンマ100円→クーポンサービス + 三色丼380円
※スマホを忘れたため、写真無し(H23.9.23参照)

行列ができていることが多いので、足が遠のいて、1年以上ぶりの訪問となった。
平日の夜9時過ぎということで、今回は待ち無しで着席。
食べたのは「醤油」+穂先メンマと「三色丼」。
巨大チャーシューや追加トッピングの穂先メンマのボリュームに圧倒されたのは従前どおりだったのだが、スープは飲み干すほどおいしいと思わなくなったのは、この店の味が落ちたというよりも、他の店の水準も上がったせいか?

あと、三色丼は、角切りチャーシューたっぷりと箱状メンマ×2、穂先メンマ×2、味玉と盛りだくさんで、ラーメンと合わせると、かなり満腹に。


新潟市中央区紫竹山3-5-23
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

HAJIME<東京>

【38】HAJIME<東京>⑭
ステーキ定食 1000円

前回は、限定メニューだったので、今回はいつもの「ステーキ定食」を、ニンニク醤油ソースで。Rps20140213_1912

京浜東北線東十条駅南口7分
無休 11:30-15:00 18:00-22:30(土日祝-20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

超大吉<東京>

【37】超大吉<東京>①
特製ラーメン 1000円

昨年末にオープンした、川崎の人気店「玉(ごく)」の系列店。
斜め向かいに行列店「武蔵 武骨」があるなかなか挑戦的な立地で、現に「武骨」の方は数名待ちだったのだが、こちらの方も、19時過ぎの入店で、私でちょうど満席と健闘している。

本店の方は、つけ麺メインの店なのだが、こちらは、メニューの並び順でもラーメンが上にきているし、濃厚つけ麺は苦手なので、ラーメンを食べることにして、全部入りの「特製ラーメン」を。
出てきたのはこちら。Rps20140212_1910

スープは、濃厚で粘度も高い豚骨系。
ただし、濃厚なわりに最初は意外と飲みやすかったのは、豚骨一辺倒ではなく、昆布ダシも効いているおかげか。
けれども、後半は、しょっぱさの方が鼻について、ペースダウン。
麺は平打ちの太麺で、これだけヘビーなスープなら、もっと太い麺でもよいのではないかと。
具は、チャーシュー×7、味玉、海苔×3、メンマ、白ネギなど。中では、海苔が口直しとして貴重だった。
卓上には黒胡椒、一味、おろしニンニクが置かれていたが、濃厚かつしょっぱいスープということで、これ以上味を上乗せする気にはなれなかった。
むしろ、口直し用に、ライスを付けた方がよかったのかもしれない。


都営大江戸線上野御徒町駅A7出口2分
無休 11:00-(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

ぴかいち<新潟>

【36】ぴかいち<新潟>⑳
和風背脂らーめん730円→630円(クーポンサービス) + 玉ねぎ30円

前回は、貼り紙を見落として、廃止されたものと思って食べ損ねた「和風背脂らーめん」を。
出てきたのはこちら。Rps20140211_1122

やはり私の口には、こちらの和風の方が口に合う。
また、提供後に味の濃淡に関する好みを聞かれるので、濃いめを指定すると、別容器で醤油ダレを持ってきてくれて、後半、味を調整できるのもありがたい。
また、麺に関してもデフォルトだと太麺のところを細麺にチェンジすることもできるのだが、こちらに関しては、「太麺」でも私の感覚では中細麺ぐらいで、もっと太い方がよいと思っているので、細麺の出番は無さそう。


新潟市江南区川根町4-14-20
金休 11:00-14:30 17:30-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

荒川らーめん魂 あしら<新潟>

【35】荒川らーめん魂 あしら<新潟>①
さぬき手打ちらーめん600円 + 手作り餃子250円→クーポンサービス

「小太喜屋」に続く2軒目は、「あしら」。
同じ村上市内なのだが、「あしら」の方は、旧荒川町にあるので、車で二十数分ほど離れている。

この「あしら」は、「どさん子」の中で売り上げ日本一を誇っていた荒川店が独立した店で、平日の14時過ぎの訪問にもかかわらず、前7名待ちという人気ぶりで、食べ始めるまでに二十数分の待ち。

メニューは、トップページに「味噌」があって、「全粒粉つけ麺」「辛味噌」「魚介醤油」など多様で、目移りすることこのうえなし。
そんな中で、私が選んだのは、少し変わり種の「さぬき手打ちらーめん」。大盛も同料金とのことだったが、2食目なので、並で。

出てきたのはこちら。Rps20140210_1427

まず、麺だが、うどん粉を使用した自家製の中太麺で、滑らかな舌触りながらコシもあって、「ツルツル・シコシコ」という表現がぴったり。
動物系不使用のスープは、油も少なめで、麺と合わせて、かなりうどん寄りで、「紬麦(つむぎ)@秋葉原」の「醤油ラーメン」がこれに近い感じ。
具は、脂身の少ないチャーシュー(モモ?)×3、レアチャーシュー(ロース?)×1、半味玉、メンマ、小ネギ、かいわれと盛りだくさんで、これぐらい入っていたら、800円くらいが相場ではないかと思われる充実ぶり。

また、こちらはクーポンサービスの「手作り餃子」6個。Rps20140210_1433

ニンニク不使用とのことだが、普通においしかった。

感想。麺とスープはそれぞれ良いとは思ったのだが、あっさり系のスープに、ほとんどスープを吸わない麺というのは、相性的にはやや疑問。でも、「コストパフォーマンス的にも優れている」と評した「小太喜屋」以上にコストパフォーマンスが高いし、メニューも多様なので、この人気ぶりはおおいに納得できるところ。


村上市切田1217-6
無休 11:00-23:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小太喜屋(こたきや)<新潟>

【34】小太喜屋(こたきや)<新潟>③
塩ラーメン650円+ チャーシュー100円→クーポンサービス

村上遠征。
村上遠征時には、2軒訪問しているのだが、今回もうち1軒は「小太喜屋」に。
過去2回は満席で、待ち時間も長かったのだが、今回は平日の13時15分過ぎということで、すぐに着席できて、食べ始めるまでに10分もかからなかった。

食べたのは、「塩ラーメン」+クーポンでチャーシュートッピング。
大盛も同料金なのだが、連食予定なので、並でおねがいした。
出てきたのはこちら。Rps20140210_1326

まず、豚骨魚介の淡麗スープがおいしいし、自家製の細麺もしなやかで、スープにフィットしている。
また、チャーシューは、3種あって、好みの構成にできるとのことだったのだが、3種の長短がよくわからなかったので、特に指定しなかったところ、ロース×2、鶏×2、バラ×1の構成だった。中では、レアのロースが◎で、脂身の多いバラは、このスープには合っていないように感じたので、ロース3+鶏2の方がよかったかも。
あと、具は他に半味玉、メンマ、笹切り&輪切りの長ネギ、小海老、白ゴマなどで、小海老・白ゴマはスープの旨みにプラスαをもたらしてくれるし、この価格で半味玉入りというのは、コストパフォーマンス的にも優れている。

なお、来月、イオン村上に「にぼしまじん」をオープンさせる(「ラーメン小太喜」からのリニューアル)関係で、2月下旬からしばらく休業するとのこと。
※ネット上の情報によると、水土日祝休で昼のみ営業しているもよう(H27.2記)。


村上市塩町6-28
水休 11:00-14:30LO (金土日のみ17:00-21:00も)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

心一家<新潟>

【33】心一家<新潟>⑩
とんこつ醤油らーめん650円 + キャベチャー120円 + 海苔100円→クーポンサービス

11時の開店時刻に「ちょび吉」に向かったものの、「本日は11時20分から」の貼り紙。
これでこの店が公称の営業時間に営業していなかったのは3回連続で、4度目。9回の訪問のうちの4回なので、かなりの高確率。これだけ杜撰だと、待つ気にはなれず、他の店を探すことに。

そこで訪れたのが約1年ぶりの「心一家」。
前回は11時10分頃の到着で、既に行列ができていたのだが、今回は11時15分頃の到着で空席ありだった。
私が食べたのは「とんこつ醤油らーめん」で、これにクーポンで海苔増し。
麺の硬さ、油、味の濃さなどの指定は、「麺かため」のみおねがいして、他はデフォルトで。

出てきたのはこちら。Rps20140209_1126

スープは、もう少し油が多い方が、より家系らしくなるような気もするが、今の私にはこれくらいの油加減がほどよく感じられた。また、麺はかためで丁度よかった。

あと、こちらは「キャベチャー」。Rps20140209_1124

デフォルトだと冷たいのだが、温めることもできるとの貼り紙があったので、「温」にしてもらった。
半分くらいラーメンに投入する私としては、「温」の方が、ラーメンのスープが冷めないので、ありがたい。


新潟市西区山田662-3
火休 11:00-14:45LO 17:30-20:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

膳 丸山店<新潟>

【32】膳 丸山店<新潟>(26)
なんこつラーメン650円 + 岩海苔100円→クーポンサービス

前回同様「なんこつラーメン」岩海苔トッピングを背脂多めで。Rps20140208_1125


また、こちらは長女が食べた「自然塩ラーメン」650円(写真右)と次女が食べた「つけ麺」680円(写真中央・左)。Rps20140208_1126

新潟市江南区丸山之内善之丞組字浦郷727-1
火休 11:00-14:30 17:30-21:00LO (土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

ジャンクガレッジ 大宮店<埼玉>

【31】ジャンクガレッジ 大宮店<埼玉> ②
まぜそば750円 + 魚粉50円

半年ぶりで2回目の訪問。
オープン後、間もなかった前回は行列まではできていなかったのだが、今回は、19時半頃の到着で、7,8名の行列になっていて、食べ始めるまでに30分強の待ち。
私が食べたのは「まぜそば」で、魚粉をトッピング。
無料トッピングは、辛味以外全部=ニンニクダブル・アブラ・チーズ・ベビースター・エビマヨでおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20140207_2001

※魚粉は後入れでおねがい(先入れも可)したので、写真は魚粉無しのもの。
ニンニクは前回は単なる増しにしたら不足だったので、「ダブル」にして正解。
また、「アブラ」もミンチ状なので、むやみに溶け出して必要以上に脂っこくならないので、増しにしてよかったし、さらに「ダブル」にしてもよいかも。
また、後入れの魚粉は、別皿で出てくれるのではなく、丼ごと渡して入れてもらうスタイルなのだが、思った以上に大量で、味が一変して◎。Rps20140207_2005


この系統にしては、かなり野菜が少ない(「まぜそば」の場合、「増し」も無し)ので、ボリューム的には、余裕で完食した。


大宮駅東口3分
無休 11:00-23:00
公式HP http://junk-garage.net/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

二代目にゃがにゃが亭<東京>

【30】二代目にゃがにゃが亭<東京>⑥
焼豚そばさんま香油入り 950円

昨年12月に訪問したものの臨休だったので、この店で食べるのは8ヶ月ぶり。
この間にメニューにも変動(季節変動?)があって、本日のつけ麺として「味噌つけ麺(さば)」が提供されていたり、つけ麺の代わりに「王様中華そば」が提供されていたりしたのだが、今回も1番のお気に入りメニューである「焼豚そばさんま香油入り」を。Rps20140205_1838

まず、スープだが、以前よりもさんま香油のインパクトが弱まった印象で、その分、飲みやすくなって、飲み干すことに。
ピロピロの平打ち麺は、引き続き◎。
具では、チャーシューの種類が増えて、豚3種&鶏1種が各2枚に。

味的に大満足だったので、あとは安定して営業してくれたらと。


常磐線三河島駅2分
火休 土日祝月 11:30-18:00 水木金11:30-15:00 17:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

ソラノイロ salt & mushroom<東京>

【29】ソラノイロ salt & mushroom<東京>③
ソラの肉ソバ890円 + 小ライス50円

過去2回の訪問時に気になっていた「ソラの肉ソバ」を初めて。
「新福菜館@京都(H24.5.12)」インスパイアのメニューだそうだ。

出てきたのはこちら。Rps20140204_1818

チャーシューの煮汁に醤油ダレを加えたスープは、黒に近い醤油色で、いかにもしょっぱそう。
なのだが、富山ブラックにおける黒胡椒や「青島食堂@長岡」に代表される長岡生姜醤油における生姜のように、さらに味をキツくする要素が無いので、むしろ甘みを感じるくらい。
具は、薄切り(といっても「青島」よりは厚い)チャーシューと九条ネギだけ。
九条ネギの方は、いかにも「新福菜館」インスパイアといったところ。
また、チャーシューは量が多くて、麺を食べ終えても余っていたので、ライスのおかずに。
すると、不思議と再びスープを飲みたくなった。

感想。動物系不使用で繊細な味わいの「塩煮干そば」と比べるとは、好対照なワイルドでシンプルな一杯。さすがに、あの完璧な「塩煮干そば」に比肩するとまではいえないが、時と場合によっては~例えばネギ入れ放題のランチタイムなど~こちらを食べたくなることがあるかもしれない。


有楽町線麹町駅3番出口30秒
日休 11:30-15:00LO 18:00-22:15LO(土祝11:30-15:30LO

公式HP http://www.soranoiro01.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

栄屋ミルクホール<東京>

【28】栄屋ミルクホール<東京>①
ラーメン&カレーセット 950円

50年以上を誇る歴史が、外観や店名にも現れている店。
記録に残してラーメンを食べ歩くようになる以前に訪れた記憶はあるのだが、記録上は1回目ということで。
ラーメンとカレーが二枚看板のようなので、そのセットを。Rps20140203_1821

まずラーメンだが、あっさり系の鶏ガラのスープに細麺というクラシカルな東京醤油ラーメン。
具はチャーシュー、ほうれん草、メンマ、白ネギなどで、チャーシューは脂身少なめ・硬めで○だった。
際立った特長があるわけではないのだが、不思議とスープが進んだ。

あと、カレーの方は、とろんとしてマイルドな家庭的な味わいで、辛さもほどほど。しっかりと豚肉なども入っていて、これでラーメン+360円なら納得。

「インディアン@蓮沼」のように、ラーメンとカレーで相乗効果があるわけではないが、どちらもそれなりにおいしい店だと思った。


銀座線神田駅5番出口3分
日祝・第2,4,5土休 10:30-14:45LO 17:00-18:45LO(土10:30-13:45LO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>

【27】風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>(68)
ブラック中華そば730円→630円(クーポンサービス) + ライス増し50円

入店してみると、食券販売機は故障?か何かで、従前のオーダー方式に戻っていた。
いつもどおり「ゴインブラック」をと思ったのだが、メニュー名も変わって「ブラック中華そば」になっていたので、それを。
出てきたのはこちら。Rps20140202_1122

「ゴインブラック」時代との大きな違いが、デフォルトで大量にかかっていた粗挽き黒胡椒が大幅に削減されたこと。卓上に粗挽き黒胡椒も用意されているのだが、まずは出てきたままの状態でスープを飲んでみると・・・醤油が強すぎてしょっぱいだけのスープ。
なので、卓上の黒胡椒をドバッとかけて、従来の仕様に。
ブラックラーメンは、醤油と胡椒の2本柱で成り立っていることを改めて認識した。

あと、こちらは次女が食べた「つけ麺」750円。Rps20140202_1123

つけダレには、半味玉も入っている。

他に気になるメニューとして、「ダルマ食堂」とのコラボによる「鶏中華そば」も。


新潟市南区大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日祝は通し)
※既に閉店したもよう(H26.11記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »