« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

むぎとオリーブ<東京>

【75】むぎとオリーブ<東京>④
特製濃厚まぜSOBA 1000円

1回おきに「蛤SOBA」と「まぜSOBA」を食べているので、今回は後者の番・・・というわけではないのだが、「特製濃厚まぜSOBA」を。
出てきたのはこちら。Rps20140331_1904

前回からの1ヶ月で、マイナーチェンジが行われたようで、

その1
専用調味料セットが、「黒七味・タバスコ・醤油・酢・マヨネーズ」の5種から「りんご酢・タバスコ・醤油」3種に削減(ただし、マヨネーズは、別皿で一定量は付属するようになった)。このうち、黒七味が無くなったのは、おおいに残念。
その2
具の鶏そぼろ廃止。卵黄2個→1個に削減。
価格据え置きで具を削減するというのは、感心できないやり方だし、卵の風味を絶賛していただけに、卵黄の削減は特に残念。
その3
一口サイズのドライカレーが付属するように。
これだけがプラスの変更だが、味の濃いまぜそばにドライカレーというのは、組み合わせ的に疑問。

というわけで、マイナス面の大きいマイナーチェンジだったので、「『蛤SOBA』に負けず劣らず」という評価が崩れそう。


銀座線銀座駅A4出口3分
日休 11:30-22:00(15:30-17:30中休みのことも)(土祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

ヒグマ 女池店<新潟>

【74】ヒグマ 女池店<新潟> ④
チャーシューメン(醤油) 850円

11時10分過ぎくらいの到着で、すでに車10台・お客さん20名くらいの盛況。
前回は「塩チャーシューメン」だったので、約1年ぶりに「チャーシューメン(醤油)」を。
この間に50円の値上がり。

出てきたのはこちら。Rps20140330_1125

醤油&生姜が前面に出たキツめの味のスープに、チャーシューは薄切りだが大判のものが5枚。加えて、端っこ部分のチャーシューも入っているところがうれしい。
具は、他にメンマ、海苔、ほうれんそう。
しょっぱめスープの口直し用に、「青島」のように、海苔の追加トッピングがあれば、うれしいのだが。

あと、こちらは、次女が食べた「塩」。Rps20140330_11252

醤油と比べてやさしい味わいのスープ。


新潟市中央区鳥屋野1-9-16
無休 11:00-20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

蕾 煮干分家<埼玉>

【73】蕾 煮干分家<埼玉>⑦
中華そば 並 680円 + チャーシューごはん280円

19時半の到着で、私でちょうど満席に。
前回までは無料だった玉ねぎトッピングが有料化(50円)されていて、価格的にはたいしたことはないものの、「チャーシューごはん」と足すと1000円を超えてしまうということで、見送り。
で、私が食べた「中華そば 並」+「チャーシューごはん」はこちら。Rps20140328_1945

玉ねぎは、デフォルトでも、一定量入っていて、これなら有料での追加はしないでもよいと思った。
あと、「チャーシューごはん」は、チャーシューのボリュームからすると、50円以上割高なように思われた。


京浜東北線大宮駅西口4分
日休 11:00-15:30 17:30-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

学(さとる)<東京>

【72】学(さとる)<東京>②
醤油 700円

「あたりや食堂」の後、まだ腹具合に余裕があったので、徒歩圏内に、昨年11月のOPENながら、立地の悪さに勝てず、半年保たずに明日閉店する「学(さとる)」に向かった。
入店してみると、「閉店景気」なのかもしれないが、先客3(後客も3)。

前回は「塩」だったので、今回は「醤油」の方を。
出てきたのはこちら。Rps20140327_1931

スープは、「塩」よりも煮干しや昆布などの魚介系を感じることができて、私の好みとしては、こちらの方が上。
具は、チャーシュー・切り干し大根・海苔・かいわれ・白ねぎなど。
中では、メンマのような形状の切り干し大根は、ラーメンの具として遭遇したのは初めてだったのだが、シワシワで硬めの食感で、意外にも、具として成り立っていた。


銀座線末広町駅3番出口2分
※既に閉店(H27.1記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あたりや食堂<東京>

【71】あたりや食堂<東京>②
雷々麺700円 + 生ニンニク(無料)+ ライス小100円

2回目の訪問。
前回は企画メニューの「アキバカレーラーメン」を食べに来たので、今回は看板メニューの「雷々麺」がお目当て。

「アキバカレーラーメン」も再び(o引き続き?)期間限定で提供されていたが、予定どおり「雷々麺」を。
出てきたのはこちら。Rps20140327_1842

都城発祥の「汁なしピリ辛正油あんかけ麺」とのことで、ひき肉たっぷりでニンニクのきいたピリ辛餡に、柔らかめのちゃんぽん麺という組み合わせ。
具は、他には、刻んださつま揚げ・玉ねぎ・ニラなどで、ひき肉以外はあまり存在感(価値)を感じなかった。
でも、ピリ辛餡がすばらしかったので、まず、おいしく麺を完食。
続いて、ライスを投入すると、これがまたピリ辛餡との相性抜群。
正直、麺よりもライスの方が、より合っているように思えたので、「雷々飯」という選択肢もアリなのかもしれないが、やはり、「雷々麺」+ライスで、餡を堪能するのがベストではないかと。
ただし、具のボリューム・バリエーションには少々不足を感じたので、「初めての方はトッピング無しで」という貼り紙にも押されて自粛したトッピングを次回は考えたい。
その候補としては、チャーシューorオムレツ(本来「雷々飯」用だが、これがまた餡と合いそう)あたりか。


銀座線神田駅6番出口5分
日休 11:00-15:00 17:00-22:00(土祝11:00-20:00)
公式HP http://atariya.ciao.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

みそ味専門 マタドール<東京>

【70】みそ味専門 マタドール<東京>②
特BB(ビーフブラック)950円 + 一口ごはん100円

味噌専門では、客足が伸びないのか、「特BB」なる新メニューが登場したとの情報を得て、それ目当てで訪問。
その「特BB」がこちら。Rps20140326_1902

「BB」=「Beaf Black」で、要は牛をフィーチャーしたブラック系ラーメン。
「特」なので、それに直径10cm×厚さ1cm超級の特大ビーフチャーシューがのっている。
まず、スープだが、真っ黒な見た目どおりしょっぱいことはしょっぱいのだが、「だらんま@神田」や「GOIN GOIN@新潟」のように粗挽き黒胡椒も効いているわけではないので、痺れるほどではない と思いきや、粗挽き黒胡椒は底にたっぷり沈んでいたので、しょっぱさは、さじ加減(混ぜ加減)一つで、かなり変わってきそう。
麺は、中太麺で、必要以上にスープを吸いすぎない。
具は、前述した特大チャーシューに加えて、牛細切れ肉・味玉・れんこん・もやし・長ネギ・おろし玉ねぎなど。
中では、牛チャーシューは、当初は薄味&硬めなのだが、スープに浸していると、ほどよくスープを吸って、ほぐれてきて◎。
また、もやし・長ネギ・おろし玉ねぎなどの清涼剤は、後半、しょっぱさが鼻についてくると、特に存在意義を感じるように。

あと、「一口ごはん」は、直径数cmの湯呑みサイズで、スープを吸ったチャーシューや細切れ肉をおかずに食べるのであれば、もっと量が欲しいところなのだが、1000円のラーメンとの組み合わせで考えると、100円で少量というのもアリかもしれない。

なお、お客さんの入りに関しては、先客1・後客ゼロと芳しくない状況だった。


常磐線北千住駅東口2分
無休 11:30-22:30(日祝-16:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

らー麺とご飯のたかぎ<東京>

【69】らー麺とご飯のたかぎ<東京>⑤
つけ麺セット 1050円

この店では、このところ、ラーメンが続いていたので、久々につけ麺の方をセットで。
つけ麺に関しては、鶏塩or背脂醤油という2択で、ご飯ものの方も数種類の選択肢がある中で、私が選んだのは「鶏塩つけ麺」+「まかない飯」。
出てきたのはこちら。Rps20140325_1854

つけダレは、鶏がベースの清湯で、そこに魚介と豚骨が加わって、濁りもあるのだが、あくまでもあっさり系。
麺は平打ち麺で、つかダレがよくのる。
具は、鶏&豚の刻みチャーシュー・桜海老・岩海苔・水菜?・白髪ネギなどで、このうち、桜海老と岩海苔は、つけダレにもプラスの影響を与えてくれて◎。
スープ割りにしてもらって、つけダレも飲み干せば、それだけでも大満足なのだが、さらに、この店の価値を高めているのが、セットのご飯もの。
前回に続いて「まかないめし」にしたのだが、トンテキ(ポークソテー)のタレと目玉焼きの目玉(生に近い黄身)のコラボが見事だった。


丸ノ内線茗荷谷駅1番出口4分
日祝休 11:00-14:30LO 17:30-21:00LO
公式HP http://www.takagisk.com
※新宿に移転して「焼きあご塩らー麺 たかはし」に
 公式HP http://takahashi-ramen.com/
 (H27.4記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

大勝軒 新潟店<新潟>

【68】大勝軒 新潟店<新潟>(26) 
つけ麺並680円 + マヨチャーめし180円

前回登場していた、各種トッピング増しの「特製」が無くなっていて、代わりに?「味噌」があったものの、+200円は高いと感じて、デフォルトの「つけ麺 並」を。
なお、廃止されたと思っていた背脂の無料サービスが復活していた(or前回は表示を見落としていた?)ので、背脂入りでおねがいした。
出てきたのはこちら。Rps20140323_1120

やはり、この店の場合、トッピングの価格設定が高めなので、デフォルトの方が、コストパフォーマンスが良いように感じられる。

また、従前は、店員さんにおねがいする必要があったスープ割りは、卓上のポットによるセルフ式に。

それから、写真中央上の「マヨチャーめし」は、ボリュームは控えめだが、たっぷりの刻みチャーシュー&海苔・ネギ入りで価格相応。でも、やはり、以前はあったチャーハンが恋しい。


新潟市中央区幸西2-3-7
水休 11:00-15:00 17:00-LO21:45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

ふくすけ<新潟>

【67】ふくすけ<新潟> ②
ふくすけ700円→500円(クーポンサービス)

昨年11月に、東区にあった頃、初訪問。
その後、移転等による休業期間を経て、西区の現在地で営業するようになってからは、初訪問。
今度の店舗は、昨年末の時点では「桜食堂」であったのが、ごく短期間で閉店し、その後に入ったもよう。
11時20分頃の到着で、数台分ある駐車スペースは、私で満車に。入店してみたら、お客さんの入りは半分以下だったので、今後、駐車場不足がネックになりそう(向かい側にコンビニはあるが)。

前回は「魚介油そば」だったので、今回は基本メニューと思われる「ふくすけ」を。
出てきたのはこちら。Rps20140322_1129


スープは、白濁はしているものの、さらりとした飲みやすい豚骨スープで、さらに、たっぷり入っているマー油の苦みがよいアクセントに。
また、麺も、白濁豚骨の場合の定番である極細麺ではなく、平たい中太麺だったのだが、意外と好相性。
具は、チャーシュー・半味玉・フライドオニオン・キャベツ&もやし・小ネギなど。中では、カリカリのフライドオニオンがたっぷり入っているのが◎で、味玉や厚手で硬めのチャーシューもよかった。

後半は、頼めば出してもらえる刻みニンニクを投入して、ちょっと味変化。

白濁スープの場合、飲み干すことは少ないのだが、このスープは、かなり進んで、ほぼ飲み干し。

味に関しても大満足だったし、定価の700円で考えても、コストパフォーマンスも◎。

前回の「魚介油そば」もよかったし、他にも「白海老(低加水細麺)」「魚介醤油」「野菜みそ」「極油そば」「紅」など多様なメニューが揃っているので、次回訪問時には、選択に悩みそう。


新潟市西区寺尾東1-5-37
月休(祝の場合翌日) 11:00-14:30 18:00-21:00(売り切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

燦(さん)<新潟>

【66】燦(さん)<新潟>②
カレーらーめん900円 + 半ライス100円

「GOIN GOIN」に向かったのだが、「改装のため休業」の貼り紙(※その後、なしくずしに閉店したもよう=H27.3記)。
そこで、「ちょび吉」に向かったものの、5,6名の行列ができていたため、断念。
さらに、「弐侍元」に向かったものの、こちらはラーメン屋ではなくなっていた。
さらにさらに、「丸木屋」に向かったものの、こちらも外待ち2名。

そこで、最終的に落ち着いたのが、イオン新潟西の中にある「燦(さん)」。
「燦らーめん(長岡生姜醤油)」「古町らーめん(あっさり醤油)」「背脂らーめん」「味噌らーめん」「淡麗塩らーめん」「かつお味塩らーめん」「タンメン」など多様なメニューが並んでいる中で、私が選んだのは、前回同様「カレーらーめん」。Rps20140321_1225

スープは、もう少しコクがあってもよいようにも思うが、無難なカレー味で、麺は太麺。
具は、炒め野菜(もやし、ニンジン、玉ねぎ、ニラ)、生玉ねぎ、コーン、ひき肉などで、生玉ねぎのシャキシャキ感は○だったが、この価格なら、もう少し肉系がほしいところ。

一方、娘が食べた「濃厚魚介つけめん」800円の方は、全く締りの無いつけダレで、娘の評価は最低クラスだった。
※写真不掲載


新潟市西区イオン新潟西店3F
無休 11:00-20:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

ゴリラーメン<埼玉>

【65】ゴリラーメン<埼玉>④
まぜ 700円

過去3回中、2回食べた「まぜ」を。
無料トッピングは、今回も脂以外全部=野菜・ニンニク・玉ねぎ・チーズで。
出てきたのはこちら。Rps20140320_1949

前半は、あえて混ぜずに、「ニンニク主体」「チーズ主体」などゾーン分けして食べると飽きがこない。
中盤で、卓上の醤油ダレ・粗びき胡椒を使用してアクセントに。
後半は、破壊力があるため、温存していたマスタードを混ぜ込むと、酸っぱ辛い味に一変。

これで具にベビースターがあれば文句なしなのだが、マスタードの存在により、個性を確保している。


大宮駅東口6分
日休 11:30-15:00 17:00-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

五ノ神水産<東京>

【64】五ノ神水産<東京>③
つけ麺銀鱈搾り850円 + チーズ飯200円

今回は「つけ麺銀鱈搾り」を。
出てきたのはこちら。Rps20140319_1832

つけダレは、「動物系入ってないの?」と言いたくなるくらい濃厚・ドロドロで、魚臭さは、前回食べた「らーめん銀だら搾り」以上。
麺は、茶色がかったゴワゴワの太麺。
具は、銀鱈のほぐし身の味噌あえ・ガリ・笹切りネギ・海苔とつけダレの方にぶつ切り鶏チャーシュー・三角メンマ。
中では、銀鱈のほぐし身の味噌あえは後半の味変化に貢献。
また、ガリは清涼剤として入っているのだろうが、苦手なので、活用できず。

最後に、スープ割りにしてもらっても、そのまま飲むのには適さないぐらいの濃度だとだと感じたのだが、「チーズごはん」に投入して、雑炊にするのにはちょうどよいくらいだった。Rps20140319_1834

銀座線神田駅5番出口2分
日休 11:00-15:00 17:30-22:30(土祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

むぎとオリーブ<東京>

【63】むぎとオリーブ<東京>③
蛤SOBA950円 + 〆の和風茶漬けライス200円

再び「蛤SOBA」を。Rps20140318_1819

スープが抜群に旨いし、具も豊富。
なので、自然体でスープを飲み干してしまいそうなところなのだが、本日は「〆の和風茶漬けライス」もオーダーしているので、それ用にスープを残すことに。
お茶漬けは、たらこ・刻み海苔・あられ・わさび入りのシンプルなもので、スープが残り少ないので、お茶漬けをラーメン丼に投入。
が、そうしてしまうと、最後に二口三口残りスープを味わううえで、わさびが邪魔になることに気づいて後悔。


銀座線銀座駅A4出口3分
日休 11:30-22:00(15:30-17:30中休みのことも)(土祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

奥村家<新潟>

【62】奥村家<新潟> ⑧
のりラーメン780円→680円(クーポンサービス) + キャベチャー100円

私はいつもどおり「のりラーメン」を太麺・かためで。Rps20140316_1119

油は、一般的な家系と比べると少なめなようにも思われるが、今の私には、これくらいがちょうどよい。

また、こちらは次女が食べた「塩とんこつ」(細麺)750円+キャベチャー(食べかけ)。Rps20140316_11192

「塩」だと、具の構成が変わって、メンマが入るようだ。
また、細麺だと紅生姜が入るのだが、抜きにしてもらったもの。


新潟市東区南紫竹2-6-28
水休 11:00-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

すばる屋<新潟> 

【61】すばる屋<新潟> ⑦
白醤油と小親子丼セット 900円

「白醤油と小親子丼セット」を。
※写真はブレブレです。Rps20140315_1239_3


ラーメンは、無料でこってり(=背脂入り)にもできるのだが、デフォルトでも結構油が浮かんでいたので、「白醤油」の場合には、これ以上脂が増えると、淡麗さが損なわれるものと思われた。
具に関しては、炙りチャーシューが◎で、桜海老、半味玉なども入っていて、なかなか充実している。

また、セットの親子丼は、単品の6割程度のボリューム。
50円増しで「炙り」にできるのだが、単品の場合の「炙り」とノーマルの価格差(30円)よりも高いのはなにゆえか?

あと、こちらは娘たちが食べた「炙り親子丼」780円。Rps20140315_1238_3

ポテトサラダとおすまし(桜海老、海苔、胡麻入り)と漬物が付いている。


新潟市東区東中島2-6-1
不定休 11:30-14:30 17:00-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

ほん田 NIJI<埼玉>

【60】ほん田 NIJI<埼玉>(28)
にし味噌 800円

今月の限定「にし味噌」を。
中盛も同料金とのことだったので、中盛で。
出てきたのはこちら。Rps20140314_1935

西京味噌を使用した味噌味のスープは、「やさしい味わい」とのふれこみだったが、しょっぱくはないものの、濃度や粘度は意外と高めで、ややもっさり感があって、重たく感じられた。
なので、辛味油(≒ラー油)がかなり効果的で、これによって、味が引き締まり、かなり飲みやすくなっていた。
麺は、いかにも味噌向きの中太麺。
具は、チャーシュー、味玉、紫玉ねぎ、穂先メンマ、
白髪ネギ、九条ネギなど。
チャーシューは好みの硬めのものだったし、紫玉ねぎはスープを飲みやすくするのに貢献してくれたので、もとお欲しいくらいだった。また、味玉は、見た目は真っ白だが、しっかり味付き。

というわけで、満足はできたのだが、サービス精神満点で、様々な趣向が凝らされていたこれまでの限定と比べると、ちょっと地味で、一歩ヒケをとる印象。


京浜東北線大宮駅西口7分
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

俺式 日本橋店 <東京>

【59】俺式 日本橋店 <東京> ⑤
味玉豚骨ラーメン780円 + 替え玉130円

※写真撮り忘れ

前回(H25.11.19)と全く同じパターンで、「味玉豚骨ラーメン」麺硬め→替え玉(硬さ普通)で「唐し油そば」を。

あと、外国人客が来店したところ、英語のメニューを取り出して対応していたのに感心。さすが、海外進出も果たしている「せたが屋」グループ。


銀座線三越前駅三越側改札2分
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.setaga-ya.com/shop/t_nihonbashi.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

ajito ism(あじといずむ)<東京>

【58】ajito ism(あじといずむ)<東京> ①
カルボナーら 並(200g)800円 + 〆のリゾット仕立て200円

5年近く前、店名が「ajito」だった頃2回訪問したことがある店。
その後、最寄駅が変わらない範囲で移転し、店名に「ism」が付いてからは初訪問。
メニューは、「ajito」時代からの看板メニューである「つけ麺 ロッソ」やまぜそば「ピザソバ」、季節限定?のまぜそば「カルボナーら」、さらには「本日のイレギュラー」として「N(肉海苔ねぎ中華そば)」も提供されていて、選択に迷ったが、提供期間終了が近い「カルボナーら」を選択。
出てきたのはこちら。Rps20140311_1906

モチモチの太麺に、チャーシュー・ベーコン・卵黄・チーズ・キャベツ・クレソン・揚げネギ・長ネギ・小ネギなど多様な具がのって出てくるので、底の方までよくかき混ぜて食べると、卵&チーズ&粗挽きブラックペッパーがよく麺にからんで、三重奏が織りなされる。
そして、ベーコンやクレソンなどの珍しい具も、この三重奏にうまくハマッている。
卓上には、醤油だれ・塩・ブラックペッパー・カイエンペッパー・カレー粉・にんにくみじん切り・タバスコなどが取り揃えられているので、通常のまぜそばだと、これらによるカスタマイズを楽しむところなのだが、あまり使用するまでもなく食べ進み、後半にんにくのみ少量使用した。

そして、終盤のお楽しみが「〆のリゾット仕立て」。Rps20140311_1915

残ったタレに、ライスだけでなく、温玉・チーズ・長ネギ・粗挽きブラックペッパーを加えてくれるので、これで200円というのはかなりお得。
後半は、卓上のカレー粉を使用して、味変化も楽しんで、大満足。

「カルボナーら」~リゾットの流れは、もはや「これでラーメン屋?」と言いたくなるぐらい洋風一辺倒なのだが、それでおいしいのだから、文句は無い。


京浜東北線大井町駅中央西口5分
木休 11:00-14:30 17:30-20:00(土日祝は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

纏(まとい)<東京>

【57】纏(まとい)<東京>④
淡麗烏賊干し塩つけ麺 780円

前回は「鶏白湯烏賊らーめん」を食べたのだが、今回は、1,2回目の訪問時に食べた「淡麗烏賊干し塩つけ麺」を大盛(同料金)で。Rps20140310_1906

つけダレがやたらとしょっぱく感じたのだが、以前からこんなものだったのだろうか?
また、2回目に食べた時には無くなっていたわさびが復活していたので、1回目の教訓(入れ過ぎ注意)から、半量程度を使用した。
最後にスープ割りをおねがいしたところ、柚子を入れてくれて、清涼感が増して、よい口直しになった。


新橋駅烏森口3分
日休 11:00-15:30 17:30-22:30(土-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

三咲屋<新潟>

【56】三咲屋<新潟> (47)
こってり味噌+半チャーハンセット 950円

1年近くぶりの訪問。
食べたのは「こってり味噌+半チャーハンセット」。
この間に、70円値上がりしていた。
出てきたのはこちら。Rps20140309_1114

味噌の場合のみ付属で出てくる辛味噌がポイント(特にこってり味噌に関して)だと思った。

また、長女は「こってり塩」単品730円を。
次女は、こちらの写真の「こってり塩+半チャーハンセット」950円を。Rps20140309_1115

以前は、半チャーハン単品もオーダー可だったので、チャーハン好きの次女のために頻繁に訪問していたのだが、単品オーダー不可になったので、足が遠のいていたところ、次女が成長したので、「ラーメン+半チャーハンセット」に挑戦してみたのだが、やはりボリューム的に厳しかったようで、ラーメンは3分の1ほど食べ残していた。


新潟市東区大形本町3-1-75
火休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

まっくうしゃ<新潟>

【55】まっくうしゃ<新潟>⑦
塩つけ麺700円 + 大盛50円 +餃子300円→クーポンサービス

新登場の「塩つけ麺」を。Rps20140307_2101

つけダレは、ラーメン同様茶濁しているが、苦手な粘度の高い濃厚系ではないし、たっぷり浮かんでいる香味油がよいアクセントに。
ただし、この香味油は、マー油がメインのようではあるのだが、結構辛みがあって、後半は、この辛みが邪魔に感じられた。
麺は、平打ち麺。硬めの食感で、本来、好みのタイプなのだが、コシがあるというよりは、単に茹で不足のようにも感じられた。
具は、大判のチャーシュー、メンマ×4、海苔、半味玉、長ネギと充実。
〆のスープ割りも、鰹出汁が香り立つ割りスープが出てきて◎だった。

あと、こちらはサービスの餃子×5個。Rps20140307_2104

醤油差しの口が詰まっていて、醤油を入れるのに苦戦していたら、ちゃんと気づいて交換してくれた。

ちなみに、21時頃の訪問で、入店時にはお客さんは数名程度だったのだが、閉店前にもう1度波が来て、退出時には十数名になっていた。


新潟市中央区上近江2-2-27-1
無休 11:00-21:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

梅光軒<東京>

【54】梅光軒<東京>①
醤油700円 + 味玉100円→クーポンサービス

東京駅丸の内口の複合商業施設「KITTE」に入った旭川ラーメンの店。
メニューは多様だったが、「旭川ラーメンといえば」ということで、「醤油」を。
出てきたのはこちら。Rps20140306_1849

豚・鶏の動物系と魚介系のWスープは、やや茶濁しているが、さらりとしていて飲みやすい。
麺は、中細の縮れ麺。
この構成自体は、「今時ありふれている」系のようにも思われるが、明治の時代からこうなのだから、逆にスゴイ。
具は、チャーシュー2枚とメンマ・白ネギ、そしてサービスの味玉。
見るからにテナント料が高そうなこの立地で、この価格なら、コストパフォーマンス的にも○。

なお、夜は居酒屋的な営業形態になるのだが、このパターンではありがちな、ラーメンだけだと入店しにくかったり、居心地が悪かったりといったデメリットは感じなかった(他にもラーメンだけのお客さんも多かったので)。


東京駅丸の内南口4分(「KITTE」5F)
無休 11:00-22:00LO(日祝-21:00LO)
公式HP http://www.baikohken.com/shop/tokyo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

背脂醤油 のあ<東京>

【53】背脂醤油 のあ<東京>⑦
みそ脂そば800円 + ライス100円

いつも食べている「和牛」が無かったので、新メニュー?の「みそ脂そば」を。
また、いつも「中和」用に追加トッピングしているキャベツも売り切れだったので、代わりの中和要員としてライスを。
出てきたのはこちら。Rps20140305_1859

極太麺に、ほぐしチャーシューたっぷりで、肉のボリューム自体は、「和牛」と比べても遜色無し。また、味噌ダレは、ニンニク風味で、麺と肉の間をうまくとりもってくれる感じ。
具は、他に海苔、もやし、白ネギ。そして、肉に混ざっている輪切りのししとう?は、前半は気にせずに食べていたのだが、後半、苦みが鼻についてきたので、除去することに。

また、味噌ダレは追加可とのことだったので、お願いしたところ、別容器で提供された。直になめてみると、たいへんおいしくて、そのままライスのおかずにしたくなるくらいだった。


※H26.8末をもってラーメンの提供は停止(H27.1記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

しゅうまい屋<東京>

【52】しゅうまい屋<東京>⑦
黒濃(くろこく)ラーメン650円 + 三色焼売320円

3年半ぶりの訪問。
この店ではつけ麺を食べることが多かったのだが、久々の今回は、店名に敬意を表してしゅうまいを食べたいと思っていたので、しゅうまいと合わせても1000円以内に収まる「黒濃(くろこく)ラーメン」をオーダー。
出てきたのはこちら。Rps20140304_1824

スープは、ブラック系ばりに真っ黒なのだが、しょっぱくはなく、むしろ、ほんのりと甘みを感じるくらい。
麺は太麺。
具は、チャーシューとメンマ、チンゲンサイ、刻みネギ。
中では、チンゲンサイは芯の部分中心が多すぎて、私としては不要だった。

あと、こちらは「三色焼売」。Rps20140304_1832

海老・鶏・豚の3種のうち、海老焼売は、海老がたっぷり入っていて◎だったのだが、鶏と豚は、肉汁無しの乾いた食感で、やや期待はずれだった。


銀座線上野駅1番出口2分
東京都台東区東上野4-3-8
日休 11:30-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

時翁(ときお)<東京>

【51】時翁(ときお)<東京>①
煮干そば750円 + 玉ねぎ50円

昨年11月オープンの店。
「そら」と同じ路地の「そら」より少し手前に位置している。
食べたのは「煮干そば」。Rps20140303_1850

まず、スープだが、白醤油を使っているのか?(or塩?)かなり透明度が高い。
そして、もちろん煮干がきいているのだが、「伊藤@赤羽他」や「伊吹@志村坂上」のようなギンギン系ではなく、インパクトには欠けるものの、やさしい味わいで、自然とスープが進む。
麺は細麺。
具は、チャーシュー×2とメンマ、白髪ネギ、小ネギ、そして追加トッピングの刻み玉ねぎ。
中では、チャーシューが硬めで○。
また、デフォルトでは入っていない玉ねぎも煮干系にはぜひ入っていてほしいところ。

卓上には白&黒胡椒と一味があったのだが、使用することなく9割ほどスープを飲み進んだところで、丼の底に結構な量の煮干粉が沈んでいることが判明。
これを混ぜながら飲んだら、さらに風味が豊かになっていたのではないかと。

感想。地味ながらおいしい一杯。ただし、価格に関しては、玉ねぎの追加トッピングありき(800円)で考えると、100円くらい高いように感じた。


銀座線神田駅1番出口4分
日祝第1・3土休 11:00-15:00 17:30-19:30(土11:00-14:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

真玄<新潟>

【50】真玄<新潟>④
玄二郎 680円→480円(クーポンサービス)

再び「玄二郎」を。
ただし、前回は汁無しを食べたので、今回は汁有り=ラーメンの方を。
出てきたのはこちら。Rps20140302_1128

背脂は入っておらず(ラードは多め)、野菜の量もそれほど多くはないので、二郎インスパイア系の中ではかなり上品な方。
なお、野菜はキャベツ率が高めで、白髪ネギ・糸唐辛子も。
豚肉も、この系統にありがちな肉塊ではなく、通常のチャーシュー。
ただし、ニンニク(無しも可)を溶かしこむと、ワイルドさが増して二郎寄りに。
また、後半は、アクセントとして卓上の一味も使用。

二郎系らしくガッツリ食べたいのであれば、「のろし」などの方が合っていそうだが、このようなソフトな二郎インスパイアもあってよいのではないかと。

あと、こちらは次女が食べた「つけ麺」730円。Rps20140302_1130

甘みと酸味が強いつけダレに魚粉がたっぷりで、この店お得意の毬麩も浮かんでいる。


新潟市江南区西町3-5-32
火休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »