« 麺屋 空<新潟> | トップページ | 市玄<新潟> »

2014年5月 4日 (日)

酒麺処 潤 燕総本店<新潟>

【100】酒麺処 潤 燕総本店<新潟>①
背脂ド生姜チャーシューメン 800円

新潟県内のみならず都内にも支店を展開している燕三条系背脂ラーメンの雄「潤」。
その総本山を初訪問。
11時10分頃の到着で、30台以上のキャパがある駐車場は、半分以上埋まっていたが、席数も60あるので、すぐに着席。ただし、厨房の処理能力が、この席数に見合うところまではいっていないようで、食べ始めるまでに約30分の待ち。
私が食べたのは雑誌の企画による特別メニュー「背脂ド生姜チャーシューメン」。
通常メニューの「背脂ド生姜」と同価格ながら、チャーシューなどのトッピングが増量されたもののようだ。
出てきたのはこちら。Rps20140504_1140

まずスープだが、燕三条系の定番=背脂醤油味と大きく異なるのが、塩味である点。そして、ネーミングどおり、生姜がおろしたもの&揚げたもの&千切りと3通り入っていて、強く味を支配。しかも、醤油味であれば、多少は生姜の味に対抗しそうなところ、塩味なので、まさに生姜の天下。この中にあっては、背脂さえも、甘みで味を和らげる側に回っており、それゆえ、くどさは感じない。
また、秀逸だったのが、モチモチの極太麺。少なくとも、麺に関しては、新潟市内の人気姉妹店「滋魂(じこん)」を上回っているように感じた。
具は、前述した3種の生姜のほか、チャーシュー×6・味玉・岩海苔・白髪ネギ・糸唐辛子・メンマなど。
中では、チャーシューと味玉は、薄味なのがこのキツい味のスープには合っていた。
また、揚げ生姜に関しては、最初からスープに浸っていたのだが、オンザチャーシューにしてくれていたら、カリカリ&味変化で楽しめたかもしれない。
あと、できれば、玉ねぎも欲しかったところ。

感想。本日食べたのは、雑誌の企画によるサービスメニューだからということもあるのだろうが、コストパフォーマンス抜群。
また、レギュラーメニューに関しても、卵・野菜無料トッピングなどサービスが充実しているようなので、人気ぶりもうなずける。


燕市小牧464-12
無休 11:00-15:00 17:00-23:00(日祝は通し)
公式HP http://www.ramenjun.co.jp/shop/user_data/store_list.php

|

« 麺屋 空<新潟> | トップページ | 市玄<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/59415197

この記事へのトラックバック一覧です: 酒麺処 潤 燕総本店<新潟>:

« 麺屋 空<新潟> | トップページ | 市玄<新潟> »