« 心一家<新潟> | トップページ | 7.5Hz<東京> »

2014年5月12日 (月)

麺や 庄の<東京>

【107】麺や 庄の<東京>⑨
春野菜のつけ麺~桜の泡を添えて~ 990円 + 味噌キャベツ雑炊100円

期間限定の創作麺「春野菜のつけ麺~桜の泡を添えて~」を。
出てきたのはこちら。Rps20140512_1840

「オススメな食べ方はHP参照」とのことだったので、店のHP(http://menya-shono.com/menya_shono/822/)を参照しつつ食べ始める。
まず、最初に出番となるのが麺&具の皿の随所に盛られた桜の泡。
大量にあるのですぐに消えてしまうことはないのだが、濃厚なつけダレには太刀打ちできないので、麺や具に付けて、つけダレには浸さずに、香りを楽しむ。

続いて、普通に麺をつけダレに浸して。
しかし、煮干&キャベツがメインの濃厚なつけダレに対して細麺なので、すぐに飽きが。

そこで活躍するのが、豊富な具たち。
中でも最高だったのが、玉子のタルタルサラダ。
麺や野菜にからめてそのまま食べてもおいしいし、つけダレに混ざると酸味が加わって○。
また、桜チップ燻製チャーシューは、濃厚なつけダレに浸しても負けない強い燻製風味で、存在感あり。
一方、角切りのレアチャーシューの方は、紫芋やうまい棒の粉末をまぶした斬新なものだったのだが、レアチャーシューは薄切りに限ると思っている私にとっては、角切りになっている時点でマイナス。
それから、グレープフルーツ。
レモンやスダチを搾って清涼感をというのはよくあるが、
こちらは、搾るのではなく、麺や具と一緒に食べて、より直接的に清涼感をという趣向で、おもしろかった。
他にも様々な具があって、飽きることなく完食。

そして、〆は「味噌キャベツ雑炊」。
一旦下げて、熱々にして、キャベツや青ネギをのせて再提供してくれる。
ただし、濃厚すぎで飽きがきたので、後半は卓上の粗びき胡椒と一味でアクセントを付けて完食。

トータルとして、おおいに満足できる力作だった。


南北線市ヶ谷駅7番出口2分
日祝休 11:00-15:00 17:00-21:30(土日祝11:00-16:00)
公式HP http://www.menya-shono.com/

|

« 心一家<新潟> | トップページ | 7.5Hz<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/59415320

この記事へのトラックバック一覧です: 麺や 庄の<東京>:

« 心一家<新潟> | トップページ | 7.5Hz<東京> »