« ほん田 NIJI<埼玉> | トップページ | 7.5Hz<東京> »

2014年7月26日 (土)

鶏そば 繁屋(はんや)<新潟>

【159】鶏そば 繁屋(はんや)<新潟>①
鶏そば塩650円→500円(クーポンサービス) + 鰹玉50円

ラーメン本のクーポンに釣られて、今年オープンの新店を初訪問。
店名にも「鶏そば」と冠しているとおり、提供しているのは鶏ベースのラーメンで、鶏そば(清湯)と鶏白湯の2系統のスープにそれぞれ塩と醤油があって、4本柱のメニュー構成となっている。
また、この店のもう一つの特色が、味変化用の「変わり玉」で、これが鰹玉・坦々玉・果実玉の3種類。

で、今回食べたのは「鶏そば塩」+「鰹玉」。Rps20140726_1156

スープは鶏油の浮かんだ黄金色の清湯スープで、在京地区の同系統の有名どころのように旨み抜群とまではいえないものの、好きな系統なだけに、スープが進んだ。
麺は細麺で、やはり鶏清湯には合うようだ。
具は、鶏チャーシュー×2・鶏団子・半味玉・水菜・白ネギ・焦がしネギで、中では鶏団子が秀逸で、もっと欲しいと思ったのだが、現段階では、鶏団子の追加トッピングは無いようだった。
そして、鰹玉。
練った鰹粉のようで、スープに溶かし込むと、スープが茶濁するとともに、一気に鰹風味に。
同様の趣向としては、「(むめい)@神田」の練り醤油(H25.2.19等)や「きら星@武蔵境」の鰹餡が思い浮かぶが、これらと比べても、ベースとなるスープが淡麗な分だけ、より一層の劇的味変化がもたらされた。
ただ、店側の推奨としては、実は、「鶏そば塩」には「果実玉」だったので、こちらの組み合わせも、ぜひ試してみたいと思った。

なお、白湯の方にすると、スープが変わるだけでなく、細麺→中太麺、白ネギ→青ネギなどの変更も加えられるようだ。


新潟市中央区南笹口2-1-13
水休 11:30-21:00(スープ切れ終了)

|

« ほん田 NIJI<埼玉> | トップページ | 7.5Hz<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/59997558

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏そば 繁屋(はんや)<新潟>:

« ほん田 NIJI<埼玉> | トップページ | 7.5Hz<東京> »