« RAMEN DINING JinGu(じんぐう)<東京> | トップページ | あけどや<千葉> »

2014年8月 1日 (金)

松戸富田製麺 ららぽーと TOKYO-BAY店<千葉>

【162】松戸富田製麺 ららぽーと TOKYO-BAY店<千葉>①
濃厚つけ麺 850円

松戸の大人気店「とみ田」が、大規模商業施設「ららぽーと」内に出した店。
平日でも大行列の本店とは違って、これだけ店が立ち並んでいるおかげもあるのか、平日の13時半過ぎの到着で、空席あり。
メニュー構成としては、本店譲りの濃厚系だけでなく、鶏の淡麗系も醤油&塩も提供していて、特に醤油の方は「こだわり醤油使用」ということで、店側も結構推しているようだったのだが、やはり「とみ田」=濃厚ということで、「濃厚つけ麺」を。Rps20140801_1349

つけダレは、典型的な濃厚魚介豚骨系で、濃厚な豚骨出汁に対して、魚粉もどっさり。表面が泡立っていて、このような濃厚系つけ麺の中でも個性があった本店のものに比べて、より「ありきたり」なようにも感じられたが、万人受けが求められるこのような立地条件のもとでは仕方のないところか。
一方、全粒粉使用で茶色がかった極太麺は、角張っていて、食感もゴワゴワ。こちらは野性味があって、むしろこちらの方に個性を感じた。
また、具は豚&鶏チャーシューと海苔・メンマ・白ネギ・柚子など。中では真空低温調理のうえで燻製した三元豚チャーシューは、力が入っていると感じた。
最後は、ポットでスープ割り。
飲み残すのももったいないと思ったので、レンゲで3杯分くらい、麺の丼につけダレを入れて、それを割って、飲み干した。

よくある大盛り同料金のサービスも無いので、価格的には50円くらい高めに感じるが、味の面では「とみ田」の名に恥じない一杯だと思った。


京葉線南船橋駅8分以上(「ららぽーと TOKYO-BAY」内)
不定休(「ららぽーと」の休業日に準ずる)
11:00-22:00

|

« RAMEN DINING JinGu(じんぐう)<東京> | トップページ | あけどや<千葉> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/60072098

この記事へのトラックバック一覧です: 松戸富田製麺 ららぽーと TOKYO-BAY店<千葉>:

« RAMEN DINING JinGu(じんぐう)<東京> | トップページ | あけどや<千葉> »