« 田中そば店 秋葉原店<東京> | トップページ | カシムラ<東京> »

2014年9月 2日 (火)

BumBunBrauCafe with BeeHive(ブンブンブラウカフェ・ウィズ・ビーハイブ)<東京>

【191】BumBunBrauCafe with BeeHive(ブンブンブラウカフェ・ウィズ・ビーハイブ)<東京>①
アグー豚の塩らーめん800円 + わんたん150円

紛失していたスマホが無事生還。
引き取るために午前中休みをとったところ、大幅に時間が余ったので、平日の昼間に訪問したかったこの店を訪問することに。

この「BeeHive(ビーハイブ)」という店だが、九十九里・六本木でおいしいラーメンを提供していたのだが、立地や営業時間・営業形態面でハードルが高く(ラーメン提供時間帯が限られている・他の業態と兼ねていてラーメンだけが目的だと訪問しづらい等)、やっとできたハードルの低い系列店「ゲンキノモト@新日本橋」も1年ほどで休業ということで、私の中では「伝説の店」に近い存在だった。
その「ビーハイブ」が(というか提携により?)、旗の台でラーメンも提供する店を始めたという情報をネットで得たものの、またまたカフェや美容関係も兼ねるというわかりづらい営業形態で、自信を持ってラーメンを食べに行けそうなのは平日の11:00-14:00のラーメンタイムということで、その時間帯に訪問した次第。
その甲斐あって?店の内装的にはラーメン目当ての中年男は場違いなものの、客層的には浮かずに、落ちついてラーメンを食べられた。

で、メニューに関しては「アグー豚」押しで、「アグー豚醤油」「アグー豚塩」「アグー豚コンフィつけ麺」と並んでいた中で、私としては、六本木でも「ゲンキノモト」でも塩を気に入っていたので、「アグー豚塩」を選択し、これにわんたんをトッピング。

出てきたのはこちら。Rps20140902_1119

まずスープだが、丸鶏&豚がメインの透明度の高いスープと鶏が香り立つ香味油のハーモニーが見事で、さすが「ビーハイブ」の一言。
麺はこの系統お得意のスピルリナという海藻をねりこんだ緑がかった細ストレート麺。
具は、アグー豚のしっとりチャーシューと皮付き鶏チャーシュー・クレソン・白髪ネギ・糸唐辛子・ニンニクっぽい形状のもの(匂いや味から別物と思われるが、見た目はニンニクの輪切り)等。また、わんたんもたっぷり肉餡がつまったものが3つ。
麺も具も色々と工夫はしているようなのだが、スープがおいしすぎるので、結局印象に残るのはスープで、当然のごとく、スープも含めて完食。


東急大井町線旗の台駅東口1分
水休 11:00-14:00(平日のラーメンタイム、他にも営業時間あり)

|

« 田中そば店 秋葉原店<東京> | トップページ | カシムラ<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/60132704

この記事へのトラックバック一覧です: BumBunBrauCafe with BeeHive(ブンブンブラウカフェ・ウィズ・ビーハイブ)<東京>:

« 田中そば店 秋葉原店<東京> | トップページ | カシムラ<東京> »