« 夏海<東京> | トップページ | 「  」(無銘)<東京> »

2014年9月21日 (日)

赤なおじ<新潟>

【206】赤なおじ<新潟>①
濃厚海老つけ麺(幅広一反麺)950円 + ドリア風セット(クーポンサービス)

「なおじⅡ号」が装いを改めて「赤なおじ」。
その名のとおり、店舗の外装が赤くなって、メニューも赤いラーメン・つけ麺中心に。
赤い=辛いというイメージがあるし、実際辛いメニューもあるのだが、赤さの由来が唐辛子ではなくて辛くないメニューもあり。
私が今回食べた「濃厚海老つけ麺」も、辛くない方のグループで、これを「幅広一反麺」の方でおねがいした。
出てきたのはこちら。Rps20140921_1338

つけダレは、かなり固体分の多いドロドロのもので、赤さはトマトや海老の殻などによるものなので、辛さは無い。
そして、なんといっても特徴的なのが麺。Rps20140921_1339

茹で時間15分!(私がこれまでにラーメン屋で食べた中ではおそらく最長)の幅5cm超の「幅広一反麺」は、巻いてあって、これが4枚or巻(単位は、どう見ても「本」ではない)。
麺の形状はラザニアに近いし、つけダレもパスタソース寄りなので、つけ麺というよりは、イタリアンに近い趣き。
具は、バジル鶏チャーシュー・キクラゲ・メンマ・白ネギなど。

そして、〆はドリア風セット。Rps20140921_1352

つけダレに半ライス・パルミジャーノレッジャーノチーズ・生クリーム、さらに熱々の焼き石も投入されて、確かにドリア風に。

感想。久々に「なおじ」らしい、振り切った逸品。「幅広一反麺」自体は、「凪 煮干王@新宿」で類例をみかけたこともあるが(H23.1.6)、「模倣」も元々この店の芸風の一端でもあるので、その麺に、ドロドロの海老つけダレを合わせた組合せの妙も買いたい。

なお、メニュー構成としては、他に「トマト麺」「ラーメン(鶏白湯&あさりスープ)」やこの系列ではすっかり基軸メニューになった「なおじろう」なども。


※既に閉店して「みそら」に(H27.6記)

|

« 夏海<東京> | トップページ | 「  」(無銘)<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/60463950

この記事へのトラックバック一覧です: 赤なおじ<新潟>:

« 夏海<東京> | トップページ | 「  」(無銘)<東京> »