« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

石黒<新潟>

【54】石黒<新潟>③
味噌にぼ 780円→680円(クーポンサービス)

3度目の訪問。
ラーメンは、いずれも煮干し系醤油味で、「あっさり」「中華そば(あっさりと濃厚の中間)」「濃厚」の3系統ある中で、過去2回で前2者を食べたところなのだが、今回新たに「味噌にぼ」が登場していたので、そちらを試してみることに。
出てきたのはこちら。Rps20150228_1403

味噌×煮干しとなると、味噌汁がイメージされるところであり、見た目も白味噌の味噌汁に近いものがあるのだが、スープを啜ってみると、動物系も入っているせいか、味噌汁のようなやさしい味わいではなく、ラーメンらしい仕上がりになっている。
麺は、「あっさり」や「中華そば」の麺よりも太い平たい太麺で、スープに合っている。
具は、チャーシュー・ゆで玉子(半分)・ヤングコーン・きざみキクラゲ・きざみ玉ねぎ・もやしなど。
デフォルトで粗挽き唐辛子が入っていて、よいアクセントになっていたのだが、やや量が不足。卓上に一味唐辛子or辛味噌があればと思ったのだが、無かったので、ラー油で辛味を補強。

感想。煮干系味噌味というのは、これまであまり食べたことが無かったこともあって、印象に残る一杯だった。
煮干に軸足を置きつつ、メニューの幅を広げてきているということで、今後も要注目だと思った。


新潟市東区秋葉通3-40
無休 11:00-14:30 17:30-21:00(スープ切れ終了、月火は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

ホームラン食堂<新潟>

【53】ホームラン食堂<新潟>⑤
煮干鰮そば+焼き飯セット800円 + 肉増し60円

「青島」に向かったものの、外待ち3名で、店内にも何人か?という状況だったので、寒かったこともあり、断念して「ホームラン食堂」へ。

食べたのは前回同様「煮干鰮そば&焼き飯セット+肉増し」。Rps20150227_1223

※焼き飯の写真は省略。


新潟市中央区弁天2-1-29
日休 11:00-25:00(金土祝前日-26:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>

【52】三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>⑬
チャーシューメン(並) 750円

いつもどおり「チャーシューメン(並)」を。Rps20150225_1210

今日は運悪く隣の客が喫煙者で、空調の風向きの関係で思い切り煙が私の方に流れてきて、スープを味わうどころではなくなったので、麺と具を一気に片づけて、早々に退散。

これくらいの規模のラーメン屋では、分煙は難しいだろうが、繊細なラーメンを提供する店なだけに、昼食時などの混雑時くらいは禁煙にしてもよいのではないだろうか(特に隣席との距離が近いカウンターに関して)。


新潟市中央区米山1-6-10
火休 11:00-14:00 17:30-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

麺作 赤シャモジ<新潟>

【51】麺作 赤シャモジ<新潟>①
淡麗らーめん(塩)620円 + 手作り餃子260円→クーポンサービス

「あしら」の後、新発田市中心部の別な店に向かうべく、国道7号を南下していたところ、加治川の道の駅の向かい側に「あしら」の姉妹店「赤シャモジ」を発見。
しかも、ラーメン本などによると月曜定休になっているにもかかわらず、営業していた(定休日無しに変更になったもよう)ので、予定を変更して訪問。

「あしら」と「赤シャモジ」でまず共通しているのが麺で、どちらも自家製麺。また、大盛無料(同料金)というのも一緒。
メニュー構成は「赤シャモジ」も「あしら」に劣らず多様だったので、選択に迷ったのだが、「あしら」では濃厚味噌つけ麺を食べたので、対照的なメニューである「淡麗らーめん(塩)」を選択。
出てきたのはこちら。Rps20150223_1219

スープは無化調の魚介系清湯。際立った特長は無いが、地味においしい。
麺は細ストレート麺で、「あしら」のつけ麺の全粒粉使用の太麺ほどの魅力は感じられず。やはり、自家製麺を堪能するのなら太麺ということか。
具は、チャーシュー×3・半味玉・海苔・メンマ・かいわれ・揚げネギ・小ネギと620円という価格にしては、かなり充実。

味の面でもコストパフォーマンスの面でも満足できる一杯だった。

あと、こちらは、せっかくなので、またしてもクーポンでサービスしてもらった「手作り餃子」。Rps20150223_1232_2

「あしら」と系列店なので、同じものだと思われる。
ラーメン2杯に加えて餃子12個というのは、なかなか腹にたまった。


新発田市横岡415-1
無休 10:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/akashamoji/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川らーめん魂 あしら<新潟>

【50】荒川らーめん魂 あしら<新潟>②
特製つけ麺(味噌・中盛)870円 + 手作り餃子260円→クーポンサービス

1年ぶりの訪問。
11時の開店時刻少し前の到着で、すでにオープンしていて、先客5名以上。平日にもかかわらず、11時15分過ぎには行列ができはじめるという盛況ぶり。
今回食べたのは「特製つけ麺」で、味は「味噌」「辛味噌」「魚介醤油」のうちから「味噌」を、また、麺の量は並(200g)・中(300g)・大盛(400g)のうちから中盛を選択。
出てきた「特製つけ麺(味噌・中盛)」はこちら。Rps20150223_1110

まず、全粒粉を前面に出した麺は自家製の太麺で、モチモチ感が◎。
つけダレは、背脂も浮かんだ濃厚タイプで、どちらかというと苦手なタイプなのだが、麺との相性が◎。
具は、チャーシュー・味玉・メンマ・かいわれ・もやし・小ネギなど盛りだくさん。
特に、通常のものが3枚とレアのものが2枚入っていたチャーシューはどちらもつけダレに浸すと抜群においしかった。

感想。麺とチャーシューが特にすばらしかった。
麺に関しては、連食の予定だったので中盛にしたのだが、大盛にすればよかったと後悔。

あと、こちらはクーポンでサービスの「手作り餃子」。Rps20150223_1125

米粉使用の皮は、こちらもモチモチ。
ニンニク不使用とのことだが、普通においしかった。


村上市切田1217-6
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/ashira/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

火山<新潟>

【49】火山<新潟>③
石焼野菜カレーらーめん918円 + 味玉(クーポンサービス)

群馬発祥の「石焼らーめん」を売りにしたチェーン店。
東日本の8県で20店舗以上展開しているようだ。
この店を訪問するのは、このブログを立ち上げたH18年11月以来で、実に8年ぶり。
これだけ間隔が空いたのは、いつも行列というイメージがあったため。
本日は、開店直後の訪問で、既に先客が10名以上いたものの、すぐに着席できた。

今回食べたのは「石焼野菜カレーらーめん」。
320℃に熱した(店のHPより)石鍋入りのラーメンに、客の目の前でスープを注ぐので、その場で沸騰して、湯気がもうもう。
2,3分たって、湯気が落ち着いた後の写真がこちら。Rps20150223_1118


石鍋入りのカレーラーメンというと、思い起こされるのが、「煌(きら)@新発田」。
あちらと比べると、スープは遜色ないのだが、大きく違うのが麺。「煌」の極太麺に対して、こちらは中細程度の太さで、しかも柔らかめ。熱々で、運ばれてきてからも煮込まれるし、食べるのにも時間がかかることを考えれば、もっと太くてもっと硬めの麺の方がよいと思うのだが。
具は、ひき肉・キャベツ・もやし・玉ねぎ・ニンジン・ニラ・キクラゲと味玉1個半(うち1個分はクーポンサービス)。
〆は、「煌」同様、付属のライスでカレー雑炊に。やはりカレー系のラーメンの場合、ライスは特にありがたい。
そして、最後にデザートとして、杏仁豆腐もサービス。

というわけで、麺はやや残念なものの、価格的には「煌」より安いし、満足できる一杯だった。


新潟市中央区弁天橋通1-3-1
無休 11:00-24:00
公式HP http://www.ishiyaki.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

市玄<新潟>

【48】市玄<新潟>⑪
海老味噌ラーメン 850円

期間限定の「海老味噌ラーメン」を。Rps20150221_1041

スープは、海老油の浮かんだ味噌味で、麺にも海老を練り込み、さらに海老の頭もトッピング ということで、圧倒的な海老風味を期待したのだが、意外と普通の味噌ラーメンで、プラスαで海老というのが第一印象。
麺に関しては、「味噌ラーメンには太麺」と思っている私としては、細麺だったのも残念。
具は、海老頭に加えて、ひき肉・味玉・メンマ・白髪ねぎ・ほうれん草。海老に関しては、この価格なら、頭だけでなく本体も入れてほしかったところ。

あと、こちらは次女が食べた「つけ麺」700円(クーポンで岩海苔トッピング)。Rps20150221_1042

岩海苔は、麺の方にのっているのが追加トッピング分で、つけダレの方にはデフォルトで入っているようだった。
この岩海苔が、淡麗系のつけダレと好相性で、かなり次女の口にも合っているようだった。


新潟市江南区茗荷谷711
日・祝・第2,4水休 7:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

こんごう<新潟>

【47】こんごう<新潟>⑲
焼きあご塩ラーメン880円 + 煮干飯10円(ランチタイムサービス)

久々に看板メニューの「焼きあご塩ラーメン」を。Rps20150220_1221

調べてみたところ、3か月強ぶりだった。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
平日(月は休み※H27.7現在)のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【46】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>⑥
生姜醤油焼豚麺 820円

期間限定の「ホワイトチーズカレーラーメン」目当てで訪問したのだが、残念ながら提供終了。
そこでこちらもレギュラーメニューとは別紙に掲載されている「生姜醤油焼豚麺」を(期間限定か否かは不明)。Rps20150219_1217

まずスープだが、確かに生姜醤油味ではあるのだが、「青島食堂」のように醤油と生姜を突出させたキレのあるタイプではなく、ややおとなしめ。
麺は、この店の多くのメニューは太麺or細麺の選択式である中で、このメニューに関しては細麺のみ。ただし、細麺と言っても、世間一般の水準からすれば、中細麺~中太麺くらいの太さはある。
具は、薄切りのチャーシューが多数とメンマ・海苔・ほうれん草・なると・小ネギ。
チャーシューに関しては、脂身が多めなのがちょっと気になった。

総じて、無難にまとめた一杯だと感じた。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

ろく月<東京>

【45】ろく月<東京>①
濃厚豚骨味噌ラーメン800円 + 半熟玉子100円

東京出張時に、夕食にて訪問。
夜の部のオープン時刻の7分前に到着して、外で待っていたところ、店主さんが気づいてくれて中に入れてくれる親切な対応。さらにオーダーも受けてくれたので、結局18時5分過ぎには食べ始めることができた。
メニュー構成は、昼の部は基本的に白濁豚骨一本勝負のようなのだが、夜だと「濃厚豚骨味噌ラーメン」「トマティーナ(まぜそば)」などの夜の部限定メニューが加わって、選択肢が増える。
そんな中で私が今回食べたのは「濃厚豚骨味噌ラーメン」。
(半熟玉子をトッピングしたのだが、遅れて出てきたので、写真無し)Rps20150218_1806

まずスープだが、ドロッとした超濃厚豚骨味噌なのだが、油が少ないせいか、意外と飲みやすい。
また、具の焼きトマトの酸味や大量のネギ(白ネギ&青ネギ&白髪ネギ)・ひき肉もスープを飲みやすくするのに貢献している。
麺は平べったい中太麺で、これは「元(はじめ)@蓮根」のものを使用しているとのこと。
具は他に炒め野菜(ニンジン・玉ねぎ・ニラ)と糸唐辛子。

また、濃厚スープに押され気味になったところで、味噌専用の調味料「昆布酢」を投入すると、味がすっきりするし、卓上にある液状の「かけ柚子胡椒」もよいアクセントに。

というわけで、知らず知らずのうちにスープが進んで、残り1割程度に。これは、麺や野菜がかなりスープを持ち上げるのと元々スープが少ないことも影響しているのかもしれないが、私がこれまでに食べた濃厚豚骨味噌系(この系統を食べること自体少ないのだが)の中でも№1クラスのおいしさだった。


総武線浅草橋駅東口3分
日祝休 11:30-14:00 18:00-21:00LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台牛タンねぎ塩ラーメン き蔵<東京>

【44】仙台牛タンねぎ塩ラーメン き蔵<東京>②
     ※店名の「き」は本来「七」の下に「七七」の漢字
牛タンねぎ塩ラーメン(牛タン増し) 1000円

一昨日に続いての東京出張時に、「東京ラーメンストリート」にて昼食を。
11時40分過ぎの到着で、既に10名以上並んでいる店が多かった中で、4名待ちと比較的行列が短かった「き蔵」で食べることに。
この店で食べるのはこれで2回目で、前回訪問時(H25.10.3)には、牛タン2枚入りの「仙台牛タンねぎ塩ラーメン」980円を食べたのだが、これが最低価格メニューというのはキビしかったのか、「仙台牛タンねぎ塩ラーメン」は、牛タン1枚になって、その代わり830円に値下げされていた。
でも、私としては、主役の牛タンを堪能したかったので、「牛タンねぎ塩ラーメン(牛タン増し)」を。
出てきたのはこちら。Rps20150218_1153

豚骨や牛すじなどを使用した淡麗系塩味のスープは、わりとしょっぱめ。
麺は平たい中太麺。
具に関しては、まず牛タンは、柔らかく煮込まれていて◎。
他に大量のみじん切りネギ・キクラゲ・白ゴマ・粗びき黒胡椒・ゴマ油。
すべてが(キクラゲは謎だが)、牛タンをおいしく味わうための舞台装置のように思われた。

また、牛タンの上にのっているニンニクペーストを溶かし込むと、味が濃い方にシフト。
あまり味変化の必要性は感じなかったのだが、逆に邪魔な存在でもなかった。

1000円という価格は、牛タンの質を考えれば、相応のものなのかもしれないが、ラーメンの価格としてはやはり少し高く感じるし、それが他の店よりはすいている要因になっているのかもしれない。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 10:30-22:00LO
公式HP 東京ラーメンストリート:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

茉莉蔵(まりぞう)<新潟>

【43】茉莉蔵(まりぞう)<新潟>⑱
岩海苔担々麺 950円 + 半ライス(平日ランチタイムサービス)

今回は「岩海苔担々麺」の方を。Rps20150217_1224

やはり岩海苔とスープの相性が抜群。
また、スープの中のひき肉は、〆で雑炊にした際に、特に存在意義大。


新潟市中央区米山2-9-7
月休 11:00-13:30LO 18:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

纏(まとい)<東京>

【42】纏(まとい)<東京>⑥
平子煮干しそば 700円

東京出張から新潟に帰る途中の空き時間にて。
一番よく食べている「烏賊干し塩つけ麺」は売り切れだったので、初めての「平子煮干しそば」を。
出てきたのはこちら。Rps20150216_2024

スープは、煮干油の層で覆われていて、熱々。
また、煮干はしっかり効いているものの、苦みやえぐみはあまり感じない。
麺は硬めの細ストレート麺。ただし、煮干系でよく見かけるパツンパツン系ではなく、普通に硬めのもの。
具は、大判チャーシュー・メンマ・刻みネギ・三つ葉。

感想。かなり個性的な「烏賊」系とは違って、オーソドックスにおいしい一杯だった。


新橋駅烏森口3分
日休 11:00-15:30 17:30-22:30(土-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソラノイロ salt & mushroom<東京>

【41】ソラノイロ salt & mushroom<東京>⑤
特製塩煮干そば 1000円

東京出張時に訪問。
これまではいつも夜訪問して、行列に遭遇したことはなかったのだが、本日は12時10分頃の到着で前6名待ちで、食べ始めるまでに約20分の待ち。
食べたのは、ほぼ毎回食べている「特製塩煮干そば」で、これを中盛(並と同料金)で。
出てきた「特製塩煮干そば」に、ランチタイムサービスで無料の九条ネギを増量したものはこちら。Rps20150216_1228

新潟では見かけない(私の知る限りでは)塩煮干スープをはじめとして、具もすばらしく、スープも含めて完食。


有楽町線麹町駅3番出口30秒
日休 11:30-15:00LO 18:00-22:15LO(土祝11:30-15:30LO)
公式HP http://www.soranoiro01.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

そばよし<新潟>

【40】そばよし<新潟>①
チャーシューメン 780円

来月開業の北陸新幹線に試乗する機会を得て、上越妙高駅(脇野田駅が移転・改称)へ。
食べログで検索したところ、脇野田駅から徒歩圏内に1軒だけ「げたや」というラーメン屋があるようだったので、昼食をそこで摂る予定で出かけたのだが、雪の積もる中、片道10分以上かけてたどり着いたところ、残念ながら閉店(食べログには閉店情報をあげておきました)。
脇野田駅周辺には、他に食堂や食料を売っている店が見当たらなかったので、昼食ぬきで北陸新幹線に。しかも、新幹線で金沢まで往復したものの、新幹線改札から外には出られなかったので、空腹をかかえたまま、上越妙高駅まで戻ってくる破目に。

そんなこんなで、上越妙高駅から新潟駅への帰途にある柏崎駅で途中下車して、たいへん遅い時刻に昼食を摂るべく訪れたのがこの「そばよし」。
柏崎駅からは徒歩5分くらいで、外観は(内観も)昭和の食堂風。
実際、ラーメンがメインではあるようなのだが、他のお客さんのオーダーは、ラーメンだけでなく、焼きそば・つけ麺・チャーハンなどにも分散していた。
そんな中で、私が食べたのは「チャーシューメン」。
出てきたのはこちら。Rps20150215_1711

まず目を惹くのが、浅くて口径の大きい丼の表面を覆いつくすチャーシューで、脂身が少なくて硬めの食感の大判のものが6枚。
スープは、店のイメージどおりのクラシックな鶏ガラ醤油で、麺は中細麺。
具は、他に海苔・メンマ・白ネギ・なると。

チャーシューをスープに浸しつつ、また、中盤で卓上の黒胡椒を使用して変化をつけつつ、最終的にはスープも含めて完食。

店によっては、デフォルトのラーメンでもこれくらい(780円)することもあるこのご時世で、この価格でこのボリュームのチャーシューメンを食べられるというのはありがたい限りで、大満足。


柏崎市駅前2-1-70
火休 11:00-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

北陸道名立谷浜SA(下り)<新潟>

【39】北陸道名立谷浜SA(下り)<新潟>①
するてんラーメン 680円

出張先の北陸道名立谷浜SA(下り)のスナックコーナーにて「するてんラーメン」を。
※同行者ありのため、写真撮影自粛

ベースとなっているのは、あっさり系の塩ラーメン。
麺は中太麺。
具は、するめのゲソの部分の天ぷらがたっぷりとワカメ・さやえんどう・白ネギ。また、丼の縁には、この地区の名産である唐辛子味噌「かんずり」が添えられている。

感想。
「するてん」と「かんずり」のインパクトが大。
ベースのスープが、かなりあっさり系なのは、「するてん」の油が加わることも計算のうえなのかもしれない。
一方、「かんずり」は、半量程度溶かし込んだだけでもスープがピリリと引き締まったので、全部投入すると単なる辛いラーメンになるおそれも。


北陸自動車道名立谷浜SA(下り)(新潟県上越市)
無休 7:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

北陸道有磯海(ありそうみ)SA(下り)<富山>

【38】北陸道有磯海(ありそうみ)SA(下り)<富山>①
富山ブラックラーメン 900円

出張先の北陸道有磯海(ありそうみ)SA(下り)のスナックコーナーにて「富山ブラックラーメン」を。
※同行者ありのため、写真撮影自粛
スープは真っ黒で、しょっぱいことはしょっぱいのだが、醤油と並んでしょっぱさの要因となるべき黒胡椒がそれほどかかっていないので、「GOIN GOIN@新潟」「だらんま@東京(神田)」(※いずれも既に閉店)ほどではない。
なので、卓上の粗挽き黒胡椒を投入したら、私のイメージに近づいた。
あと、具は、味玉入りで、チャーシューも小ぶりながらたくさん入っていてと充実はしていたのだが、それでも100円くらい割高な印象。


北陸自動車道有磯海SA(下り)(富山県魚津市)
無休 24H営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

麺や 来味<新潟>

【37】麺や 来味<新潟> (77)
平子煮干しらぁ麺 756円→540円(クーポンサービス)

11時2分頃の到着で、数分後には満席になり、退出時には20名規模の大行列という盛況。
食べたのは2・3月限定の「平子煮干しらぁ麺」。
出てきたのはこちら。Rps20150211_1119

まずは、すべての具が別皿で、「かけラーメン」の状態で提供される。
スープは、平子煮干し・羅臼昆布・丸鶏などで出汁をとったもので、そのまま食べると、煮干&鶏のバランスのとれた旨みを、ストレートに堪能することができる。
具の必要性を感じなかったので、3分の1くらいは、具を投入せずに食べ進んだ。
具は、チャーシュー・メンマ・海苔・白髪ネギ・メンマで、今回は得意の毬麩はお休み。
具を投入後は、やや平凡になってしまったが、それでもスープも含めて完食。


新潟市東区大形本町5-6-6
無休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

青島食堂 司菜 南万代店<新潟>

【36】青島食堂 司菜 南万代店<新潟>③
青島チャーシュー820円 + のり50円

今回も「青島チャーシュー」海苔増しを。Rps20150210_1221

卓上のミル入り粗びき黒胡椒を使用。

本日は、到着時点で数席空いていて、後客も2名のみとすいていた。
隣りに食堂がオープンした影響もあるのかもしれない。


新潟市中央区南万代町2-14
月休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

一心亭 新潟分店<新潟>

【35】一心亭 新潟分店<新潟>②
ランチセットA(ラーメン+替え玉×2) 648円

今回も2回替え玉ができる「ランチセットA」を。Rps20150209_1217

※写真は、デフォルトのラーメンに、無料サービスのゆで玉子を加えた状態。

今回は次のとおりカスタマイズ。

当初:麺かため、茹で玉子・醤油ダレ・白ゴマ
替え玉①:麺かため、マー油・青ネギ
替え玉2:麺バリカタ、カレー粉・鷹の爪・生卵


新潟市中央区東大通1-5-8
日休 19:00-26:00(金土-27:00)
※昼営業時間不明(ただし、H27.4までで昼営業取りやめ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

源次郎<新潟>

【34】源次郎<新潟>①
けにじろう680円 + 味玉(クーポンサービス)

ラーメン本のクーポンにつられて初訪問。
オーダーしたのは、二郎インスパイア系の「けにじろう」。
※このメニューに関しては写真無し

背脂の自然な甘みを活かしたスープともやし・キャベツだけでなく笹切りネギも加えた野菜の山は○。
問題は、かなり細くて、しかも柔らかめの麺で、完全にスープに負けている。
また、ニンニク無しなのも物足りない(30円で追加トッピングできるが)。
「ライトな二郎系」を標榜しているだけに、謳い文句どおりということになるのかもしれないが、やはり「じろう」と名付けるからには、極太ワシワシ麺とニンニクは外せないと思うのだが。

以上のような感想なので、このメニューを再食することは、おそらく無いかと。
ただし、「油そば」や期間限定の「らーめん2(醤油ダレで炒めた野菜入り)」など他に気になるメニューもあったので、この店を再訪することはありそう。


新潟市西区寺尾台3-22-2
月・第3日休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

こんごう<新潟>

【33】こんごう<新潟>⑱
鯨味噌ラーメン880円 + 煮干飯10円(ランチタイムサービス)

期間限定で「鯨味噌ラーメン」が登場していたので、それを。Rps20150206_1220

まずスープだが、出汁は鯨肉そのものではなく、鯨の皮の脂を煮込んでとったもののようなので、「鯨香味油入り味噌ラーメン」というのが、実態に即した表現になるのではないかと思われる。
ただし、クセを消すためか?千切りのミョウガがたっぷり入っているし、ベースも味噌味なので、鯨風味というのは、私の舌ではあまり感じられなかった。

一方、具の方では、鯨の赤味と皮付き脂身が入っていて、存在感あり。赤味の方は、ビーフジャーキー風でおいしかったし、脂身の方は、コリコリした食感がおもしろかった。
具は、他に岩海苔・水菜・メンマ等。
あと、麺はいつもの細麺で、味噌ラーメンにはやや不向きではないかと。

総じて、「おいしい」というよりは、「珍しい」という印象が強い一杯だった。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
平日(月は休み※H27.7現在)のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

長三郎鮨<新潟>

【32】長三郎鮨<新潟>①
支那そば 650円

佐渡出張時に訪問。
寿司屋なのだが、ラーメンも評判で、さらに定食類もあってというオールマイティーな店。

私が食べたのは「支那そば」。
※同僚と一緒だったので、写真撮影自粛。
スープは淡麗系の醤油味。
麺は中細麺で、具はチャーシュー×2・細切りメンマ・かまぼこ・白ネギ。
シンプルながら、ストレートな旨みで、○な一杯だった。


佐渡市新穂81-4
第2・4月、第1・3・5日休 11:00-22:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>

【31】手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>①
濃厚煮干中華750円 + 小ご飯(ランチタイムサービス) + 生卵50円

新潟駅南にある「八」が、新潟駅前にも支店を出したと知り、初訪問。
昼のみの営業となっているのは、昼はラーメン屋「八」・夜は焼き肉屋「にく舞台」(ラーメン類も提供)という二毛作の営業形態のため。

駅南の本店?と同様、煮干しを前面に出しているのが特徴で、ラーメン・つけ麺のそれぞれに関して「煮干中華」と「濃厚煮干中華」の2系統がある。

駅南店では、ほとんど濃厚ではない方を食べているので、こちらでは「濃厚煮干中華」をチョイス。
出てきたのはこちら。Rps20150203_1222

スープは、系統としては、よくある濃厚魚介豚骨醤油なのだが、煮干がかなり効いているので、美味。
麺は中太麺。
具は2種のチャーシューとメンマ、海苔、白ネギ、柚子。

後半は、「煮干しスープには胡椒よりも七味」というポリシーに従って、卓上の七味を投入。
なかなかおいしい一杯だったので、私の平日の昼食のr-テーションの一角に加わりそう。

また、半ライスがランチタイムサービスだったので、生卵を付けて、ラーメンのスープを利用してTKGに。
駅南店ではこれに卓上の醤油も加えて、おいしい煮干風味TKGを味わっていたのだが、こちらでは卓上に醤油が無く、薄味になってしまうのは残念。


新潟市中央区弁天3-1-20
日休 11:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【30】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>⑤
ホワイトチーズカレーラーメン(冬季限定)880円→780円(クーポンサービス) + 半ライス(ランチタイムサービス)

今回の提供期間中4度目の「ホワイトチーズカレーラーメン」を。
今回は、麺は細麺で。Rps20150202_1222

他店だと、中細麺or中太麺と呼ぶのではないかと思われるくらいの太さで、これくらいがスープに合っていると感じた。

あと、今回は前回もらったクーポンで100円引き。
そのクーポンのフォーマットが、駅南の「蔵」とそっくりで、同じ系列(「キタカタグループ」)であることが、よくわかる。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

奥村家<新潟>

【29】奥村家<新潟> ⑪
塩とんこつ750円→650円(クーポンサービス) + のり増し100円 + キャベチャー120円

いつもは豚骨醤油味の「らーめん」なのだが、今日は気分を変えて「塩とんこつ」の方を。
出てきた「塩とんこつ」のり増しはこちら。Rps20150201_1114

(写真右は「キャベチャー」)
スープは、「らーめん」よりもさらりとしていて、濁ってはいるものの、あっさり系の趣き。
麺は、太麺(細麺も可)・かためでおねがいしたのだが、このスープなら、細麺もありかも。
具では、「らーめん」には無いメンマも。

総じて、家系の印象からは離れるが、おいしい一杯ではあった。

あと、こちらは次女が食べた「らーめん」690円。Rps20150201_1113

細麺・紅生姜ぬきでおねがいしたもの。
なお、細麺を選択すると、紅生姜が標準装備されるようだ。


新潟市東区南紫竹2-6-28
水休 11:00-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »