« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

麺や 来味<新潟>

【116】麺や 来味<新潟> (78)
佐渡の深海塩(みしお)を使ったしじみ塩らぁ麺 756円→432円(クーポンサービス)

期間限定の「佐渡の深海塩(みしお)を使ったしじみ塩らぁ麺」を。Rps20150430_1427

この店の限定ではよく見かける白ネギ以外の具は別皿で提供されるというスタイル。
まず、しじみ出汁×佐渡の深海塩(みしお)のタレ(=佐渡海洋深層水から精製した塩)のスープを啜ってみると、おいしいことはおいしいのだが、さすがにあっさりしすぎていて、具無しでスープがグイグイ進むというほどではないように感じたので、早々に別皿の具を投入。
具は、厚切りチャーシュー・毬麩・メンマ・小松菜・海苔といった構成で、チャーシューが立派なのは、基本的には歓迎なのだが、あっさりスープにはややミスマッチなように感じた。
麺は、柔らかめの極細麺。
太さはこれくらいでよいのかもしれないが、茹で加減はもう少し硬めの方が、私としては好み。

感想。最近の限定の中では目新しい部類ではあるのだが、私の好みからすると、この店の限定の中で中の上くらいの水準だと感じた。出汁ガラでもよいので、しじみが具としても入っていれば、もう少し評価が上がったかもしれないのだが。


新潟市東区大形本町5-6-6
無休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋魂(じこん)<新潟>

【115】滋魂(じこん)<新潟>⑪
中華そば700円 + 岩海苔→クーポンサービス + 玉ねぎ80円

13時40分の到着でも満席だったが、ほどなく着席できた。
食べたのは「中華そば」+岩海苔+玉ねぎ。Rps20150430_1356


脂加減は「中脂」にしたのだが、それでもなかなかのギトギト度。これより多い大脂や鬼脂にしたら、どうなってしまうのか?
でも、たっぷりの岩海苔と追加トッピングで増量された玉ねぎがよい中和剤となって、おいしく食べ進むことができた。


新潟市東区松崎1-1-28
不定休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

あじゃあじゃ<新潟>

【114】あじゃあじゃ<新潟>②
あじゃあじゃめん(ゴロチャーシューめん) 880円

再度の佐渡出張。
両津港から徒歩10分強のところにある「福来亭」を「食べログ」でピックアップして訪問したものの、営業時間11:30~18:00のはずが、14:10頃の到着で、営業しておらず。
中休みありだったのか?or不定休に当たってしまったのか?
そこで、港に引き返して、フェリーターミナル内の「あじゃあじゃ」を、今月初めに続いて訪問。
食べたのは「あじゃあじゃめん」。
これは、固定的なメニューではなく、期間限定メニューの総称のようで、現在は「ゴロチャーシューめん」。
出てきたのはこちら。Rps20150428_1422

「主役」は、チャシューっていうか角煮がゴロンと3つ。
スープは、あっさり系のスープにラー油がたっぷりで、これは、ラー油で出汁が消えてしまう面もあって良し悪し。
麺は細麺。
具は、他に茹で玉子半分・水菜・白ネギのみ。
具にもうひとひねりほしい気もするが、角煮のボリュームを考えると、価格的にはこんなものか。


佐渡市(両津港佐渡汽船ターミナル1F)
無休 8:00-18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

TOKYO味噌ラーメン 江戸甘 東京駅店<東京>

【113】TOKYO味噌ラーメン 江戸甘 東京駅店<東京> ⑱
喜多方らーめん 塩 800円

東京出張帰りに、東京駅で時間の余裕があったので、急遽訪問。
いつもなら肉「そば(チャーシューメン)」にして、さらに肉味噌付きの小ライスも付けるのだが、飲み会後だったので、「喜多方らーめん 塩」単品で。
また、これまではなかった中盛や大盛も同料金というサービスも始められていたのだが、同様の理由により、並で。
出てきたのはこちら。Rps20150427_2127


残念だったのが、接客。
日本語が得意ではない外国人店員によるALLタメ口接客で、お客さんの「ごちそうさま」もスルー。
母体である名店「七彩@都立家政」の店主は、このていたらくをご存じなのだろうか?


※既に閉店(H27.7記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮干そば 流(る)。

【112】煮干そば 流(る)。①
煮干そば690円 + メンマめし100円

東京出張時に。
単身赴任していた頃、よく訪問していた「HAJIME」を訪れる心づもりだったのだが、同じ十条で気になる店をネット上で発見したため、その店=「流(る)。」を訪問することに。

食べたのは、看板メニューの「煮干そば」。Rps20150427_1248

まずスープだが、煮干醤油味で、しっかり煮干が効いているものの、苦みなどは無い飲みやすいタイプ。
麺は、煮干系では定番のパツンパツンの細ストレート麺ではなく、ツルツルの平たい中太麺。これが意外とスープに合っていて、個性的な煮干ラーメンに仕上がっている。
具は、チャーシュー2種類と玉ねぎ・なると・メンマ・刻みネギ。
また、卓上には胡椒に加えて一味唐辛子も。

玉ねぎや一味唐辛子など煮干系には不可欠と私が思っているアイテムがしっかり用意されているのはさすがだし、スープも飲みやすかったので、9割飲み進んだ。

また、写真右の「メンマめし」は、通常価格200円のところが、15時までのランチタイムサービスで100円。
粗挽きの黒胡椒などで適度な味付けが施されており、通常価格でも納得できる一品だった。


京浜東北線東十条駅南口7分
火休 11:00-18:00(売り切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

麺屋 空<新潟>

【111】麺屋 空<新潟>⑱
空麺(しお)780円→580円(クーポンサービス) + まかない飯(チャキマヨ)250円

「高い」と文句を言いつつも、雑誌やラーメン本などによく割引クーポンを提供しているので、それに釣られて、訪問を重ねているのがこの店。
今回も200円引きのクーポン利用前提で訪問し、基本メニューの「空麺(しお)」をオーダー。
出てきたのはこちら。Rps20150426_1124

スープには、海老油が浮かんでいて、それだけでも海老の香りと風味が豊かなのだが、具としても桜海老が入っていて、海老度を上乗せ。
ちょうど昨日も北陸道有磯海SAで、似たタイプの「白
えびらーめん」を食べたのだが、そちらと比べると、海老の立派さに魅力を感じる「白えび」に対して、こちらは、海老では劣るものの、スープ自体の旨みでは上回っていて、スープを飲み干すことに。
また、こちらは私が食べたサイドメニューの「まかない飯(チャキマヨ)」(写真手前)と娘が食べた「つけ麺」780円(写真奥)。Rps20150426_1127

「チャキマヨ」の方は、あえて?キャベツの芯の部分を使っているのが、濃いめのタレとマッチしている。
「つけ麺」の方は、「空麺」と同価格ながら、

今回も「空麺(しお)」を。
今回初めて知ったのだが、スープは豚骨(げんこつ)&魚介系(焼きアジ・煮干)だとのこと。濁りもなく、豚骨としては、かなりあっさり系に属するものと思われる。

一方、こちらは「まかない飯」。
以前は、まかない飯は週替わりくらいだったように思うのだが、最近はいつ行っても「チャキマヨ」のような。
でも、この「チャキマヨ」キャベツと醤油ダレの相性が良くて、かなりおいしい。

それから、こちらは次女が食べた「つけ麺」780円。
「空麺」と同価格ながら、大ぶりな角切りチャーシュー数個や半味玉入りで、こちらの方はコストパフォーマンスが高い。


新潟市江南区茜ヶ丘7-3
無休 11:00-15:00 17:00-22:00(日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

北陸道有磯海(ありそうみ)SA(下り)<富山>

【110】北陸道有磯海(ありそうみ)SA(下り)<富山>①
白えびらーめん 750円

出張先の北陸道有磯海(ありそうみ)SA(下り)のスナックコーナーにて。
このSAには、2月にも来ていて、その時には「富山ブラックラーメン」を食べたのだが、今回は「白えびらーめん」を。
出てきたのはこちら。Rps20150425_1328

透明度の高い淡麗スープは、10尾以上入っている白海老の風味をうまく引き立ててくれる。
麺は太麺で、淡麗スープに合うのか?と思ったのだが、食べてみると、意外と好相性。
具は、白海老の他にわかめ・メンマ・白ネギ。

前回の「富山ブラックラーメン」に関しては、かなり割高に感じたのだが、「白えびらーめん」の方は、これだけ白海老が入っていてこの価格なら、十分に満足できる。


北陸自動車道有磯海SA(下り)(富山県魚津市)
無休 24H営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

こんごう<新潟>

【109】こんごう<新潟>(24)
焼きあご中華そば880円 + 煮干飯 小10円

期間限定の「焼きあご中華そば」を。Rps20150424_1217

レギュラーメニューの「焼きあご醤油」との相異がわからなかったので、店主さんにお尋ねしたところ(忙しいのところをに邪魔するのが申し訳ないので、ふだんは差し控えているのだが)、「通常の焼きあごスープ+たまり醤油のカエシ」だとのこと。
具の構成も通常の「焼きあご」とは異なっていて、チャーシュー×2・岩海苔・メンマ・なると等。

感想。シンプルにあご出汁を味わうことができる「焼きあご塩」に対して、「焼きあご中華そば」の方は、焼きあごと醤油&岩海苔のコンビネーションによって奥行きのある味わいを楽しむことができた。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00(「浦咲」)
火~金のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

忍<新潟>

【108】忍<新潟>⑧
背脂マーボー麺 750円→550円(クーポンサービス)

過半数のお客さんがオーダーしていると思われる「背脂マーボー麺」に初挑戦。Rps20150423_1220

スープというか餡は、ラー油の辛さと山椒のしびれがタッグを組んで、かなりサディスティックな味わい。
近くの「茉莉蔵」の「担々麺」よりも「カラシビ」度は高い(「茉莉蔵」の場合、しびれの方は、卓上の山椒使用なので、さじ加減一つではあるが)。
辛い物が得意ではない私としては、そのままだとギブアップしかねないレベルなのだが、背脂の甘みとたっぷりの豆腐が救世主。
麺は平太の縮れ麺。
具は、豆腐の他にひき肉・刻み玉ねぎ・白ネギ。

というわけで、辛い物好きでなくても無理なく食べられたのだが、辛さ中和用に半ライスを付けてもよかったかも。

あと、スープの底にひき肉や玉ねぎが沈んで残ってしまうので、できれば、「東横」などのように穴あきレンゲも用意してほしいところ。


新潟市中央区米山4-1-1
日休 11:00-14:45LO 18:00-20:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

石や瑳(いやさ)駅前店<新潟>

【107】石や瑳(いやさ) 駅前店<新潟>②
Cランチ 980円

「青島食堂 司祭 南万代店」を訪問したものの、6,7名の行列だったため断念。
そこで、この店に。

食べたのはCランチ。
ラーメン単品+250円でサラダ&小丼&餃子(3個)が付くかなりお得なセットで、ラーメンは醤油orとんこつ醤油、また小丼は小豚丼orミニカレーライスorミニチャーシュー丼から選択できる。

今回選んだ「とんこつ醤油ラーメン」+サラダ+小豚丼+餃子はこちら。Rps20150422_1233


まずラーメンは醤油強めの家系という印象のスープに中太麺。
具は、チャーシュー・半味玉・海苔・ほうれん草・メンマ・小ネギ。
また、小豚丼の方は、玉ねぎと煮込んだ豚こま肉に加えて、刻み海苔・紅しょうが・小ネギ・白ゴマ。

特別においしいというわけではないが、とにかくコストパフォーマンスが抜群で、こうなると、「岩海苔ラーメン」の920円がかなり割高に見えてくる。


新潟市中央区東大通1-6-4
無休 11:00-翌4:00(金土祝前日-翌5:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

一心亭 新潟分店<新潟>

【106】一心亭 新潟分店<新潟>⑤
ランチセットA(ラーメン+替え玉×2) 648円

今回も2回替え玉ができる「ランチセットA」を。

麺はいつもどおり、かため→かため→バリカタで。
各種カスタマイズアイテムは、茹で玉子×2・マー油・青ネギ・白ゴマ・カレー粉を使用。


※昼営業時間不明(ただし、H27.4までで昼営業取りやめ)

※(H27.10記)
夜の部開店直後の19時過ぎに訪問(先客2名)。
準備不足のままに開店を迎えてしまったのか、先客分の餃子は提供されたものの、15分たっても麺を茹で始める気配無し。念のため、私の分はまだ調理していないか確認したところ、事情説明も無く、当たり前という表情で「はい」。何分待てば出てくるのか見通せないありさまだったので、キャンセルして退店。昼の部では、遅くても数分で提供されていたのだが、夜の部は様子が違うようだ。

※本日訪問分(=昼の部)に関しては不満は無いのだが、昼の部が無くなり、夜の部は訪問する気になれないので、店舗情報・写真とも削除。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>

【105】手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>⑤
煮干つけめん(中盛り) 700円

今回は、濃厚ではない方のつけ麺=「煮干つけめん」を中盛り(つけ麺の場合、並と同料金)で。
※同行者ありのため写真撮影自粛(H27.3.20等参照)


新潟市中央区弁天3-1-20
日休 11:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

GOGO宝来軒<新潟>

【104】GOGO宝来軒<新潟>⑦
トクモヤシBlack 929円

出張先の上越にて、先々週に続いて訪問。
今回は、もやしたっぷりの「トクモヤシ」シリーズの中から、「トクモヤシBlack」をチョイス。
※同行者ありのため写真撮影自粛

スープは豚骨醤油で、これとたっぷりのマー油が見事にコラボ。
麺は中太麺。
具は、もやしだけでなくサイコロチャーシューもたっぷり。他に白ネギ・小ネギ・糸唐辛子など。

味に関しては満足で、スープも9割ほど飲み進んだのだが、問題は価格。
前回の「上越ツケル中華ソバ(918円)」に関しては、「高いが致し方無し」と書いたが、こちらは100円以上割高に感じたので、「どこが『トク』やねん」とツッコミたくなる。


上越市藤野新田375-1
火休 11:00-15:30 17:00-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

バルム食堂<新潟>

【103】バルム食堂<新潟>⑦
カリーら~麺 756円→556円(クーポンサービス) + 半ライス ランチタイムサービス

13時50分頃、訪問。
この時間帯だと、お客さんの入りは半分程度だったのだが、それでも提供までの待ち時間は二十数分と長め。
食べたのは「カリーら~麺」で、辛さは普通・麺は太麺でおねがいした。
出てきたのはこちら。Rps20150418_1412

麺に関しては、「カリーら~麺」の場合には細麺にすることが多かったのだが、太麺もなかなかの相性だった。「ら~麺」と「カリーら~麺」の2種類だけなのに太麺と細麺を用意していて、「ら~麺」には細麺の方が合っていそうなので、「カリーら~麺」には太麺ということなのかもしれないと思ったりもした。

なお、価格は、消費税率引き上げ時にUPしたのに続いて、税抜でさらに50円UPしていた。
消費税率引き上げ時にどさくさまぎれで便乗値上げするのではなく、ちゃんと切り分けて2段階で値上げするのは潔いやり方だと思うし、元の価格が安かったので、再値上げ後でも高いとは思わないが、しばらくはこの価格でがんばっていただければ(とはいうものの、消費税率の再引き上げがあるかもしれないが)と思った。


新潟市東区粟山1-22-1
水休(祝翌日) 11:30-14:30LO 18:00-21:00LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【102】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>⑨
えび三昧 850円

季節限定メニューとして「えび三昧」が登場していたので、海老好きの私としては飛びついた。
出てきた「えび三昧」はこちら。Rps20150417_1223

殻付き海老&海老ワンタン&海老団子と海老関連の具が勢ぞろいしているのに加えて、スープにも赤い海老油が浮かんでいて、ネーミングのとおり「えび三昧」で大満足。
透明度の高い塩味清湯のスープも海老を味わうのに適している。
また、太麺or細麺の選択式の麺に関しては、本日は太麺にしたのだが、海老の引き立て役としては、細麺の方がよかったのかもしれない。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

ホームラン食堂<新潟>

【101】ホームラン食堂<新潟>⑦
煮干鰮そば焼き飯セット800円 + 肉増し60円

今回は「煮干鰮そば焼き飯セット」の方を肉増しで。
焼き飯は、紅生姜ぬきでおねがいした。Rps20150415_1215

※焼き飯の写真は省略。

なお、煮干ということで、卓上調味料は、胡椒ではなく、一味唐辛子の方を使用した。


新潟市中央区弁天2-1-29
日休 11:00-25:00(金土祝前日-26:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

こんごう<新潟>

【100】こんごう<新潟>(23)
潮ラーメン 790円

「潮ラーメン」を。Rps20150414_1221

この「潮ラーメン」に豚トロチャーシューや岩海苔を追加した豪華版が「特別潮ラーメン」で、西区の「浦咲」本店で一番多く食べていたのだが、本店と駅前店でメニューはほぼ共通している中にあって、「特別潮ラーメン」は本店限定のようだ。

まあ、こちらの「潮ラーメン」も、プリプリの小海老×3、チャーシュー×2などそれなりに充実しているし、スープも美味なので、本日もスープまで飲み干したのだが。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00(「浦咲」)
火~金のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

東横 笹口店<新潟>

【99】東横 笹口店<新潟>④
特製野菜味噌960円 + 煮玉子(クーポンサービス)

前回同様「特製野菜味噌」を背脂入り(「こってり」)、クーポンサービスの煮玉子付きで。Rps20150413_1233


私としては、しょっぱいスープの中にあって、背脂の自然な甘みが心地よい。
また、麺は、ブランド小麦「春よ恋」を使用しているそうだ。


新潟市中央区南笹口1-1-38
無休 11:00-21:50(火-14:00 日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

源次郎<新潟>

【98】源次郎<新潟>②
油そば680円→580円(クーポンサービス) + 専用ライス100円

前回の初訪問時に食べた「けにじろう」は口に合わなかったのだが、ラーメン本のクーポンがまだあったし、前回、「油そば」や期間限定の「らーめん2」などのメニューが気になったので、再訪。
今回は「油そば」を「専用ライス」付きで。
出てきたのはこちら。Rps20150412_1120

辛味のある背脂醤油ダレ×太麺ということで、まず、土台がしっかりしている。
麺に関しては、「けにじろう」もこれくらいの太麺なら良かったのにと思わせられる好みのタイプ。
具は、チャーシュー×3・温玉・もやし・笹切りねき・メンマ。
いずれもたっぷり入っているのだが、種類は乏しいので、後半やや飽きてくる。
また、最初から濃いめの味付けなので、卓上調味料による味のカスタマイズがしづらい点もマイナスなのだが、そんな中で、温玉によるマイルド方向への味変化は○。

一方、油そば専用ライス(写真右)は、単なるライスではなく、岩海苔・小ねぎ・白ゴマ入り辛味噌がのっているスグレモノ。
油そばの方の醤油ダレ・背脂・温玉と岩海苔、そして辛味噌の相性が抜群で、ライスが進む。

というわけで、「油そば」自体に関しては、一長一短あったのだが、専用ライスが◎だし、「油そば」の単調さに関しては、ニンニク(30円)や玉ねぎ(60円)などの安価な追加トッピングで補うこともできそうなので、専用ライス付き・追加トッピングありで再食する可能性大。


新潟市西区寺尾台3-22-2
月・第3日休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

火山<新潟>

【97】火山<新潟>⑤
石焼野菜赤味噌らーめん 972円→872円(クーポンサービス)

前回は石焼野菜の醤油を食べたので、今回は味噌の方を。
どうやら、石焼野菜の中でも味噌が一押しのようで、メニューの半分のスペースが味噌だし、味噌だけで「完熟味噌」「白味噌」「赤味噌」の3種類も用意されている。
その中で私が選んだのは、「熟成味噌のコクと香りの濃厚スープ」が謳い文句の「石焼野菜赤味噌らーめん」。
例によってグツグツ煮立っている状態の写真がこちら。Rps20150411_1107

味噌の場合、煮立っている時の香ばしさは格別で、これが一押しとなっているのも頷ける。
後半、煮詰まって、ややしょっぱくなってきた段階で、口直しに付属のライスも併せて食べ進むと、これがまた良し。

なお、期間限定で「石焼春野菜あさりとキャベツのクリームとんこつらーめん」というのも登場していたので、できればそちらも食べてみたい。


新潟市中央区弁天橋通1-3-1
無休 11:00-24:00
公式HP http://www.ishiyaki.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>

【96】三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>⑯
チャーシューメン(並) 750円

満席だったのだが、回転が速いので、数分で着席。
食べたのはいつもどおり「チャーシューメン(並)」。Rps20150410_1216


職場から近いこともあって、月2~3回ペースで訪問していたのだが、やや飽きてきたようで、1ヶ月弱ぶりの訪問となり、飲み干すことが多かったスープも飲み残した。


新潟市中央区米山1-6-10
火休 11:00-14:00 17:30-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

茉莉蔵(まりぞう)<新潟>

【95】茉莉蔵(まりぞう)<新潟>⑲
岩海苔担々麺 950円 + 半ライス(平日ランチタイムサービス)

昼前の仕事が長引いて、遅めのランチとなったので、そろそろ空いているのでは?との期待のもとに「忍」を訪問したのだが、13時少し前でも外待ち2名だったので、断念。
そこで「茉莉蔵」へ。
食べたのは前回同様「岩海苔担々麺」。Rps20150409_1308

辛いのが得意ではない私でも対応できるレベルのほどほどの辛さが心地よい。


新潟市中央区米山2-9-7
月休 11:00-13:30LO 18:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

GOGO宝来軒<新潟>

【94】GOGO宝来軒<新潟>⑥
上越ツケル中華ソバ 918円

出張途中で上越にて昼食。
私としては、上越と言えばまずは「あごすけ」なのだが、あいにく定休日。
なので、この店を2年半以上ぶりに訪問。

食べたのは、前回訪問時に食べて気に入った「上越ツケル中華ソバ」。
出てきたのはこちら。Rps20150408_1148gg

つけダレは、まずは熱々の状態で出てくる。
味的には淡麗醤油味なのだが、結構な量の油の層があるので、決してあっさりではない。
麺は中太麺で、具は炙りチャーシュー×3・たっぷりの生玉ねぎ・半味玉・小ネギ・海苔・メンマ、そして味変化用の醤油味のおろし生姜も。さらに、別皿でこれも味変化用の大根おろしも。

味変化に関しては、まずはおろし生姜を投入すると、オイリーさが薄れてすっきりした味わいに。
続いて、大根おろしも投入すると、さらに穏やかな味わいになるとともに、冷たいつけダレに変身。この温度変化というのは、斬新。
暑い時期なら、冷たいままで、涼しく食べ終わるのもよいのだろうが、まだ4月上旬ということで、スープ割りで再び温かくしてもらって終了。

価格的には、2年半前の880円でも「高い」と書いていたのだが、消費税率引き上げなどに伴ってさらにUP。、ただ、具も充実しているし、これだけ味変化&温度変化で楽しませてくれるのであれば、900円超えも致し方無いか。


上越市藤野新田375-1
火休 11:00-15:30 17:00-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【93】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>⑧
つけめん(魚介豚骨味)896円→スタンプカードで無料サービス

7個スタンプを集めると1杯無料になる店のスタンプカードで、本日はレギュラーメニューのうちで好きなものが無料。
なので、レギュラーメニューの中でも高めの「つけめん」をサービスしてもらうことに。
「つけめん」は2種類あって、前回白ゴマ味を食べたので、今回は魚介豚骨味の方を。
また、麺は迷わず太麺(or細麺)で。
出てきたのはこちら。Rps20150407_1223

まず、つけダレだが、以前よく食べていた醤油味が無くなって、後継?が魚介豚骨味ということで、今の主流である豚骨が濃厚なドロドロ系だと口に合わないかもと危惧していたのだが、幸い濃度も粘度もほどほどで、食べやすいつけ麺だと思った。
そして、麺はこの店自慢の柿ポリフェノール入りのシコシコ太麺で◎。
具は、刻みチャーシュー3切れともやし&ネギなどの野菜
・メンマ・海苔・なると。

本日は無料サービスなので、価格面での文句は控えるべきなのかもしれないが、やはり定価だと100円以上高いように感じる。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

チラナイサクラ<東京>

【92】チラナイサクラ<東京>②
中華そば750円 + 深川めし150円(セット価格)

東京出張時に訪問。
奮発して、4種のチャーシューを味わえる「特選チャーシュー麺」1200円をと思っていたのだが、残念ながら売り切れ。
そこで、基本の「中華そば」とラーメンとセットだと150円になる(単品価格300円)「深川めし」を。Rps20150406_1236

まずラーメンだが、キレのよいスープとそこにさらにアクセントを加えるネギペッパー(白髪ネギの胡椒あえ)が◎。
ご自慢のチャーシューは、鶏とベーコンの2種。
前者は良かったのだが、ベーコンは、9割以上脂身という極端なしろもの。あえてそのような部位を使っているのかどうかわからないが、赤身と脂身の対比をほとんど楽しむことができず、残念だった。

あと、「深川めし」の方は、思いのほか濃いめの味わいの炊き込みご飯だった。これは、カエシにあさりを使っている効果によるものなのかもしれない。

ちなみに、往路はJR上野駅から歩いたところ、広小路口から9分程度だった。


銀座線上野広小路駅A1出口2分
無休 11:00-29:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

しゃがららーめん 肉バカ<新潟>

【91】しゃがららーめん 肉バカ<新潟>⑥
ちゃーしゅうめん730円→530円(クーポンサービス) + とりだんご100円 + 鶏タレカツ丼150円

「ちゃーしゅうめん」+とりだんごトッピング+鶏タレカツ丼といういつもの組み合わせをオーダー。Rps20150404_1110

やはり、コストパフォーマンスは高い。

また、こちらは持ち帰り用の「きれはしチャーシュー」100円。Rps20150404_1244

3,4倍の価格でもおかしくないくらいのボリュームがあって、こちらも格安。


新潟市北区木崎尾山737-4
無休 11:00-21:30LO(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

忍<新潟>

【90】忍<新潟>⑦
岩のりらーめん860円→760円(クーポンサービス) + 玉ねぎ60円

佐渡から本土に戻った後に訪問。
これまで3回行列や臨時休業で、断念したりふられたりしてきたのだが、本日は12時45分過ぎというピークを少し過ぎた時間帯の訪問だったせいか、先客2と空いていた。

結果的に、この店で食べるのは1年数ヶ月ぶりとなったのだが、この間にメニューが絞り込まれたようで、私が好きだった「まぜそば」などはメニューから消えていた。
そこでオーダーしたのが「岩のりらーめん」。
出てきたのはこちら。Rps20150403_1255

「らーめん」に対してプラス210円になるだけのことはあって、岩海苔がどっさり。
ベースとなっているラーメンは、背脂&煮干のスープ×太麺の燕三条系。
ただし、醤油が弱めなのと麺もうどんのような極太とまではいかないので、ライトな燕三条系という印象。
また、具は他にチャーシュー・メンマ・ほうれん草・なると。
チャーシューは四角いものと巻いたものと2種類あって良かったのだが、この系統のラーメンには不可欠だと思っている玉ねぎが見当たらなかったので、追加オーダー。Rps20150403_1257


玉ねぎの追加トッピングありきで考えると、920円という高価格になるのがネックだが、味の面では満足できた。


新潟市中央区米山4-1-1
日休 11:00-14:45LO 18:00-20:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじゃあじゃ<新潟>

【89】あじゃあじゃ<新潟>①
塩ラーメン 620円

佐渡出張帰りの船の待ち時間にて。
昨日はフェリターミナル3Fの食堂(「海鮮横丁」)でラーメンを食べたのだが、本日は1Fでラーメン屋さんを発見したので、そちらで。
店名の「あじゃあじゃ」とは? と思ってネットで調べたところ、富山弁や韓国語でヒットする単語はあったのだが、しっくりこなかったので、由来は不明。

食べたのは「塩ラーメン」。Rps20150403_1051

まずスープだが、透明度の高いあっさり系で、赤味をおびた海老の香味油が良いアクセントに。
麺は細麺。
具は、チャーシュー(厚いもの&端っこ)・水菜・細切りキクラゲ・白ネギ。

昨日との比較になるが、メニューは意外とバリエーションがあったし、スープもさすがラーメン専門店と思わせるだけのものはあったので、両津港のフェリーターミナルでラーメンを食べるのなら、私としてはこちら。


佐渡市(両津港佐渡汽船ターミナル1F)
無休 8:00-18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

海鮮横丁<新潟>

【88】海鮮横丁<新潟>①
岩のりラーメン 800円

佐渡出張時に、両津港のフェリーターミナルにある食堂にて昼食。
「海鮮横丁」だけあって、海鮮系の丼物が中心のメニュー構成だったのだが、「岩のりラーメン」もあったので、そちらを。
※同行者ありのため、写真撮影自粛

スープは、業務用スープを使用しているのか?特徴の無い醤油味。
麺は、平たい太麺で、これは○。
具は、それなりの量の岩のりとポークソテー・かまぼこ等。
肉がポークソテーなのは、わざわざチャーシューを作る手間を省いたためなのかもしれないが、それはそれでよかった。


佐渡市(両津港佐渡汽船ターミナル3F)
無休 9:00-14:00(土日-15:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>

【87】手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>④
煮干中華 700円

運良く1席だけ空いていたので、すぐに着席。
食べたのは「煮干中華」。Rps20150401_1227

写真は、「煮干しスープには七味」というポリシーのもとに、卓上の七味を使用した後の状態。
同価格で、中盛りまで同料金の「煮干つけ麺」と比べると、若干コストパフォーマンスは劣るようにも思われるが、それでも、700円でチャーシュー二種(バラ&もも?)・ワンタンの皮など具も充実しているのだから、満足度は高い(もちろん味も)。


新潟市中央区弁天3-1-20
日休 11:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »