« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

真玄<新潟>

【147】真玄<新潟>⑩
汁無しげんじろう 700円→400円(クーポンサービス)

11時10分頃の到着で、前1人待ち。
回転が非常に遅くて、着席するまでに25分、食べ始めるまでにはさらに10分かかった。
並ばずに「来味」の味を楽しめるというのがこの店の強みだと思っていたのだが、並ぶようになったら、そして回転がこんなに遅いのでは、存在価値が低下する。

で、私が食べたのは「汁無しげんじろう」。Rps20150531_1144

薬味は、おろしニンニクorおろし生姜or辛味ニンニクから、おろしニンニクを選択。
付属の生卵は、これまでは最初に混ぜ込んだり、ライスを付けてTKGにしたりしていたのだが、今回は、「斑鳩(いかるが)@東京駅」での経験(H27.5.26)をふまえて、
別容器に溶いて、時々麺を浸して食べたら、やはり◎だった。

一方、こちらは娘が食べた「つけ麺」750円。Rps20150531_1145

新潟市江南区西町3-5-32
火休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月30日 (土)

心一家<新潟>

【146】心一家<新潟>⑯
豚骨醤油らーめん680円→380円(クーポンサービス) + のり7枚100円 + キャベチャー(冷)130円

今回も「豚骨醤油らーめん」麺かためを。Rps20150530_1109

これはこれでおいしかったのだが、前回訪問時に「店側も、『(塩の油は海老油なので)塩で油多めにすると海老風味が増す』と推奨しているので、1度試してみたいと思った。」と記していたのを失念してのオーダーだったので、次回こそ「塩」を。

一方、こちらは「キャベチャー(冷)」。Rps20150530_1105

冷or温から選べるのだが、「3~5月は冷がお薦め」という店側の推奨に従ったもの。
また、ラーメンのトッピングの海苔をちぎってのせたところ、非常にマッチした。


新潟市西区山田662-3
火休 11:00-14:45LO 17:30-20:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

ホームラン食堂<新潟>

【145】ホームラン食堂<新潟>⑨
煮干鰮そば焼き飯セット800円 + 肉増し60円

今回は「煮干鰮そば焼き飯セット」の方を肉増しで。Rps20150528_1221

※焼き飯の写真は省略。

650円でミニ豚丼が付くセットもあるのだが、150円高い焼き飯セットの方にオーダーが集中しているところに、この店のチャーハンの人気のほどがあらわれている。


新潟市中央区弁天2-1-29
日休 11:00-25:00(金土祝前日-26:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

中田製作所<新潟>

【144】中田製作所<新潟>③
つけめん790円→390円(クーポンサービス)

富山ブラック系の「らーめん」目当てで訪問したのだが・・・不覚にも、事前のリサーチ不足で、水曜日は、レギュラーメニューは休止で、限定メニューのみの日であることが判明。
これが、家から近い店だったら、日を改めることにするのだが、新潟市中心部から数十分かけて訪れただけに、引くに引けず、限定メニューを食べることに。
限定メニューのメインは「鶏煮干中華そば」のようだったのだが、食指が伸びず、結局「つけめん」を食べることに。
出てきたのはこちら。Rps20150527_1338

通常メニューの「つけめん」は食べたことが無いので、相異はわからないが、つけダレは、茶濁した醤油味。
ドロドロ系だと、私としてはNGなのだが、幸い、味は濃厚なものの、粘度はそれほど高くはなく、守備範囲。
また、ツルツルの太麺は◎。
具は、チャーシューと海苔・穂先メンマ・白ネギ・水菜?など。

うまくまとまってはいるものの、富山ブラック系のようなインパクトは無いオーソドックスな一杯だけに、片道数十分かけて訪問した甲斐があったかとなると。。。


五泉市三本木字早出3026
無休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

斑鳩(いかるが) 東京駅店 <東京>

【143】斑鳩(いかるが) 東京駅店 <東京> ⑧
三種のチーズまぜそば 880円

プライベートで上京した際の空き時間に訪問。
「七彩(江戸甘)」と「ほん田」が撤退してしまい、2軒少ない状態であったこともあって、18時過ぎという早い時間帯の訪問であったにもかかわらず、「ひるがお」は7,8名の行列。そこで、5名待ちと少しだけ行列が短い「斑鳩」に並ぶことに。
結果、並んでから食べ始めるまでの待ち時間は、20分強だった。

今回食べたのは、14時~限定の「三種のチーズまぜそば」。Rps20150526_1823

出てきたのはこちらで、写真左上のとおり、専用調味料(ガーリックチップ&酢)と食べ方説明書が付属してくる。
麺は中太の平打ち麺。
具では、まずネーミングにもある「3種のチーズ」は、粉チーズとピザ用のチーズは確認できたが、あと一つは?
そして、他にチャーシュー・水菜・クルトンと別添で生卵。
中ではクルトンのカリカリ食感が○。
また、生卵は、麺の上にのって出てきて、最初に混ぜ込んでしまうタイプのまぜそばがほとんどである中で、別容器なのがポイント。これだと、まぜそばの濃い味に口が疲れてきたら、別容器に溶いた生卵に麺を浸して、すき焼き風に味わうことができて、飽きがこない。
さらに、終盤では、卓上の柚子七味も使用して味変化。

というわけで、別容器の生卵など評価すべき点はあるのだが、まぜそばとしては具の種類が乏しいにもかかわらず、900円近い価格というのは100円くらい割高に感じた。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 11:00-22:00LO
公式HP 東京ラーメンストリート:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏そば 繁屋(はんや)<新潟>

【142】鶏そば 繁屋(はんや)<新潟>⑤
鶏そば 醤油 650円 + 鰹玉50円

この店では「鶏そば 塩」を食べることが多かったのだが、今回は初めて「鶏そば 醤油」の方を。また、味変化用の「玉」は「鰹玉」で。
出てきたのはこちら。Rps20150526_1220

まず、デフォルトの状態のスープは、オーソドックスな鶏ガラ清湯の醤油味なのだが、レトロ感の無い洗練された味わい。
そして、中盤で「鰹玉」を溶かし込むと、一気に鰹風味が支配して、純和風の味わいに。
「鰹玉」との相性でいえば、塩よりも醤油の方が上のように思われた。

あと、具に関しては、醤油と同様の構成のようで、600円台で半味玉や鶏だんご入りというのは、かなりコストパフォーマンスが高い。

新潟駅近辺で同じ鶏系だと、先日(5/22)訪問した「漢×2」が思い出されるが、駅からの距離は、こちらの方が遠いものの、こちらには鶏清湯と「玉」があるのが、強み。


新潟市中央区南笹口2-1-13
不定休 11:30-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

東横 笹口店<新潟>

【141】東横 笹口店<新潟>⑨
味噌つけ麺830円 + 煮玉子(クーポンサービス)

このところ「東横」ではラーメンばかり食べていたのだが、今回はつけ麺を。
つけ麺の場合、夏場は細麺のみになるのだが、この時期は太麺or細麺から選択できるので、今のうちにということで、太麺の方を。
出てきた「味噌つけ麺(太麺)」はこちら。Rps20150525_1232

つけダレは、すりゴマ・背脂入りの味噌味で、超しょっぱくて割りスープが付属する味噌ラーメンのスープよりも、むしろおとなしめ(あくまでも比較ればの話)の味わいに感じられた。
麺は、ブランド小麦「春よ恋」使用の太麺。通常のラーメンの麺との大きな相異は感じなかったが、わざわざ謳っているところをみると、つけ麺用の特製なのか?
具は、チャーシュー・もやし・キャベツ・なるととサービスの煮玉子。それほど充実しているわけではないので、800円超の価格は、割高に感じられた。
最後は、スープ割りをせずにつけダレを数杯飲んで終了。
スープ割りの可否は不明なのだが、そもそも、ラーメンにはデフォルトで割りスープが付いてきて、つけ麺には付いてこないというのは、この店ならではの逆転現象。

というわけで、価格はともかく、味の面では不満は無かったので、今後暑い時期には、再食可能性あり。

なお、本日は12時20分頃の到着で、後客ゼロとかなりすいていた。


新潟市中央区南笹口1-1-38
無休 11:00-21:50(火-14:00 日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

大空<新潟>

【140】大空<新潟>④
O-MEN(中)650円 + 味玉&海苔(クーポンサービス)

3度目の「O-MEN」を。
サイズに関しては、過去2回は野菜(≒もやし)の量800gの「大」にしていた(1回目は、そもそも「大」に相当するものしか無かった)のだが、今回は野菜の量を減らして、代わりに半味玉が入る「中」にした。

出てきた「O-MEN(中)」+味玉&海苔(ともにクーポンサービス)はこちら。Rps20150524_1123

野菜の山は、目分量で「大」の半分くらいになっていたが、今の私にはこれが適量。
極太麺は良い感じだった一方で、スープは醤油が強いのは良いのだが、背脂が溶け込んでギトギトなのが気になった。
具は、野菜の他にチャーシュー・味玉(クーポンサービス分と合わせて1個半)・海苔など。
チャーシューは硬めなのに半分以上脂身という苦手なタイプで×。一方、海苔は、濃い味&脂過多の中にあって、良い中和剤となってくれたので、クーポンサービスで大判のものが3枚も入っていたのは、ありがたかった。

あと、こちらは娘が食べた「つけ麺」800円。Rps20150524_1124

チャーシュー2枚や半味玉入りで、具は充実しているのだが、こちらのチャーシューもやはり半分以上脂身で、娘は手をつけなかった。


新潟市西区大野173-1
水休 10:00-14:00 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

鯛あたり<新潟>

【139】鯛あたり<新潟>③
焼みそ830円 + 鯛めし100円→クーポンサービス

過去2回で醤油と塩を食べたので、今回は「焼みそ」を。Rps20150523_1113

まず、スープだが、その名のとおり、焼いた味噌味のスープで、なんとも香ばしい。
ただし、濃厚な味噌味のうえに焼いた香ばしさも加わって、鯛の風味はどこかに行ってしまっているようだったが。
麺は、醤油や塩の麺よりも太いと思われる中太麺。
具は、チャーシュー・もやし・キャベツ・ニンジン・玉ねぎ・豚肉・キクラゲ・メンマ・ゴボウ・水菜・鷹の爪など多士済済。
中では、チャーシューが分厚くてほどよい柔らかさで○。また、鷹の爪もクラッシュされていて、実によいアクセントになっていた。

鯛の風味を味わいたいのなら、醤油や塩の方がよさそうだが、味噌ラーメンとして、かなりレベルが高いように思われた。

また、「鯛めし」は、過半数のお客さんがオーダーする人気ぶり。鯛のほぐし身がたっぷりで、うっすらと味もついている。
これまではスープに投入して雑炊にしていたのだが、後半、スープの濃い味に飽きがきたので、口直しがわりにそのまま食べることにした。


新潟市東区石山5-1-25
木休(不定休も)11:00-15:00 18:00-20:00(売り切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

漢×2<新潟>

【138】漢×2<新潟>①
鶏白湯ラーメン塩680円→500円(サービス価格) + 鶏肉だんご2個 100円

西区小針の「漢」の2号店。
ていうか、こちらのオープン後に西区の方は閉店したようなので、実質的には移転に近い形だったのかも。
確かに、西区の店は、交通が不便なわりには、駐車場3台だけという条件の悪い立地だったので、新潟駅から徒歩圏内のこちらの方が明らかに優位。
また、営業形態としては、昼はラーメン屋だが、夜は居酒屋営業が中心になるようだ。
なお、「不定休」となっているが、今月の予定だと水曜日に休みが多いようだった。

メニュー構成は、「漢」よりも充実していて、レギュラーメニューとして「鶏白湯(塩or醤油)」「鶏白湯生姜(塩or醤油)」「鶏白湯味噌」「鶏白湯坦々麺(店の表記による)」などがあり、さらに期間限定で、「鶏爽湯」「四川風地獄つけ麺」「ゴマだれ棒々鶏冷し麺」も。
「ぶしゅ胡椒」の入った「鶏爽湯」にもかなり興味を惹かれたのだが、結局は安全策で、「漢」で食べておいしかった「鶏白湯ラーメン塩」+鶏肉だんごトッピングを。
出てきたのはこちら。Rps20150522_12232

スープは、サラサラの鶏白湯で、そのままだと平板な味わいに感じられてしまうのだが、鶏白湯との相性抜群(持論)の卓上のラー油を使用すると◎で、結局9割くらいまで飲み進むことに。
麺は柔らかすぎない細ストレート麺。
具は、鶏だんご・鶏チャーシュー・キクラゲ・白ネギ・水菜?。中では、デフォルトで1個+追加で2個入っていた鶏だんごは、大ぶりで軟骨などの入っていない好みのタイプで○。ただし、薄味だったので、こちらは卓上の黒胡椒で味を加えた。

勤務先から徒歩圏内にあるので、昼食時の巡回対象に加わりそう。なので、次回以降、他のメニューも試してみたい。


新潟市中央区春日町3-4
不定休 11:30-14:30 17:30-24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【137】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>⑧
つけめん(魚介豚骨味) 896円

「つけめん」の魚介豚骨味の方を太麺で。Rps20150521_1225

濁りはあるが粘度は低いつけダレが口に合う。
また、割りスープも白濁しているのだが、これによるスープ割り後も○。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

こんごう<新潟>

【136】こんごう<新潟>(26)
焼きあご塩つけ麺 880円

「焼きあご塩つけ麺」を。
ランチタイムサービスで、大盛(並・特盛と同料金)にしてもらった。
出てきたのはこちら。Rps20150520_1222


本日も前回に続いて、満席に近い状態で、過半数が女性客。
どうやら、女性人気に支えられて、昼営業のお客さんが増えてきたようだ。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00(「浦咲」)
火~金のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

忍<新潟>

【135】忍<新潟>⑨
野菜醤油らーめん750円→450円(クーポンサービス)

平日10食限定の「野菜醤油らーめん」を。
ネーミングから、ヘルシー系をイメージしていたのだが、実際に出てきたのはこちら。Rps20150519_1220

背脂醤油ラーメンに野菜をどっさりのせたドカ盛り系で、野菜の構成としては、キャベツ2割ともやし・白髪ねぎ・小ネギが8割くらい。
具は、他にチャーシュー×2と刻み玉ねぎ。

感想。
まず麺は、他のメニューと同じと思われる縮れ平太麺なのだが、これがこの系統には合っている。
スープは、いわゆる二郎系と比べると、背脂が強くて醤油は弱め。これだと、野菜の山をたいらげるうえでは、薄味なので、卓上の壺に入ったラー油を6,7さじ(耳かきレベルの超小さじ)投入。
でも、なかなか満足できる一杯だったので、平日のみの数量限定に留めておくのは、もったいないと思うのだが。


新潟市中央区米山4-1-1
日休 11:00-14:45LO 18:00-20:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

むぎとオリーブ 神田店<東京>

【134】むぎとオリーブ 神田店<東京>①
蛤SOBA 950円

昨年2月のオープンで、ただちに気に入って、2~6月の間に6回訪問したのが「むぎとオリーブ」の本店@銀座。
その後、転勤により東京を離れたこともあって、訪問が途絶えていたのだが、その間にも、この店は、ミシュランガイドに掲載されるなど順調に発展をとげて、昨年12月に早くも2号店としてオープンしたのが神田店。
「マーチエキュート神田万世橋」というJRの万世橋高架橋下の複合商業施設に入っていて、最寄駅は神田or秋葉原。今回は、「潮」から歩いたら3分程度で到着。

メニュー構成は、銀座の本店と若干違っていて、こちらにはまぜそばが無いが、逆にオリジナルメニューとして築地の有名店直伝の親子丼も。サイドメニュー的な小丼があれば付けたかもしれないのだが、800円のフルサイズのものしか無かったため、見送り。でも、在店している間にも、ラーメンをオーダーせずに親子丼を食べるお客さんもいた。

で、私が食べたのは「蛤SOBA」。
店の看板にも「CLAM RAMEN」と記載されているので、まさしく「看板メニュー」。

出てきたのがこちら。Rps20150518_1510

パッと見で、イメージと大きく違ったのが、蛤の量。
もっとどっさり入っているイメージだったのだが、4個なので存在感が薄く、鶏チャーシュー×3やなると・長芋の素揚げなどの方が目立っている。
後で確認してみたところ、本店で最初に食べた時(H26.2.19)には8個入っていたのが、次に食べた時(H26.3.18)には半減していたようなので、最初の印象が強かったようだ。
(この店は、まぜそばに関しても、H26.2→H26.3でマイナス方向のマイナーチェンジをしているので、開店当初だけ大盤振る舞いしていたのかも。)

蛤100%のあっさりスープは美味だし、後半、卓上のエシャロットオリーブオイルによるこってり方向への味変化も○なのだが、価格的には、100円以上割高に感じる。


銀座線神田駅6番出口4分
無休 11:00-22:00LO(日祝-22:00LO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮(うしお)<東京>

【133】潮(うしお)<東京>④
鶏白湯そば 並 870円

東京出張時に訪問。

過去3回は醤油→鶏白湯→醤油と食べていて、今回は順番に従ってというわけではないのだが、「鶏白湯そば」の方を。
大盛も同料金とのことだったが、並でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20150518_1452

やはり、前回食べた時に「私がこれまでに食べた鶏白湯の中では№1」と評したスープが絶品。
鶏白湯に生クリームや野菜が絶妙のバランスで配合されていて、実にクリーミー。
具は、アスパラガスの肉巻き・ブロッコリー・ポーチドエッグ・揚げねぎ・ドライパセリ。アスパラガスは苦手なので、肉だけ剥がして食べた。

そのまま食べ進んでもよかったのだが、このメニュー専用で粗挽き黒胡椒が付いてくるので、後半投入すると、味が引き締まって、これまた◎。

アスパラガスに加えてブロッコリーも苦手なので、具に関してはマイナス要素が2つもあるのだが、それを補って余りあるスープのおいしさに惹かれて、再食することも、おおいにありそう。


銀座線神田駅5番出口5分
日休 11:00-19:00LO(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

石黒<新潟>

【132】石黒<新潟>④
中華そば690円→490円(クーポンサービス) + 玉ねぎ100円

13時半の到着で、前一組(4名)待ちだったのだが、一人席は空いていたので、お先に着席。
今回は、あっさりと濃厚の「中華そば」+玉ねぎトッピングを。Rps20150517_1342

濃厚系の配合具合が絶妙で、非常においしいスープだった。
ただし、煮干度がもう少し高ければとも思ったので、次回はにぼし粉(50円)トッピングで煮干増しもありか・・・と思ったら、丼の底にかなり煮干の粉末が沈んでいたので、よく混ぜて食べればいいのかもしれない。


新潟市東区秋葉通3-40
無休 11:00-14:30 17:30-21:00(スープ切れ終了、月火は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

ホームラン食堂<新潟>

【131】ホームラン食堂<新潟>⑧
中華そば焼き飯セット800円 + 肉増し60円

今回は「中華そば焼き飯セット」の方を肉増しで。
焼き飯は、紅生姜ぬきでおねがいした。Rps20150515_1216

※焼き飯の写真は省略。


新潟市中央区弁天2-1-29
日休 11:00-25:00(金土祝前日-26:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

青島食堂 司菜 南万代店<新潟>

【130】青島食堂 司菜 南万代店<新潟>⑥
青島チャーシュー820円 + のり50円

今回はちょうど1席空いていたのですぐに着席。
食べたのは、いつもどおり「青島チャーシュー」海苔増し。Rps20150514_1219

醤油の甘み+生姜(+卓上の粗挽き黒胡椒)の組み合わせが、実に口に合う。


新潟市中央区南万代町2-14
月休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>

【129】手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>⑥
煮干つけめん(並盛り) 700円

今回も「煮干つけめん」を並で。Rps20150513_1224_8

食べるほどに、飽きるどころか、お気に入り度が上がって、今や新潟の煮干系でも一、二を争う存在のように思えてきた。


新潟市中央区弁天3-1-20
日休 11:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

茉莉蔵(まりぞう)<新潟>

【128】茉莉蔵(まりぞう)<新潟>⑳
岩海苔担々麺 950円 + 半ライス(平日ランチタイムサービス)

いつもの「岩海苔担々麺」を。Rps20150512_1220

辛さがほどほどなので、卓上のミル入り山椒を使用して、「痺れ」を加える余地があるところが良い。


新潟市中央区米山2-9-7
月休 11:00-13:30LO 18:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

東横 笹口店<新潟>

【127】東横 笹口店<新潟>⑧
特製塩バターラーメン870円 + 煮玉子(クーポンサービス)

今回は「特製塩バターラーメン」+煮玉子を。Rps20150511_1220

本品のポイントはバターだと思っているのだが、運ばれてくる間に溶けてしまったせいもあるのかもしれないが、バターが小さくて、存在感不足だったように感じられた。


新潟市中央区南笹口1-1-38
無休 11:00-21:50(火-14:00 日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

力(ちから)<新潟>

【126】力(ちから)<新潟>⑦
みそらーめん800円→500円(クーポンサービス) + チーズ200円

開店時刻5分前の到着で、すでにオープンしていて、先客4。

本日のオーダーは、「みそらーめん」+チーズトッピング。
いつもは「チーズみそらーめん」を食べているのだが、「みそらーめん」のみが対象となるクーポンがあったため、チーズをトッピングすることにより、「チーズみそ」に近づけたもの。

出てきたのはこちら。Rps20150510_1109

本品と「チーズみそ」の大きな違いは、「チーズみそ」には入っているトマトが本品には無く、逆に「チーズみそ」には無いサイコロチャーシューが本品には入っている点。
サイコロチャーシューは、言うまでもなく大歓迎なのだが、無いと意外と寂しかったのがトマト。トマトの酸味がよいアクセントになっていたようで、トマト無しだと、単調に感じられたので、卓上のラー油を使用。


新潟市中央区女池北1-597-20
月休(祝翌日) 11:00-15:00(土日祝-16:00) 18:00-22:00 ※臨時休業多し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

市玄<新潟>

【125】市玄<新潟>⑨
かまたまらーめん600円 + 餃子(クーポンサービス)

12時35分頃の到着で、私はすぐに着席できたのだが、その後、空席待ちが発生する盛況。

私が食べたのは「かまたまらーめん」。
※写真撮り忘れ
約1年ぶりに食べたのだが、「麺はこんなに細かったっけ?」というのが第一印象。
麺が主役なだけに、もっと太い方が存在感があるし、卵もたっぷり麺にからんでおいしいと思うのだが。

あと、こちらはクーポンサービスの餃子(と「かまたまらーめん」に付属のライス)。Rps20150509_1250

餃子は肉餡たっぷりだし、付属の特製ダレも良かった。


新潟市江南区茗荷谷711
日・祝・第2,4水休 7:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

こんごう<新潟>

【124】こんごう<新潟>(25)
岩海苔塩ラーメン 840円

昨日ふられた「こんごう」に再び。
空席1のみの盛況で、しかも過半数が女性客。

私が食べたのは「岩海苔塩ラーメン」並。Rps20150508_1224

スープとの相性抜群の岩海苔がたっぷり入っていて◎。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00(「浦咲」)
火~金のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

聖龍<新潟>

【123】聖龍<新潟>②
Aセット(ラーメン+チャーハン+サラダ+デザート) 750円

「こんごう」を訪問したものの、臨休。
すぐ近くの「一心亭」に移動したものの、こちらも臨休(と思いきや、昼営業を廃止したことが後日判明)。

そこで、約5ヶ月ぶりにこの店に。
食べたのは前回同様「Aセット」(=ラーメン+チャーハン+サラダ+デザート)。Rps20150507_1233


前回は、やわらかすぎて×だった麺は、今回はゴムのような食感で、やはり口に合わず。
また、前回は、悪くはないと思ったチャーハンも今日はパサパサ。
というわけで、味の面では低い評価となってしまうのだが、セットのコストパフォーマンスの高さが救い。


新潟市中央区東大通1-9-21
日休 10:30-15:00 17:00-25:00(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

バルム食堂<新潟>

【122】バルム食堂<新潟>⑦
ら~麺 670円→370円(クーポンサービス)

「カリーら~麺」ばかり食べていたのだが、約3年半ぶりに「ら~麺」の方を。Rps20150506_1418

この間に、税抜き価格で50円値上がりしていたが、チャーシュー3枚&半味玉入りでこの価格というのは、まだ安い。
また、淡麗醤油味×硬めの細麺という基本要素もシンプルながら○で、満足度の高い一杯。


新潟市東区粟山1-22-1
水休(祝翌日) 11:30-14:30LO 18:00-21:00LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

源次郎<新潟>

【121】源次郎<新潟>③
らーめん2 800円→400円(クーポンサービス)

過去2回で「けにじろう」と「油そば」を食べたので、今回は期間限定の「らーめん2」を。Rps20150505_1124

ベースのスープは、背脂入りでとろみのある豚骨強めの魚介豚骨で、麺は中太麺。
そして、ポイントとなっているのが、醤油ダレで炒めたもやし・白ネギ・しいたけなどの野菜。
これが調理している段階から香ばしい香りで、味の面でも、スープにアクセントをつけてくれる。
ただし、スープは、もっとあっさりしたタイプ又は醤油が前面に出たタイプの方が、より香ばしさを楽しめたかもしれない。
具は、他にチャーシュー×2と半味玉・玉ねぎ・メンマ・海苔・ほうれん草など。

今日は半額なのでよかったが、800円という定価はやや高めに感じられた。


新潟市西区寺尾台3-22-2
月・第3日休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

丸<新潟>

【120】丸<新潟>②
みそらーめん780円→580円 + ミニチャーハン200円

2回目の訪問。
13時15分過ぎの到着でも前7名(2組)待ちで、食べ始めるまでに30分近くを要した。

前回は醤油味の「らーめん」を食べたので、今回は「みそらーめん」を。また、「みそ」に関しては背脂入りのこってりがお薦めだったので、こってりでおねがいした。
出てきた「みそら-めん」こってりはこちら。Rps20150504_1342


スープは、濃厚すぎない豚骨魚介味噌で、口に合った。
麺は、醤油と同様の中太麺。
具は、チャーシューとたっぷりのもやし・わかめ・糸唐辛子、そして少量のひき肉・玉ねぎ。具の構成的には、醤油の海苔・白ネギがわかめ・糸唐辛子に置き換わっているようだ。
後半は、やや単調に感じられたので、辛味噌がほしくなったのだが、有料(50円)なので我慢。この価格なら、デフォルトで付けるか、卓上に置いておいてほしいところ。

また、写真右のチャーハンはパラッとした仕上がりで、やはり◎。


新潟市東区中野山4-15-19
無休 11:00-15:00 18:00-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

吉風(きっぷう) 新大前店<新潟>

【119】吉風(きっぷう) 新大前店<新潟>②
らーめん(こってり)680円 + 岩海苔100円 + 吉風丼200円(クーポンサービス)

約3ヶ月ぶり2回目の訪問。
前回の印象が良かったので、前回と同じく「らーめん(こってり)」+岩海苔トッピング+吉風丼をオーダー。Rps20150503_1119


岩海苔が籠状の別容器で提供されるのは小じゃれているし、手ごろな価格で、ボリュームもあるので、私としてはマストアイテム。
前半はもやしの山の存在により、岩海苔をのせずらいので、前半はもやし・後半は岩海苔が背脂のギトギトさを中和する主役に。

また、「吉風丼」は、柑橘系の酸味と黒胡椒の効いた独特の味わいで◎。

私としては、毎回この組み合わせでも満足できそう。
でも、つけ麺もあれば、娘を連れてきやすいのだが。


新潟市西区坂井砂山3-11-14
無休 11:00-15:00 18:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

奥村家<新潟>

【118】奥村家<新潟> ⑭
のりラーメン790円→640円(クーポンサービス) + キャベチャー120円

「のりラーメン」を太麺・硬めで。
また、「キャベチャー」も付けたのだが、写真は省略。Rps20150502_1114

なお、開店時刻に関してややルーズな面が見受けられるのがこの店。
本日は5分遅れでの開店だったが、私が退出するまで後客無しだった(だから遅れる?)。


新潟市東区南紫竹2-6-28
水休 11:00-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【117】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>⑩
つけめん(白ゴマ味) 896円

「つけめん」の白ゴマ味の方を太麺で。Rps20150501_1226

つけ麺を食べる場合、卓上調味料は胡椒or唐辛子を使用することが多いのだが、本日は、ゴマとの相性を考えて、ラー油を使用。これが○だった。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »