« つか乃間<新潟> | トップページ | 越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟> »

2015年8月 2日 (日)

ごっつぉラーメン みそら<新潟>

【203】ごっつぉラーメン みそら<新潟>①
塩ラーメン あっさり680円 + 唐揚げ2個(クーポンサービス)

同じ「なおじ」系列の「赤なおじ」が、コンセプトチェンジして、店名に合わせて真っ赤だった外観も、普通に戻して再オープンした店。
この場所は、元々「いっとうや(→中央区へ移転)」があって、その後「なおじ」系列となって、「なおじ小新店」「なおじⅡ号」「赤なおじ」など店名変更やコンセプトチェンジを繰り返して、今日に至っている。
今度の「みそら」は、「味噌ラーメン」から来ている店名のようで、県内他地区でも同ブランドの店があった&あるようだが、とにかく変遷が激しいのが「なおじ」グループの特徴なので、詳細は略。

開店時刻直後の到着で、既に先客6名。
食べ始めるまでの待ち時間は約20分かかった。

看板メニューは、店名にもかかっている味噌系で、特に、スープに火を入れて派手に炎を上げる「焙煎味噌」が、一押しメニューのようだ。
この「FIRE!」自体は、同系列の「克味@新潟市東区(→現在は「吉風」に)」で、「炎ラーメン」のネーミングで派手にやっていた(H22.7.17)のが印象に残っているが、時を経て、別な形で復活させたようだ。

でも、私としては、酷暑の折で、かなり室温高めの店内(「FIRE!」のせいもあるかも)で、さらに暑くなりそうなメニューを食べる気にはなれず、「塩ラーメン」にすることに。
塩ラーメンも2系統あって、数量限定の「パイタン」(ホタテパイタン)にも興味が湧いたが、今回は無難に「あっさり」の方を選択。

出てきた「塩ラーメン(あっさり)」はこちら。Rps20150802_1120

清湯のスープは、こちらもホタテがメインで、これに鶏も加えられているようで、「なおじ」にしては上品(失礼)な味わい。
麺は中細麺。
具は、鶏チャーシュー×3・ホタテ(オンザ貝殻)・白ネギ・揚げネギ・メンマなど。また、柑橘類の皮も浮かんでいて、これがよい清涼剤に。
600円台という価格のわりに具も充実していて、満足できる一杯だった。

また、クーポンでサービスしてもらった唐揚げ(※写真撮り忘れ)は、皮の無い好みのタイプで、しかも大ぶりで、
キャベツ付き(さらに欲をいえば、マヨネーズもあれば)。
セルフサービスで無料の半ライスのおともに。


新潟市西区小新西3-3-1
不定(火?)休 11:00-15:00 17:00-22:30LO(土日祝11:00-21:30LO)
公式HP http://naoji.com-m.jp/

|

« つか乃間<新潟> | トップページ | 越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/62953828

この記事へのトラックバック一覧です: ごっつぉラーメン みそら<新潟>:

« つか乃間<新潟> | トップページ | 越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟> »