« 会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟> | トップページ | 漢×2<新潟> »

2015年12月23日 (水)

ゆず<新潟>

【343】ゆず<新潟>①
発芽小麦香る塩北極(きわめ)ラーメン 961円

雑誌で見かけた期間限定メニューに惹かれて、五泉の「ゆず」を初訪問。
五泉市のラーメン屋といえば、ブラック系が売りの「中田製作所」を4回訪問したことがあるのだが、「ゆず」はそのすぐ手前(新潟市内から行った場合)に位置している。
メニュー構成は、柚子入りの醤油・塩をはじめとして、味噌・燕三条系・担々麺・つけ麺など幅広い。
そんな中で、今回私が食べたのは、お目当ての期間限定メニュー「発芽小麦香る塩北極(きわめ)ラーメン」。
Rps20151223_1133

まずスープだが、あっさり系の塩味スープがベースで、そこに背脂がたっぷり浮かんでいる。
麺は発芽小麦を使用した平たい中太麺で、「小麦が香っていたか」となると・・・ビミョー。
具は、角煮×2・半味玉・あられ・刻み海苔・みじん切り玉ねぎ・小ねぎと別皿でわさび。
中では、たっぷり入っているあられが、見た目(=カラフルなあられと白いスープのコントラスト)的にも食感的にも存在感あり。
また、角煮は2つ入りで、食べ応えがあった。
そして、「途中で入れるとさっぱりする」という店の推奨に従って、中盤でわさびを投入すると、確かにさっぱり味に。
さらに、卓上のフライドガーリック&柚子醤も試してみたところ、それぞれスープに合っていた。

最後は、あられ・刻み海苔・わさびといった構成要素から、残りスープにライスを投入してお茶漬けにしても良さそうだったのだが、ラーメンだけで1000円近い価格だったため、自粛。

具の充実度を考慮しても、価格的にはやや割高に感じられたものの、見た目・食感・味変化など様々な面で工夫されており、満足はできる一杯だった。

また、本品の場合はわさびによる味変化だったが、レギュラーの塩の場合も別皿の梅干しによる味変化が用意されているようで、味変化にこだわりがある店主さんなのかもしれない。


五泉市水島町881-4
不定休 11:00-22:00

|

« 会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟> | トップページ | 漢×2<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/64010819

この記事へのトラックバック一覧です: ゆず<新潟>:

« 会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟> | トップページ | 漢×2<新潟> »