« 壱角家 市川南口店<千葉> | トップページ | ぬまのアジト<新潟> »

2016年1月20日 (水)

焼きあご塩らー麺 たかはし<東京>

【19】焼きあご塩らー麺 たかはし<東京>①
焼きあご塩らー麺+丼セット 1080円

茗荷谷にあった「たかぎ」が、新宿に移転し、店名も変えてリニューアルオープン。

店名にも付されいて、看板にも記載されている「焼きあご塩らー麺」が文字どおりの看板メニューで、その点は茗荷谷時代(塩を休止していた時期もあったが)から変わっていない。
食べたのはその「焼きあご塩らー麺」と丼のセット。
丼は、「ちゃーしゅー丼」「塩ダレロース丼」「明太しらす丼」の中から、「塩ダレロース丼」を選択。

出てきたのはこちら。Rps20160120_1311

まず、スープだが、茗荷谷時代と同様、抜群に旨い(ブラッシュアップされているのかもしれないが、茗荷谷時代から絶賛しているので、このような表現とならざるをえない)。それなりに濃厚な動物系スープをベースとしながらも、それを凌駕するあご出汁の風味がお見事。
麺は平打ち麺。
具は、チャーシュー×2・メンマ・小海老・白髪ネギ・水菜。

麺も具も悪くはないのだが、やはりこのラーメンの魅力を語るとしたら「あご出汁」ということになるのではないか。

また、「塩ダレロース丼」の方は、かなりレアな薄切りロース肉がたっぷりと水菜・玉ねぎが入り、そこに塩ダレがかかっているあっさり系の味わいで、ラーメンスープとの相性も良かった。

なお、価格は茗荷谷時代から30円だけアップ。
ラーメン単品の価格800円も、高価な焼きあごをふんだんに使っている点やチャーシューのボリュームなどを考えるとやむえないと思うし、丼の単品価格300円も内容からすれば相応と思われるが、セット割引価格でも1100円近いのは。
幸い、卓上には柚子胡椒やあられが置かれているので、丼セットではなくライス(100円)を付けて、ラーメンスープでお茶漬けにするという手もありそう。


新宿駅東口5分
無休 11:00-28:30LO
公式HP http://takahashi-ramen.com/

|

« 壱角家 市川南口店<千葉> | トップページ | ぬまのアジト<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/64161477

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きあご塩らー麺 たかはし<東京>:

« 壱角家 市川南口店<千葉> | トップページ | ぬまのアジト<新潟> »