« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

しゃがら 新潟駅店<新潟>

【140】しゃがら 新潟駅店<新潟>⑫
つけ麺750円 + 岩海苔100円 + 味玉50円

前回に続いて「つけ麺」を。

今回は岩海苔&味玉をトッピング。Rps20160531_1220

結果、味玉はデフォルトで入っている半分と合わせて1個半に。ただし、追加分の1個は黄身が半分くらい生というしろもので、私としてはNGだった。

また、今日はいつも以上につけダレのしょっぱさ&酸っぱさが強めなように感じられたが、これは私の体調によるものかもしれない。


新潟市中央区(新潟駅構内)
不定休 9:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月30日 (月)

阿賀野川SA(下り)<新潟>

【139】阿賀野川SA(下り)<新潟>①
春野菜のrichな味噌ラーメン 800円

出張途中、磐越道の阿賀野川SA(下り)のスナックコーナーにて昼食。
上りの「家族亭」に対して、こちらは「会津屋」「とん太」などのフランチャイズチェーンを展開する会社(この店のメニュー構成は「会津屋」がベースになっていた)が経営主体。

私が食べたのは、期間限定の「春野菜のrichな味噌ラーメン」。

まず、スープはピリ辛の味噌味なのだが、あまりコクは感じられず。
麺も太麺なのだが、もっとコシがほしいところ。

具は、チャーシュー・半味玉・海苔・キャベツ・きぬさや
・コーン・もやしなど。

800円という価格も割高に感じられて、あまり特長を見出せず。
この一品だけできめつけてはいけないのかもしれないが、私としては同エリアの上り線(H28.2.19参照)の方が口に合った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

宗次(しゅうじ)<新潟>

【138】宗次(しゅうじ)<新潟>⑤
オニガシマ 800円→500円(クーポンサービス)

前回(3/26)に続いて二郎インスパイア系の「オニガシマ」を。
特盛まで同料金とのことで、前回の感触から、大盛なら食べきれそうだったので、大盛でおねがいした。

出てきたのは、こちら。Rps20160528_1121

麺の量が2倍になって底上げされているせいか、前回と比べて、野菜の「山」感が顕著。
ゴロゴロ入っているサイコロチャーシューと相まって、かなり満腹に。

なお、「オニガシマ」の価格は、前回と比べて20円UPしていた。
また、(前回もそうだったのかもしれないが、)ミニチャーシュー丼・ミニチャーシューカツ丼・ミニネギ塩ニンニク叉焼丼など小丼が充実しているのも目を惹いた。


新潟市中央区万代島2529 ピアBandai内
不定休(ピアBandai休業日に同じ) 11:00-16:00LO 17:30-19:30LO 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月27日 (金)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【137】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>①
まぜシャモジ780円→500円(クーポンサービス)

昨年11月にOPENして、いきなり大行列店になった店。
昨年12月に、平日の14時台に訪問して、1度目は10名以上の大行列に屈し、2度目は臨休で、食べることができなかったのだが、今回、平日夜20時前に訪問したところ、席は3分の2以上埋まってはいたものの、すぐに着席できた。

食べたのは「まぜシャモジ」。
追い飯付きで、大盛も同料金とのことだったので、大盛でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20160527_2003

「和風カルボナーラ」とのふれこみなのだが、チーズ&卵を加えて泡立てた塩ダレの味わいは、洋風そのもの。
麺は、全粒粉&ライ麦を使用した極太麺で、かなりワイルドな食感。
具は、刻みレアチャーシュー・刻み海苔・もやしがそれぞれたっぷりで、他に辛そぼろ・白胡麻・小ねぎ。
刻み海苔が、いちおう和風要素ということなのか。
また、辛そぼろは、中盤で混ぜ込んで、味変化に貢献。
欲をいえば、黒胡椒がデフォルトor卓上にあれば、よりカルボっぽくなっていたと思うのだが、卓上には白胡椒のみ。

「赤シャモジ」といえば、新発田の本店で食べた期間限定の「とろとろ玉子と牛ホホ肉のビーフシチューのらーめん」(H27.8.27)もかなりパスタ寄りの一品だったのだが、本品ともども、「ラーメン」の王道からは外れつつも、目新しさだけではなく、再食したいと思わせるレベルに仕上がっているのは、見事。

それから、追い飯は、数口程度のボリュームで、パッと見では少ないように思ったのだが、タレがあまり残らなかったので、タレとからめて〆のリゾットにするのには適量であり、また、おいしかった。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>

【136】手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>⑰
煮干しつけ麺 730円

今回は、濃厚ではない方の「煮干しつけ麺」を。
つけ麺の場合は、中盛りまで同料金なので、中盛りでおねがいした。
出てきたのはこちら。Rps20160526_1227


新潟市中央区弁天3-1-20
日休 11:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

石や瑳(いやさ)駅前店<新潟>

【135】石や瑳(いやさ)駅前店<新潟>⑥
黒とんこつ 800円

今回も「黒とんこつ」を。Rps20160525_1219


白濁豚骨×マー油はよく見かける鉄板の組み合わせだが、豚骨醤油×マー油というのも負けず劣らずの好相性なのではないだろうか。


新潟市中央区東大通1-6-4
無休 11:00-翌4:00(金土祝前日-翌5:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

忍<新潟>

【134】忍<新潟>⑱
岩のりらーめん860円 + 玉ねぎ60円→クーポンサービス

今回も「岩のりらーめん」。
店のクーポンで玉ねぎをトッピング。Rps20160524_1252

新潟市中央区米山4-1-1
日休 11:00-14:45LO 18:00-20:45LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【133】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(35)
クリームチーズトマトらーめん860円→無料(サービス) + 半ライス(ランチタイムサービス)

期間限定の「クリームチーズトマトらーめん」を太麺・半ライス(ランチタイムサービス)付きで。
今回は、店のスタンプカードで無料(^O^)


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

ソラノイロ NIPPON<東京>

【132】ソラノイロ NIPPON<東京> ②
華麗なるカレーまぜそば 1000円

所用(飲み会)のため、夕方上京。
1時間の空き時間があったため、東京ラーメンストリートへ。
「斑鳩」などは数名の行列ができていたが、一番興味があるこの店は、幸い、即入店可だった。
「沖縄式角煮塩ラーメン」にも興味を惹かれたのだが、より希少価値がありそうな期間限定で50食限定の「華麗なるカレーまぜそば」を。
パクチーをベビーリーフに変更できる旨のアナウンスがあったので、安全策で、ベビーリーフの方でおねがいした。
出てきたのはこちら。Rps20160520_1816

かなりカレーのルー然としたカレーがのっていて、ビシッとスパイスが効いていて、そのままだと結構辛い。
麺は、まぜそばの麺としては標準~細め寄りの太麺。
具は、炙りチャーシューと温玉・ミニトマト半分・グレープフルーツ・クラッシュした赤黒い果実?・ベビーリーフ・ライム。
カレーと底に沈んだタレを混ぜ合わせて麺にからめ、さらに具をまじえて食べ進むと、前半はなかなか美味。特に、グレープフルーツの清涼感と温玉には存在感があった。
一方、炙りチャーシューは炙り過ぎ・脂身過多のものが数切れで、ボリューム的にも、この価格なら、倍くらいは欲しいところ。
後半は、飽きてきたので、卓上のフライドガーリックで変化を。また、辛さも鼻についてきたので、ライス(120円)を付けたかったところなのだが、元の価格が1000円に達しているため、見送り。
この価格でこの内容なら、(半)ライス付きであれば納得できるのだが。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 10:00-22:30LO
公式HP 東京ラーメンストリート:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/shop/1084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

茉莉蔵(まりぞう)<新潟>

【131】茉莉蔵(まりぞう)<新潟>(27)
岩海苔担々麺 950円 + 半ライス(平日ランチタイムサービス)

いつもどおり「岩海苔担々麺」+半ライスを。Rps20160519_1217

新潟市中央区米山2-9-7
月休 11:00-13:30LO 18:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

鶏そば 繁屋(はんや)<新潟>

【130】鶏そば 繁屋(はんや)<新潟>⑫
鶏そば 醤油白湯680円→390円(クーポンサービス) + 坦々玉50円 + 日替わり小丼(そぼろ丼)200円

塩味・醤油味×清湯・白湯の4系統の「鶏そば」が基本メニューとなっているこの店。
これまで、唯一未食だった「鶏そば 醤油白湯」を初めて。
味変化用の「玉」は、醤油白湯の場合のお薦めである「坦々玉」(表記は店の記載のとおり)をこれも初めて。
そして、日替わり小丼が「そぼろ丼」だったので、それも。

出てきたのはこちら。Rps20160518_1236

スープは、味は濃厚ながら粘度はそれほど高くないので飲みやすい醤油味の鶏白湯。また、白湯の場合、塩味よりも醤油味の方が口に合うことが多いのだが、この店でも同様。
麺は、清湯の時よりも太い中太麺で、おそらく多加水なのか、必要以上にスープがからまず、濃厚スープに適した印象。
具は、鶏チャーシュー・半味玉・チンゲン菜・白ネギ等。
清湯だと入っている鶏団子が、白湯だと鶏チャーシューに置き換わってしまうのが、私としては残念。
また、「坦々玉」は、メニュー上では胡麻風味がアピールされていたのだが、思った以上にラー油たっぷりで、辛さが先行して、胡麻風味はかすんでいるようだった。ラー油は、卓上にもあるので、「坦々玉」のラー油は控えめにしてもらえたら、ありがたいのだが。

感想。具の構成も考慮すると、私の好みとしては、
塩清湯>醤油白湯>醤油清湯>塩白湯
なので、醤油白湯も再食の可能性ありなのだが、その際には、玉は「鰹玉」or「煮干玉」を選択することになりそう。

また、「そぼろ丼」の方は、ほどよい味付けのそぼろがたっぷりで○だった。


新潟市中央区南笹口2-1-13
木(+不定)休 11:30-22:00(日-21:00)(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>

【129】手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>⑯
濃厚煮干し中華 780円

今回も「濃厚煮干し中華」を。Rps20160517_1223


今日は、いつもの調理担当の男性店員とフロア担当の女性店員に加えて、フロア担当の男性がもう1名。
ただ、それでより円滑にまわっていたかとなると、フロア担当の2名がうまく連携できておらず、女性が一人で手際よく対応していた時の方が、齟齬が生じていなかったように見受けられた。

あと、「ののや」「八」「八ちゃん」のグループのスタンプラリーをこれでコンプリート。これで、来月、3店のいずれかで750円以下のラーメンが1杯無料になるのだが、この価格だと、「八」では濃厚系は価格オーバー。


新潟市中央区弁天3-1-20
日休 11:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

サクラ サイダー<新潟>

【128】サクラ サイダー<新潟>①
サバ節魚介系醤油ラーメン 780円

「八 駅前店」に向かおうとしていたのだが、前を通りかかった居酒屋「サクラ サイダー」の店頭に、ラーメンののぼりが。
この店は、先月から、平日昼のランチ営業を始めていて、1度訪問したのだが、その時点では提供メニューがラーメン以外に切り替わっていて、断念したのだが、ラーメンが復活した(というか提供メニューをローテーションさせているのか?)ようなので、入店することに。

提供メニューは、「サバ節魚介系醤油ラーメン」一種のみなので、それを。

出てきたのはこちら。Rps20160516_1214

まず、スープを啜ってみると、かなり醤油が前面に出た尖った味わい。
そこで、店の推奨に従って、ポットで提供された割りスープを投入してみると、魚介風味が強化されて、ネーミングどおりの「魚介系醤油」に。
「割りスープ」と言えば、元のスープを薄めるのがもっぱらの役割となっているようなお湯に近いものもある中で、これだけしっかり出汁の効いた「割りスープ」は、新潟では、「GOIN GOIN@南区(閉店)」以来。
麺は、しなやかな細麺。
具は、チャーシュー×4・メンマ・ほうれん草・白ネギ。
中では、チャーシューは、小ぶりながら厚切りで○だった。薄切りで大判にした方が、見栄えはするのかもしれないが、ちゃんと肉の食感もあるこのタイプの方が、私としては好み。

また、卓上には白胡椒と刻み生姜も。
刻み生姜は、店側も推していたので、後半投入したところ、良いアクセントに。

なお、価格的には、やや高めにも思われるが、ライス・漬物付きなので、許容範囲。

というわけで、期待を上回るしっかりしたラーメンで、満足できた。


新潟市中央区弁天1-2-12
土日休 11:30-14:00(ランチ営業)
公式HP http://sakuracider.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

奥村家<新潟>

【127】奥村家<新潟>⑱
のりラーメン790円→590円(クーポンサービス) + キャベチャー130円

「ぶーちゃん」を訪問したものの、先週末に続いて「体調不良により、しばらく休業」中。ネットで調べたところ、3月中には休業に入っていたようなので、かなり長期化しているもよう。

そこで、近くにある「奥村家」へ。

食べたのは、今回も「のりラーメン」太麺・かため+「キャベチャー」。Rps20160514_1114


残念だったのが、卓上調味料のうち、おろしニンニクは健在だったのだが、おろし生姜が見当たらなかった点。最近、家系には、生姜>ニンニクと思うようになってきていたのだが、前回訪問時(4/2)以降に、シレッと廃止されてしまったようだ。


新潟市東区南紫竹2-6-28
水休 11:00-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

東横 笹口店<新潟>

【126】東横 笹口店<新潟>(29)
野菜味噌らーめん780円 + 玉子(クーポンサービス)

かつて新潟で勤務していた東京からの来客の要望により、訪問(今週2度目)。
この店は、在京地区では類似品をほとんど見かけない独自性の高いラーメンを提供しているだけに、新潟勤務経験のある出張者の人気はかなり高いものがある。

ただし、私としては、前日の飲酒の影響により、いつもの「特製野菜味噌」を食べきる自信がなかったので、「野菜味噌らーめん」を選択。
※写真撮影自粛

「特製」ではなくても(=チャーシュー無し)、野菜はたっぷりで、しかもキャベツ率が高いので、食べ応えは十分なのだが、なんとか完食。


新潟市中央区南笹口1-1-38
無休 11:00-21:50(火-14:00 日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月12日 (木)

こんごう<新潟>

【125】こんごう<新潟>(52)
叉焼麺(塩)840円

これまで、「三味叉焼麺」に目を奪われて、オーダーしたことがなかった「叉焼麺」。
しかしながら、醤油味のみの「三味叉焼麺」に対して、「叉焼麺」だと塩味もあるということを認識したので、初めてオーダー。

出てきた「叉焼麺(塩)」並はこちら。Rps20160512_1222

「三味」だと豚バラ・肩ロース・豚トロの3種のチャーシュー×各3枚が入るのに対して、こちらは豚トロが無しで、2種×各3枚。
一方、スープは、あご出汁の入っている「焼きあご」シリーズには一歩及ばないものの、やはりこの店では塩味>醤油味と思わせるレベルで、これなら、豚トロは無しでも、塩味もある「叉焼麺」を、私としては支持したい。

また、価格面でも「焼きあご」や「南蛮海老」よりも安くて、リーズナブル。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
平日のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>

【124】三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>(21)
チャーシューメン(並) 750円

今回もいつもどおり「チャーシューメン(並)」を。Rps20160511_1218

前2名待ちだったのだが、食べ始めるまでの待ち時間が10分足らずという回転の速さもこの店のメリットの一つ。


新潟市中央区米山1-6-10
火・第3月休 11:00-14:00 17:30-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月10日 (火)

【123】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(35)
つけ麺 しろ胡麻味 896円

「こんごう」を訪問する予定だったのだが、雨が降ってきたため、駅から濡れずに行ける「無尽蔵」に変更。

食べたのは「つけ麺 しろ胡麻味」で、麺は太麺を選択。Rps20160510_1219

新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

東横 笹口店<新潟>

【122】東横 笹口店<新潟>(28)
辛肉ラーメン780円+ 半ライス(クーポンサービス) 

なんだかんだ言って、かなり長く提供され続けている期間限定の「辛肉ラーメン」。

今回もこれを。Rps20160509_1219


しかしながら、本日は結構気温も高い中、冷房未稼働で、ラーメン、特に辛いラーメンを食べるには蒸し暑い店内だった。
また、いつも付いてくる穴あきレンゲが無く、付属の海苔&粉チーズも言わないと出てこなかった。

会計時に、いつもは女性・子ども限定のはずのアイスをサービスしてくれたのは、暑かったからか?


新潟市中央区南笹口1-1-38
無休 11:00-21:50(火-14:00 日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

市玄<新潟>

【121】市玄<新潟>⑮
味噌生姜らーめん850円 + 餃子(クーポンサービス)

「ぶーちゃん」を訪問したものの、「体調不良により、しばらく休業」。

そこで、この店に。
食べたのは初めての「味噌生姜らーめん」。Rps20160507_1143

背脂も浮かんでいるモサッとした感じの白味噌スープに、生姜風味が実に効果的。ただし、普通の「味噌らーめん」750円プラス100円で、850円という価格は、50円くらい割高に感じられるが。
麺は太麺で、このスープに合っているし、つけ麺や背脂ラーメンにも適していそう。
中盤で、卓上のラー油を使用したところ、これも○だった。

あと、こちらはクーポンでサービスしてもらった餃子(専用タレ付き)。Rps20160507_11432

肉汁たっぷりなので、ブッシャーに要注意。


新潟市江南区茗荷谷711(新潟市中央卸売市場内)
日・祝・第2,4水休 8:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

石黒<新潟>

【120】石黒<新潟>⑨
中華そば730円→530円(クーポンサービス) + 玉ねぎ100円

これまではたいてい土日に訪問していて、いつも満席に近い(時には空席待ちも)盛況を目の当たりにしてきたのだが、本日は平日の12時前の訪問。
お客さんの入りは、席数の半分程度で、退出するまでの間に、お客さんの数は減る方向だった。

食べたのは、前回に続いて「中華そば」玉ねぎトッピング。Rps20160506_1205

「あっさり」と「極にぼ」の中間の濃度のスープは、私としては、おいしく食べられる上限くらいの濃度。
なので、「極にぼ」には、手を出しにくい。
また、麺は柔らかめの細麺なのだが、私としては、もう少し硬めor太麺の方が好みに合いそう


新潟市東区秋葉通3-40
無休 11:00-14:30 17:30-21:00(スープ切れ終了、月火は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

きどり<新潟>

【119】きどり<新潟>⑥
きどりらーめん700円→500円(クーポンサービス) + 鶏そぼろ増し50円 + 半ライス50円

前回は、新メニューの「むらさき」を試してみたが、今回は、原点に戻って「きどりらーめん」を。

出てきた「きどりらーめん」鶏そぼろ増し&半ライスはこちら。Rps20160505_1113

豊富な卓上調味料の中で、まずゴマラー油、続いて顆粒生姜を使用し、終盤にカレー塩も少々。
また、煮こごりでコーティングされている追加の鶏そぼろは半分強をラーメンに使用。

〆は半ライスにラーメンのスープと温存していた鶏そぼろを投入して雑炊に。こちらにも、後半、カレー塩を使用。

ちなみに、ラーメンスタンプ本3回目のご褒美で、「きどらーカード」をGET。同行者の分も含めてラーメンが50円引きになるスグレモノで、さらに、あと7回行くと、100円引きになる「きどらーカードゴールド」にグレードUP(^O^)


新潟市東区江南1-5-21
火休 11:00-14:00 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

源次郎<新潟>

【118】源次郎<新潟>⑥
海苔らーめん880円→780円

11時5分過ぎに入店。
9名様の団体客が入った直後で、残り1席だったカウンター席になんとか着席。
でも、団体客が注文に迷っている間に、先にオーダーできたので、食べ始めるまでの待ち時間は20分弱だった。

食べたのは「海苔らーめん」。Rps20160504_1125

燕三条系の背脂醤油ラーメンに岩海苔をトッピングしたもので、麺は角張った中太麺。
背脂の量は、多いことは多いものの、この系統としては、普通程度。
麺は、やはりこの系統であれば、もっと太い方が。
具は、岩海苔の他に、チャーシュー・ほうれん草・玉ねぎ・めんま・なると。
チャーシューは、かなり薄いが2枚入っていて、岩海苔無しのデフォルトの「らーめん」の価格=680円からすると、充実していると言えそう。
逆に、岩海苔でプラス200円というのは、ボリュームの割に高く感じられた。これくらいの量であれば、「しゃがら」や昨日の「吉風」なら、100円なだけに。

店を退出する時点では、10名規模の大行列に。
これまでは待ち客など見かけたことは無かったのだが、人気店になりつつあるのだろうか?


新潟市西区寺尾台3-22-2
月・第3日休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

吉風(きっぷう) 新大前店<新潟>

【117】吉風(きっぷう) 新大前店<新潟>⑤
らーめん(こってり)680円→480円(クーポンサービス) + 岩海苔100円 + 吉風丼200円

今回も「らーめん(こってり)」+岩海苔トッピング+吉風丼を。Rps20160503_1125


なお、退出時に貼り紙で知ったのだが、背脂の量は、多めや少なめも可のようだ。
基本的には、デフォルトで適量であるように感じられるが、体調や気候によっては、加減するものアリだと思った。

一方、こちらは「吉風丼」。Rps20160503_1129


新潟市西区坂井砂山3-11-14
無休 11:00-15:00 18:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【116】辛味噌亭 とうせんや<新潟>⑩
つけ麺750円 + 岩のり100円 + 餃子(クーポンサービス)

「らーめんセット」のチャーハンが辛いものでなければセットをという心づもりで訪問したのだが、平日とはいえGW期間中のせいか、「らーめんセット」は休止中(or廃止?)。
そこで、「つけ麺」を魚介正油味・ひやもり・並で。Rps20160502_1218

つけダレはややしょっぱめだが、追加トッピングの岩のりのおかげで、おいしく食べられた。


新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »