« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

らーめん幸(こう)<新潟>

【195】らーめん幸(こう)<新潟>⑪
あご正油鶏ワンタン麺770円→500円(ランパス) + チャーシュー丼150円

8ヶ月ぶりの訪問。
これまで塩味ばかり食べていたのだが、今回はランチパスポートの対象メニューが「あご正油鶏ワンタン麺」だったので、それを(写真手前)。Rps20160731_1126


スープを啜ってみると、醤油と生姜が前面に出ていて、肝心のアゴ出汁が霞んでいるような。
ランパス本でも、「スープ本来の旨みを楽しみたい方は塩」となっていて、まさにその通りだと思ったのだが、だとしたら、なにゆえに塩味を対象メニューにしなかったのか。
でも、しっかり肉餡の入ったワンタンが3つ入りでこの価格というのは悪くないし、味の面でも満足はできた。

あと、写真奥は娘が食べた「あご塩麺」680円で、写真中央左は「チャーシュー丼」150円。

それから残念だったのが、接客。
お冷について女性店員に尋ねたところ、セルフサービスと言われたものの、席からは見える範囲には無かったため、再度場所を尋ねたところ、「そっち」というタメ口対応だった。。。


新潟市東区柳ヶ丘5-19
木休 11:00-14:30 17:00-19:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

燈(AKARI)<新潟>

【194】燈(AKARI)<新潟>①
あかりとんこつ700円→500円(ランパス) + ちゃーしゅう飯200円

昨年オープンのとんこつラーメンが看板メニューとなっている店を初訪問。

食べたのは、「あかりとんこつ」。Rps20160730_1110

スープは、白濁ではなく茶濁のとんこつスープで、マー油も浮かんでいる。
麺は多加水の極細麺。
具は、チャーシュー・辛味噌・もやし・小ネギ。

感想。
とんこつ一辺倒ではなく、マー油や辛味噌によって、バラエティー豊かな味わいを楽しめるのが○。
麺は、多加水で、スープを吸い過ぎないのはよいのだが、それでも柔らかめに感じたので、硬め(バリカタなどは不可)にしてもらった方が良かったかも。

全体として満足できる一杯だったし、「つけ麺」の方はうって変わって、鶏豚魚介&太麺のようなので、こちらにも興味が湧く。

あと、こちらは「ちゃーしゅう飯」。
刻みチャーシューと小ネギがたっぷりで、これで200円なら、コストパフォーマンスは◎。


新潟市中央区上近江2-261-1
不定休 11:00-20:30LO(火-14:30LO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【193】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(41)
つけめん しろ胡麻味 896円

今回も「つけめん しろ胡麻味」太麺。Rps20160729_1232

新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

バルム食堂<新潟>

【192】バルム食堂<新潟>⑪
カリーら~麺 756円→456円(クーポンサービス)

「東光」の後、14時20分頃訪問。
お客さんの入りは3分の1程度だったのだが、それでも提供までの待ち時間は20分。

今回も食べたのは「カリーら~麺」。
辛さは普通で、麺は太麺でおねがいした。
また、連食だったので、ランチタイムサービスのライスは無しで。

出てきたのはこちら。Rps20160728_1440

食べてみると、麺はやはり細麺の方が合っているように思われた。


新潟市東区粟山1-22-1
水休(祝翌日) 11:30-14:30LO 18:00-21:00LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東光<新潟>

【191】東光<新潟>①
東光流まぜ×2そば 800円→500円(ランパス)

午後から休暇。
そこで、本日までで一旦営業を休止して移転する「茉莉蔵(まりぞう)」に向かったのだが、30度超えの炎暑の中、外待ちありだったため、断念。

そこで、少し足を伸ばしで「東光」へ。
「こまどり」「東横」などに代表される濃厚味噌ラーメンがメインの店なのだが、私のお目当ては、ランチパスポート対象メニューの「東光流まぜ×2そば」。
約1ヶ月前にも、これ目当てで訪問したものの、19時過ぎの訪問で、既に売り切れていたため、今回は昼の部でリベンジ。

追い飯無料とのことだったので、追い飯付きでおねがいした。
出てきたのはこちら。Rps20160728_1343

台湾まぜそばの系統の一品のようで、辛味ひき肉とニラがたっぷり。
麺は極太麺で、コシがあって◎。
具は、他に玉ねぎ・卵黄・花鰹・魚粉・刻み海苔・白ネギ等。
基本となる麺と醤油ダレがしっかりしているうえに、具の量とのバランスも絶妙。中でも、玉ねぎ・花鰹・魚粉が多めなところが、私好み。
さらに、卓上のおろしニンニクも途中で使用すれば、ジャンク度UP。
あと、ひき肉の辛みは、最初は控えめに感じられたのだが、後半辛さが鼻についてきたので、追い飯で中和。

非常に満足できる一杯だった。

また、この麺だと、二郎インスパイア系の「東光ラーメン」も期待できそう。


新潟市北区葛塚3325-2
月休 11:00-14:00 17:30-20:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

こんごう<新潟>

【190】こんごう<新潟>(56)
焼きあご塩つけ麺 880円

今回も「焼きあご塩つけ麺」を大盛で。Rps20160727_1246

調理の都合か、つけ麺は後回しになったこともあって、提供までの待ち時間は30分以上。
ここまで待たされたのは初めてだが、これだけの長時間待ちが続くようだと、昼休みに昼食で訪問するのは、ためらわざるをえなくなる。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
平日のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>

【189】会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>(23)
つけめん豚骨魚介 820円

今回も「つけめん豚骨魚介」を。Rps20160726_1209

新潟市中央区米山1-6-9
水休 11:30-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/kura/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【188】辛味噌亭 とうせんや<新潟>⑮
らーめんセット(塩)680円 + 餃子(クーポンサービス)

「らーめんセット」のらーめんに「塩」も加わり、セットのチャーハンも口に合わない「辛味噌チャーハン」ではなく、ノーマルの「チャーハン」だったので、迷わず「らーめんセット(塩)」を。

出てきたのはこちら。Rps20160725_1226

食べてみると、細麺×具のコーンとの相性が一番よいのが塩味ではないかと思われた。
また、バター(50円)を追加トッピングするのも良さそう。

一方、セットのチャーハンは味は○だったのだが、以前(H28.3.22等)と比べてボリュームダウン。以前はご飯茶碗1杯分以上あったのが、3分の2程度に。


新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

にしやま<新潟>

【187】にしやま<新潟>⑦
らーめん+煮玉子+岩海苔小800円→500円(ランパス)

実に、約9年ぶりの訪問。

これだけ訪問間隔が開いたのは、看板メニューである背脂醤油ラーメンにやや飽きたのと同系統の店が他にもできて、そちらを訪問することが多くなったことによるものだが、今回はランチパスポートで「らーめん+煮玉子+岩海苔(小)」をワンコインで食べられるということで、久々に訪問することとしたもの。

この間に、代替わりしたそうで、つけ麺などの新メニューも登場。
でも、私が食べたのは、もちろん上述のランパス対象メニュー。

出てきたのはこちら。Rps20160724_1114

背脂がたっぷり浮かんだ醤油味のスープはやや平凡なものの、極太麺はコシがあっていい感じ◎。
具は、デフォルトではチャーシュー・メンマ・白ネギと最少限なのだが、追加トッピングの岩海苔が心強い援軍に。
ただし、私が背脂系には必須だと思っている玉ねぎが無いのは寂しく感じる。

一方、こちらは娘が食べた「つけ麺」850円。Rps20160724_1113

麺は、「らーめん」と同じ極太麺で、つけダレはやはり背脂入り。
価格はやや高めだが、岩海苔・味玉など具も充実。


新潟市中央区学校町通3-484-1
月休(祝の場合翌日) 11:00-14:30(日祝-14:30LO) 17:30-21:30LO(日祝-20:30LO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>

【186】手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>⑳
濃厚煮干しつけ麺 800円

暑いのでつけ麺。
中でも、最近お気に入りの「濃厚煮干しつけ麺」の方を、前回に続いて。Rps20160721_1221

新潟市中央区弁天3-1-20
日休 11:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

しゃがららーめん 肉バカ<新潟>

【185】しゃがららーめん 肉バカ<新潟>⑪
らーめん+鶏タレカツ丼780円→500円(ランパス) + 鶏だんご(茹で)100円

18時55分頃の到着で、私はすぐに着席できたが、その後はコンスタントに空席待ちに。
食べ始めるまでの待ち時間は二十数分だった。

食べたのは、ランチパスポート対象メニューの「らーめん+鶏タレカツ丼」で、これに鶏だんご(茹で)をトッピング。
出てきたのはこちら。Rps20160718_1920

ランパス本掲載写真だと、脂身の少ないチャーシュー数枚がのっているのに対して、実物は半分以上脂身のチャーシューが2枚。価格を考えれば(定価でも)、これでもコストパフォーマンスは高いと思うのだが、そうとわかっていれば、チャーシューの追加トッピング(100円)をしていたところなのだが。


新潟市北区木崎尾山737-4
無休 11:00-21:30LO(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三咲屋<新潟>

【184】三咲屋<新潟> (49)
塩らーめん730円→500円(ランパス) + 半チャーハン230円

1年近くぶりの訪問。
11時5分頃の到着で、7割程度の入りで、食べ始めるまでの待ち時間は、二十数分。

私が食べたのは「塩らーめん(あっさり)」+半チャーハン。Rps20160718_1129

「塩らーめん」は味も具の構成もシンプルながら、十分においしい。
ただし、価格に関しては、具が最小限であることを考慮すると、定価だと割高なように思われる。
また、チャーハンは、甘みのある(砂糖を使用しているとのこと)独特の味わい。

また、こちらは娘が食べた新登場の「チャーハン」単品 800円。Rps20160718_1131

ご飯茶碗4杯分くらいありそうな大ボリュームで、スープ付き。
これだけ大量だと、次第に甘みが鼻についてくるようで、娘は3分の2程度でギブアップ。残りは私がなんとか消化。
なので、結果論でいえば、私はラーメン単品をオーダーして、「チャーハン」をシェアするぐらいで十分だったようだ。
なお、付属のスープは醤油味で、こちらの方が、ラーメンの塩味スープよりも、チャーハンとの相性は良いようだった。


新潟市東区大形本町3-1-75
火休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

石黒<新潟>

【183】石黒<新潟>⑩
味噌にぼ830円→530円(クーポンサービス) + 煮干粉50円

11時15分頃の到着で、前4名待ち。
食べ始めるまでの待ち時間は30分強だった。

食べたのは「味噌にぼ」+煮干粉。Rps20160717_1147

味噌味のスープは、そのままでもおいしいし、煮干の風味も感じられるのだが、さらにインパクトを強めてくれるのが、追加の煮干粉。
大さじ2杯分くらいありそうな大量の煮干粉が別皿で提供されるので、好みのタイミングで、煮干度をUPさせることができる。
私は、2回に分けて半分ずつ投入。
また、途中で辛味も欲しくなり、本来であれば唐辛子を投入したいところだったのだが、この店では用意されていないので、ラー油で代用。


新潟市東区秋葉通3-40
無休 11:00-14:30 17:30-21:00(スープ切れ終了、月火は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

のろし 白根店<新潟>

【182】のろし 白根店<新潟>④
汁無し 肉三枚 700円→500円(ランパス)

「のろし」で二郎インスパイア系をということであれば、これまでであれば、「肉」(チャーシュー)の差異により、東区の粟山店の方を優先して訪れていたのだが、粟山店は先月で「のろし」としての営業は終えて、ラーメン&チャーハンのセット等を主軸とする「勝鬨(かちどき)屋」という店としてリニューアルオープン。

本日はがっつり食べたい気分だったので、引き続き「のろし」として営業している白根店の方を訪問。

食べたのは、ランチパスポート対象メニューの「汁無し 肉三枚」。
出てきたのはこちら。Rps20160716_1113

「肉」は、サイズやタレのしみ込み具合で、やはり粟山店には及ばないと感じた。
また、キャベツや背脂も、もっと欲しいところ。

でも、極太麺×醤油ダレという基本要素がしっかりしているので、二郎インスパイア系として、一定の水準には達しているものと感じられた。


新潟市南区大通南5-1139
火休 11:00-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【181】辛味噌亭 とうせんや<新潟>⑭
塩ラーメン780円 + 餃子(クーポンサービス)

「らーめんセット」は、セットのチャーハンを「チャーハン」「鮭チャーハン」「辛味噌チャーハン」の3種でローテーションしているようなのだが、巡り合わせが悪いようで、またもや、辛くて口に合わない「辛味噌チャーハン」に当たってしまったので、回避して、今回も「塩ラーメン」(かいわれ抜き)+サービス餃子を。

出てきたのはこちら。Rps20160715_1218

小海老と岩海苔と柚子のおかげで、飽きずに食べられるのは◎。
一方、本日は麺がほぐれておらず、塊になっていた・・・
ちゃんと茹でてほしいのだが。


新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【180】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(40)
つけめん しろ胡麻味 896円

期間限定メニューは「濃厚辛辛豚骨らーめん」と「涼味とろろつけ麺」の2種あったのだが、どちらも口に合わないので、またもや「つけめん しろ胡麻味」を太麺で。Rps20160713_1223

新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

むしゃ<新潟>

【179】むしゃ<新潟>①
肉そば880円 + 半ライス50円

先月OPENした人気店「いっとうや」「まっくうしゃ」の系列の3号店。
本店「いっとうや」からも1kmに満たないところにあるのだが、この「むしゃ」から300m以内にはすでに「武蔵」と「ダルマ食堂」があるので、にわかに激戦区の様相を呈してきた。

メインとなるメニューは、店ごとに変えてくるのがこの系統なのだが、「むしゃ」の場合は、肉たっぷりの「ご飯が進む系」の「中華そば」がメイン。
今回は、肉を堪能するべく「肉そば」(+半ライス)をオーダー。

出てきたのはこちら。Rps20160712_1223

主役は、生姜味の豚薄切り肉と甘辛味の粗挽き肉で、スープ自体はそれほど濃い味ではないのだが、肉の味付けである生姜味などがスープにものっかってくる。
麺は平たい中太麺。
具は、他に乱切りメンマ・海苔・なると・ネギの青み。
中では、ワイルドな乱切りメンマが、存在感があった。
また、肉の量は、「中華そば」+200円で、どれだけ増量されていたのか不明だが、3分の2程度は半ライスのおかずとし、残りはラーメンの具として食べ進んだところ、適量だった。

感想。徳島ラーメン(新潟だと「誠」など)や同じ「ご飯が進む系」の「なおじ」の「肉そば」などと比べると、味付けはおとなしめで、それほどご飯は進まなかった(なので、半ライスで十分)。ライス無しで、「中華そば」単品でもおいしく食べられるようにすると、これくらいになるのかもしれないが、私としては、もっと振り切った方が、おもしろいと思うのだが。

でも、勤務先から徒歩10分程度ということで、昼休みに訪問可能な範囲に「いっとうや」の系列店ができたのは喜ばしい限り。

なお、メニューには「つけめん」もあるが、これは他の系列店と異なるものなのか否かは不明。

また、混雑具合に関しては、平日の12時台で、到着時点で満席だったものの、すぐに座れて、食べ始めるまでに要した時間は10分程度だった。


新潟市中央区南笹口2-1-56
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

麺ダイニング ととこ<東京>

【178】麺ダイニング ととこ<東京>①
キャベツのせしょうゆラーメン 860円 + 薬膳玉子100円→タイムサービス

所用のため上京。
時間的・場所的制約から、神保町周辺で、16時台に営業している店を検索した結果、この店を訪問。
「ととこ」=山形弁で鶏ということで、鶏にこだわっており、山形ラーメン(冷たいラーメン)も提供している。
けれども、私は冷たいラーメンはあまり好みではないので、キャベツをトッピングした黒醤油ラーメンをオーダー。
出てきた「キャベツのせしょうゆラーメン」はこちら。
(タイムサービスの薬膳玉子は、別容器で提供された。)Rps20160709_1620

スープは丸鶏清湯醤油味で、黒醤油を使用しているため、見た目はかなりしょっぱそうだが、それほどでもなく、まろやかな味わい。でも、醤油が優勢なようで、鶏の風味は控えめ。
麺は、全粒粉使用の細麺。
具は、炙り鶏・キャベツ・メンマ・ワカメ・小松菜・なると・海苔・白ネギ。
皮付きの炙り鶏は、硬めの食感で、好みのタイプ。
また、薬膳玉子は、かなりクセのある香りと味わいで、スープとの相性は微妙。
価格的には、やや高いように感じられたが、サービスの玉子まで考慮に入れれば、納得範囲。


都営新宿線神保町駅A5出口4分
無休 11:00-22:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

中田製作所<新潟>

【177】中田製作所<新潟>⑤
味玉らーめん730円→500円(ランパス) + ねぎ増し50円 + ライス50円

約10ヵ月ぶりの訪問で、「味玉らーめん」を、店の推奨に従って、濃いめ・ネギ増し・ライス付きで。Rps20160708_1200


時たま無性に食べたくなることがあるのが、富山ブラック系。
この10ヶ月の間に、他の店で富山ブラック系を食べたこともあるのだが、私の行動範囲の中(といっても家から車で数十分かかるのだが)で、やはり一番口に合うのが、この店。

なお、過半のお客さんがネキ増しにしていて、かなり浸透しているようだった。

また、店内で目についたのが、山積みにされた「キッコーマン 濃口醤油」の箱。醤油が主役と思われる一杯なのだが、意外と普通の醤油を使用しているようだ。でも、それでおいしいのだから、文句は無いし、見えるところに置いているのも潔い。


五泉市三本木字早出3026
無休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>

【176】会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>(22)
つけめん豚骨魚介 820円

今回も「つけめん豚骨魚介」を。Rps20160707_1209

新潟市中央区米山1-6-9
水休 11:30-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/kura/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【175】辛味噌亭 とうせんや<新潟>⑬
つけ麺 ゴマ味噌 ひやもり 750円

「つけ麺」のゴマ味噌味を冷や盛りで。Rps20160706_1247


店側の手違いにより、食べ始めるまでに30分近く要した。

なお、ランチセットのラーメンの選択肢に、塩も追加されていた。


新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

らーめん食堂 正味(まさみ)<新潟>

【174】らーめん食堂 正味(まさみ)<新潟>③
正味らーめん680円→380円(クーポンサービス) + 岩海苔100円 + ミニ辛肉丼180円

基本メニューの「正味らーめん」を、太麺・固め(店の表記による)&岩海苔トッピングで。
出てきたのはこちら。Rps20160703_1123

最近、家系では、卓上にニンニクと生姜があれば、後者を使用することが多いのだが、生姜は無かったので、ニンニク(みじん切り)を投入。
+50円の「極(きわめ)」にしなくても、十分おいしく食べられた。

また、写真右は「ミニ辛肉丼」。
辛味付きのひき肉とメンマ・刻み海苔が入っていて、パッと見では、ひき肉が少ないように思われたのだが、結構辛かったので、ライスの量との兼ね合い上、これぐらいで十分だったし、200円を切る価格も○。

一方、こちらは娘が食べた「ざるらーめん」普通盛り650円。Rps20160703_1127


そばつゆのようなつけタレで、具はメンマ・白ネギ・刻み海苔のみ。
麺は太麺or細麺で、娘は太麺を選択したのだが、このつゆ
なら、細麺の方が合っていそう。
また、薬味はわさびor生姜の選択式(娘はどちらも選択せず)だったのだが、薬味無しでも結構しょっぱかったようで、後半、水で薄めていた。


新潟市中央区東出来島9-15
無休 11:30-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

ぐゎらん洞<新潟>

【173】ぐゎらん洞<新潟>③
支那そば+半チャーハンセット 850円→500円(ランパス)

10時55分頃の到着で、なんと満席。
食べ始めるまでに30分近くかかった。
食べたのは、ランチパスポート対象メニューの「支那そば+半チャーハンセット」。Rps20160702_1121


「支那そば」は、鶏ベースのあっさり系醤油味のスープ×極細縮れ麺。
スープは、昨日の店とは違って、鶏油だのみではない鶏の旨みが十分。
具は、チャーシュー・半味玉・ほうれん草・なると・白ネギと価格(単品価格=600円)のわりに充実している。

また、こちらは「半チャーハン」。Rps20160702_1124

味付けは○だったのだが、このあっさり系のスープとの相性を考えれば、もう少し油気があった方がよいのではないかと。

なお、私の他にもランパス利用者多数で、これも混雑の要因となっていたものと思われる。


新潟市東区物見山2-13-20
火休 7:00-15:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

ダルマ食堂 南笹口店<新潟>

【172】ダルマ食堂 南笹口店<新潟>①
あっさりらーめん&チャーハンセット890円→500円(ランパス) + 味玉100円

「ダルマ食堂 南笹口店」を初訪問。
この系統の店には、あまり良い印象は持っていないのだが、ランチパスポートに釣られて、訪問してみたもの。

食べたのは、ランパス対象メニューの「あっさりらーめん&チャーハンセット」+味玉トッピング。Rps20160701_1823


「だるまや」の方だと、背脂こってりラーメンがメインなのだが、こちらの基本メニューは、鶏(100%)清湯醤油の「あっさりらーめん」。
スープは、やや鶏油だのみのように思われるものの、鶏の旨み十分。
麺は中細麺で、この系統のスープなら、もっと細くてもよいくらい。
具は、鶏チャーシュー・メンマ・ほうれん草・白ネギと追加の味玉。
味玉は、黄身が生に近くて好みから外れていたが、チャーシューも鶏を使用するなど、鶏へのこだわりは感じられる一杯だった。
セットでない場合の「あっさりらーめん」単品の価格も650円と手ごろ。

また、こちらはセットのチャーハン。Rps20160701_1825

ツヤツヤした見た目にもあらわれているとおり、ほどよい油加減で、おいしかった。


新潟市中央区南笹口2-3-40
無休 11:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんごう<新潟>

【171】こんごう<新潟>(55)
焼きあご塩つけ麺 880円

「焼きあご塩つけ麺」を大盛で。Rps20160701_1224

ランチタイム=「こんごう」営業時には、並・大盛・特盛が同料金なのだが、ラーメンの場合には、並の方がスープと麺の量のバランスがとれているように思われる。
一方、つけ麺の場合には、大盛が適量のように思われる。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
平日のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »