« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

素良(そら)<東京>

【221】素良(そら)<東京>①
旨味出汁麺 醤油味 1000円

東京出張時に。「稲荷屋」の後に、打ち合わせを済まして、「素良」へ。
この店は元々「ソラノイロ salt & mushroom」だったのが、コンセプトチェンジして、今年2月にオープンしたもの。

この店の一番の特徴は、店内での写真撮影及びスマホの使用が全面的に禁止されている点(入店時にその旨の告知あり)。食べることに専念してほしい、先入観無しに食べてほしいとの思いからの要請のようで、一定の理解はできるのだが、私のように好き嫌いが多い人間にとっては、何が入っているのかぐらいはあらかじめ知ったうえでオーダーしたい(失敗例の典型が、本日の一軒目の限定)ので、「先入観無しに」の部分に関しては、賛同できない面もある。

食べたのは「旨味出汁麺 醤油味」。
厳選した素材を駆使して作られた一杯のようで、それは、旨味十分で尖ったところのないまろやかな醤油味のスープやしなやかな細ストレート麺からも感じ取れる。
具は、豚チャーシュー・低温調理鶏肉・ゴボウソテー・
青ネギ・玉ねぎ・アマンシード(ゴマのような見た目、「シード」=SEED=種?)・マッシュルームオイルなど。
中では、上品な食感の鶏肉が、スープとも特にマッチしていて良かった。

感想。
1000円という価格でハードルが上がっていたせいか、期待ほどではなかったというのが正直なところ。バランス重視の上品な味わいを堪能できる繊細な舌があれば別なのかもしれないが、私としては、同じ1000円なら、「salt & mushroom」時代の「特製塩煮干そば」の方が、わかりやすい味&充実した具という点で、好みに合う。


有楽町線麹町駅3番出口30秒
日・月(不定)休 12:00-15:00LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲荷屋<東京>

【220】稲荷屋<東京>①
限定つけ麺 900円

東京出張時の昼食で訪問。
ネットで調べたところ、フレンチ出身の店主による期間限定創作メニューが評判を呼んでいるため、訪問したのだが、食券販売機に「限定」のボタンはあるものの、説明書きは見当たらず。
そこで、店主に確認したところ、限定は「魚介風味のつけ麺」とのことだったので、オーダー(食券購入)。

出てきたのはこちら。Rps20160831_1150

パスタ風の完全な平打ち麺の上に、ズッキーニや赤カブ?・プチトマトがのっていて、見た目はとても華やか。
そして、その下には鯛がたっぷり。

私はズッキーニもカブも苦手だし、鯛も生だとNGだったのだが、鯛は火を通してあったのが幸い。

一方、つけダレは超あっさり系で、そこにマッシュルーム?が浮かんでいる。
そこに、平打ち麺や鯛を浸して食べたのだが、あっさりし過ぎていて、なんとも物足りず。でも、これは、野菜無しで食べたがゆえと思われるので、下調べ不足をおおいに反省。

最後は、つけダレは、スープ割り(可否不明)をしなくても飲めるぐらいの濃さだったため、半分程度飲んで終了。

清湯醤油のワンタン麺をはじめとするレギュラーメニューもおいしそうだったので、そちらにすれば良かったのかもしれない。


銀座線稲荷町駅2分
無休 11:00-22:30LO(日は-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

鶏そば 繁屋(はんや)<新潟>

【219】鶏そば 繁屋(はんや)<新潟>⑬
濃厚鰹醤油鶏白湯麺 780円

雑誌のラーメン特集のコンテスト参加メニュー「濃厚鰹醤油鶏白湯麺」を。

出てきたのはこちら。Rps20160829_1236

少なめの濃厚ドロドロスープに麺や具が浸っていて、見た目は、タレ多めのまぜそばのよう。
このスープだが、その名のとおり、醤油と鶏白湯がともに強く主張していて、きわめて濃厚な味わい。
それだけに、残念だったのが、麺が柔らかめの中細麺だったこと。ここは、ゴワゴワの極太麺の方が合うと思うのだが。
けれども、温玉・マー油・花鰹・玉ねぎとこの濃厚スープに太刀打ちして、変化をもたらす要素が満載なのは◎。
具は、他に鶏チャーシューと白ネギ・小ネギ。

なお、中盤で、ライスが欲しくなったのだが、150円もするので断念。

というわけで、麺の細さとライス(+50円でミニライス付きにするかor100円の半ライスがあれば)の件は残念だったが、なかなかの意欲作だと思った。


新潟市中央区南笹口2-1-13
木(+不定)休 11:30-22:00(日-21:00)(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

会津喜多方ラーメン 坂新(ばんしん)<新潟>

【218】会津喜多方ラーメン 坂新(ばんしん)<新潟>①
あぶらーめん 780円

本日も、雑誌のラーメン特集のスタンプラリー及びコンテスト参加メニュー目当てで、初めての店を訪問。
喜多方の大行列店「坂内(ばんない)食堂」での長年の修行歴を前面に出しており、会津若松に1号店(本店?)を構えた後に、新潟の方に進出してきたようだ。

なので、喜多方系のラーメンが基本メニューなのだろうが、今回食べたのは、コンテスト参加メニューの「あぶらーめん」。

出てきたのはこちら。Rps20160828_1121

目を惹くのは、まやしの山で、パッと見は二郎インスパイア。
でも、スープは、二郎系のように醤油がきいているわけではなく、そこにたっぷりの背脂ならぬ「腹脂」が浮かんでいる。
麺は、細めの平打ち麺。
具は、もやしの他にチャーシュー・メンマ・白ネギで、中ではチャーシューは角切りのものが5,6切れ入っていて、柔らかさ・味とも◎。

感想。
「腹脂」は、自然な甘みがあって、くどくはなくて良かった。これが腹脂の特質なのかorこの腹脂の質が良いからなのかは不明だが、前者だとしたら、ラーメン業界で、腹脂よりも背脂が重用されているのは、なぜなのだろうか?
一方、麺に関しては、このスープ+腹脂との相性を考えると、もっと太い方が良さそう。

というわけで、今回は非レギュラーメニューを食べてみたのだが、レギュラーのラーメンの方は、どれだけ喜多方らしく仕上がっているのだろうか?


新潟市江南区鵜ノ子2-5-28
無休 11:00-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

オグリ<新潟>

【217】オグリ<新潟>①
エビ塩ラーメン 750円

雑誌のラーメン特集のスタンプラリー及びコンテスト参加メニュー目当てで初訪問。

入店して、メニューを手にとってみると、メニュー構成やメニュー表の見た目、さらに「琥珀」というメニュー名などから、「夷霧来(いむら)@西区」などと同系列だと思われたのだが、店員さんの来ているTシャツは「極一」。
てことは、「極一」とこれらの店も同系列ということなのか?

で、今回食べたのは、コンテスト参加メニューの「エビ塩ラーメン」。Rps20160827_1114

ベースのスープは清湯の塩味で、淡麗な分、海老の風味が際立っている。
麺は細ストレート麺。
具は、海老団子・海老玉子・刻みトマト・アスパラガス・白髪ネギ。
海老玉子は、海老でピンク色に染められているのだが、生気味の黄身が繊細なスープに溶け出して、少々邪魔に。
一方、海老団子は、海老風味を上乗せしてくれて◎。

トッピングの充実度を考えれば、価格的も含めて満足できる一杯だった。


新潟市西区みずき野2-14-16
水休 11:00-14:00(土日祝-14:30) 18:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

むしゃ<新潟>

【216】むしゃ<新潟>②
肉そば880円 + 半ライス50円 + 味玉(クーポンサービス)

2回目の訪問。
前回に続いて「肉そば」+半ライス、そしてサービスの味玉を。Rps20160826_1247


肉は十分な量で食べ応えあり。
ただ、肉の量とのバランスでいえば、ネギ増しの追加トッピングもあれば、「7.5Hz@新橋(東京=元々は大阪の店)」(H26.5.13参照)のような感じになって、よいと思うのだが。

あと、隣のお客さんが食べていた「ネギ豚丼」100円は、豚肉と玉ねぎがたっぷり入っていて、コストパフォーマンスが高そうだったので、「中華そば」+「ネギ豚丼」でも、満足できそう。


新潟市中央区南笹口2-1-56
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

鯉次<新潟>

【215】鯉次<新潟>①
マー油salt720円 + 味玉(クーポンサービス) + チャーマヨ丼120円

本日から、恒例の雑誌の企画によるスタンプラリーがスタート。10月末までに30軒を達成できれば、10杯無料になるという頑張り甲斐のある企画で、昨年は無事達成できたのだが、最近食欲が落ちてきて、連食がキビしくなってきているので、どうなることやら。

で、ちょうど本日は休みだったので、三条まで遠征し、「鯉次」を初訪問。
お目当ては、これも雑誌の企画によるコンテスト参加メニューである「マー油salt」。

出てきたのはこちら。Rps20160825_1116

清湯塩味のスープ×中太麺というのが基本の構成。
そして、異彩をはなっているのが、丼の右側5分の1程度を覆っているマー油。
まずは、マー油無しで食べてみると、ふつうにおいしい。
次に、清湯スープとマー油の境目部分をレンゲですくって飲んでみると・・・マー油の香ばしさや苦みが直撃。よく見かける白濁豚骨との組合せと比べて、マー油が前面に出て、強く自己主張しているように感じられた。
その後は、清湯スープのみと清湯&マー油を交互に飲み進めて、おおいに満足。
なお、具は、チャーシュー・メンマ・三つ葉・玉ねぎ・柚子とサービスの味玉で、中では玉ねぎと柚子が清涼感を与えてくれて○だった。

感想。マー油と清湯、しかも塩味のスープの組み合わせは斬新。あまり見かけない構成の場合、ともすれば奇をてらっているだけになりかねないのだが、こちらの場合は、うまくまとまっているように感じられた。

また、こちらは「チャーマヨ丼」。Rps20160825_1118

炙りチャーシュー・刻み海苔・マヨネーズに加えて、半味玉まで入っていて120円ということで、コストパフォーマンス抜群だし、味も◎。

というわけで、おおいに満足できたし、二郎インスパイア系の「鯉次郎」や「鯉次郎つけ麺バージョン マー油入り」(ただし、こちらは期間限定)など気になるメニューもあったので、こちら方面への遠征時には、再訪を検討したくなる1軒。


三条市東三条2-4-6
水休 11:00-15:00 17:00-20:30(土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

新潟県庁 一般食堂<新潟>

【214】新潟県庁 一般食堂<新潟>①
醤油ラーメン 430円

会議出席のため、新潟県庁へ。
終了が、タイミング良く、昼食時間帯の少し前だったので、空いている県庁食堂へ。
食べたのは、何種類かあったラーメンの中で、一番ベーシックな「醤油ラーメン」。Rps20160824_1155


極めてオーソドックスな醤油ラーメンで、特徴としては、麺がわりと太めなこととほうれん草・メンマがわりと多めなことあたり。


新潟県庁2F
土日祝休 11:00-18:30(水-18:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【213】辛味噌亭 とうせんや<新潟>⑯
塩ラーメン780円 + 餃子(クーポンサービス)

「らーめんセット」のチャーハンが「チャーハン」or「鮭チャーハン」だったら、「らーめんセット(塩)」+バターにしようと思っていたのだが、残念ながら、またもや「辛チャーハン」だったので、「塩ラーメン」+サービス餃子を。Rps20160823_1256

今回は、苦手なかいわれを抜いてもらうのを忘れた。


新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

麺屋 空<新潟>

【212】麺屋 空<新潟>(23)
空麺(しお)780円→500円(ランパス) + チャキマヨ 250円

今回も「空麺(しお)」を。Rps20160821_1120

ランチパスポート利用で、ワンコインで提供してもらった。
この店は、定価だと割高に感じるのだが、コンスタントに割引クーポン等を提供してくれているので、今年4回目(すべて割引)の訪問となった。
なお、写真左は、「チャキマヨ」。週替わり?で交代のまかない飯メニューの中で一番のお気に入り。

また、こちらは娘が食べた「つけ麺」780円。Rps20160821_1121

新潟市江南区茜ヶ丘7-3
無休 11:00-15:00 17:00-22:00(日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

のろし 白根店<新潟>

【211】のろし 白根店<新潟>⑤
汁無し 肉三枚 700円→500円(ランパス)

昨日の「勝鬨屋」の記事でふれたとおり、「のろし 粟山店」がブランドチェンジしてしまったので、家から30分いないで唯一の「のろし」となったのがこの店。

今回も、ランチパスポート利用で「汁無し 肉三枚」を。Rps20160819_1914


「肉」の脂身は、冷えたままだとかなりキビしそうだったので、麺の下に突っ込んで、温めてから食べた。

なお、店内は、入店した時点では寒く感じるくらいガンガンに冷房が。
夏場のラーメン屋さんは、これぐらいの方がありがたい。


新潟市南区大通南5-1139
火休 11:00-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【210】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(43)
つけめん しろ胡麻味 896円→無料

今回は、店のスタンプカードが規定数たまったので、いつも食べている「つけめん しろ胡麻味」太麺を無料で。Rps20160819_1237


このスタンプカードは、7つたまると一杯無料になるのだが、1つは最初から捺してあるので、7回に1回は無料になるというなかなかのサービスぶり。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

中華そば焼きめし 勝鬨屋 粟山店<新潟>

【209】中華そば焼きめし 勝鬨屋 粟山店<新潟>①
肉そば800円→500円(ランパス) + 焼き飯300円

「のろし 粟山店」が、同じ系列の「勝鬨屋」に衣替え。
「のろし」もかなり繁盛しているように思えたし、「勝鬨屋」は比較的近く(豊栄)に1号店があるのだが、それでブランド変更をしてくるということは、「勝鬨屋」の方が、収益率が高いということなのだろうか?

で、メニュー構成としては、二郎インスパイア系のドカ盛り中心だった「のろし」から、店名にもあるとおり、中華そば&焼きめしのセット(=いわゆる「ラーチャン」)がメインに。

ただし、今回は、ランチパスポートの対象メニューが「肉そば」だったので、セットではなく、「肉そば」単品と「焼き飯」をオーダー。

出てきたのはこちら。Rps20160817_1752

まず「肉そば」。私の知っている「味みつ@西区」「楽久@西区」などの「ラーチャン」系の店では、薄味のラーメン&濃いめの味付けのチャーハンという組み合わせが多いように思うのだが、こちらのスープは、普通の味加減のた醤油味。
麺は中細麺で、具はチャーシュー・メンマ・なると・白ネギとオーソドックス。中では、チャーシューは大判のもの数枚に加えて細切れのものもたくさん入っていて、ボリューム十分。薄味でないスープと相まって、「肉そば」に関しては、チャーハンとセットにしなくても、単品で十分満足できる一杯だと思った。

一方、焼きめしの方は、油不足でパサパサしていたし、ボリュームも300円にしては少量。セットだと「中華そば」+200円になるようだが、それなら、私としては「肉そば」の方を選択する。


新潟市東区粟山4-33-1
火休 11:00-14:30 17:30-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日の出製麺 保内工場<新潟>

【208】日の出製麺 保内工場<新潟>①
ゴリ押し!三種"貝"を使った極上しおラー麺 870円→500円(ランパス)

ランチパスポート本掲載メニューに惹かれて、車で小1時間かけて初訪問。
お目当てのメニューは、その名も「ゴリ押し!三種"貝"を使った極上しおラー麺」。Rps20160817_1110

スープは、煮干&豚骨をベースにした濁りのある塩味で、オリーブオイルも浮かんでいる。
麺は自家製の中細麺。
具は、ハマグリ(巨大)・ムール貝×2・ウチムラサキ貝×3の「貝軍団」と岩海苔・三つ葉・白髪ねぎ・糸唐辛子・柚子。

感想。とにかく貝が盛りだくさんで、貝の旨みを堪能できるので、こういう「ゴリ押し」なら大歓迎!
また、オリーブオイル・糸唐辛子・柚子とアクセント要素も豊富。ただし、オリーブオイルに関しては、やや出しゃばりすぎのようにも感じたが。

でも、これなら、定価でも十分に満足できる逸品だと思った。

また、太麺使用の「煮干つけ麺」や「まぜそば」にも惹かれるが、この貝のラーメンが提供されている限りは、こちらを選びそう。

なお、店頭の貼り紙によると、昼営業のみ・定休日:火曜→無休となったようだ。


三条市上保内乙289
無休 11:00-16:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【207】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>②
まぜシャモジ780円→500円(ランパス) + スペアリブチャーシュー190円

前回に続いて、ランパス利用で「まぜシャモジ」を。
並(大盛も同料金)・追い飯ありでおねがいした。
また、期間限定のスペアリブチャーシューも付けてもらった。

出てきたのはこちら。Rps20160816_1746

タレは、チーズと卵でクリーム色。考えてみると、タレがクリーム色のまぜそばというのは、私はここでしかお目にかかったことがない。
そして、このタレが極太麺によくからんで、非常に美味。
具もたっぷりだし、おおいに満足できる逸品だった。

あと、写真右のスペアリブチャーシューもおいしいことはおいしかったのだが、「原価率100%」というふれこみはどうだろうか・・・

なお、期間限定の「冷製牛ステーキあえ麺」も気になるところ。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんごう<新潟>

【206】こんごう<新潟>(57)
岩海苔塩ラーメン 840円

今回は「岩海苔塩ラーメン」を。Rps20160816_1222


前回は、半分以上席が埋まっていたうえに、時間がかかるつけ麺だったこともあって、提供までの待ち時間は30分以上かかったが、今回は先客2名のみとすいていたので、10分強で提供された。

なお、ちょっと気になったのが、高齢の女性店員のタメ口全開の接客。どちらかというと明るくフレンドリーなトーンではあったものの、やはり、いかがなものかと思ってしまう。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
火~金のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

丸三<新潟>

【205】丸三<新潟>②
つけ麺730円→500円(ランパス)

ランチパスポートの対象メニューである「つけ麺」目当てで訪問。

出てきたのはこちら。Rps20160815_1807

まず、つけダレだが、表面は白濁しているが、これはゴマに由来するもののようで、表層部以外は茶濁。ただし、粘度は低いサラサラ系で、くどさはなく、好みのタイプ。
麺は、角張った極太麺で、これはつけ麺向き。
具は、チャーシュー小×3・味玉・もやし・メンマ・小ネギと魚粉オンザ海苔。
実は、ランパス本掲載写真によれば、別容器で岩海苔が付くはずなのだが、それに代えて魚粉オンザ海苔が入るように仕様変更されたようだ。濃厚orしょっぱい系のつけダレであれば、岩海苔の助けが欲しいところなのだが、こちらはそうではないので、魚粉による魚介風味の上積みの方が、私としてはありがたかった。

また、〆のスープ割りに関しては、出汁の香る割りスープが出てきて○だった。


新潟市西区小針7-19-2
火休 11:00-14:00 17:00-21:00LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

東京とんこつラーメン 麺ちん<新潟>

【204】東京とんこつラーメン 麺ちん<新潟> (23)

のり玉中華そば830円→500円(ランパス)

3年以上ぶりの訪問。
これだけ間隔があいたのは、私が知る限りで新潟では最低級の中年女性店員の接客により、2回続けて不愉快な思いをしたため。
今回は、ランチパスポートに釣られて久々に訪問したところ、店員は若い女性2人で、問題の店員はおらず。

食べたのは、ランパス対象メニューの「のり玉中華そば」。これをこってり(orあっさり)でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20160814_1109

スープは、新潟で根強い人気を誇る背脂たっぷりの醤油味。
麺は中細麺だったが、このスープなら、もっと太い方が合いそう。
具は、チャーシュー×3・のり×10・味玉・なると・白ネギ。
中では、大量ののりは、背脂のこってりさの中和要員としてありがたかった。ただ、欲をいえば、板のりではなく、岩のりの方が、より新潟らしくなると思うのだが。
また、チャーシューは、半分以上脂身で、このこってりスープに入っていると、厳しいものが。

価格的には、味玉とのりでプラス200円ということで、妥当な線なのかもしれないが、定価でも食べたいかとなると、微妙。


新潟市東区はなみずき3-1-27
火休 11:00-15:00 17:30-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>

【203】会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>(25) つけめん豚骨魚介 820円

※頻繁に食べているため、写真及びコメント省略(H27.7.24等参照)


新潟市中央区米山1-6-9
水休 11:30-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/kura/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

めんたろう<新潟>

【202】めんたろう<新潟>①
支那そば&餃子5個800円→500円(ランパス) + 岩海苔150円

ランチパスポート本に掲載されていた「めんたろう」を初訪問。
食べたのは、対象メニューの「支那そば&餃子5個」。Rps20160811_1147

まず「支那そば」だが、スープは、鶏メインの清湯塩味で、あっさり系ながら、鶏の旨み十分。
麺は自家製の中細麺。
具は、チャーシュー2・茎ワカメ・メンマ・白ネギ・なると。
これで、単品価格がいまどき540円というのは、コストパフォーマンス◎。

また、追加トッピングの岩海苔も、ボリュームたっぷりだし、スープとの相性もよかったものの、デフォルトのスープも十分においしかったので、やや蛇足だったかも。

一方、こちらの餃子はやや平凡だった。Rps20160811_1148


夜は、居酒屋になるようなので、ラーメン目当てなら、昼の方が居心地は良さそう。


新潟市東区牡丹山5-2-4
不定休 11:30-13:30 17:00-20:15LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

たんぽぽ亭<福島>

【201】たんぽぽ亭<福島>①
チャーシューメン 900円

家族旅行の途中、昼食時に喜多方へ。
4年ぶりに「松食堂」を訪問する予定だったのだが・・・
(想定外その1)
前回までは喜多方市役所の駐車場に停められた(事実上?)のだが、市役所庁舎が改築され、駐車場の警備も厳しくなって、「土日は食事目的でも駐車場を開放しているが、平日は不可」とのことで、あっさり警備員に追い払われるはめに。。。
(想定外その2)
市役所の警備員に教えてもらった代わりの駐車場に停めて数分かけて「松食堂」に向かったのだが、不定休に当たってしまったのか、13時前の段階で営業しておらず。

逆に前回は売り切れ終了だった隣りの「坂内(ばんない)食堂」は営業していたのだが、長蛇の列(20~30名?)で、炎天下で並ぶ気にはなれず、結局、車を停めた場所の間近にあった「たんぽぽ亭」を初訪問。

まず、私が食べた「チャーシューメン」(写真手前)と嫁と長女が食べた「喜多方ラーメン」600円(写真奥)、そしてシェアした「ひとくち餃子」420円(写真奥左  ※元々5個入り)はこちら。Rps20160809_1316


ラーメンは、醤油清湯×平たい太麺×小ぶりなチャーシューたくさんという「いかにも喜多方ラーメン」な構成で、「松食堂」のように、スープを飲み干すほどおいしいというところまではいかないものの、味の面での不満は無し。ただし、「チャーシューメン」と「喜多方ラーメン」を比較すると、300円の価格差が納得できるほどのチャーシューのボリューム差は無いように感じられた。

また、餃子は、結構大ぶりだったし、肉汁もあっておいしかったのだが、これもやや割高に感じられた。

一方、こちらは次女が食べた「つけ麺」780円。Rps20160809_1319

麺はラーメンと同じもののようで、つけダレは、ラーメンのスープよりもかなりしょっぱめのようだった。
具は、半味玉なども入っていて、充実。


次に喜多方に来る時には、市役所の駐車場使用禁止と不定休の可能性を頭に入れて、複数の候補店をリストアップのうえ、臨みたい。


喜多方市梅竹字細田7254-1
不定休 10:00-18:00(土日7:00-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【200】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(42)
つけめん しろ胡麻味 896円

またもや「つけめん しろ胡麻味」太麺を。Rps20160808_1232_2

新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

あけどや<千葉>

【199】あけどや<千葉>②
味噌らぁ麺 700円

帰省時に、2年ぶりの訪問。
期間限定の「冷製にぼ塩つけ麺」にも心が動いたが、前回も期間限定メニューだったので、今回は基本メニューの「味噌らぁ麺 」を。

出てきたのはこちら。Rps20160806_1428

濃厚な味噌味のスープ×太麺。そして、具はチャーシュー・コーンと炒めたもやし・人参・キャベツ刻みチャーシューということで、王道の味噌ラーメンと言えそう。
そして、アクセントとして、別皿で柚子胡椒。
これは個性的だし、清涼感をもたらしてくれて◎だった。

なお、「特濃海老味噌」も気になったのだが、日曜限定ということで、ハードルは高い。


総武線市川駅南口3分
月休 11:30-15:00 18:00-23:00(土日祝は-22:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>

【198】会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>(24)
つけめん豚骨魚介 820円

先週に続いての訪問。
今回も「つけめん豚骨魚介」を。Rps20160805_1233


新潟市中央区米山1-6-9
水休 11:30-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/kura/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>

【197】三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>(23)
チャーシューメン(並) 750円

今回も「チャーシューメン(並)」を。Rps20160803_1222

新潟市中央区米山1-6-10
火・第3月休 11:00-14:00 17:30-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

東横 笹口店<新潟>

【196】東横 笹口店<新潟>(33)
特製野菜味噌らーめん960円 + 玉子(クーポンサービス)

これまで、月に1回は訪問していたのだが、7月は訪問しなかったので、1ヶ月以上ぶりとなった。
これは、暑い時期に私が食べたいと思うメニューが、今夏は無い(「冷やし中華」や辛い系の冷製メニューはあるが好みでは無く、「つけ麺」は醤油味でこの店らしさ皆無)ため。

食べたのは「特製野菜味噌らーめん」(こってり)+玉子。Rps20160802_1232


なお、最初はカウンターに案内されたのだが、途中で気が利くベテラン女性店員が「暑いでしょう」ということで、座敷の方に移動させてくれた。確かに、カウンターは厨房の熱気直撃で、熱いラーメンを食べるのには厳しい環境だったので、ありがたかった。

また、帰りには、通常は女性・子ども限定のアイスのサービスも。これも、暑さの代償?


新潟市中央区南笹口1-1-38
無休 11:00-21:50(火-14:00 日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »