« 新潟県庁 一般食堂<新潟> | トップページ | むしゃ<新潟> »

2016年8月25日 (木)

鯉次<新潟>

【215】鯉次<新潟>①
マー油salt720円 + 味玉(クーポンサービス) + チャーマヨ丼120円

本日から、恒例の雑誌の企画によるスタンプラリーがスタート。10月末までに30軒を達成できれば、10杯無料になるという頑張り甲斐のある企画で、昨年は無事達成できたのだが、最近食欲が落ちてきて、連食がキビしくなってきているので、どうなることやら。

で、ちょうど本日は休みだったので、三条まで遠征し、「鯉次」を初訪問。
お目当ては、これも雑誌の企画によるコンテスト参加メニューである「マー油salt」。

出てきたのはこちら。Rps20160825_1116

清湯塩味のスープ×中太麺というのが基本の構成。
そして、異彩をはなっているのが、丼の右側5分の1程度を覆っているマー油。
まずは、マー油無しで食べてみると、ふつうにおいしい。
次に、清湯スープとマー油の境目部分をレンゲですくって飲んでみると・・・マー油の香ばしさや苦みが直撃。よく見かける白濁豚骨との組合せと比べて、マー油が前面に出て、強く自己主張しているように感じられた。
その後は、清湯スープのみと清湯&マー油を交互に飲み進めて、おおいに満足。
なお、具は、チャーシュー・メンマ・三つ葉・玉ねぎ・柚子とサービスの味玉で、中では玉ねぎと柚子が清涼感を与えてくれて○だった。

感想。マー油と清湯、しかも塩味のスープの組み合わせは斬新。あまり見かけない構成の場合、ともすれば奇をてらっているだけになりかねないのだが、こちらの場合は、うまくまとまっているように感じられた。

また、こちらは「チャーマヨ丼」。Rps20160825_1118

炙りチャーシュー・刻み海苔・マヨネーズに加えて、半味玉まで入っていて120円ということで、コストパフォーマンス抜群だし、味も◎。

というわけで、おおいに満足できたし、二郎インスパイア系の「鯉次郎」や「鯉次郎つけ麺バージョン マー油入り」(ただし、こちらは期間限定)など気になるメニューもあったので、こちら方面への遠征時には、再訪を検討したくなる1軒。


三条市東三条2-4-6
水休 11:00-15:00 17:00-20:30(土日祝は通し)

|

« 新潟県庁 一般食堂<新潟> | トップページ | むしゃ<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/67387328

この記事へのトラックバック一覧です: 鯉次<新潟>:

« 新潟県庁 一般食堂<新潟> | トップページ | むしゃ<新潟> »